Masashi’s Web Site Memo@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

研究
4年生のための研究生活ガイド〜物性実験編〜(→B4、M1向け)
磁性物理掲示板 3(→東工大物理の田中研の掲示板)spinリスト (Twitter)(スピン系の研究者(?))
ESRの直接遷移 磁気共鳴における線幅
研究以外
Memoの下書き(→本の感想、体重情報等)本の感想リストアニメ感想リスト
[寒剤](→寒剤業務に関わる情報)高圧ガス保安法覚え書き
Togetterおすすめ
◇お奨め漫画 完結(?)連載中
大岡山飲食店 自由が丘飲食店 目黒駅飲食店 新宿飲食店
『新版 固体の電子論』(斯波弘行)の取扱いについて

2009-08-31(Mon) 「何を確認したかったの?」「孤独の意味を確認したかっただけ」

[]品川のホテルにいます

おー、ネットが使えるぞ、ということで書き込みです。


朝6時の新幹線に乗れば8時半過ぎには新神戸につくのか。一回おうちに帰る時間は出来そうだな。・・・まあ、朝起きれればの話だけど。

[]日曜日に友達の結婚式に出ました

良い式でした。まあ、私はおまけ要員な気もするのですが。いろいろ楽しかったり嬉しかったり。

なんだかなー、喜んでいないように思われたりするのかな?って思うことがあります。喜びの表出の仕方が拙いのだろうか。

なんか、私はしんみりとかみしめるように反芻するように喜ぶのかもね。

・・・

いろんな人に会って、いろんなことをしゃべって、いろんなことを考えてしまう。少々オーバーフロー気味。刺激が強すぎた。そもそも私は人とコミュニケーションをとるのを面倒だと思う傾向が強いし、実際普通の人に比べたら不得意なのではないかと思う。そして、たまにしゃべる機会があると、楽しいのだけど大変消耗も激しい。

みんないろいろがんばっているみたいだなーって思った。だから、私もがんばろうって思える。なんか、とっても私は単純だ。


「必要なものを見つけ出し、それを得るために努力できることが勇気」

という趣旨の事が

『家栽の人』(毛利甚八・魚戸おさむ)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%B6%E6%A0%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA

という漫画に書いてあった気がします。

それを思い出しました。

[]民主党が圧勝したみたい

4〜8年くらいで政権交代をするのが良いと思う。

小選挙区はちょっと怖いなーって思ったり。まあ、面白いとも言えるけど。

官僚たたきにはなんか違和感を感じた選挙でした。全面否定されるほど悪いことしてますか?

私もわら人形に釘を打ってしまうこともないわけではないか。気をつけないといけませんね。

・・・

私の知り合いには、あんまり政権交代を歓迎していない人もいる。そりゃ、すぐに暮らしがよくなったりすることはないだろうね。逆に短期的には悪くなる可能性だって十分にあると思う。今までずっと自公で安定していたのが変化するんだからいろいろ不具合もあるだろう。10年とか20年とか50年とか時間をかけて、少しずつ政治がよくなっていけば良いのだと思う。民主党にはいろいろ試行錯誤をしていろいろ経験を積んでいく機会がやっと与えられたのではないかと思う。政権能力がない、といって子供扱いしていてはいつまで成長できないし。

今の日本の社会は一部の人を子供扱いして権利を渡さない。そして、権利を持っている人達は自分たちがフェア(公正)でないことに気がついていない。気がついていたとしても、その権利を絶対手放そうとしない。何かと理由をつけて決して権利を手放そうとしない。

若くて経験がない人達に、きちんと試行錯誤させる機会を与えることができる社会は豊かな社会なのだと思う。それだけ余裕があるのだから。そして、その豊かさが、さらなる豊かさにつながるのではないかと思う。

[][]博士課程学生に「給与」年180万円 文科省概算要求へ

http://www.asahi.com/national/update/0828/TKY200908280090.html

博士課程の学生がする研究に対して年180万円程度の「給与」を支払う制度を創設するため、文部科学省新年度の概算要求に約66億円を盛り込むことを決めた。職業意識をもって研究に専念してもらう狙いがあり、2千人程度の枠を見込んでいる。


うーん、方向性的にはいいかな、って思う。まだまだ他にもいろいろやるべきことがあると思うけど。まあ、少しずつね。

[]長所

私の長所はなんだろうか?あんまりよくわからない。短所と密接に関わりがある気がするけど。

とりあえず、一つに絞り込もうとしなくて良いのだと思う。

・・・

そもそも長所とは何だろう?「優しい」とか「前向き」とか「明るい」とかそういうの?

