Masashi’s Web Site Memo@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

研究
4年生のための研究生活ガイド〜物性実験編〜(→B4、M1向け)
磁性物理掲示板 3(→東工大物理の田中研の掲示板)spinリスト (Twitter)(スピン系の研究者(?))
ESRの直接遷移 磁気共鳴における線幅
研究以外
Memoの下書き(→本の感想、体重情報等)本の感想リストアニメ感想リスト
[寒剤](→寒剤業務に関わる情報)高圧ガス保安法覚え書き
Togetterおすすめ
◇お奨め漫画 完結(?)連載中
大岡山飲食店 自由が丘飲食店 目黒駅飲食店 新宿飲食店
『新版 固体の電子論』(斯波弘行)の取扱いについて

2008-02-29(Fri) ‘‘いらいら’’する原因は9割以上自分

[][]子供の頃に感じた‘‘憤り’’は、今でも心に残っていますか

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20080225

読んだ人が、‘‘憤り’’の部分に適当に言葉を入れて考えて欲しいから、‘‘’’で囲ってあります。以前もたぶん書きましたけど。

私が想定するのは、「憧れ・願い・想い・やすらぎ・悲しみ」等の感情や意志を示す言葉ですね。

「茹でザリガニのおいしさ」とかを入れても良いのですけどね。タイトルの長さに字数制限があるし。

2008-02-28(Thu) ‘‘集中’’できない時は、‘‘集中’’するための手続きをする

[][][]いろいろ大変

エジプト留学生の人にいろいろ物理について聞かれる。私の英語力がないばっかりにいろいろたいへんだ。(現時点で、私の物理力の不足は感じないところがせめてもの救いか)

統計力学やっていなかったみたいで、ちょっと大変だなー、って思う。私は、統計力学にたいへん苦手意識を持っているのだけど・・・。

量子力学におけるブラケット表示も習っていなかったみたい。

J. J. Sakurai "Modern Quantum Mechanics"

http://www.amazon.com/gp/product/0201539292/

とりあえず、こんな本があるよーって薦めて見た。私は読んだことはないけど(→こういうことは本当はしたくはないのだけど。ランダウ本を薦めるのと、比べてどっちが良かったかな?)。

もしかして、線形代数とかもやっていないのかな?

[][][][]博士の生き方:アンケート実施中

http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=8074経由でいけます。

「第四回・「博士の生き方」アンケート実施中!」

http://hakasenoikikata.com/

[]太陽系に「惑星X」の可能性 神戸大など計算

http://www.asahi.com/science/update/0227/OSK200802270092.html

神戸大学惑星科学研究センターの向井正教授とパトリック・リカフィカ特別研究員は、惑星Xが帯の外側にあった小天体をはじきとばし、重力で軌道をゆがめていると仮定。

神戸大のニュースということでリンクしてみる。

2008-02-25(Mon) 子供の頃に感じた‘‘憤り’’は、今でも心に残っていますか

[][]理解するとは、説明するとは、発表するとは 2

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20080219/p4の続き

では、そのような能力を学生に身につけさせるにはどうすればよいのか?

それは、教える側と教わる側の資質にも依るのだと思うし、よくわからない。

それなりに試行錯誤はしているけど、なんか難しい。

いろいろ餌をばら撒いてみて、食いついてきたものに対していろいろちょっかいを出す、って感じになるのかな。

[]量子スピン系と古典スピン系

http://rikima.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_1086.html

関係者かな? 違うかも。理論の人でしょう。

[]2008年2月の後藤研の予定

2/9

http://www.ph.sophia.ac.jp/~goto-ken/cgi-bin/webcalen.cgi?year=2008&month=2

「しかし相転移の面白さはshort range orderにあるともいえる」(森肇)

「しかし」の前が少し気になる。

[]Photograph of single bubble sonoluminescence in a spherical resonator.

http://prl.aps.org/covers/100/7

メモ。

[][][]『ファインマン物理学

しかし、この教育上の問題については、私はこう考えている。最善の教育というものは、いい学生といい教師との間に、直接の特別のつながりがある場合‐学生が考え方を論じ、ものごとについて考え、ものごとについて語る‐そういう場合にのみ可能だということを認識するほかはないと考えている。講義に出たり、また出された問題をやったりするだけでは大した勉強はできはしない。


この部分だけ、たまに読む。

[]共有結合とイオン結合

http://homepage3.nifty.com/mogami/diary/d0308.html

このひとは凄いです。多分文系の学生だと思うんだけど、共有結合とイオン結合が同じもののスペクトルの両端であることに気が付いているんですよ。多分自力で。信じられないほど頭がいい。

上記ページからリンクされているページは今はないから下記参照(web.archive.org)。

http://web.archive.org/web/20030817142733/http://www.kanshin.jp/a-muse/index.php3?mode=diary&id=9435

