Masashi’s Web Site Memo@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

研究
4年生のための研究生活ガイド〜物性実験編〜(→B4、M1向け)
磁性物理掲示板 3(→東工大物理の田中研の掲示板)spinリスト (Twitter)(スピン系の研究者(?))
ESRの直接遷移 磁気共鳴における線幅
研究以外
Memoの下書き(→本の感想、体重情報等)本の感想リストアニメ感想リスト
[寒剤](→寒剤業務に関わる情報)高圧ガス保安法覚え書き
Togetterおすすめ
◇お奨め漫画 完結(?)連載中
大岡山飲食店 自由が丘飲食店 目黒駅飲食店 新宿飲食店
『新版 固体の電子論』(斯波弘行)の取扱いについて

2008-01-31(Thu) ‘‘何が解けて、何が解けない問題か’’の把握が大事かな

[]忙しいっていうのかな

いろいろ進めたかったこともできたけど、進まなかったことも多い。

いくつか手が空いたので、AFMRをこそこそ調べている。そろそろやっつけないといけないかな。


学生の人とかを見ていると、私の勉強の仕方って効率悪いのかなぁ、って思ったりすることもある。

[]メールの返事とかデータを送るとか

もう少しおそくなりそう・・・。

[]温度計が不調

VBLのX-bandの温度計が不調。うーん、どうにかしないとね。

2008-01-30(Wed) 今ではただの‘‘変な人’’

[]なんとかむりやり押し込めた

次の朝に、遂行じゃなくて水耕じゃなくて推考じゃなくて推敲しよう。

というわけで帰ります。

[]『The Art of the Snowflake: A Photographic Album』

The Art of the Snowflake: A Photographic Album

The Art of the Snowflake: A Photographic Album

大久保さんに見せてもらった。綺麗ですよ。

2008-01-29(Tue) ‘‘あれは酸っぱい葡萄’’と言うことに恥ずかしさを感じないの?

[]かごめさん

松見君と大久保さんと実験。

やっぱり、実験すると疲れます。

松見君もいろいろわかってきたみたいでちょっと安心。まぁ、まだまだ気が抜けないけどね。

[]自分の仕事が進んでいないぞ

反省。なんとか時間をとることができたはず。


あー、でも眠いので寝ます。

[]『魔女 2』(五十嵐大介)

魔女 2 (2) (IKKI COMICS)

魔女 2 (2) (IKKI COMICS)


アリシア:ねえ、ミラ。

ミラ  :何?

アリシア:どうして本を読んではいけないの?

ミラ  :あんたには経験が足りないからよ。"体験"と"言葉"は同じ量ずつないと、心のバランスがとれないのよ。


いちども空を見たことがない人が「晴れた空は青い」といったら、言葉は間違っていなくてもそれはウソなんだわ。



こういうセリフも大好きなのだけど、絵がとんでもなく私好みな本です。

[]対称性

AFMRの磁場周波数ダイアグラムがあるわけだけど・・・。


なんか対称性に関して、私がちゃんと理解していないところがあるんじゃないか?ってお風呂の中で思った。

[]遅々としてでも進む

うー、17行削るのか。だんだん厳しくなってきた。でも、明日の朝までにはやっつける。

[]グラフの縦横比

私は4:3くらいが好きです。

必要によっては、1:1だったり、3:4だったりもしますが。

[]VBL実験

朝倉君の。予期せぬトラブルが発生しました。とりあえず、トランスファーチューブの真空引きをすることにした。定期的に引いたほうが良いのかな?

2008-01-28(Mon) ‘‘真面目’’よりも‘‘誠実’’でありたい?

[]最近よく聴く曲は・・・

「最後の選択」とか「幻影城《Phantasmagoria》」とか。気合入れる!って感じの時に聴いたりすることがある。

[]iPod

最近、また壊れた。分解して、組みなおしたら動き始めた。よくわからないけど、いいか。

2008-01-27(Sun) 私に親和する‘‘戦略・戦術・方法などなど’’

[]いろいろ疲れた

日曜日はきちんと休もう。

[]ほどよい

ほどよい単純さや、ほどよい複雑さを求めている。たぶん。

[]昆虫を制御可能にして動くセンサに,MEMS 2008でMichigan大が発表 電子回路を生体インタフェースに使う研究が増加

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20080122/145969/

特に大きな注目を集めたのが,米University of Michiganが発表した,昆虫にICやアンテナなどを埋め込んで,ラジコンのように制御する研究「Cyborg Beetle」。

・・・すごい。

[]単純なことでも

単純なことでも、言葉にして書きましょう。

単純なことでも、模式図または概念図を作りましょう。

単純なことでも、数式で表してみましょう。

単純なことでも、その数式をグラフにして描いてみましょう。

サボってはいけません。


表層的な言葉に騙されないためには、いろいろ大変だと思うのでした。

[]言葉に負けてしまいそう

言った言葉に責任を持って欲しいな、って思うし、私もできるだけ、言った言葉に対して、責任を持ちたいな、って思うのでした。

仕事関係の文章を書いていても、なんか上っ面だけの言葉にしてしまうことがあって、後で読んで気持ち悪いなぁ、って思うことがある。

[]目的が抽象的過ぎても駄目?

そういうものかもしれない。

[]『パリティ』2008年2月号

まだパラパラ眺めているだけ。

[]量子ゆらぎ

うーん、量子ゆらぎねぇ。うーん。

私は、まだ、この言葉を自信をもって使えていない気がする。

物性研究に載っていた、あれが見たいな。なんかまた手元からなくなってしまった。

明日の朝は文献探しをするかな。

[][]「分子磁性に興味をもつ分子科学者のための量子スピン入門」(田村雅史)

http://j-molsci.jp/archives/index.html経由でhttp://j-molsci.jp/archives/AC0009.pdfから。


1月21日に改訂されてる。

[]もう少し文献を読まないといかんな

もう少し形にしてからかな。

[]夕食・・・

そういえば、学生時代は夕食は23時以降だったな。

[]その26 「どきどきしたりわくわくしたり」

25歳未満は読んではいけません。


続きを読む

2008-01-26(Sat) ‘‘墓地や霊園’’で心が休まる人もいるかもね

[]少しは進展

やりたかったことが少し進む。

まだ、一月は終わっていないけど、すぐ終わってしまうでしょう。なんか学生の人につられて勉強しているような月だったかもしれない。

[]言葉の受け取り方

最近、与太話の率が高いなー。



それはともかく。


言葉の受け取り方ってどうなっているんだろう?ってたまに考える。人は、たぶん、会話の際に、相手の言葉をそのまま受け取るだけではなくていろいろ操作をしている。裏・逆・対偶を取ったりする。そして、話者の普段の言動とか存在感から、大体の意味を見積もったりする。


・・・どこかで書いたことかもしれない。なんとなく。

[]お寺とか神社とか

お寺とか神社とか、木々に囲まれていることが多い。しっとりしていることが多い。私は、無神論者と言ってもよい人だけど、そういう空間が嫌いなわけではない。そういう空間を維持することには敬意をはらっているともいえる。

神聖なる対象に向かおうとする人の気持ちも嫌いなわけではない。(ある時は嫌いになるし、ある時はたいへん恐ろしくなる)

聖なるものに対する畏敬の念とかは、他の人に伝えにくい。聖なるものとは、「通常の個の意志」を超えたものに宿る。

墓地とか霊園とかは、過去に存在した意志を想起させるところがある。私は生きているんだなぁ、って思い返したりする。古い論文を読んだりした時も同種のことを感じる。私は、今、研究しているんだなぁ、って。

[]低次元スピン系とか

再度自分の頭にインストール中・・・。

[]『計算物理 III』

付録で、KCuF3やK2CuF4などに言及されている。

2008-01-25(Fri) こっ、これは、‘‘伝説’’の・・・!

[]勝手に成長する

そこらへんが面白いのかもね。

まぁ、なんていうか、勝手にやってください。

そう、言えることがけっこう嬉しい。

・・・

楽しい、って思ってもらえるまでがたいへんなのかな?