ある人や対象に対しては、私は優しい。しかし、それは大変限定的だ。私の身近な人を見ていると、もっと優しい。

「前向きか?」と問われるなら、ある種の対象に対してかなり前向きだと断言できる。しかし、それは大変限定的で、その特定のこと以外はまるでやる気がないといっても過言ではない。

「明るい」というのは、あんまり私の評価に当てはまらないように思えるけど、いくつかの事に関してはやっぱり明るい、って表現を使っても良いと思う。例えば好きな人としゃべっているときには気持ちも明るくなるし、外から見ても明るい人だと思ってもらえるのではないかと思う。

そもそも長所とは何だろうか? 世間で良いとされる価値の目録があるとしよう。その目録の中で、特に当てはまりそうなものの事を言うのだろう。


例えば、私は、身の回りでのフェアネス(公正)が保たれることを大事だと思う。そして、それなりに行動していると思う。これは私が価値だと思うことの一つだけど、これを長所と言えるだろうか? なんか違う気がする。「公正な人柄」というのは長所と言ってもいいかもしれない。でも、私にとっての「公正さが維持されるべき」というのは私のエゴというか傲慢さの一つの現れだとも思うので、こんなのを長所とよんでいいのか?って思う。


「〜さんのどこが特に好きですか?」とかの質問に、相手が満足できるような答えをするのは、私には無理。トータルバランスで好きですとかそういうのが答えだよ。価値観と能力とに惹かれるとか言うのが答えだよ。強い意志と並外れた実行力が好きとか、そういうのが答えだよ。心は多種の項目について重み付けをしているわけだよね。そういうのを忘れては駄目だと思う。嫌いな要素や好きな要素をいろいろ足しあわせて、気になる存在になったりする。答えが一つだと思ってはいけない。一つの答えを聞いて、それしか答えがないと思ってはいけない。

・・・

・・・

私は、こういう感じの世界観を持っています。でも、質問をされたときに、こんなに時間をかけて答えることはできることは稀です。だから、たぶん、相手は私のことを理解していないことが多いでしょう。長所は何ですか?って質問をしたときに、たぶん、相手はもっと単純な答えを求めているし、私もたぶん単純な答えをするべきなんでしょうね。



ある程度親しい友達に、長所を尋ねられたとしたら、「あなたと私が長い間つきあってきた中で、あなたが嬉しかったり楽しかったりしたことがあるよね。それがあなたにとっての私の長所だと思う」って答えがいいのかもしれない。無理矢理短い言葉に閉じ込めなくもいいと思いません?

私にとっての私の長所を無理矢理に敢えて言えば、「ある種の事柄の中から面白さや喜びや嬉しさや楽しさを探し出せること・探し出そうと思うこと」だと思う。それは誰でも持っているものなのかもしれない。でも、私は、これがあるから、なんとかこの面倒な世の中で生きていこうと思える。そして、この「ある種の事柄」とされることに興味がない人は、たぶんこれを長所と思わないだろう。「前向き」と言い換えることもできるかもしれないけど、私にとっては、なんか違う。他の人に比べて積極的なわけではないし。私が生き延びていくために最低限必要な程度の前向きさ、という感じかも。そういう感じなのに、「前向き」であることが長所とは言えないなーって思う。


与太話というタグに相応しい感じのおバカな文章でしたね。

[]書いていること

ここに書いてあることは、私の気持ちというよりも、私の言葉のつなぎ方が優先しているのかな?って思います。あんまり馬鹿正直に書いてあることを信じないようにすべきでしょうね。