修論直前あたりにこのネタが出たので。

私は高校時代は化学が得意でした(←化学だけ得意だった、というべきか。物理は少々できた。その他の教科はだいたい苦手)。でも、こういうことまで考えられなかった。

落ち込んだ時は、リリカ(Ririka)さんの日記を読んで元気を出したりする。

[]『固体の電子構造と物性―化学結合の物理』

が見たい。もう少し我慢。

一つの本を読みきらないと、別の本を紹介してもらえないわけであって(←? 何これ、自分ルール?)、早く読むべきかも。

[]【HR】 最初に対処法を語る

http://blog.mf-davinci.com/mori_log/archives/2008/02/post_1701.php

学生から悩みの相談を受けたときなどに、まず対処のし方から話す、という傾向が僕にはある。それも、間髪入れず答えるらしい。ところが、悩み相談というのは、そもそも事情をゆっくり聞いてあげたり、「それは大変だね」と慰めてあげたりすることの方にウェイトがあるものだ、と最近気づいた。僕の場合、「人に相談するからには、どう対処をすべきか、というアドバイスを求めているだろう」と素直に考える。自分が人に相談するような場合は、例外なくそういうときだからだ。

私の両親もこの種のことを言っていた。



http://web.archive.org/web/20041229134922/http://www.osk.3web.ne.jp/~irabuti/

12/15

関係ないかもしらんが、摂食障害の当事者や家族と付き合ってて一番感じるのは、「世の中、普通に話を聞いてあげる人がいかに少ないか」ってことだ。われわれはついつい「アドバイス」をしてしまう。これはついつい「口説いてしまう」のと同型だ。要するに他者を所有したがっているわけだから。


もちろん、他者を所有したがること自体が「罪」なのではないけれども。

というのを思い出した。

[][]ちょっとしたアドバイスやちょっとしたお手伝い

私が学生に対してできることは、それくらいか。

研究というのは、楽しいもの、って伝えるのはなかなか難しいな。

金や権力は、他人を動かすことができるからみんなが望む。「それが面白いから」で、人を動かすことができないかな?って考える。瑣末なおしゃべりの中にちゃんと物理を込められるように頑張ってみよう。それくらいしか、私が提供できる価値はないのだから。

2008-02-24(Sun) とりあえず、‘‘出し汁でわって’’おく?

[]適当、適切、いいかげん

適当、適切

proper、feasible、suitable

いいかげん

cursory、dishonest、irresponsible、shoddy、slapdash、sloppy


「適当」って言葉を使うと、「いいかげん」って意味で取られてしまうことがある。でも、「適切」って言うと少しお堅い感じだ。だから、「『

cursory、dishonest、irresponsible、shoddy、slapdash、sloppy』ではなく、『proper、feasible、suitable』という意味の適当でやってください」って私は言うのでした(嘘)。


外国語の勉強って楽しいですね。(→じゃぁ、もっとやれ、藤澤。)

[]多体効果

そういうのも、私はやっぱり興味があるんだろうか?って思ってしまった。自分が何を好きか、ってよくわからないことかも。

[]msconfig

Windows XPの場合。

起動時にいらん常駐ソフトが立ち上がって、ウザー、って人は、[スタート][ファイル名を指定して実行]を選び、msconfigとタイプしてエンター。そうすると、システム構成ユーティリティが立ち上がるので[スタートアップ]タブにあるやつのチェックボックスをいろいろ外しましょう。

