いたしません

f:id:shusaku1:20141207085428j:image

今日は、朝8時からコーズウェイベイのジムに行き、たっぷりと身体を動かした。

普段は昼休みにちょこっとマシンを動かす程度なのだが、

今日はストレッチやウォーキングもきちっとこなす。

しかし、痩せたので、以前は20回は挙げられた80キロのバーベルも、

8回くらいしか上がらなくなった。くーっ!

f:id:shusaku1:20141207111225j:image

その後、コーズウェイベイまで出たついでに、

爐修瓦Ν瓩旭屋書店に立ち寄り、自分の本をチェックする。

2冊ともまだ平積みにしてくださっていて、感激ひとしおだ。

購買担当の棟方さんがいたので、3冊目が出るのでよろしくお願いしますと挨拶をした。


そごうクラブの喫茶店で、コーヒーを飲みながら、奇蹟講座テキスト編を読む。

これまではずっと、ぱっと開いたページを適当に読むだけだったのだが、

昨日の夜、ちゃんと読め、と兄貴から啓示が来て、第一章から読むことにしたのだ。

解釈の難しい部分も多々出てくるのだが、ハレ師匠の講義を1年以上受けているので、

爐△◆△海譴呂海ΔいΔ海箸世福瓩函⇒解がスムーズに起こる。

講義を受ける前に読んでたら、途中で放り出していたかもしれない。

と言っても、まだ第2章を読み終えたばかりだが…。


テキストの中に、肉体は、それ自体が不要になる状態をもたらすための、

学習補助手段である、という箇所がある。

すべては自分の肉体から端を発している、

自分の肉体を中心としてあらゆるものを認識し、幻想世界をリアルにさせている。

外界の無意識の象徴を爐覆い發劉瓩箸靴銅茲蠑辰靴討發蕕Δ海箸如

エゴが消滅し、肉体も消える。

そして、聖性と聖性のみのコミュニケーションが始まるのだ。

肉体はそこへ行くためのツールに過ぎない。


夜、そうめんを啜りながら、

クラウド録画の 『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』 を見る。

だが、風邪をひいたのか、鼻づまりが激しく、口でしか息ができない。

そうめんを啜ると、口からも息ができなくなるので、酸欠で死にそうになる。

もう、ドラマどころではない。

肉体はない→故にエゴもない→正しい心の状態に修正してください→明け渡し、沈黙。

久々に爐覆い覆ぅ錙璽瓩鮃圓覆Α

それでも、だめだ、やっぱり鼻は詰まったままで、息ができない。

任せたら、あとは無視して放っておく、なんてできないよ。

無理だ。だって、苦しいもんは苦しいし…。


「わだてぃは、いば、はなが、とぅまって、いまとぅ。」

(私は今鼻が詰まっています。)

さしすせそ、が言えない。

ううー。苦しい。何とかしてくれ。 

兄貴〜、ちゃんと取り消してくれてんのか。ほんま、大丈夫かいな。


と、そのとーき!

画面の中でアップになった米倉涼子が、僕の方を キィッ と睨みながら、

「わたし、失敗しないので…。」 と一言。

ははぁーッ! 兄貴いー、お見それいたしましたーっ!


それからも、鼻はつまってはいるのだが、兄貴を信頼して放っておいた。

ただ、ひとつ気づいたのは、米倉涼子が「わたし、失敗しないので…。」

と言った瞬間だけ、僕は鼻がつまっていることを忘れていた、ということだ。

ほんの2、3秒のことなのだが、意識が別の方向へ向いた途端、

僕は幻想の世界で、いま、まさに起こっている出来事を消去することができたのだ。


兄貴が求めているのは、ただこの瞬間だけなのだな、と理解が起きる。

僕たちが差し出すのは、ほんの一瞬、沈黙し、空っぽにし、明け渡すことだけなのだ。

その一瞬さえあれば、聖霊は僕の中で完璧な仕事ができる。


これからは、マインドが騒ぎだしたら、ドクターX の大門未知子のように

「いたしません。」

と言って、関わらないようにする。


よし、明日は一日爐い燭靴泙擦鶚瓮轡蝓璽困任笋辰討澆茲Δ辰函

コメント
0件
トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
shusaku1
shusaku1

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。 hoshitani2@yahoo.com.hk