読み物としては拙いものばかりな気もします。まあ、やっぱり、これは私的なメモという側面が強いのでしょう。

2009-08-30(Sun) 選挙は民主主義の祭典

[]科学政策に関する公開質問状、雑感

http://d.hatena.ne.jp/sivad/20090829/p1

基礎研究、教育の観点からはやはり共産党が強いです。産業面での弱さを除くと、ほとんどの方針が妥当といえるでしょう。この分野に関しては、この党に一定の発言力を持たせておくのがよいのかもしれません。


たいへん参考になりました。比例の方は共産党に入れようかな。

2009-08-29(Sat) 個別科学の背後にある哲学を求めて

[]『非線形な世界』(大野克嗣)

非線形な世界

非線形な世界


大変面白い。って、まだ読み中だけど。物理学科の四年生以上だったらだいぶ読みやすいと思う。また、ある程度研究をしている院生及び研究者も楽しめると思う。



第3章のくりこみとか現象論の話が面白い。




・・・



研究を進めていく上での方法論に関して無自覚であることが多いなーって自分自身のこと思う。私の方法論は本当に正しいのか?十分妥当であると言えるのか?についていつも不安に思っている。


学生にアドバイスをするときにとても気をつかう。一見放言ばかり繰り返しているようにも見えなくもない私だけど。説明したことに本当に根拠があったのかな?って自問したりすることだってある。

この本を読んでいて、「この方法にはやっぱり根拠があるんだな」って言えるのがいくつかあって、ちょっと安心した。

あと、研究スタンスそのものにも自信を失いかけてしまうことが頻繁にあるんだけど、やっぱりこれでいいんだなーって思える要素があってちょっと安心した。


下記の本などが楽しめた人はこの本も楽しめるでしょう。

『科学の真実』(J.ザイマン)

科学の真実

科学の真実

『ボルツマンの原子―理論物理学の夜明け』(デヴィッド・リンドリー)

ボルツマンの原子―理論物理学の夜明け

ボルツマンの原子―理論物理学の夜明け

『部分と全体―私の生涯の偉大な出会いと対話』(W.K. ハイゼンベルク)

熱力学の基礎』清水明

熱力学の基礎

熱力学の基礎

統計力学 I,II』(田崎晴明)

統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ)

統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ)

統計力学〈2〉 (新物理学シリーズ)

統計力学〈2〉 (新物理学シリーズ)

熱力学―現代的な視点から』(田崎晴明)

熱力学―現代的な視点から (新物理学シリーズ)

熱力学―現代的な視点から (新物理学シリーズ)

量子論の基礎―その本質のやさしい理解のために 』(清水明)

量子論の基礎―その本質のやさしい理解のために (新物理学ライブラリ)

量子論の基礎―その本質のやさしい理解のために (新物理学ライブラリ)

【追記】

下記の本を忘れていた。下記を面白いと思った人も、面白いと感じるでしょう。。

『系統樹思考の世界』(三中信宏)

系統樹思考の世界 (講談社現代新書)

系統樹思考の世界 (講談社現代新書)

『「知」の欺瞞―ポストモダン思想における科学の濫用』(アラン・ソーカル, ジャン・ブリクモン)

アナロジーの罠―フランス現代思想批判』(ジャック・ブーヴレス)

アナロジーの罠―フランス現代思想批判

アナロジーの罠―フランス現代思想批判

2009-08-27(Thu) あなたにとって大事なものはなんですか?