こうやると、楽だよ、って言うのはあんまりどうかと思ったりもする。

まぁ、伝えられることはそういうことしかないのかもしれないけど。それしか私も言えないし。

まぁ、効率的に作業を進めれば、いろいろ考える時間ができる。

まぁ、効率の重要性も言わないといけないかもしれない。

・・・

やっぱり種を撒いているみたいって思う。

[]低温センターで実験

何なのでしょう。これは。

難しいなぁ。

でも、まぁ、最初は基本をおさえていくことが大事ですよね。

そのうち面白くなるかもしれない。

[]VBLで実験(朝倉君のあれ)

さんぷる・いず・ふぉーりん・だうん

「〜みたいな解釈はどうかなぁ?」とかいろいろ。このサンプルは彼の適性に案外(←当初の私の予想より)あっているかもしれない。まぁ、いろいろ考えてみてくださいませ。「良い試料が人を成長させることもある」という良い例になって欲しいな。まぁ、これからだけどね。とりあえず行く方向は定まりつつある。

[]もっと自信を持ちなさい?もっと不安を持ちなさい?

まぁ、これもどうでもいいのだ。

「努力しない理由を集めるのは惨めだ」と言うことを遠まわしに言っていることになる。


「所詮あなたはこの程度」って言われたら、「私は、私の最大を出すために、努力を惜しみなくしました。あなたにとって『所詮』でも、これが私の最大です。ところで、あなたの成果は、あなたの最大を出すために、努力を惜しみなくした上でなされたものですか?」って感じで返せるかな?

[]自分の研究

昨日は、いろいろやろうと思っていたことが出来なかった。反省。流され気味なのかな?強い意志を持たないと。

修士論文がんばりましょうとか、実験の準備はここを気をつけようね、とか長期的視野で考えれば無駄じゃないことで時間を費やしているわけで、まぁ、これが私の限界なのかもしれない。・・・と限界をあまり低く見積もってはいかんですね。

「世のため、人のため、私のため」とかの投資の重み付けとか、その時間変化とかを考えたりするふわふわした日常。

[]わけわからんことばかり書いているな

夜、眠る前に書くような文章は、朝見てみるとたいへんダメダメだったりするが、まぁ、そういうのが面白い、ってこともあったりする気がしないでもない。

しかし、今日のはちょっと思わせぶりすぎるかもしれない。

「これの意味は何?」って問われれば、その問うた人を見て、私が説明できる範囲で説明しても良い。

ちょっと読者を意識してみた。

[]最近の学生は・・・

まぁ、そういう話に乗ってしまうこともあるが・・・。



「最初に好きになったものに捉われる」「今まで慣れ親しんだ方法に捉われる」という意味で考えると若い人も年配の人もいっしょな気がする。そして、若い人の方が平均すればチャレンジングだ。新しいものを受け入れるのに躊躇が少ない。


「いつまでも、必要とされる価値はなんだろう?」「そういうものはあるのだろうか?」って、こっそり考えたりする。

[]研究とともにある生活

どうすれば、学生の人に研究を楽しいと思ってもらえるのかな?って悩むことがたまにある。これは、「コミュニケーションは一生かけて学ぶもの」という藤澤さん(←突き放してみた)の覚悟(または決意・諦観・受容・哲学とか、何でもいいや)にも関わることかもしれない。

[]「原因が私の外部にあるものであれば私は悪くない。原因が制御不能であれば私は責任を持たない」

まぁ、こういう言葉は考えるきっかけに過ぎなくて、これ自体には、あまり意味はない。

[]Table of mathematical symbols

http://en.wikipedia.org/wiki/Math_symbol

$¥approx ¥sim ¥simeq$ ≅とかの使い方が気になったので。

[]LONDON FRUIT&HERB 《ロンドン フルーツ&ハーブ

http://item.rakuten.co.jp/elblanco/c/0000000951/

スペシャルパックがいろいろ楽しめてお奨めです・・・って品切れか。

[]あと13行

・・・つーか、いっこ議論を消さないと入らないです。たぶん。後は気合か?

[]朝倉君の例のサンプル関連

「それじゃあ、モンテカルロ計算で〜の計算をやってみます」

すげー。あなたは何者デスカ?

[]つまんなこと

うーむ、またつまらないことを言ってしまった。

2008-01-24(Thu) ‘‘気性’’は激しいですよ? ねっ!

[]進捗状況は?

いろいろ捗っているようないないような。

最近、ものを壊していないということは大きいかもしれない。(←おいおい)

[]客観的に

自分は悩む意味があることで悩んでいるのかを考えたりもする。

考えるべきことを考えているのかを考えたりする。

[]感動とか

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%81%E3%83%9F%E3%83%84%E3%81%A8%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC

ハチミツとクローバー』(羽海野チカ)で、自転車北海道まで行く話があります。

あれを面白いと思った人は、自分自身の目の前にも、どこかへ行く道が繋がっていることを思い返すでしょう。

「どこか」とは地名という意味合いではなくて、なんらかの目的という意味です。

・・・


物語とかを読んで感動したりすることが私にだってあります。その時に、「私は何で感動したんだろう?」って自問したりします。「この体験は、私を強くしただろうか?」って自問します。「この感動は、私を良い方向へ導いてくれるのだろうか?」と考えたりします。

・・・

何かに、「感動した」って素直に気持ちよく言えるようになれたらいいと思います。それは、加齢にしたがい、難しくなることかもしれませんが。

2008-01-23(Wed) それは昔の人の‘‘夢’’?

[]「手札を良い状態に保つ」

http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=7517

教科書が何と書こうが評論家が何と言おうが、権利が自動的に保証されるわけではない。侵害者相手に不断の闘争をする以外に、権利を実現する方法はない。また、権利が法的闘争によって作られるという面もある。権利のために紛争を行うことは、自分自身に対する義務であると同時に、社会に対する義務でもある。

面白い。

[]進まないな・・・

いくつか問題は解決したものの、解決しない問題は、やっぱり解決しない。


図を二枚も削ったのに入りきらないなんて、もうどうしようもないですね。いろいろいじらないといけないみたい。

[]X-bandの結果は・・・

朝倉君の実験。磁場変調を変えると、〜ってなるのですね。むー、実験って難しいな。想定できないことではないけど。

私が実験していたら気がつかなかっただろうなぁ。うーむ。

[]強磁場実験

卒論と関わりがある実験。あれで、何を言えばよいのやら。難しいです。

[]卒論とかについて議論

まぁ、こんな感じでどうでしょうか?という提案だけしてみた。本人の頑張り次第かなぁ。

2008-01-22(Tue) だから何なの?‘‘言いたい事’’はその程度?

[]OpenOffice.org

http://ja.openoffice.org/


関係ないけど、SDKがSoftware Development Kitであることを最近しりました。

[]焦ってもしょうがない

私が焦ってもしょうがないのであった。

まぁ、自分なりのアプローチで自分なりに納得がいくものを作っていけばよいのではないかな?

私だって別のやることがあるわけだし、そういうのを疎かにしてはいけないですし。

[]PACS -CONDENSED MATTER: ELECTRONIC STRUCTURE, ELECTRICAL, MAGNETIC, AND OPTICAL PROPERTIES-

http://www.aip.org/pacs/pacs08/pacs0870.html

73.43.Nq Quantum phase transitions

75.10.Pq Spin chain models

75.50.Ee Antiferromagnetics

76.30.-v Electron paramagnetic resonance and relaxation

76.50.+g Ferromagnetic, antiferromagnetic, and ferrimagnetic resonances; spin-wave resonance

まぁ、なんとなく。

[]いろいろ

みんな卒論とか修論とか中間発表とか頑張ろうね、って感じでした。

2008-01-21(Mon) 私の‘‘価値観’’は私の体から生じる

[]成長物語

土日は読書(物理とは関係ない)ばかりしていた。もう、一月は本を読まなくていいや、ってくらいしていた。


で、思ったのだけど、私は主人公が成長する物語が好きなんだと思う。どのような要素が成長に関わってくるのか?というのに興味があるのではないかと思った。

[]返信すべきメールがいくつか・・・

近いうちに・・・。

[][]「分子磁性に興味をもつ分子科学者のための量子スピン入門」(田村雅史)

http://j-molsci.jp/archives/index.html経由でhttp://j-molsci.jp/archives/AC0009.pdfから手に入ります。

お奨めです。(まだ見ていないけど)

大道さんに教えてもらいました。

[]DPPHが劣化

というわけで、実験を中止しました。まぁ、そういうこともあるよ。

2008-01-20(Sun) 何で、こんな、‘‘嫌な’’、見方を、するの!