・・・どうでもいいですね。

2008-02-23(Sat) それは、子供の‘‘言い訳/交渉’’だと自覚してよ

[]ホットケーキを作ってみた

まぁ、食べることは目的の一つではあるのだけど、それだけじゃないのです。

正しい手順でやると、良いものができる、ってことを確かめる必要がたまにはあるのです。

[]構成要素

比較的ソフトな気がするので年齢制限なし。

続きを読む

2008-02-22(Fri) 美醜には疎いが‘‘人が纏う雰囲気’’には過敏

[]DPPHの温度変化

20日は、DPPHの温度変化をX-bandで測定。エジプト留学生の〜さんと朝倉君と実験。

なんで、こんな変な波形に・・・、と思っていたら、朝倉君がいろいろ調べて回避する方法を発見。

今までも、こういう状況はあったわけなんですが、別の原因かなぁ、って思っていたのでいろいろすっきりしました。標準的なサンプルを測るのは意味がありますね。

まぁ、そのまま温度変化を取る。どうも強度が強すぎるサンプルはあまりよくないようだ。電磁波をより減衰させる必要があるみたい。

[]阪大の人と実験

21日に実験。

現時点では結果を伏せておこう。まぁ、前途多難であるというのが私の印象。まぁ、出たら面白いので頑張りたいところです。

お客さんが来たときに一番心配なのが装置トラブル。今回、比較的装置はうまく動いていた。

[]研究室内引越し

11ヶ月近くいた場所を離れる必要があります。今は特定の席がなくなってしまいました。お茶室でいろいろ作業しています。

准教授区画」が出来るまでの辛抱です。そこに大道さんが移動すれば、他の人の配置もいろいろ決まります。

辛抱とかいいつつなんですが、こういうイレギュラーな状況もなかなか面白いです。

[][]卒論修論M1中間発表お疲れ様飲み会

20日のこと。

というわけで打ち上げをしたのでした。学生のみなさんお疲れ様でした。

修論発表ですが、極限の学生はみなどこかしら笑いを取っていましたよ。まぁ、比較的和やかな雰囲気の元で行われていたと思われます。

飲み会では折田先生の話題で一杯でした。

折田先生を讃える会」

http://freedomorita.web.fc2.com/

[]切れても、つながる不思議なゴム 仏研究所が開発

http://www.asahi.com/science/update/0221/TKY200802210061.html

面白い。

[]低温センターの床の張替え

綺麗になった。というわけで、B101に移動していた荷物をみんなで低温センターの実験室に持っていく。なんか今日はそれだけで疲れてしまった。

[]VBLのあれ

光熱費が少しあまりそうな予感。

[]吉田君が実験してるのかな?

ちょっとだけちょっかいだしたけど、その後は順調だったのかな?不明。

[]いろいろやるべきことはあるけど

なんかやるきがなくなってしまった。睡眠を十分とれば、また元気が出るだろう。でも、その前に、一応やるべきことを具体化しておいたほうがいいかな。

[]Magnetic Anisotropies of Fe/MgO Multilayers Determined by Submillimeter Wave FMR

http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/62/4467/


関係ないけど、私って、業界人の名前をあんまり知らないのだよなー、って思ったりする。

[]いろいろ

机の上

f:id:sib1977:20080206150031j:image

写真を撮ると、部屋の雑然さを感じる。

f:id:sib1977:20080205172723j:image

2008-02-21(Thu) 確かに昔、私にもそういう‘‘感情’’があった

[]研究室内引越し

まぁ、そういう季節。

とりあえず、片付ける機会になるから良いかもしれない。

[]やっぱり私は物理が好きなのかな?

違うのかなぁ、って思うこともあるのだけど、やっぱり物理が好きなのかなぁって思う。

[]VBLのあれの電源

入れ忘れずに。

[]貶し言葉

チビ、ハゲ、デブ、ヒゲなどはけなし言葉として使われることがあるが、そういうのはあんまり好きじゃなかったりする。

チビ自体、ハゲ自体、デブ自体、ヒゲ自体を貶したいということはあるだろうし、まぁそれは別に私は気にならない。

人を傷つけるような振る舞いをする人に対して、「あのチビ」「あのハゲ」「あのデブ」「あのヒゲ」とかそういうふうにいって貶しているつもりになっているのが嫌い。

チビは悪いことか?ハゲは悪いことか?デブは悪いことか?ヒゲは悪いことか?

「振る舞い」自体が、気に食わない、って言えばいいのに。

まぁ、面倒だから、そういうのを普段咎めたりするようなことはないけど。

もし私が人を貶すことがあるとしたらねー・・・。眠くなったから眠ります。

2008-02-20(Wed) ‘‘つまらない’’と思ったら、それ以降の発展はない

[]修正

学生の卒論とか修論とかに文章とかで修正案を記入したりしています。私の元指導教官やその他お世話になった人たちに心の中で「ごめんなさい」って言いながらやっているのでした。

私のB4のころやM2の頃の文章よりは、私がコメントをしている対象の方がましだと思う。

[]よくも研究者なんて目指したものだ

これは昔のこと。東工大では、二年に進学する時に学科が決まる。私は一類(理学部)で、物理学科志望だった。学科配属は成績が良い人の志望が優先される(競争社会だ)。学科の人気は流動的でその年によってだいぶ変わるらしい。「大学に入っても少なくとも、最初の一年はちゃんと勉強しろよ」ってことかもしれない。私の成績は大体200人中、70〜80くらいだったと思う(うろ覚え)*1。私より、少し成績が悪かった人は、物理学科にいけなかったらしい。これはつまり、私が物理学科に入ったときは、末端のほうだったわけだ。その後、別に改善されたわけでもない気がする。講義にはだいたい出ていたけど、70パーセントくらいは眠っていたんじゃないだろうか?まぁ、単位はなんとか無理やり取るものの、後で苦労することになる。要領が悪いくせに、よくなんとかなったものだ。落とした単位は2〜3くらいだったと思う*2

大学一年の頃は、往復四時間で通学していたから大変だったなぁ、って思い出した。

[]役目

上司の出した目的を、学生がわかるように翻訳するのも、私の仕事の一部なんだなあって思う。でも、私の能力のなさというか要領のなさから、自分のことを考える時間がなくなってしまっている。

私の現在の方法は、同じところにもう少し長い間いる人の方法のような気がする。

*1:特に不真面目でもないが、対してできるわけでもないという成績と言える。私の感触では、大学は上位1/3の人たちを対象として教育をしているように思える。非難したいわけではない。おそらく、自然にそうなるのではないだろうか?