[].ai形式、.eps形式のファイルビューアで使いやすいものを教えてください。

http://q.hatena.ne.jp/1191982138

メモ。

[]やるきちゃーじちゅう


あー、なんかいろいろ悩んではいたんですが、いろんなことに対するやる気がなくなってしまいました。まあ、眠って起きれば元気が出るでしょう。

[]某論文の原案 -Introductionに関して-

なんか、やる気が起きないので、ちょっと後ろ向きな話。最近出版された論文に関して。


当初はこんな感じのイントロにしよう、と思っていた。

続きを読む

[][]自民党民主ネガキャン」加速 サイトで動画、100万部小冊子

http://news.livedoor.com/article/detail/4315371/


「知ってビックリ民主党 これが実態だ!!」とか言う変な冊子がうちにも届いていたよ。マイナー政党による批判かと思って後ろを見たら、自由民主党が作ったっぽい。

これって誹謗中傷に近いような。こんな品のないことをするとは思わなかった。なりふり構わないというか。うーん、でも最近はこういうのが有権者受けするんだろうか。

[]価値があるものに対して価値があるって言う

なんか、時に面倒だと思うこともある。あー、でもちゃんと言わないといけないよねえ。

藤澤さんの特殊技能その1「喉元過ぎれば熱さを忘れる」を発動するかね。

2009-08-26(Wed) 背後に潜む美しいものを求めて

[][][][]京大:博士をタダで小中高校へ派遣 就職できない若手研究者「もったいない」

 「博士がタダで教えます」−−。博士号を取得したものの常勤職が見つからないポストドクター(ポスドク)を、京都大が全国の小中高校に出前講座の講師として無料派遣する。大学のPRとポスドクのキャリアアップという一石二鳥を狙う。

どうなのだろうか。何をやらせるんだろう?


京大に在籍するポスドクは約1100人(06年度)。大学や研究所など常勤の研究職に就けないポスドクは全国で1万6000人以上おり、就職難が問題化している。

京大だけで1100人もいるんですね。全国で16000人か。

[]第13回フラストレーションセミナー

http://www.frustration.jp/modules/contents/index.php?content_id=58#content_4a8e212c6eeab_1

第13回フラストレーションセミナー

日時: 9月8日(火) 17:30〜

場所: 阪大豊中キャンパス 理学研究科D棟3階 D301

内容

* 木村 尚次郎 (阪大極限)

o 「クロムスピネル酸化物の強磁場物性」

o 要旨:クロムスピネル酸化物は磁性を担うCrイオンがパイロクロア格子を形成する物質で、磁場中において飽和値の1/2の磁化プラトーを結晶格子の変形を伴って発現する。この物質に関し強磁場ESR測定を行ったところ、交換相互作用が磁場とともに変化していく振る舞いが示唆された。

* 辻本 吉廣 (京大理)

o 「コメント ― 2次元正方格子系の強磁場物性」


木村さんと辻本さんかー。見に行きたいけど、応用物理学会のあれの前だし、余裕がないです。

2009-08-25(Tue) 何に怒っているのですか?

[]図面を書くのは苦手です

f:id:sib1977:20090824155927p:image

ESR測定のさいに、試料を取り付けるガラスロッドの図。

現在、大事なロッドが壊れてしまったので測定が制限されています。困った困った。

2009-08-24(Mon) 自分の問題は自分で解決しなさいよ

[][]「こころの健康相談」について(神戸大学保健管理センター)

http://www.kobe-u.ac.jp/medicalc/med07.html


まあ、こういうのの存在があるということを大学生は知っておくと良いのでしょう。

2009-08-22(Sat) まあ、すぐ死ぬわけじゃないしな

[]例えばの話だけど

断るには断るなりの理由が必要で、それがないのなら、って話になるわけだよね。

[]携帯電話新しいのにする?

まあ、そろそろ新しいのにしてもいいかな?って思ったり。

[] [理系ネタ][J] ザ・ワールドの相対論的実装

http://d.hatena.ne.jp/ita/20090818/p1

いろいろ考える人がいるもんだ。

2009-08-21(Fri) すかさず180°回転!

[]YbRh2Si2

こんなのがあるそうな。

日時:9月4日(水)17:00〜

場所:神戸理学部Z棟103室

講師:Dr. Vladislav Kataev(Leibniz Institute for Solid State and

Materials Research IFW Dresden)

講演題目:Multi-frequency high magnetic field ESR spectroscopy of the

dense Kondo lattice system YbRh2Si2

要旨:(We have investigated an electronic crossover between the non-Fermi

liquid and Fermi liquid states in the dense Kondo lattice system

YbRh2Si2 by means of tunable high frequency ESR spectroscopy.

Experimental results strongly suggest that the ESR response is due to

a resonance excitation of the quasiparticles in the Kondo lattice. As

such it probes directly the evolution of the Kondo state and the

occurrence of different electronic regimes in YbRh2Si2. We discuss a

qualitative theoretical model that attempts to explain the

experimental observations.

