Masashi’s Web Site Memo@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

研究
4年生のための研究生活ガイド〜物性実験編〜(→B4、M1向け)
磁性物理掲示板 3(→東工大物理の田中研の掲示板)spinリスト (Twitter)(スピン系の研究者(?))
ESRの直接遷移 磁気共鳴における線幅
研究以外
Memoの下書き(→本の感想、体重情報等)本の感想リストアニメ感想リスト
[寒剤](→寒剤業務に関わる情報)高圧ガス保安法覚え書き
Togetterおすすめ
◇お奨め漫画 完結(?)連載中
大岡山飲食店 自由が丘飲食店 目黒駅飲食店 新宿飲食店
『新版 固体の電子論』(斯波弘行)の取扱いについて

2007-01-31(Wed) 10:30-26:00

[]BWOの電源が修理から戻ってきた

修理代30万強。

[]波形解析

一次元的な磁性体だと、ESRの吸収波形が、ガウシアンでもローレンチアンでもない特殊な形になる。というわけで、昔のデータを解析してみたのだが、単純なローレンチアンに落ち着きそうだ。つまり、波形からは1次元であることはいえないのだな。まぁ、ボスと相談してみないとなんともだけど。

今は、NENPとかCuGeO3のESR論文を読み直しているところ。

[]温度較正

隣の実験室で温度較正をしているのをちょっと見学。ああいうふうにやるのか。

2007-01-30(Tue) 9:55-25:30

[][]強磁場若手道場2005.12.9-10 @ 物性研究所「マイクロカンチレバーを用いた精密トルク測定」

http://spin100.imr.tohoku.ac.jp/oomichiNOTE.pdf

[]今週は2回ほど実験

雑務をなんとかしましょう。

[]SESTの原稿提出

なんとか出した。早く論文を書かないとな。ちょっと勉強中。

2007-01-29(Mon) 10:30-24:00

[]Wordに貼る画像。

EPS画像をWordに貼ると変になることがある。だから、別の画像にしているのだけど、何がいいのかよくわからない。最近はpng形式で300dpiくらいで保存したものを貼っているが、どうもいまいちかな。

2007-01-27(Sat) 11:30-24:30

[]実験のお手伝い

でも、途中で眠くなってダウン。新クライオスタット、Nago式のテストはとりあえず今日で終了。来週はHino式のテストになる。

[]物理オリンピック

高校生二人が実験実習のために来ていた。というか、大久保さんが教えていた。

2007-01-26(Fri) 12:00-25:00

[]反強磁性共鳴吸収の測定

送付をお願いしていたサンプルが届かなかったので、別の実験のお手伝い。某緑色の結晶である。

今まで見えていなかった吸収が見えなかったのはいいけど、今まで見えていた吸収がみえなくなったり。なかなかままならない。

2007-01-25(Thu) 0:00-23:20

[]『Magnetism: Molecules to Materials : Models and Experiments-DE-』

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htmy/3527297723.html

http://www.amazon.co.jp/Magnetism-Molecules-Materials-Models-Experiments/dp/3527297723/

ASIN:3527297723

Haldane Quantum Spin Chainsとか、Spin-Peierls Materialsとか。

中古でも25000円強か。神戸大の図書館にはないみたいだし。近くの図書館にあるかな。

One-Dimensional Magnetism: An Overview of the Models

http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/summary/102530445/SUMMARY

Haldane Quantum Spin Chains

http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/summary/102530446/SUMMARY

Spin-Peierls Materials

http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/summary/102530447/SUMMARY

2007-01-24(Wed) 12:05-24:00 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2007-01-23(Tue) 8:20-24:30 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2007-01-22(Mon) 10:-23:50

2007-01-20(Sat) 0:00-18:30

[]Gmailを携帯で読む方法

http://gmail.1o4.jp/mobile.html

最近、携帯からgmailを見ようと思ったらうまくいかなかった。

http://m.gmail.com/へアクセスすればいいのか。

[]Proceedings of the International Workshop on Application of Submillimeter Wave Electron Spin Resonance for Novel Magnetic Systems