[]面白い?

英辞郎 on the Webで検索

http://eow.alc.co.jp/%e9%9d%a2%e7%99%bd%e3%81%84/UTF-8/?ref=wl

いろいろな訳がある。つまり、いろいろな意味がある。そういうニュアンスは案外伝わりにくいものなのかもしれない。親しい間柄ならともかく。


物理でも、面白い、にはいろいろな意味合いがある。

数理物理学的に面白い場合もあるだろうし、実験物理学的に面白い場合もあるだろうし。



・・・



普通の人が面白がる。

科学者として面白がる。

自然科学研究者として面白がる。

物理学研究者として面白がる。

物性物理学研究者として面白がる。

固体物理研究者として面白がる。

固体物理研究者(実験屋)として面白がる。

自分が面白がる。

・・・

物理学研究者に面白がってもらえるものを目指したいですね。普通の人に面白がってもらえるものは難易度が高すぎる。

[]X線回折データ

友尾君のあれに関して少しだけアドバイスをした。

でも、よく、やってみようと思ったな。そういうのが大事なのかも。

[]きな粉のお団子

久しぶりにお団子を作ろうとしたら大失敗だった。水の量が多かったためであると思われる。

頑張りましょう。

お団子を作ると母方の祖母を思い出します。なんとなく。食べ物の連想記憶は偉大だと思いました。誰かに覚えていてもらいたいときは、食べ物を用いるというのは悪くないと思いました。

「お団子を見たら、私のことを思い出してください」

って、書くと馬鹿っぽいな。

[]その24 「何でそういう嫌な見方をするの?!」

27歳未満は読んでは駄目。


続きを読む

[]その25 「諦めたり受け入れたり」

25歳以下はみないこと。

続きを読む

2008-01-19(Sat) ‘‘事実’’ではなく‘‘解釈’’に矛盾がある

[]α,α-diphenyl-β-picryl hydragyl(DPPH)

『電子スピン共鳴』(伊達宗行)のp.64の図2・10がなんか気になる。でも、眠いからまた今度考えよう。(→そればっかりだ)

[]吸収線の幅と形

磁気測定II』のp.11あたり。

うーん、例のものを論文化するさいには気をつけたほうがいいかも。

[]研究の夢を見ることもある

でも、ろくでもないものばかりだ。装置を壊したり、出した論文に決定的な不備があった、とかそういう夢だ。

[]日々の研究(佐々真一)

http://d.hatena.ne.jp/sasa3341/20080118

現在、おそらくどこの大学でも審査員と学位論文提出者のやりとりが一般公開されているはずだ。これは大変いいことだ。僕は、もう一歩踏み込んで、質疑応答を文書として公開してもいいとすら思う。これは、学位論文提出者よりも、学位審査する側へのプレッシャーがより高くなるからである。そういう提案をすると、忙しくなって云々、、現実的でない云々、、という反論がくるのは百も承知だが、審査する側の負荷を今より重くしていくことが大事だと考えているからである。

学位だけでない。一定額以上の研究費や人事などについても、最終選考インタビューの公開という英断をどこかでやらないのだろうか。何をどこまで公開するのかは難しい問題だが、影響の大きなものほど公開の度合を今以上にあげていくことは絶対に必要だと思う。

おもしろい。

でも、大学の先生の無駄な雑用を減らさないと現実的ではない気がする。

大学の先生が試験監督とかをしているなんて、人材の無駄な使い方をしているとしか思えない。

質を高めるためには、意識改革も必要だけど、人材の質と量、設備、組織改革や運営改革が必要であり、それは結局お金が必要ですよ、ってことになる。

[]『アタゴオルは猫の森 8』(ますむらひろし)

アタゴオルは猫の森 8 (MFコミックス)

アタゴオルは猫の森 8 (MFコミックス)

ずっと昔「コスモス楽園記」を描いた時期にゴッホをテーマにしたとき、彼の手紙本を読んだのだが、今回は毎晩のようにフトンのなかでそれらを読んだ。それは間接的に画家から送られてきた僕へのつぶやきを聴いているようでもあったのだが、百年前の絵画に魂を塗りこめた男の声は予想外に冷静であり論理的であり、「狂人」「熱狂の人」「炎の男」といったイメージとは違う姿が見えてくるのだった。手紙を通して現れる彼は読書家であり、日本美術への研究もこつこつとやっている風なのだ。浮世絵の模写、あるいは色んな色の毛糸を絡ませた玉による色彩バランスの研究など、彼なりにそうした努力を積み重ねて、独特の画風に辿りついていく。そうした追い込みのなかで、すこしずつ狂気の域に入っていったようなその足取りもまた手紙のなかにパラパラと現れて痛々しい。

あとがき的なエッセイに載っていました。この人は、文章も面白いのです。


ますむらひろし作品は一時期集めていたのですが、ある時期から挫折して集めていません。今回のもなんとなく8巻だけ買って、1〜7は持っていない。でも、これを読んだら集めたくなってきた。そんなにマイナーな作家でもないのだけど、品切れのまま増刷されないということはありえるから、早く買うべきなのかな。

[]駘蕩(たいとう)

のんびりとしている。

さえぎるものが何も無いとか。そういう意味らしい。

[]編集者?

M2の学生と私の関係は、作家と編集者みたいな関係なのだろうか?その類推からすると、ボスは編集長になるのかな?

・・・いろいろ考えて、あんまり類似性はないかも、って思った。

[]行列計算

Mathematicaを使って、行列計算をしたり。

むかし、MathematicaでAFMRの数値計算をしようとして、挫折したことを思い出しましたよ。

[]その23 「私は継承者だから」

25歳以下はあんまり読まないほうが良い感じ。

続きを読む

2008-01-18(Fri) 「‘‘萌えー’’」って言ったら負けかな、って思って

[][]ちょっと羨ましかったりもする

修論卒論で、一つのことを一生懸命考えられるのが羨ましかったりもする。まぁ、当事者はなかなか辛いだろうけどね。私だって、比較的自由に考える時間があるわけだから、頑張ろうって思ったり。


私の父親は、中学生の頃は、幾何の問題が好きで、一つの問題を一週間くらい平気で考え続けることができた、とか言っていた。私には、そういう集中力はないと思う。でも、そういうことの価値の片鱗には触れることが一時期は出来たと思う。学生の人には、集中して考えて欲しいし、それが価値があると思って欲しいと思う。でも、それは、教えることが出来ないことなのかも。

[]線幅と異方性

PRB 73, 094446 (2006)に、

We show that anisotropy can be regarded as one of the main sources of the low temperature EPR linewidth broading in low-dimensinal spin 1/2 systems with the dimerized spin-singlet ground state.