[]冷静に判断しましょう

いろいろ先延ばしにしていたことを決断しないといけません。

たぶん、この先に生じうる事に比べれば、全然たいしたことがないはず。

がんばりましょう。そもそも、Dとって、すぐに職があるなんて私は思っていなかったんだから。

2009-08-20(Thu) なんでいつも怒っているの?

[]第1回(2008年度)支部貢献賞授賞式/平成21年度第1回講演会見学会

http://www.jsap.or.jp/announce/seminar/detail/20090801.html

主催 応用物理学会関西支部

共催 神戸大学連携創造本部先端研究推進部門(講演会見学会

日時 2009年9月4日(金)14:50〜17:30

場所 [支部貢献賞授賞式,講演会神戸大学瀧川記念学術交流会館,


プログラム [支部貢献賞授賞式,受賞記念講演]

(1)14:50〜15:10「支部貢献賞授賞式」(受賞者)城阪俊吉,濱川圭弘,野田進

(2)15:10〜15:30[支部貢献賞受賞記念講演]「フォトニック結晶による光制御の現状と将来展望」野田進京都大)

講演会見学会

(3)15:30〜15:45「神戸大学連携先端研究の概要」和田修(神戸大)

(4)15:45〜16:10「統合バイオリファイナリーセンターにおける産学連携研究」近藤昭彦(神戸大)

(5)16:10〜16:30「環境に適応した希土類グリーンデバイスの展開」喜多隆(神戸大)

(6)16:30〜16:50「光技術による次世代メモリ」的場修(神戸大)

(7)17:00〜17:30「見学会」(連携創造本部先端研究推進部門(VBL))

定員 授賞式・講演会100名,見学会50名

申込締切 8月24日(月)


こんなのがあるそうです。

[]某クリスマスパーティ

12月12日っぽいです。

[]予定がつまっていないと不安なのかな?

よくわかんないけど。そういう人もいるのかな?って思ったり。

[]例の磁化が測れる装置

9月末に入るそうです。

[]釣ったブラックバスを車に=「彼女に見せたかった」、男逮捕−奈良県

http://d.hatena.ne.jp/doublet/20090820#p1経由で、


「釣ったブラックバスを車に=「彼女に見せたかった」、男逮捕−奈良県警」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090819-00000159-jij-soci

オオクチバス特定外来生物に指定されており、生態系を壊す恐れがあるため、運搬や飼育が同法で禁止されている。県警によると、生きたバスを運んだとして、逮捕されたのは全国でも珍しいという。

運んだだけで逮捕されちゃうんだね。知らなかった。

[]第7回スピン系若手親睦会

http://bussei.gs.niigata-u.ac.jp/~okunishi/spinlog/index.php?UID=1249530209

日時: 9月26日(土) 18時30分から 学会2日目の晩

申し込み締め切り:9/16(水)まで

二回連続で不参加だったので、今度こそ参加します。

[]大学院入試打ち上げ

28日にやるそうです。

[]8月30日に東京に行きます。

友達の結婚式に参加することにした。


何か他に用があったかな?



「みんなどうしてる?人には聞けない冠婚葬祭お金事情 披露宴のお祝い金」

http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU20050905A/

友人だと、3万円くらいが相場

[]核磁気共鳴法とその固体物理学への応用 東京大学物性研究所(瀧川仁)

物性若手夏の学校テキスト

磁気共鳴法とその固体物理学への応用 東京大学物性研究所 瀧川仁

http://masashi.issp.u-tokyo.ac.jp/nmrtext.pdf

メモ。

[]Scientific Centers of the World

The International Instrument-making Group Bruker:

Cooperation with the Russian Academy of Sciences

http://www.springerlink.com/content/l673q5g0522020h2/

[]研究スタイルについてネットでいろいろ探す前に読む本

http://www.amazon.co.jp/lm/RA9E41OVANPOT/

研究関係の本のリスト

[]186発信

186発信

先方の電話番号の頭に「186」を追加することで、先方の電話機に発信者番号を表示させる発信方法。

すぐ忘れてしまう。

2009-08-19(Wed) ゆっくりじっくり丁寧に考える時間が必要

[]規範としたいもの

偉そうにしない。自己卑下もしない。思わせぶりにしない。わかりやすく。

他人を馬鹿にしない。するときは覚悟を決めて。どうでもいいことはできるだけ書かない。簡潔に少なめに。


なかなか難しい。

2009-08-17(Mon) かま猫は萌えキャラではありません

[]某原稿を書く

なんか、無駄に時間がかかってしまった。一週間たったらもう一度読み直して送付。

[]応用物理学会宿泊先

考えてねー。そろそろやばいかな。一泊はしたいところだからなー。


【追記】予約しました。

2009-08-16(Sun) 世の中にはいろいろ楽しいものがありますけどね

[]電子化

http://apollon.cc.u-tokyo.ac.jp/~watanabe/diary/d200908.html#07

なぜこういうことが起きるのか。僕が思うに、ある種の人にとって「電子化」とは、電子化以前の風習を忠実に再現することなのであろう。紙ベースで必要だった升目を、電子データで必要かどうかをよく考えずにとにかく再現するのが大事だと思ったのであろう。電子メールに「公印省略」と書くのと同じセンスだと思われる。

うーん、こういうのあるかもね。

[] [大学][研究] メタ卒業研究卒業研究で目的と手段をごちゃまぜにしない

http://d.hatena.ne.jp/next49/20090727/p1

面白い。


こっちも。

「[大学] 卒業研究の取り組み方によって卒業研究の難易度を変えるべきか否か」

http://d.hatena.ne.jp/next49/20090816/p2

[]『How to Write and Publish a Scientific Paper』(Robert A. Day, Barbara Gastel)

How to Write and Publish a Scientific Paper

How to Write and Publish a Scientific Paper

ファトマさんに論文の書き方の本を読ませようと思っているのだけど、なかなかいいのが見つからない、というか探している余裕がないというか。

[]海賊党の主張

「「著作権は5年で十分」--欧州議会議席獲得した海賊党、主張の根拠を語る(前編)」

http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20397501,00.htm

「「特許は要らない」--欧州議会議席獲得した海賊党、主張の根拠を語る(後編)」

http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20397509,00.htm

まとめてあるのが、下記URL

http://youzo.cocolog-nifty.com/data/2009/08/post-bbcf.html

面白い。今の著作権の期間は長すぎるよね、やっぱり。

[]「基礎科学力強化に向けた提言」及び「基礎科学力強化総合戦略」について

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/08/1282822.htm

メモ。

[]切り口を変えて見てみる:なぜ日本の社会ではアカデミア蔑視が根強いのか

http://www.mumumu.org/~viking/blog-wp/?p=2830

面白い。

2009-08-15(Sat) know things by intuition

[]お風呂の中で本を読んでいたら朝になっていた

そういうこともある。

2009-08-14(Fri) 自力で何かを掴んでみたら?

[]地震で崩れた?大量の本に埋まり女性窒息死

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090811-OYT1T00784.htm?from=main7

「大量の本に埋もれて死亡している」「死因は胸腹部圧迫による窒息」「地震で崩れた本による窒息死の可能性もあるとみている」「本は部屋の床に積み上げるなどしてあったという」


いや、本当にあるんですね、こういう事。

こっちも。

「本に埋もれて死ぬ」が現実に http://slashdot.jp/articles/09/08/13/0052252.shtml

[]『脳のなかの幽霊』(V.S. ラマチャンドラン, サンドラ ブレイクスリー)


半分ほど読んだ。かなり面白い。

自分の左側を認識できない、とか『STEEL BALL RUN vol.14』(荒木飛呂彦)ISBN:9784088744384のウェカピポの能力の元ネタかな?


視覚に関するネタが面白い。認識できていない隙間にものを差し込むことができる、っていったいどういうこと?