Journal of the Physical Society of Japan

Vol. 72 (2003) Supplement B

http://jpsj.ipap.jp/journal/JPSJS-72SB.html

2007-01-19(Fri) 12:05-24:00

[]研究について

http://www16.ocn.ne.jp/~lepton/research/index.html

磁性についてもいろいろ載っていますね。

[]D論

今、D論を書き直せ、って言われたら、書き直したいことがたくさんある。とりあえず、イントロダクションを書き直したい。

[]プリンタ

プリンタが使えるときと使えないときの差がわからなかったのだけど、Extremeのサーバに接続していないと駄目っぽいな。

[]?CuBr4

そういうの多いのかなぁ。

[]X-bandの実験

やっぱり線幅広すぎる模様。謎のシャープピークはDPPHみたいにシャープだ。

[]明日はセンター試験

ゆっくり原稿を書きましょう。

2007-01-18(Thu) 10:30-17:20

[]学会の予稿提出

とりあえず、提出しました。

[]木俣さんのD論公聴会

日時:2007年2月6日(火)15:10-16:40

場所:神戸大学理学部Z棟302

2007-01-17(Wed) 9:00-26:30

[]量子反強磁性正方格子

夏目雄平:日本物理学会誌45巻3号pp.170-178(1990)、解説。

それまでの量子反強磁性正方格子についての本研究室の研究を中心に広い視点からまとめて、

総合報告とした。

http://zeong.s.chiba-u.ac.jp/works.html

早速コピーしてきた。


【追記 2014年6月17日

実際は、日本物理学会誌 45 (1990) 241です。

下記からダウンロードできます。

夏目雄平「正方格子量子ハイゼンベルク強磁性体の基底状態の誕生にせまる」

http://ci.nii.ac.jp/naid/110002076525

[]いろいろ

飛行機の予約取ったり、プリンタの調子が悪くなったのでいろいろいじったり、春の学会の予稿を書いたり、実験しているのを見に行ったり、ディスカッションしたり。でも、仕事が進まない。

[]原稿書き

暇がない。仕方がないから、センター試験の時に仕上げるかねぇ。太田先生にも見てもらわなければいけないからあんまり時間がないな。

[]依頼

T工大のOさんに、○○のデータを送る。

2007-01-16(Tue) 9:50-24:50

[]いきなり実験かぁ

ミーティングで、今日いきなり実験することに。心の準備が。

[]X-bandで実験

海外から来ている方と一緒に実験。あんまりかんばしくないな。線幅が広すぎなんだ。

2007-01-15(Mon) 10:10-23:45

[]まぁ、いろいろと

まぁ、いろいろと。

2007-01-13(Sat) 9:20-23:50

[][]低次元・量子スピンネタ

One-Dimensional Magnetism
http://www.itp.uni-hannover.de/~mikeska/springer040608.pdf 1次元系のレビューがあります。80ページ以上あります。私は全部読んでいません。最初の方だけパラパラめくってみるのも良いのではないでしょうか。

Short Range Order Effects on EPR Frequencies in Heisenberg Linear Chain Antiferromagnets
http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/32/337/ いわゆるNagata-Tazukeの理論。
Temperature Dependence of the ESR Line Width in One-Dimensional S=1/2 Antiferromagnet CuCl2 2NC5H5
http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/39/259/ 網代先生らによるESRの線幅です。
スピン梯子化合物およびその周辺物質(PDF)」
http://msk2.kuicr.kyoto-u.ac.jp/~azuma/DownLoad/%8C%A4%8B%86%8F%D0%89%EE.pdf VOPOについてです。梯子じゃなくて交替系だってことが書いてあります。
量子スピン・強相関・分子磁性
http://www.ph.sci.toho-u.ac.jp/tamura/magindx.htm 量子スピン系の復習にいいんじゃないかと思います。

・・・

以上抜粋終わり。

修士の学生さんから、いろいろ質問を受けたりするのですが、けっこう難しい質問が多くて、勉強しつつ答えるって感じになってます。

[]修士論文としての体裁

2〜3年間に研究を通して自分が理解した(気づいた、築いた)物理観を記述するということが必要なのかなって思うこともある。

でも、「あるテーマを書くなら、引用や言及しなければいけない文献がある」というのも確かだ。

でも、あんまり「あれを書けこれを書け」って言い過ぎたら誰の修士論文だかわからなくなってしまう。

アドバイスというのは本当に難しい。教えられる側の力や、教える側の力を考慮しつつ妥協点を見出していくものなのかも。

[][]研究者の基本能力 1 "文献検索"