って、書いてある。うーん。


某、論文でうんうんうなっていたところは、線幅の温度依存性とかだった。常識がなかなかつかめない。今でもよくわからなかったりする。

[]直接遷移とD項

これも、なんとなく妄想していることなんだけど、〜な関係があるんじゃないかなぁって言うのがある。でも、それはなんか当たり前のことなのかもしれない。でも平気で無視されているような場合もあったりして、やっぱりよくわからない。温度下げて、スルホンの強磁場ESRを測りたいなぁ。

[]アクセス解析はしていないので

コメント欄への書き込みとか、「見てます」といわれない限り、このページを見ていないものとして扱います。一度、見ている、って言った人でも、その後言及がなければその後は見ていないと考えています。このページを見ていることを前提に話をされても困りますよね。個人的なメモという側面がやっぱり強いのです。

[]フィッティング

フィッティングで綺麗にあったからって、その物理現象をうまく説明できるわけでははないけど、フィッティングで合うことは、その物理現象を考える上で大きな手がかりになる。信用しすぎてもいけないけど、無視して良いわけでもない。

[]やることリスト

  • GaAs:Er,O
  • X-band測定装置
    • DPPHで温度変化とかしてみる?
  • Cs2Cu3SnF12
  • Ni(dmit)ラダー 当初、思ったより、いろいろ解釈を考える必要がありそう。大変だと思うか、楽しいと思うか。
    • いろいろ計測
    • 解析を進める
    • 論文読み。
  • Dioptase
    • 論文読み
    • AFMR解析、その他モデルの解析
    • 論文書き
  • スルホン
    • 論文仕上げ(ESR)
    • 論文書き(磁化率、比熱)
    • 次の実験計画(ヘリウム3温度でのESR)
  • Cu(NH3)2CO3
    • サンプル合成
  • NH4CuCl3
    • 論文書き(比熱の解析、圧力下磁化率)

卒論修論に関わるのは、ちょっといろいろプッシュしたい感じ。

[]一歩一歩

とりあえず、サテライトシグナルの原因に関わる論文を読み中。それが、終わったら、論文投稿手続きに必要なことをする予定。やらなければいけないことは多いけど、一つ一つのことをしっかり考えていくのはけっこう楽しいことだったりする・・・のを忘れないようにしないと。

[]小さい頃の記憶

私の小さい頃は、家族一緒の部屋で寝ていた記憶がある。父親の枕元には、いつも方眼紙と鉛筆(ペン)があって、寝る前にいろいろ図面を書いたりしていたようだ。いろいろ考えてしまって、なかなか眠れない、ってことがよくあったのだと思う。

例えば、私が、寝る前に物理の話を考えながら眠ることはほとんどない。考え続けることができる、って言うのは凄いって思う。

つまり、なんというか、いいたかったことは、私の「怠ける理由」はセコイってことだ。

[]slow/fast exchange regime

?

磁気共鳴 ESR』(山内淳)のp.84あたり。

2008-01-17(Thu) 空気読むって‘‘平均場近似’’ですか?

[]勉強します

「勉強してー」って思うのは、意味がある時間を過ごすにはそれが必要だと思うからだったりする。


「勉強しろ」って言われるのはちょっと恥ずかしいことかも。でも、言ってくれると嬉しいと思うこともあったりする。そういうのは、なんか不思議。

[]Thinkpad縦長画面で表示

f:id:sib1977:20071023215306j:image

深い意味はないが。水野君のコンピュータキーボードは私のです。

[]肌が弱い。

髪の毛が、額にかかっていると、痒くないかな?って思うし、目の前まであると、目に入りませんか?って思うし、耳が隠れていると、やっぱり痒くないかな?って思ったりする。


私は肌があんまり強くないのが気になる理由なのかもしれない。タオル(や干したての洗濯物)が好きなのも、肌が弱いからかもしれない。お金を本に使ってはいけない、という制限があったら、高級なタオルを求めていた可能性がある。

関係ないが、私は最適化・洗練されたズボラさ(?)というものに、大変憧れている。そんな女性(←どんな女性だ?)が目の前に現れたら、好きになってしまうかもしれない。ただ、そんな人はあまり見かけないのであった。

[]「 [健康で文化的な生活] 【独女通信】独男に蔓延する「何もかもが面倒くさい」病とは?」

元記事は

http://news.livedoor.com/article/detail/3444787/

です。

AさんBさんしか例を挙げないというのはなんとも偏見を助長する書き方じゃないですか?



で、次のコメント。

http://ritzberry.tdiary.net/20080116.html#p03

最後まで見ると結局「私と同じ引き出しを持っていなきゃ嫌だ」といっているだけなんじゃないのかなと。


なんとなく納得。

[]研究室が静か

今日はみんな早く帰ったのかな?Y君がいるだけ。もしかしたらどっかで眠っているのかもしれない。

スタッフの人は、そこそこの時間に帰ったほうが良いのかな?と思うこともある。

[]理論面でのサポート

前にも書いたとおり、私はM2M1B4の人の研究サポートをしている。データ解析などは理論的な背景を必要とするから、いろいろサポートしてあげたいけど、なんか後手後手な感じ。ちゃんと考えれば、無駄な実験とかをしなくてもすむし、効率的にデータを取得できるんだけどねぇ。

まぁ、そんなに無理しなくてもいいのかな。研究の進め方とか方向性に関するアドバイスとかするだけで、けっこう手一杯な感じ。

私が焦っても仕方がないか。

しかし、結果を形にして見せられたときに、ちゃんと突っ込めるくらいの勉強はしておかないといけないかな、って思う、

しかし、こういうことは、私の仕事として期待されていることなのだろうか?とちょっと悩まないわけでもない。まぁ、繋がっている、とは信じているけど。なんか効率の悪い方法なのかもしれないとも思ったりする。

「私が学生を共同研究者と見なしている」と、学生は気がついているのかな?

[]論文の読み方

どっかでも書いたような気がするが。

まず、タイトルを見るでしょ。次に、図を見る。その次に、アブストラクト。その次に結論。イントロとリファレンスを眺めて、その分野について知っているか確認する。その次に、文中で出てくる数式に目を通す。・・・本文をあんまり読んだりしないなぁ(←駄目駄目だ)。

[]テトラマー

A君のサンプルの不思議なサテライトシグナルなんだけど、テトラマースピンの傍証とかになったりしないかなぁ。それでD項とか見積ったりとか。

うーん、まだまだ妄想段階。


私が本当にやりたいことは、あれだよなー、って思い出したりする。でも、やっぱりそれ考える心の余裕は今はないよねぇ。

【追記】まぁ、複数サイトのダイマーがあるって言うほうがいいのかな。でも、〜の間隔から言って、4または5でクラスターを組むというのはそんなにおかしなストーリーじゃないような気がする。

[]レーザーライン探索

なんか、それっぽい新しいのが見えたそうだ。でも、強度が弱いからたいへんそうだねぇ。

[]X-bandで実験

H先生からもらったKagomeライクな物質を測る予定だったらしいが、ある(恥ずかしい)事情によって中断。

そうそう、以前に書いたかもしれないが、X-bandの装置の調子が悪い。コンピュータと測定装置を繋ぐ部分がなんとなく悪そう。通信エラーになるのだ。A君が(最近よく登場するなぁ)、コンピュータを長時間つけっぱなしにすると良い感じ、と言っていた。そんなもんですか?

[]繰り返しパルス強磁場ESR

問題はデータ解析だと思ったり。あーやればできるよなー、って思うけど、ちょっと面倒なので保留。

他にもいろいろ落とし穴があるかもしれないです。

2008-01-16(Wed) ‘‘最初に好きになったもの’’に囚われる

[]ホワイトお正月

f:id:sib1977:20080101123436j:image

親元に帰ったときの写真。雪が降ってます。

[]ホワイト餅

f:id:sib1977:20080116213559j:image

おいしい餅でした・・・。搗き立てが一番おいしいと思う。

[]kagomeさん

とりあえず、現在の私の技能では見えないことがわかった。

2008-01-15(Tue) ‘‘relevant’’は‘‘relevant’’だよ

[]修論の打ち合わせ

昨日は打ち合わせ。なかなかみんな大変そうだなー。私もいくつかコメントしたり。

[]複雑なような単純なような

  • 個人的な興味のため
  • 自らの成長のため
  • 新たな価値の創造のため
  • 教育のため
  • 他者の能力を知るため
  • 自分の能力をわかってもらうため
  • 善意から
  • 職業上の義務から
  • 研究の効率性のため

5分間考えて思いつくのはこんなもんか。独立したパラメータとはいえないけど、無理にそうする必要もないし。

他にも思いつけば、そのうち追記しよう。

私とある程度の時間を付き合えば、上記の重み付け具合をある程度想定できるでしょう。こういうものは、意識せずとも測り測られるものであると考えています。

[]『Quantum Magnetism』

http://www.springerlink.com/content/jp2ehtqa7e7h/?p=72849f0ceb004e7bb2a67995e04b0786&pi=0