・・・

全部読んだ。いろいろ面白かった。けっこう体力消耗したな。

[][][][]「科学政策に関する公開質問状を各党に送ったよ」(『赤の女王とお茶を』2009-07-31)

http://d.hatena.ne.jp/sivad/20090731/p1

面白いです。選挙に行く前に読んでおこうね。


下記も読んでおこう。

「[総選挙2009][民主党][食の安全BSE][イノベーション、科学技術、基礎研究]公開質問状に対する民主党からの回答」

http://d.hatena.ne.jp/scicom/20090808/p1

こっちも面白い。

自民民主マニフェスト比較(子育て・教育・医療・科学政策)」

http://blog.ihatovo.com/archives/4730

2009-08-12(Wed) 「大きさ」と「小ささ」は同じ概念

[]『とろける鉄工所』(野村宗弘)

http://d.hatena.ne.jp/doublet/20090801#p1

doubletさんの所で触れられて読んでみた。

とろける鉄工所(1) (イブニングKC)

とろける鉄工所(1) (イブニングKC)

とろける鉄工所(2) (イブニングKC)

とろける鉄工所(2) (イブニングKC)

溶接のお話。なかなか面白い。うんちくだけにならないできちんとエンターテインメントになっている。

アーク溶接は学生時代に工学実習で1回だけやったことがあるけど、なかなか楽しかった覚えがある。

2009-08-11(Tue) 「届かない」「届かない」って言ってなんになるの?

[]時差ぼけが続いているのだろうか

うーん、変な時間に頭が冴えるな。

さて、仕事仕事。

2009-08-10(Mon) 誰にも伝えない。私が何を欲しているか

[]伝えられない

意味はきちんとあるのだ。ただ、私が他者とコミュニケーションをとるために使う言語では伝えるのが難しい。ただ、そうなっているとしかいえない。おそらく何らかの理はある。何らかのメカニズムはある。でも、やっぱり日常で私の使う言語では届かない。言い換えれば直感か?答えがそこにあるのはわかるけど、そこへの道筋はわからない。もどかしい。

[]公理系の違い

私の友人で、海外留学していた人がいる。言語が違うと理解できない事(あるいは理解しづらい事)があるんじゃないか?っていっていた。その人は○○学専攻の人だった。私は、科学ならたとえ言語が異なっても結論は同じにならないといけないんじゃないのかな、って感じのことを答えた。

ある言語は、公理系の中の一つと見なすことができるかもしれない。まあ、たいした発想ではないが。複数の公理系の間に変換法則があり、その公理系がほぼ等価であったとしても、ある種の証明が自明で、ある種の証明が困難であることはあるだろう。

非等価な公理系だって当然あって、それらが導き出す結論は互いに矛盾することもあり得るだろう。

なんて考えたり考えなかったり。

[][]失われているのはお金でも時間でもなく、研究者としての新しいものを創り出す・見いだす心意気ではないの?


時差ぼけじゃなくて、まあ生活の乱れといおうか。なんか頭が働かない。なかなか復調には時間がかかるんだよな。海外旅行はそれがどうも・・・。行っているときは楽しんだけど。一週間の旅行に一ヶ月間くらいの労力を奪われる気持ちになる。まあ、その分何かを得れば良いのだけどね。