*2:ギリギリを狙っているわけではない。余裕で必要単位はそろっていたと思う

2008-02-19(Tue) ‘‘忌まわしい記憶’’ですらも、時にそれを力にすることができる

[]A0ポスターをA4に圧縮

ちょろい仕事だと思ったら、けっこう面倒だ。Acrobatに結局お世話にならざる得なかった。むぅ。

[]昔の選択

昔の自分の選択は、目論見が甘かったなぁ、って思うこともあるけど、なかなか本質を捉えていたのかもしれない、ってこともある。

不安や不満はなくならないけど、それは生きている限り絶対存在すること。その不安や不満の質が大事だと思う。質の高い不満や不安を抱けたらよいと思う。

私は、もう少し安楽な選択をすることだってできたような気もするけど、そうすれば、また、別の不満や不安が存在したのだろう。まぁ、今の不安や不満は、そんなに悪くないんじゃないの?って思うこともある。足りないのは私の努力と先見性のなさくらいじゃないか。

[][]プリン

f:id:sib1977:20080123182238j:image

f:id:sib1977:20080123182246j:image

あえて、大きいものを食べる意味はない気がした。

・・・

しかたがない、今度はティラミスに挑戦するか(←文意不明)。

[][]理解するとは、説明するとは、発表するとは


理解・説明には、まぁ、4つの段階が必要かな、って思います。


  1. まず、どんな現象を考えるか?例えば、りんごが地面に落ちていく現象ということにしましょう。絵にすると良いのですけど、面倒なので略。
  2. 次に、モデル化、定義、過程、近似などが必要です。力Fや質量、速度、加速度、距離などを定義しましょう。重力加速度とかも必要になるかな。絵にすると良いのですけど面倒なので略。そして方程式とかが出てきます。
  3. 次に、その方程式を解いてやります。例えば、(距離)=(重力加速度)(時間)^2/2って書ける。まぁ、他にも関係式はわらわら出てくるけど、そういうのは今は端折る。
  4. 次に、それをグラフにする。縦軸を距離、横軸を時間にしてみる。でも、ここでは図を書くのは略。gとかをいろいろ変えてみて、形がどう変わるかを考えてみても良い。また、横軸を時間の二乗にしても良い。縦軸をlogスケールにしても良い。いろいろ変えてみても良い。微分データを作っても良い。いろいろ弄ってみる。


自分の今、勉強している・研究している分野で、こういうことをちゃんとできますか? もちろん、上記はモデル化というか理解の一形態に過ぎません。場合によっていろいろ違うのです。ただ、その分野の研究にとってスタンダードな考え方というのはあるのではないでしょうか。指導原理というか哲学というか、そういうの。

理解するとはどういうことかって難しいです。勉強・研究することは、「理解するとはどういうことか」を拡張してくれるから面白いですよね。


まぁ、この手のネタは過去に何回か書いたかもしれません。昨日今日明日と修論研究発表であったので改めて書いてみました。

[]強磁場高周波ESRの必要性-広い線幅-

f:id:sib1977:20080219202639p:image

まぁ、こういうのを作るのは遊びですね。

[]IgorのImage Plot

A君にいろいろ教えて、使えるようになってもらった。

ついでにフィッティングの使い方とかも教える。

なんか、ソフトウェアの使い方をすぐ覚えてしまうのが凄い。

2008-02-18(Mon) 女の子じゃないもん!!あたしは‘‘研究者’’だもん!!

[]今日のタイトル

「女の子じゃないもん!!あたしは漫画家だもん!!」

うさぎドロップ』の3巻での正子のセリフなんですがたいへんうけました。今日のタイトルはそのパロディ。たまには元ネタを言うのも良いでしょう。

Masashi’s Web Site Memo@はてなの日々のタイトルについては、「日々のタイトルについて」id:sib1977:20071111:p4をご覧ください。

[]研究を進める方法論

だいたい現時点で感じているものは書き出したかなー。いろいろ人と話していると思いついたりして、それをローカルのファイルにメモしておく。そういうのをころあいを見てアップしている。

私の方法論というのは大変地味なもので、あんまりまねしたくなるようなものじゃないかもしれないね。

[]論文の引用

こういうのは、場合に依るのですが、まぁ、こういうやりかたもあると言うことです。

日本語の場合は、

書籍
著者名や訳者名 『書名』(出版社名、発行年)
雑誌
著者名や訳者名 「記事タイトル」『雑誌名』巻・号数(出版社名)
論文
著者名や訳者名 「論文名」編集者名『論文集名』(出版社・所蔵場所、発行年・編集年)

洋書の場合は

書籍
Writer. Editor(ed.). Translator(tr.). Title (City, Publisher, Year)
雑誌
Writer. Editor(ed.). Translator(tr.). "Title" Journal. Volume (Vol.)(Publisher)
論文
Writer. Editor(ed.). Translator(tr.). Title. Editor(ed.). Papers (Publisher, year)

[]研究室内引越し

私はその日は実験だから前の日から準備しないといけない。

2008-02-17(Sun) あれは枯葉舞い散る‘‘某大学’’でのことだった

[][]How much?