  • One-Dimensional Magnetism
  • Quantum Magnetism in Two Dimensions: From Semi-classical Néel Order to Magnetic Disorder
  • Molecular Magnetism
  • Spin Wave Analysis of Heisenberg Magnets in Restricted Geometries
  • Simulations of Pure and Doped Low-Dimensional Spin-1/2 Gapped Systems
  • Field-Theoretical Methods in Quantum Magnetism
  • The Coupled Cluster Method Applied to Quantum Magnetism
  • Integrability of Quantum Chains: Theory and Applications to the Spin-1/2 XXZ Chain
  • Quantum Phases and Phase Transitions of Mott Insulators
  • Spin – Orbit – Topology, a Triptych

これは何だ?お金を出せば手に入るのかな?後でチェック。

[]気性が激しいのもなかなか問題

そういうこともある。

[]ラダーの話が進むかも

朝倉君が言うには、〜で規格化すると、某モデルとよく合うそうだ。うーむ、これはちゃんと考えないといけないかも。

他にもいろいろやることはあるけど、ちょっとこれは進めるべきかも。ちゃんと解析できれば、論文になるだろう。

・・・

「定量的」に扱えるか扱えないかで、全然違うから。


・・・

あぁーなんか別のアイデアが。えっと、別のサンプルにももしかして適用できたりして。ま、考えなければいけないところはたくさんある。いろいろじっくり勉強したり考えたりしたいことがあるなあ。うーん、でも、こういうのを我慢しないといけないのかな〜ともちょっと最近思ったりもする。

[]ハニカム

まぁ、以前とだいたい一緒な結果。

2008-01-14(Mon) ‘‘混沌’’より生じる‘‘秩序’’

[][]「牧野の公開用日誌」の2008年1月13日

http://grape.mtk.nao.ac.jp/pub/people/makino/journal/journal-2008-01.html#13

なんか、「魅力ある」と書いておけば明らかに魅力がないものでもそれでいい、みたいな適当な文章である。

「魅力」を具体的にするためには、マンパワーを必要とすることになるから、今後、そういうことにお金が行くようになるのかな?

[]実験室 金平糖の成長過程とパターン選択 (早川美徳・酒井 勇)

固体物理 (2007) Vol.42 No.5

http://www.agne.co.jp/kotaibutsuri/kota1042.htm

大久保さんに教えてもらった。

[]勉強の仕方

勉強の仕方は、勉強して身につけるものです。

[]iPod分解

とりあえず、OさんにiPodを分解してもらいました。すぐに分解してしまってびっくりです。

f:id:sib1977:20080109182703j:image

f:id:sib1977:20080109182653j:image

ハードディスクを交換したら動いたらしい。そのハードディスクは特殊だからあんまり安くないけど、新しいのを買うのに比べたら断然安い。

というわけで、新しいiPodを買うお話はお流れになりました。

2008-01-13(Sun) 研究者には‘‘あつかましさ’’が必要

[]緑寿庵の金平糖

http://www.konpeito.co.jp/ 

けっこう小さな袋で1袋500円くらい。おいしいけどね。まぁ、そんなに量を食べるお菓子じゃないから少なくとも良いのだろうけど。たいへん上品なお菓子です。コーヒーやお茶など何でも合うでしょう。贈り物にぴったりですね。6袋入りの3000円くらいのが良いのではないでしょうか。ちなみに、私は4袋(りんご、いちご、巨峰、バナナ)買いました。お店の近くは甘ーい匂いがたちこめていますので、近くまでこれればすぐにわかるでしょう。

[]進々堂(パン屋&喫茶店)

http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/spot/sp_sinsindou

学生がのんびり本を読んだり、おしゃべりしたりする感じかな。くつろぎスペース。

もっと、「ぐてー」っとしていたかったけど、私には使命(?)があるのであんまりのんびりしていられなかった。


なんというか、自室で「ぐてー」っとしているのは金がかからないけど、なんかいけないのだ。よくわからないが。もっと本格的に、集中して、気合を入れて、「ぐてー」っとしなければ。

[]京銘菓、阿闍梨

阿闍梨餅本舗 満月http://www.ajyarimochi.com/

うまい!

もっと買えばよかった。

このもちもちっとした皮が好きだ。

[]やるきの維持

そのためにはいろいろ工夫が必要だなぁ。

2008-01-12(Sat) もう少し‘‘無難な微妙’’

[]マンゴーラッシーとデラックスフルーツパフェ

25歳以下は読まないでね。

続きを読む

[]『科学の真実』(J. ザイマン)

科学の真実

科学の真実

研究者としてやっていけるかどうか、私はよくわからない。というか、とてもじゃないけど、やっていけないような気もする。そういう不安もこの本を面白いと思う理由の一つかもしれない。自分の科学観は、そんなに的外れではないことを確認したいのだと思う。


私が、ある種のことに怒ってしまったり、いらいらしてしまったりするのも、この不安がたぶん根っ子にあるのだと思う。その種の負の感情は、理性で考えればおかしいことはわかる。そして、感動したり嬉しくなったりするのも、この不安を私と切り離すことができないからなのだと思う。

私の結論は、いつもこれだ。贅沢な悩みだと思う。過去の私がこの悩みを受け入れることを選んだのかと思うと、なんか不思議な気分になる。

[]分子場近似(平均場近似) molecular field approximation

dioptaseで考え中。二副格子で考えれば良いのだと思うのだけど、なんかよくわからない。混乱中。鎖内J2は反強磁性で、鎖間J1は強磁性なんじゃないかなー、という予想でやっております。DMとかは知らん。まぁ、そのうち思いつくでしょう。研究会中そのことばかり考えていた。

なんとかなるかもしれない。実際の実験データとあわせるのは明日してみよう。

[]低温センターに行くと・・・

M野君が実験していた。たいへんそう・・・。

[]やりたいことはいろいろあるが

一次元系の資料集め。というか、今まで集めたものがどこかに紛失。悲しい。

AFMR解析。これは、ちょっと難しそう。なんとか手がかりを得たいところだけど。とりあえず、造田君の解いたやつの検証からかな。

磁化率。分子場近似でJ1とかJ2とかをいろいろ。強磁性か反強磁性かとかいろいろ考え中。他にも低次元フィット+分子場とかでT_Nがどうなるかなーとか。

そういえば、磁化曲線を0に外挿したときに何で〜なのかな?バンブレックとかdiamagとかが実は効いてる?考えにくいが。

そういえば、4.2K未満でESR測ってない。高周波ESRで現時点で強度的にきついところも、冷やせばなんとかなるかも。

線幅広いのもなんかね。難しいね。

いろいろやったつもりでもなんかいろいろやってないことがあるな。早くなんとかこいつは仕上げないといけないよねぇ。

[]かごめさん

M見君とやってるやつ。M田君の発表を聞いていたら、なにかいろいろ新事実というか新解釈がでたみたいなのでいろいろ修正しないといけないっぽいぞ。早くしないと忘れそうだな。

常磁性共鳴が出ない理由も考えなければいけない。うーん、ちょっと文献を探すのが辛そうだなー。

あと、弱強磁性だとどういうモードがたつんだろうか。これも調べなきゃ。

なんか、けっきょく、いろいろサボっていた勉強をやる羽目になる。

[]その22 「それはいつでも私の中に」

25歳以下は読んではいけませんよ。

続きを読む

[]鉱物屋

昨日は、研究会の帰りに、山本君と友尾君でクリスタルワールドに行ってきました。デートスポットかもしれない、とこっそり思いました。男女ペアはけっこうお店にいますしね。

2008-01-11(Fri) ‘‘不器用で拙い’’優しさ

[][]フラストレーションが創る新しい物性

トピカルミーティング1日目 なかなか面白かった。

2008-01-10(Thu) ‘‘問題意識’’は世界と繋がっている?

