快適な音の環境、心地よい音空間 Si R&D

2017-10-17 IB SWのマウント(改訂版)

SX6018などの「前後エアフロー」+「スライドレールを用いた4ポストマウント」の機器では、以下2点に注意してラック内の最適エアフローをセットアップします。


1) マシンのエアフロー向きはラック前面→背面が鉄則

2) スライドレールの向きを前面ツライチに合わせる


f:id:si-rd:20171017100331j:image

マシンのエアフローを確認して前面→背面の向きでマウントしてください。

逆向きではショートサーキット(排気熱の再循環)誘発となってしまいます。

f:id:si-rd:20171017100325j:image


前面側(吸気側)がツライチになるようにスライドレールを合わせてください。背面合わせでは吸気側がオフセットされて、隙間からのショートサーキット誘発となってしまいます。

f:id:si-rd:20171017100322j:image


図の4通りのうち正解は1通りのみです。エアフローの選択が出来る機種の場合は調達時に注意。スライドレールの取付向きを調査。

(どうしても実現出来ない場合は代替策を考察しますのでご相談ください)


これでポートが背面向きになれば理想的です。前面に向いてしまう場合や前面に電源コードを接続する場合ではツライチよりも後方に通線する必要がありますが、​エスアイ​​静音ラック​ではマウント最上段、最下段に通線のためのパッキン部がありますのでそこを利用してください。ショートサーキット防止の吸排気分離がパーフェクトに構築出来ます。

配線のためにブランクパネルを取外してしまうのがよくあるNGパターン。ご注意!


パーフェクトエアフロー → エスアイ静音ラック









.

Connection: close