みんな、自分の卒論とか修論とかにいくらかかっているのか理解しているのかな?

[]好きじゃないもの

私はパジャマが好きじゃない。

[]Excelの便利な使い方

if文とかは使えると何かと便利だと思います。成績つけるときとかも。

そういえば、学生時代にTAをやっているときにエクセルはいろいろ使ったな。

TAの仕事ですが、いろいろ細かいところで工夫をした気がします。

[]集団

(実績の全体)=Σ(個人の力)

では、人が集まっている意味がないわけであって、

(実績の全体)=Σ(個人の力)+(一緒にいることによる効果)

で、あって欲しいわけです。第二項の中身がプラスであって欲しいわけです。


貢献の仕方はいろいろあると思いますが。

そこそこうまく言っている組織の特徴というかシステムというのはどういうものなのだろうか?というのは興味があります。

[]お部屋のお掃除

卒論修論で忙しいので、B4M2の人には、研究室のこまごまとした雑用を手伝って、って言うのを(これでも)自制していました。でも、もともと自発的にいろいろ雑用をこなしている人は、忙しい時期でも自発的にやっているわけであって、自制する意味なかったかな、って思いました。


私は整理整頓がたいへん苦手ですが、「共用スペースは綺麗にしようよ」って今は思うようになりました。

私が学生時代にいろいろ実験室とかを散らかしていたのは、やっぱり小野さんや田中先生が片付けていたのだろうか?居室は私もたまに掃除をしていたが。

[]やっていることの意味づけ

他人から意見を聞くことも出来るけど、最後には自分の力で位置づけなければいけない。

[]叱り方とか褒め方とか

「他の人が見ていて、恥ずかしいでしょ」という感じで叱られた記憶があまりない。たぶん、あったとは思う。私がすぐに忘れてしまっただけだろう。

「それは正しくないこと」「それは人を傷つけること」という理由で、ある種のことを「やってはいけない」って言われることはあったと思う。

「相手が喜ぶね」「よくがんばった」とか言う感じで褒められたこともあったかもしれない。

・・・

「自身の価値基準に誇りを持てる?」「その価値基準に沿った行動をしてる?」って、自分に問うことが(たまーに、一年に一回くらい)ある。

[]2008.2.6: 感想文もやめます

http://www.nn.em-net.ne.jp/~chiaki/diary/080206.html

また、状況が変わったら、また書いてほしいなぁ。

[]『大学進化論―世界に開かれた東京工業大学の改革』(相澤益男)

大学進化論

大学進化論

こんな本がでているらしい。

私が大学院在学中の学長はこの人だった気がする。

[]デスクトップ録画ソフト Wink

下記で知ったのですが、デスクトップ録画をする機能があるのですね。

http://plaza.rakuten.co.jp/pgmemo/diary/200511270000/


こういうのがあれば、結晶構造の絵とかもプレゼンテーションソフト上でまわせるかなーって思って。

まぁ、いずれ必要になったら使うでしょう。

そういえば、私が結晶構造の描画に使っているソフトであるVESTA(旧VICS II)は矢印とかも入れられるんですね。磁気構造とかも描けるのか。

http://www.geocities.jp/kmo_mma/crystal/jp/vesta-features.html経由で、

http://www.geocities.jp/kmo_mma/crystal/screenshot/vesta/Ca2-xSrxMnO4.pngとか。

[] [石ころの写真]そろった

http://d.hatena.ne.jp/doublet/20080216#p1


魚の顔を横から見たみたいな写真・・・って最初は思った。

[]『磁性の化学』(朝倉化学大系 (9)、大川尚士)

磁性の化学 朝倉化学大系 (9)

磁性の化学 朝倉化学大系 (9)

とりあえず買ってみた。

[]小さい頃

私の小さい頃(具体的には小学校のころまで)の生活に多大に影響を与えたのは、父親でも母親でも妹でも友達でも先生でもその他の大人でもなく姉だと思う。

そもそも本を読むようになったのは姉の影響が極めて大きい。感受性とかも影響を受けていると思う。

[]電話

私は電話をするのは苦手だ。私が電話をするときは、「この点とこの点をしゃべる」って決めてかける。だらだらしゃべるのは面と向かってすればよいじゃないか、って思う。特に、同じ話を何回もするのがたいへんイライラする。でも、最近は、そういうのも大事だなぁ、って思うようになった。信頼を強める方法の一つとして時間を共有するというのはあるわけだから。

2008-02-16(Sat) ‘‘こたつ’’で物理

[]あなたに文句を言っても仕方がないでしょう

25歳以下はみないこと。


続きを読む

[]その27 「愚痴の要素」

25歳以下は読まないでね。お願いだから。

続きを読む

[][]嬉しいこと

一緒に実験や研究をしている学生が、「新しい実験結果」とか「面白い実験結果の解釈」とかを出してくれると嬉しい。

人それぞれ、得手不得手はあるわけだけど、それぞれの得意な手法で目的に切り込んで欲しい気がするし、もっと贅沢なことを言わせて貰えば、目的自体を見出して欲しいと思う。

・・・と目的が迷走しかけている私が言うのもなんだけど。

[]自分の限界?