[][]フラストレーションが創る新しい物性

http://www.frustration.jp/

第1回トピカルミーティング「フラストレート新規物質」

http://www.frustration.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=6


発表はしないけどいく予定。

関係ないけど、一応。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20071218/p2

[]Mathematica 5.2

Exportコマンドで画像も保存できたのですね。

[]d軌道

f:id:sib1977:20080110223452p:image f:id:sib1977:20080110223453p:image f:id:sib1977:20080110223454p:image

f:id:sib1977:20080110223538p:image f:id:sib1977:20080110223814p:image

説明とかはしない。

2008-01-09(Wed) ‘‘捏造’’じゃなくて‘‘改竄’’

[]国会図書館の蔵書をデジタル化、どこでも閲覧可能に

http://slashdot.jp/articles/08/01/08/0937215.shtml

すばらしい。

って、実際の運用がどうなるのかよくわからないけど。

[]「サイエンスをやめるとき」

http://homepage3.nifty.com/mogami/diary/d0801.html#081経由でhttp://d.hatena.ne.jp/potasiumch/20071122#1195720830とか。

次の職は見つかったのかと聞くと、幸いにもすぐに見つかったとの事。2つの企業からオファーを受けていて、1つは初年度給与が約1200万円、もう一つは約2200万円。それは今の年収の何%増だっけ? と考えるのもばからしくなる。ラボで日常的に使っているXXやXXXなどの話をすれば、企業で職を得るなんて楽勝だったとのこと。そういうものか。しかも土日祝日は休みらしい。


アメリカの話です。

[]Magnetic properties of green dioptase CuSiO3H2O and of black dioptase CuSiO3, and magnetic structure of black dioptase

ここ

[]性差研究会

http://d.hatena.ne.jp/hhayakawa/20080107/1199700791


原稿は下記から見ることができる。信頼できそうなデータ。

http://d.hatena.ne.jp/hhayakawa/20080109/1199872033

[]しゃべること

風邪気味だなぁ。喉と鼻は悪いけど、頭はやっぱりクリア。

喉が痛いとしゃべる量がかなり制限されます。

[]4年生輪講

太田先生も大道さんも櫻井さんも出張だし、大久保さんも授業ということで私がアドバイザー(?)をした。三人しか来なかったですが。

年上の人がいないと、私は多分暴走します。下記みたいな感じで。うざい・・・。

「英語のテキストを読む場合、物理用語と普通の用語を区別するのが大事です」「わからないことがあったら、〜とか〜とかでまず最低限調べましょう」「知らない単語は索引を調べましょう」「わからないところがあったら前に戻りましょう」「対象の概念図を描きましょう」「数式が出てきたら、とりあえずプロットしてみましょう。その後、変数をいじってみましょう」「四年生の輪講は、物理の勉強であると同時に、勉強の仕方を身につけるという意味合いもあります」「パラフレーズ、具体例、反例、拡張、隠された前提の指摘など行いましょう」「質問をすることが大事です。質問ができるようになりましょう」「先輩たちに聞くのが大事」

学び方は、ある程度は訓練で身につけられると思います。意識的でなくても学ぶ過程で自然に身につくことかもしれません。だから、わざわざ言う必要はないのかもしれません。むしろ、「学ぶとはどういうことなのか?」を自ら見出して欲しいと思います。というか、それも自然に自身に形成されるものなのでしょう。

[]『科学の真実』

科学の真実

科学の真実

p.128

せいぜい言えることは、パターン認識は人類固有の能力だということで、かってカントもそれを認めました。もっと適切な解釈は、それは相互主観的な能力であって、別々の観測者が、二つの対象物がとてもよく似ているということや、ある対象、光景、データが同じ特徴を示しているということに無理なく同意できるということです。

パターン認識はその本質ゆえに、言葉による分析は不可能です。


あたりまえのことなのかもしれないけど面白い。

[]『科学の真実』

科学の真実

科学の真実

「6.4 地図としての理論」のところが面白いです。

p.135

哲学者やメタ科学者たちが認めるように、理論とはまるで地図のようなものです。科学理論に関しての一般的な文章は、ほとんどどれも地図に当てはまります。それらは「真実」と考えられるものを表現します。それらは社会的な慣習であり、多くの「事実」を抽象し、分類し、単純化します。それらは機能的であり、熟練した解釈が必要であるなど、その類似性は明らかに鮮明なメタファーをはるかに超えるものです。

したがって、あらゆる地図は理論です。ごく普通の地図を解析すれば、きわめて難解な科学理論のメタ科学的な特徴のほとんどすべてを調べられます。自然主義的な観点からは、ロンドンの地価の地図は、素粒子物理学の「標準模型」とまったく同様にこれらの特徴を示します。もちろん我々には、素粒子物理学の模型よりはロンドンの地価のほうがずっと身近です。しかし、普通の地図を、ごく見慣れた疑いのない理論と考えれば、その有効性が怪しいかもしれない理論についてもかなりのことがわかります。

p.136

したがって、科学者は科学知識を「規則」や「公式」、あるいは「一次元の関係」などという言葉で表現するという伝統にはもはや満足しません。ある「効果」にはその「原因」があるということを述べることは、より一般的な理論地図の上での「道筋」を指摘することに相当します。そのような論述は、それを述べる科学的な背景についての情報、つまり、いかにしてそれについての事実、あるいは理論についての別の論述と結びつけるかというようなことと組み合わせなければ意味がありません。

科学理論は事実や概念のノードが規則、公式、種の類似性、あるいは他の機能的な関係によって様々な次元で結合しているような抽象的なネットワークとして認識されています。厳密に言えば、科学の「ネットワーク。モデル」はその全体としての結合性を強調し、時には誇張するような地図のメタファーの特別な例に過ぎません。それでも、このモデルは科学の仮説の創出、検証、改訂、受容のための重要な意味を持っています。

「科学とは「地図」である」http://d.hatena.ne.jp/sivad/20061226#p1

を思い出しました。


さらに、p.137の「6.5 理論としての地図」のところも面白い。

地図というのは単なるではありません。普通の言葉で絵といえば、ある視点から見た世界の一部を表現したものです、科学的な目的のための理想的な絵は、事象の外形を特定し、他のものと区別をする写真のようなものです。対照的に、地図の基本は特定の視点を持っていないということです。原則として、すべての地点は可能な視点として等しく扱われています。言い換えれば、科学理論は科学的な「事実」と同じように科学のコミュニティーのすべてのメンバーに等しく受容されるために、主観的な要素を完全に排除しなければなりません。

しかし、「特定できないところから見る」という概念は意味がありません。地図というのはある特定の地域を表現していて、相対的な視点についての了解がなければ使えません。標準的な地図作成の方法によれば、地図は、非常に高いところからまっすぐに見下ろして望遠鏡を通して撮った写真、つまり衛星写真のようでなければなりません、このことはあまりに当然なので忘れられていることが多いのですが、科学理論も同様に、数学の理論ほど純粋に抽象的ではないということを思い起こさせます。科学理論が意味があるのは、真実のある面を表現するものとしてある種の人間の知能で感知できるような場合だけです。

2008-01-08(Tue) あなたに‘‘戦い方’’を教えてくれた人は誰?

[]風邪風邪

よくもならんがわるくもならん。

[][]教育の質的な転換について

http://youzo.cocolog-nifty.com/data/2008/01/post_67c3.html

おもしろそう。後で読もう。

[]『化合物磁性 −遍歴電子系 Magnetism of Compounds−Itineront Electron System−』(安達健五)

http://www.shokabo.co.jp/mybooks/ISBN978-4-7853-2608-1.htm


買おうかなぁ。迷うなぁ。

[]風邪風邪

定常状態を保っております。大きな声を出すのが少し辛いかな。喉がイガイガする感じ。頭がクリアなので仕事には支障はない。

[]張さんと実験

私がサンプルのことを良く知らないので、あんまりよくないかも。

2008-01-07(Mon) ‘‘粒状’’というより‘‘泡状’’

[]風邪気味

頭は働いているけど、喉と鼻が調子が悪い。今年初めての風邪かもしれない。

[]X-bandでKCuCl3の角度回転

なんか変なピークがでるし。なんか悲しい。

2008-01-06(Sun) ‘‘不可逆変化’’な気分

[]風邪気味?