1とか書いておきながら2を何を書くのか決めていないけど。

どうやって、関連する文献を探し当てるかは研究の発展に大きく左右する。だから、早めにこの能力をある程度まで上げたいものである。ちなみに、私は他者よりこの能力が低い気がしてならない。でも、最近はネットの発展で便利になった。その分、関係ない論文もたくさん検索にひっかかるが。

http://extreme.phys.sci.kobe-u.ac.jp/extreme/staffs/fujisawa/link.html

の文献検索のリンク先から関連するキーワードを探してみるのが良いんじゃないかな。

[]大学の役割

学生は、大学で、研究を通して、教育をうける。

教官達は、教育を通して研究をし、勉強する。

・・・と意味もないことを考えたりすることもある。

[]書く理由

推定読者層は量子スピン系とかを学んでいる実験系の学生さんとかです。一応ね。いちいち同じことを何回も説明するのが嫌だから、ここに書いているという側面もあります。

でも、これを書いているのは自分が忘れてしまうからなのですね。あと気分転換かな。悩みは書いてもいいけど、愚痴は書かないように気をつけたいと思います。

2007-01-11(Thu) 0:00-4:30,11:10-20:10

[]年賀状

遅ればせながら書きました。とりあえず、来た分だけ返信します。

手書きの手紙は何を相手に書いたか忘れてしまうからちょっと困る。

やっぱりメールがいいです。

2007-01-10(Wed) 9:40-24:00

[]修士論文って

どのレベルまでできればいいんだろうか?

[]いろいろ

  • 田中先生に何かを連絡
  • バスの予約
  • Iさんに出張許可メール?
  • Zvyaginさんが来日
  • 依頼実験、思ったより早く終わる。
  • A3のカラープリンタを借りる。何のため?
  • BWOが壊れてしまったらしい。
  • 小さなホットカーペットみたいなのを導入。あったかで快適です。
  • レーザーの両面プリンタが欲しいな。

2007-01-09(Tue) 9:15-23:50

[]無線LAN

無線Lanの調子が悪かったのだけど、ThinkVantageAccessConnectionsというのをいじったら正常に動くようになった。

[]靴を買う

サンダルと靴を買った。また、安物です。

[]依頼実験

X-band装置を使った実験。なんとか強度がでた。明日も。

[]出張

12日に出張許可をボスからもらったので、東京の方へ行くつもり。事務手続きはまだ。旅費が出るわけでもないので、深夜の高速バスで行くつもり。

[]いろいろ

低次元スピン系とかを人に説明したいときとかに。

『Magnetism in Condensed Matter』(Stephen Blundell)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0198505914/

特にChapter8。

『量子スピン系』(宮下精二)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000111302

低次元系の話が載ってます。

『磁性体の統計理論』(小口武彦)

http://www.shokabo.co.jp/mybooks/ISBN4-7853-2312-4.htm

少しとっつきにくいかもしれないけど、8章の3と4は見ておいたほうがいいかも。

『磁性』(芳田奎)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000054422/

157ページ以降の、「9-3 1次元Heisenberg模型 Bethe-Hulthenの理論」の最後の方を見ておいたほうがいいかな。

物理学論文選集VIII Haldane Gap

「3 1次元反強磁性 Heisenberg模型」は見ておくほうが良い。

久保健 『物性研究』75-2 (2000-11) 「量子スピン系における秩序」

田崎晴明 『物性研究』58-2 (1992-5) 「量子スピン系の理論」

永田一清『物性』1972年3月号149 「一次元Heisenberg磁性体における常磁性

共鳴吸収」

下記のページも参考になると思います。

http://extreme.phys.sci.kobe-u.ac.jp/extreme/staffs/fujisawa/link2.html

2007-01-07(Sun) ?

[]試料の購入

今日は京都まで、実験試料を買いに行きました。あんまり良質なのはありませんでしたが、しかたなく購入。こまめに見に行かないとだめかな。でも、遠いしな。

2007-01-06(Sat) 0:00-11:50,12:50-16:45

[]新年会でした

食べ過ぎました。

2007-01-05(Fri) 9:50-24:00 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2007-01-04(Thu) 11:50-19:50

[]あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

{量子スピン系の若手研究者増えろー ♪ }> o(*´ω`)っ−.。*゜+.*.。 ゜+..。*゜+*'``*:.。..。.:*・゜゜・*〆⊂(´▽`*)ゞ <{古典スピン系の若手研究者増えろー ♬ }(→研究に関係する情報など)