もし、自分の限界を感じれたとしたら、それは価値がある体験ではないですか?

[][]批判に関して

過去に下記に書いたこと。

http://lee.phys.titech.ac.jp/~mercy/sense.html

  • 批判はその人の弱さを示すときもある。
  • 普段は温和そうな人に、面と向かって酷いこと言われると結構傷つく。特に、その忠告みたいなものが正しくて、相手が自分の事を思って言っている、ってわかれば傷つく。
  • 批判は知を示す。でも、使いたくない気もする。批判話になっても、たしなめる側というか「でもいいところもあるよ」って形の話をしたいと思う。私なりのバランス感覚かな?
  • 批判を言うときも客観的な事実に基づいて、「その点で適切でない行動をとっている」ということを言えればいいと思う。私に見せる側面を私という観測手段で評価するだけなんだ、ってことをいつも思う。
  • 評価というのはコストがかかる。どのような頻度でやるのか。評価を活かすにはどうすればいいのか?そんなことをたまに考える(たまにしか考えない)。
  • 他人に見せてもいい部分と見せたくない部分があります。でも批判は見せたくない部分を簡単に相手に見せてしまう可能性がある。だからできるだけ制御して使うべきだと思う。
  • 批判話が誰かを誉める話より盛り上がるのは何ででしょうね。なんとなくわかる気もしますが・・・。

二年以上前に書いたものっぽいです。昔の私は今よりも温和だったのかもしれませんね。

【追記2013年4月】上記ページは消滅しています。

[][]質問すること 2

過去に下記に書いたこと。

http://lee.phys.titech.ac.jp/~mercy/sense.html

まぁ、思いついた順に箇条書きで。

  • 批判やコメントは重大なものほどしなければならない。どうでもいい重箱の隅をつつくような質問だけして、最も重要なことに関して質問できないなのなら、それはわかっていないってこと。
  • 批判において、重箱の隅をつつく行為は「それ以外は概ねOKだよ」って言っているに等しい。逆に援護になっている。無知や無理解をさらけ出しながら。
  • でも、「無知は質問するな」とは思わない。緊張感を持ちましょう、という程度。
  • 質問に対し相手が適切な答えを出してくれなくても、それなりの信頼関係があるなら質問をするべきです。何が問題かを印象付けることができるので、相手のアンテナに自分の疑問(興味)が引っかかるようになるからです。答えは後でわかるかもしれませんし。相手がすぐ忘れてしまう場合は駄目ですが。
  • 質問を理解してもらうためには背景を解ってもらう必要があるわけで、その背景を説明する必要があります。そのとき、逆に相手から質問をうけるでしょう。自分がわかっていないことや気にしていないことが認識できてより自分の理解が深まる可能性があります。
  • 質問されるほうも自分が興味がなかったものにたいしての基礎的な素養が自分に組み込まれるわけであってそれはなかなかプラスになるはずです。能力差がありすぎるとなかなか難しいのですが、ある程度の素養の重なりがあればある程度の理解はできるはず。

過去の私はやっぱり温和だったのではないでしょうか。

【追記2013年4月】上記ページは消滅しています。

[][]結果に自信を持って

何回も言っているのだけど通じない。


・・・それは、「研究の位置づけが出来ていない」ってことになるのかもね。


「『学生の自主に任せたい』って言うのは放置ってこと?」って自分の中の1人は言う。でも、餌を欲しがらない雛(または選り好みが激しすぎる雛)に餌を食べさせることは、大変苦労する。だから・・・。この先を聞きたい?

[]あなたが選んだ結果

25歳未満は読まないほうがいいかもね。

続きを読む

[]誰の役目?

私が不快感をあらわにするのが一番適当で丸く収まるかな、って思うこともある。

[]伏線

どう考えても、伏線をはっているとしか思えなかったりするわけで、なんかこういうのは昔からだなぁ、って思ったりする。これは、もうどうしようもない性癖といえる。

2008-02-04(Mon) その‘‘価値観・世界観’’を持つなら、その行動を許容できるが

[]ねむい〜

こういう頭で考察なんて無理かも・・・。

[]研究者として生きていけるかな?

あんまり最近そういうことを考えていない。

何でだろう?

・・・

生きていく自信はやっぱりないけど。年齢ばっかり増えていくなあ。


・・・


もう少し正確に言うと(?)、なんとなくだけど(?)、30代はやっていけるかな?って思わなくもない。体力はあるだろうから、どっかが雇ってくれる可能性はある。

でも40代以降は難しいかなぁ。

私の実力からは想像できないようなすごい結果を出せないと無理っぽい。

・・・

もう少しだけの猶予期間があるのかな、って思わなくもないけど、道はやっぱり厳しい気がする。

悲観的かなぁ。私的には、悲観具合がまだ足りないと思うくらいだけど。・・・とか言いつつ、なんか流されて生きている気がしないでもない日常。

[]「最後の授業」

http://homepage2.nifty.com/suzuki-kunie/diary0801.html#31

こういうのを読むと嬉しくなってしまうようになったのはいつごろからだろうか。


「学ぶことはすばらしいこと」って思うけど、私はそれを言い続けることが出来るのかな?