風邪の徴候。擬似コタツを作って、そこで寝たのが敗因だろう。今日は、おいしいものを食べて暖かくして早く寝たほうがいいかな。


自分の部屋にいる時間が長いと体調が悪くなる。研究室の環境のほうが、自室の環境よりもまだましなのだと思う。

[]評価基準

貶しているわけではなくて、こういう評価基準もあります、ということを言いたいだけだったりする。

[]がんばってね!・・・ね?

「がんばってね」って言う言葉をよく使ってしまうけど、いろいろなニュアンスで使っていることに気がついた。

例えば、私に「考えさせたい」と思わせるまで、もう少し努力して「形あるもの」にして、「議論できる状態」まで持っていってください、という意味で使うことがあるみたい。


つまり、現時点で私は興味がない、または関与する意志がないということを表している。

[]dioptase

Quantum phase transition in the dioptase magnetic lattice

http://arxiv.org/abs/cond-mat/0208106

cond-matにも出ていたのか。

The charge-density distribution, its multipole refinement and the antiferromagnetic structure of dioptase, Cu6[Si6O18]·6H2O

http://www.springerlink.com/content/nk09w7k7ett5b23e/


A Review and Evaluation of Specific Heat Capacities of Rocks, Minerals, and Subsurface Fluids. Part 1: Minerals and Nonporous Rocks

http://www.springerlink.com/content/jp35pg722q2124w7/

比熱が測られているの?って思ったら低温まで下げているわけじゃないのね。いろんな鉱物の比熱が出ています。低温の比熱も探せばみつかるかな。


Spin – Orbit – Topology, a Triptych

http://www.springerlink.com/content/wdrxurqe7dtk8vvk/

こっちはpdf取得はできません。別口で探せばよいでしょう。


The origins of color in minerals

http://www.minsocam.org/msa/collectors_corner/arc/color.htm


dioptaseの空間群はR-3なわけで、菱面体晶系(rhombohedral system)である。いつも結晶構造を表示するときは六方晶系(hexagonal system)で出していたけど、なんでそれで出していたのだろうか?あれぇ。なんかよくなかったかな?

六方晶表示のsetting1と菱面体晶表示のsetting2とがあるわけなんだけど・・・。


・・・

dioptaseの結晶構造のパラメータ1977年論文を使っていたのだけど、2002年にも出ているわけであって、そっちを使ったほうがよいのかなぁ、ってちょっと迷い中。まぁ、導かれる物理に違いがでることはないのだけど。

・・・

そういえば、multipole refinementってなんだろう?d軌道がどっちに向いているかとかわかるのかな?

・・・

Further Evidence for a Magnetic Transition in Dioptase

http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/19/406/

あった、比熱の論文。・・・JPSJではないですか。

・・・

3月末までには投稿論文はできないかもしれないけど、出すつもりでいろいろ準備したほうがよさそうかな。

[]研究を進めること

いろいろオーバーワークになり気味であるので、あんまり押し付けたくはないのだけど、全体像をある程度明らかにしたい、というか、物性研究ってこんな感じ?ってヴィジョンを持って欲しい気もするし、まぁ、最低限考えたり勉強したりすることはこんな感じで、発展的なことを知りたい場合はこういうふうに調べてみると良いのではないかな、って言ってみたりして、優先順位を述べた上で言うのは良いのかな、って気もするけど、全部やらなければいけないと思われて、そもそもやる気がなくなるのも困るし、でも少ししか言わないと、それだけやればいいなら楽だから〆切ぎりぎりになってやろうって思われるのも困るし・・・。

・・・って私が思われているかもしれない。

[]数値フィッティング

Bonner Fisher曲線とか、F-AF交代系によるフィッティングとかを最近やる。というか、学生の人にやってもらうと思ったんだけど、ちょっとハードルが高かったかな?と後で反省してとりあえず自分でできるか確かめた。

よく考えると、Igorのフィッティングをある程度使えるようになるまで、私も時間がかかっているわけであって、言ってすぐできるようなものでもないか。

やってみようと思ったのは、ソフトウェアって使っていないとすぐ使い方を忘れてしまうから。リハビリのつもりでやった。

そういえば、鎖内の交換相互作用を見積った後に、鎖間の交換相互作用を見積もりたいなぁ、って思ってはじめたんだっけ?全然進んでいない・・・。


Kaleida Graphってどれくらい凝ったことができるのかな。あんまり使い方がよくわからない。原理的に、私がやったような計算は出来るだろうと思うけど。

[]新年会

明日は、連携創造本部先端研究推進部門の新年会です。忘れずに!

2008-01-05(Sat) 何に‘‘駆動’’されますか?

[]基礎的な能力

なんか、修士の学生と一緒に勉強させてもらっている感じです。

[]自室の掃除

親が来るらしいので掃除。

身内なら入れてもいいレベルにはなったかもしれない。なってないかもしれない。あと5時間くらい掃除すれば、他人でも入れられるような気がする。・・・徹夜したので、眠い。これからミーティングだ。

[][]巻き込まれる

25歳以下でも見ても大丈夫。

続きを読む

[][]運命なんてどうでもいいよねぇ

25歳以下でも見ても大丈夫。

続きを読む

[][]ネタがない

25歳以下でも見ても大丈夫。

続きを読む

[][]著しくどうでもいいけど、なんとも言えないあれ

25歳以下は見ないこと

続きを読む

[][]少しメタ?

25歳以下は読んでは駄目ですよ。

続きを読む

[][]変化

25歳以下は読まないこと。

続きを読む

2008-01-04(Fri) ‘‘問題点’’を話すことで別の問題が解決する

[]ノート

自分の研究というか勉強用のノートを全然開いていない。あんまり良くないことかも。

今ある知識で、ある程度までの論文は読める、ということでもあるが。

[]磁化率のフィッティング

emu/molでやっているのを忘れていた。だから一桁会わなかったんだな。ちゃんと考慮したらいい感じになりました。


一次元(一様鎖)かどっちかなぁ、0次元的(スピンダイマー)か、って考えていたのですが、とりあえず、一次元としてはフィットできた。

ダイマー系、または相互作用するダイマー系としてフィットしてみても良いかもしれない。

なんか、(造田君が)読まなきゃいけない論文がたくさんあるなぁ、と人事ながら思うのでした。

2008-01-03(Thu) ‘‘地下迷宮’’で遊んでみたいお年頃

[]物価上昇中

ガソリン高い・・・。

でも物価が上昇することによって得をするのは若い世代じゃないのかな?私の経済の知識は中学生並(またはそれ以下)なのでよくわからないけど。

[]iPod壊れてしまったかも

実は、今使っているiPodは二代目でした。2005年の11月くらいから使っているから二年強は使えたわけだ。

うーん、次に買うとしたら何を買うべきなのかな・・・。ちょっと保留。

[]物理の実験家

実験家にもいろいろいて、理論が好きな実験家と装置とかの開発が好きな実験家がいる。・・・というような場合わけはあんまり適切ではないし、研究室所属を考える学部3年生や大学院で所属する研究室を選ぶ学部4年生にとってはどうでもいいことかもしれない。

[]The International Conference on Low-Energy Electrodynamics in Solids 2008

http://qdg.phas.ubc.ca/lees08/main/welcome/

[]科学研究費補助金の繰越制度について

http://www.kobe-u.ac.jp/research/kenkyo/kaken/carry-over/index.htm

いろいろ改善されているのですね。

[]美しい?

実験結果が美しい、ということは良いことだ。美しくないとやる気がおきない。まぁ、やる気がおきようがおきまいがやらなければいけないことはあるけど。

[]予稿書き

1/18が〆切。書き中。

うーん、グラフは何を載せようかな。

・・・

こんなものかな。明日見なおそう。

[]『科学の真実』(J. ザイマン)

科学の真実

科学の真実

Real Science What it is, and what it means」(John Ziman)の邦訳。

まだ読み中。寝る前とかに読みながら、のたうち回っています。「くぅっー」って感じ(←説明になっていない)。


最近面白いと思ったところをピックアップ。

p.101

実験研究者は、自分の出した結果を−たとえそれが懐疑的であったり、不可知論的であったり、予備調査的であったとしても−その問題に対する理論的な定説と関連づけて説明する必要があります。定説に対して肯定的、あるいは否定的な「実験事実」を観測したというのでなければ、研究者が考えていることなど誰も知りたいとは思わないでしょう。

以前、M2の人と議論したのは、ここら辺にもからむ。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20071227/1198696358


p.104

それゆえ科学における信頼性は、社会一般におけるよりもずっと重要な要素です。科学に関する個人の信頼性の評価は、すべての科学者にとって商売道具の一部です。この評価は教育によって、あるいは社会的な支持や報奨によって増進されます。

信頼をなくしたら、商売上がったり。


p.107

一方で人文科学の強力な経験的基盤は意味のあるテキストです。あらゆる目的に対して、法律文書、手書きの手紙、書籍、インタビューの記録などは記録として完全に再現可能です。古文書研究家、編集者、アーカイブ作成者などの専門家が書き込まれたメディアからメッセージを取り出し、研究コミュニティーの便宜に供します。つまりアカデミック科学には、歴史、文学政治学、自伝などの記録を用いて研究する分野も含まれるのです。これらの記録に含まれるメッセージは、解説が必要であり、信用できないかもしれませんが、それでも、化石、人工物、その他の実物とともに、それらは経験的な「事実」として受け入れられ、公有となっています。

『系統樹思考の世界』(三中信宏)ISBN:9784061498495を思い出した。

[]アイデア

アイデアは、案外誰しも思いつくものかもしれない。でも、面倒だったりするので、誰もしない。

だから、それを「ぐいぐいとやってしまう能力」というのがとりあえず修士課程では求められることかも。

[]煮干

甘いものばっかり食べては健康に良くない、と思い、甘いものを減らして煮干をかじることにした。しかし、煮干は案外塩分が多い。これも食べ過ぎると健康に悪るそうだ。というか、たくさん食べる前に気持ち悪くなった。

[]稲庭うどん

大久保さんに以前貰ったもの。なかなかおいしい。

[]ノートパソコンが壊れ気味

自分の部屋で使っているノートパソコンが壊れ気味。修理に出すべきかな。

2008-01-02(Wed) それは‘‘答え’’になってない

[]『科学の真実』

科学の真実

科学の真実

現在120ページくらい読んだ。なかなか重い。

あぁ、このシチュエーションは・・・。『墨攻』(酒見賢一)ではないですか。

科学技術と政治権力に関わるお話です。

[]ずれ

平均から少しずらす。価値を失わない程度に。付加的な価値の模索のために。

[]だーれもいない

誰かいるかと思ったんだけど、だーれもいないですね。まぁ、静かでいいですね。たぶん、明日あたりから騒がしくなるでしょう。

パリティ一月号でも読むかな〜。あっ、中辻先生の記事*1が。


・・・まぁ、面白そうなことはとっておいて、机周りの整理整頓でもするか。腐海に飲まれそうだし。

[]ニセ学位で採用・昇進 全国4大学で4教員 文科省調べ

おおみちさん経由。

http://www.asahi.com/national/update/1227/TKY200712270400.html


教員らが「本物」と信じているケースもあり、「偽物」と承知したうえで記入した者は特定できないとしている。

これって、ニセ学位を持っている本人が、本物と信じているってこと?そんなわけないと思うけど。というか、信じている時点で、その教員はもう駄目でしょう。

教員としての能力が優れているのなら、学位なんてどうでも良い、とするべき?そうでもないか。

学位を詐称しようとしている時点で、教育者としての誠意がないような気がするのだけど。

というか、だーれも気がつかなかったのか?詐称するほうもするほうだが、採用システム自体もいいかげんだな。

・・・

関係ないが、私の次の職はどうなるのかな。

[]フラストレーションとユニバーサリティ・クラス

斯波先生の講義資料で、こんな文章が。

繰り込み郡で、磁性体の相転移は強磁性体やbipartite lattice上の反強磁性体の場合には、臨界指数は次元と成分数によって決まり、相互作用の細部に依らないことが示された(臨界指数の普遍性)。フラストレーションのある磁性体では、以下に述べる理由から、臨界指数は別のものになる。


こういうのは、出版されている本にのっていないのかな?論文としてはでているはず。まだまだ文献検索能力がたりない。


そういえば、dioptaseとかの臨界指数とか考えるべきなのかな?なんらかの情報を引き出せるかもしれない。

[]大阪大学大学院学研究科 宇宙地球科学専攻 理論物質学グループ 川村研究室

http://thmat8.ess.sci.osaka-u.ac.jp/

川村先生は、宇宙地球科学専攻に所属していたのか。

[]Mikeska先生のセミナー

ダイアモンド鎖とかについても話していた。

思えば、私の卒論のタイトルは、『ダイヤモンド鎖磁性体Cu3Cl6(H2O)2・2H8C4SO2磁気測定とESR』というタイトルだった。


けっこう前から疑問であるのだけど、テトラマーダイマー相って本当にあるのかな?あったとしてどうやって検出できるのだろう?

[]アドバイス

現在、M2M1B4それぞれ1人ずつに対して、いろいろアドバイスしなければいけない立場にある。まぁ、それ以外でもいろいろきかれたりちょっかいだしたりすることもあるけど。

某ラダーサンプルな人には、サテライトの解析とラダーの基礎と有機系の基礎を勉強してもらうべきかな?フラストレートな人は、まぁ磁性とESRの基礎を勉強してもらう。M2の人は修論頑張ってくれ、って感じ。M2の人のやつは、解析することがいろいろまだ終わっていない気がしてちょっと不安。もうすこし関与するべきかな?まぁ、結局、関与するためには自分で勉強するしかないんだよな。

[]『エントロピー』(西野友年)

留守番している愛妻(離れている恋しくなる人)を思い出しているようだった。

ちなみに「」の部分は太字ではなくて傍点がついている。

[]パリティ一月号

ペラペラめくっているだけ。うーん、近いうちにバックナンバー漁りをするべきかもね。

[]健康

帰省中、甥の1人はずっと喘息気味だった。私も喘息持ちだ。最近は症状は酷くはないが。将来、たぶん、また酷くなるはず。それまでに、できることを今しておかないといけない。残されている時間はやっぱりあんまりないと思う。

[]いとこが年末になくなる

まだ若いのに。

[]お参り

帰省中は、神社にいってきたり。無宗教に近い私だけど、静謐な空間は好きだったりする。それは、騒がしい時との対比で一番明らかになるのかも。

[]一人きましたね

まぁ、年末年始は休んだほうが良いとは思う。私は早めに帰宅。お掃除にも飽きたし。明日からがんばりましょう。

*1:「フラストレーション系における量子磁性」

2008-01-01(Tue) たぶん、簡単な‘‘四則演算’’ができていないだけ

[][]『パプリカ』(監督:今敏)

http://www.so-net.ne.jp/movie/sonypictures/homevideo/cgi-bin/detail.cgi?goods_code=BRS-41985

この人の映画って、毎回圧倒されます。『パーフェクトブルー』も『千年女優』も『東京ゴッドファーザーズ』も*1。素晴らしいです。音楽だけでも圧倒されます。

個人的には、最終局面での、「〜が夢を見ている」って言うところが好きです。まさか、時田さんが叱られているシーンが伏線だとは(・・・って、なんとなく気がついていましたが)。あと、「〜を吸い込んで大きくなっていくところ」が好きです。それまで少し疲れ気味で冷たい感じの〜さんが、生き生きとしていますよね。心憎い演出。あと、変で長い台詞が原作:筒井康隆らしくて良いですね。場面転換も素晴らしい。うっとりしてしまいます。

[]その21 「何に囚われている?」

25歳以下は読まないこと。

続きを読む

*1:『妄想代理人』は、いまいちかな。圧倒される、とまではいかない。

{量子スピン系の若手研究者増えろー ♪ }> o(*´ω`)っ−.。*゜+.*.。 ゜+..。*゜+*'``*:.。..。.:*・゜゜・*〆⊂(´▽`*)ゞ <{古典スピン系の若手研究者増えろー ♬ }(→研究に関係する情報など)