私は、頻繁に怠ける理由を求めてしまうのだけど、「そういうのは、情けないことだよ」って気がつかせてくれる人・物・事があるから、「もうちょっとがんばってみようか」って思えるのかもしれない。

2008-02-03(Sun) 対象と‘‘戦うこと’’により、自分の‘‘方法論’’を得る

[]「論文生産性?」

http://d.hatena.ne.jp/kmiura/20080201#p1

グラフにしてみよう、って思える人は何人いるのでしょう?私は思えない人でした。「目に見える形にするのが大事」っていつも言うのに、なかなか自分でもそれを行えないです。

元記事である、

東大論文、1本1845万円 国立大でコスト最大級」

http://www.asahi.com/national/update/0131/TKY200801300394.html

だけど、最初読んだときに「なんだよこれ」って思いました。

でも、「生産性」「生産費」を定義して言っているわけだから、別に間違いをいっているわけではない。とは言うものの、誤解を招く表現だと思う。

研究はお金だけじゃないけど、やっぱりお金がほしいと思う私でした。というか、その前にポストか。というか、その前に論文を書け、か。がんばりましょう。

[]そういう外堀

血液型性格診断とか星座占いとかを信じていない人。

奪うことより、作ることが大事だと思っている人。

年齢とかの公開を躊躇しない人。

『どこに所属するか?』より、『何が出来るか?』が気になる人。

『どこに所属するか?』より、『何を大事と思っているか?』が気になる人。

歩きやすくて履き心地の良い靴を選ぶ人。

[]「倖田來未舌禍事件または想像力の欠如について」

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1201967626

上記サイトで言う「想像力」というのは、如何に育まれるのだろうか?というのはちょっと気になった。


ある程度の経験が必要なのかな?それだけでは駄目?

[]論文(研究)には目的が必要です

何回も何回も何回も繰り返し繰り返し繰り返し私は言うと思う。

[]修士論文とか卒業論文へのコメント

なんかぼーっと見ている時間が必要。いきなりコメントには入れない。ぼーっと眺めている時間が10時間くらいたつと、修正するかなーって気がしてくる。

その世界の輪郭がある程度把握できないとなんともコメントできないのかもしれない。


うーん、あと、コメントを入れるのは戦いだと思う。無視されようが、スルーされようが(←同じ意味である)、何回も何回も何回もコメントすることになる。一つの形にまとめる過程でいろいろ学んでもらうことが大事だと思う。だから、私のコメントは抽象的(中傷的ではない、念のため)なコメントが多い気がする。参考資料とかも場合によっては教える。

結局出来たものは、過程はどうあれ、書いた人のものだ。そうでないと意味がない。私の資産にできるものはなんだろう?コメント履歴を手元に残しておけば、今後の指導の際に使うことが出来るかな? だから、コメントはファイル上に書くことにしている。

文章の形のコメントというのは、どれだけ重要なのか?って言うのが分かりにくい。というか、伝えるのが難しい。口頭で言うことも必要だったりする。

[]わかりやすい文章

わかりやすい文章を書くのは難しい。どうすればいいのかな?

ブロックダイアグラムみたいなのに還元できるのが良いと思うのだけど。


ちなみに、「Masashi's Web Site Memo@はてな」の基本はメモであるので、あんまりわかりやすさは重視していない。私が後で読んだときに思い出せる最低限のことが書いてあれば用は足りる。エンターテインメントではないし、学術書とかでもない。必要に応じて、分かり易く書く努力をすることもある。

[]落ち着きましょう

焦らないで、落ち着いて行動することはとっても大事なことです。

焦らないで、落ち着いて行動できるような状況に持っていくことが必要です。

焦らないで、落ち着いて行動できるような状況に持っていこうと思うことが大事です。

[]そういえば、明日はスタッフミーティングだっけ?

忘れていた・・・。気をつけましょう。

[]ファイル名に使って欲しくない文字

\/|<>:*?"はWindowsだと使ってはいけません。

でもそれ以外でも使って欲しくないのがある。

~.,`[]「」=()

とかね。あとスペースも嫌かな。

記号を含まない全角文字やアルファベットと「_(アンダースコア)」「-(ハイフン)」とかでファイル名を書いて欲しいと思ったり。

2008-02-02(Sat) ‘‘ネズミに尻尾を齧られる’’夢を見た

[]回想

大学生の頃を思い出すと、なんか至らぬことばかりだった。ダメ人間だった気がする。もちろん、世の中には下には下がいる。


それはともかく。

目的意識が高く、それに向かって努力を続けられる人に、けっこう巡り会えたのは幸運だったと思う。

今と昔を比較して、ちょっとは成長したところもあるけど、昔のままダメダメなところがあって、これは、一生駄目かもしれない、と思ったりすることもある。


私は、リーダーには向かない性格だとよく思ったりする。

[]接点

大学生とか大学院生には、「成長したい」って思っていて欲しい。

そうであれば、私も、なんらかの接点が持てると思う。

志向が違いすぎて接点を持てない場合もあるけど。

コミュニケーションがとれない、ってことはちょっと悲しいことだと思うのだ。

[]「○○○○blog読者への新提案」←タイトルちょっと伏字

http://d.hatena.ne.jp/arakik10/20080131/p1


あらきさんのページは、よく読んでいるのでちょっと気になっていた問題。

この種のマッチポンプは嫌だなぁ。あらきさんも災難でした。

PV稼ぎの目的でやっていたとしても、書いてはいけないだろう。というか、書いてる時点で相当駄目だ。

apjさんの

http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=7608

http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=7680

とかも参照。

[]メールの公開

http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=7608

【メールの公開について】

 私信の公開はまずいのではないかというご意見をいただいたので、今回の件に関する私の判断を追記しておく。まず、私信の公開はマナーとしてすべきではないことは私も同意する。

 池田氏と私の間には、以前のエントリーで言及した以上の関係はなく、秘匿すべきプライベートな情報など存在しない。さらに、池田氏から送られたメールの内容は、削除要求・大学に連絡することの予告・対応について池田氏が公開することの予告というものである。このような内容のメールには、私信性が存在しないと考えられる。従って、公開しても差し支えないと判断した。また、当blogの方針としてクレームは公開すると予め明示してある。

 なお、池田氏側でも公開質問状などと銘打った文書を出している以上、本件クレームについては、ますます秘匿の必要は無いと結論することができる。

とっても真っ当な意見だと思う。

いろいろな状況・条件を加味しないで、‘‘私信の公開は絶対駄目’’って言うのはやっぱり変だ。

[]どんな範囲まで広げて考える?

企業が何か悪いことをしたとして、その企業がそれ隠そうとする。それを社会に告発しようとする人は、その企業からすれば困った人。でも、社会全体から見れば必要な人であり、立派な行動をした人ってことになる。

問題をどういう範囲まで広げて(狭めて)考えるべきなのか?って言うのは頻繁に問われることだと思う。

[]藤澤さんのお奨めマンガとかありますか?

最近読んだ中では、『舞姫(テレプシコーラ)』(山岸凉子)が面白かった。

続きを読む

[]「Ask Mister Language Person」

http://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/blxm/blosxom.cgi/080202.htm

セミナーとコロキウムがどう違うのか

「研究会」とか「コンファレンス」とか「シンポジウム」とか「ワークショップ」とか「学会」かって呼ぶけど,どうちがうんだろう?

私もわからない。「トピカルミーティング」とか言うのもある。

2008-02-01(Fri) ‘‘鼓舞’’するものは? ‘‘叱咤’’するものは?

[]なんか不調

夕方になってきたら、なんか体調が悪い。今日は早めに帰ることにした。

温度計のチェックとか、メールの返事とかやりたかったけど・・・。あと、AFMRの計算は先がちょっと見えたかもしれないけど、進んでみないと良くわからない感じなので早くなんとかしたいところ。


自分の守備範囲をきっちりこなすことを考えよう。あんまり手を広げすぎると何も出来ない。

価値がある日を過ごせたとは言えないかもしれないけど、やらないと先に進めないいくつかのことはこなしたとは思う。

[]プリンタ

X-band部屋に新しいプリンタが入った。全部朝倉君が設定してくれた。雑用を押し付けて申しわけない。

[]近藤君のあれ

ゆっくりですが、少しずつ進んでいるみたい。卒論発表前に実験ができるといいねぇ。

[][]修士論文へのコメント

コメントを入れるのもけっこう大変だ。

けんかするつもりでコメントを入れるべきなのかな?「もっとわかりやすく書けー」って。

[]卒論関係

どうも、私の関与の仕方が悪いのかな。ちょっと高望みをしすぎているかもしれないね。私があせってはいけない。能力の拡張というのはきっと楽しいことだから、今のうちはまだ大丈夫。関与しやすい状態ではある。

ある程度、わかってきたときに、その先に行く意味を本人が見出せるかが問題。そこらへんは、なんか流れに身を任せるようなところがあるかもしれない。私は、「あれやれこれやれ」って言いたくないから。

ちょっと抽象的な書き方かな?

[]櫻井さんの圧力実験

なんかいろいろ進展があるみたい。

{量子スピン系の若手研究者増えろー ♪ }> o(*´ω`)っ−.。*゜+.*.。 ゜+..。*゜+*'``*:.。..。.:*・゜゜・*〆⊂(´▽`*)ゞ <{古典スピン系の若手研究者増えろー ♬ }(→研究に関係する情報など)