  • 8/10(Mon) 微妙な頭痛がするな。寝不足かな。
  • 8/9(Sun) 夕方に来て、いろいろ作業。夜に勝野さんとディスカッション
  • 8/8(Sat) 張さんと実験。いろいろ雑務。〜さんのアブストラクトの修正。微妙に体調がよくないな。
  • 8/7(Fri) 張さんと実験。大学来たのは昼過ぎになってしまった。夜遅くまで(27時くらいかな)大学にいました。
  • 8/6(Thu) いろいろ事務作業。夜遅くまで(26時くらい)大学にいました。
  • 8/5(Wed) 于君、張さんと実験。于君にデータ整理について一応アドバイスした。私のアドバイスってどうも軽く見られているような気もするが、まあいいかなー、って思う。
  • 8/4(Tue) 近藤君、張さんと実験。まあ、シグナルは見えたけど。
  • 8/3(Mon) 大学に来た。ミーティングとか。実験は休み。
  • 8/2(Sun) 日本に帰国
  • 8/1(Sat) ドイツを出発
  • 7/31(Fri) ICM 5日目というか最終日。
  • 7/30(Thu) ポスター発表しました。この日はいろいろ面白い発表があったかな。
  • 7/29(Wed) おー、あれがアンダーソン(超VIPゆえに敬称略)かー。論文修正とか。Brukerに行ってきたよ。
  • 7/28(Tue) 普通に会議に出てます。トラムは便利やね。
  • 7/27(Mon) 8時過ぎにホテルを出て、会場へ。レジストレーションをする。メールを見たりして、その後会場へ。
  • 7/26(Sun) 日本を出て、フィンランドヘルシンキへ。ヘルシンキからフランクフルト。空港駅で上智の後藤先生と会ったり。そして、ドイツカールスルーエについたのは21時頃・・・だったかな?
  • 7/25(Sat) 旅のための買い出しとかいろいろ。
  • 7/15〜24 まー、何かと忙しかったんでしょう。ポスター造ったり、論文の修正したり。
  • 7/14(Tue) サンプル送付。来るのは昼過ぎ。いろいろ雑用。某書類の押印とか。
  • 7/13(Mon) サンプルの選別。もう、実際の実験で使えるサンプルって少ないんだよな。
  • 7/12(Sun) だめだめな日。
  • 7/11(Sat) 菊池先生が来ていた。

[]お盆くらい休もうよ

お盆はみんな休もうよ。えーと、なんだ、こう、日本人としてさ。というかだね、みんなが働くと、私の自由に考える時間が削られちゃうんだよね。って、思いっきり自己中心的ですが。

[]応用物理学会誌8月

「大強度要旨加速器施設J-PARC-物質・生命科学実験施設を中心として-」(藤井保彦、新井正敏)

「電子線ホログラフィーとそれが拓く量子の世界」(外村彰)


メモ。

2009-08-09(Sun) 脅迫感みたいなものから解放されたことはありません

[][]EMRSCS 2009, November 8-9, 2009,

http://extreme.phys.sci.kobe-u.ac.jp/EMRSCS2009/


Electron Magnetic Resonance of Strongly Correlated Spin Systems

Strongly Correlatedですかぁ。(>_<)


トピックは下記。

EMR of quantum spin systems

EMR of frustrated spin systems

EMR of spin gap systems

EMR of molecular magnets

EMR theory

EMR experimental systems

[][]遊歩計

『プーねこ』ISBN:9784063143737で有名な北道正幸氏のブログ『kita private』http://homepage.mac.com/kitamichi_jp/iblog/index.htmlで「遊歩計」という記事があった。

http://homepage.mac.com/kitamichi_jp/iblog/C1643819037/E27836990/index.html


いわゆる万歩計で、『母をたずねて三千里』というのがあるらしい。

『遊歩計Webサイト

http://www.yuuhokei.com/index.html

を見ると、他にも「天下統一」とか「島耕作」とか「宇宙戦艦ヤマト」とかいろいろあるらしい。

なんというか、いろいろなことを考える人がいるんだなーって思った。


十二国記』(小野不由美)の遊歩計とか出たら買ってしまうかも。

[]大学院生に実質的な給与を 基礎科学力委が提言

http://www.asahi.com/national/update/0805/TKY200908040424.html

大学院生には実質的な給与を出して支援すべきだとする提言をまとめた。

ほほー。

修士や博士課程の学生を、「教育アシスタント」や「研究アシスタント」に位置付けて、「実質的給与型の経済的支援の拡充を図るべきだ」と言及。大学側に対して、こうした人材の雇用を義務づける必要性を訴えた。

とりあえず、授業料をタダにするとかまあそういうのもありかも。きちんと経済的な基盤を大学院生、特に博士課程の学生に与えるというのはとっても大事な事だと思う。経済的に辛いからというのが、私は博士課程に進学することを修士の学生に奨めることができない大きな理由の一つ。まあ、その分自由はあるけどね。でも、給料を与えて尚、学生には自由に研究をさせて上げるというような余裕を国は示して欲しいし、それが国の豊かさの一つの指標と言えるものだと思う。


国内外に開かれた大学院にするために、幅広くいろいろな大学・分野から学生が集まるよう、同一校、同一分野の出身者を最大で3割程度に抑え、外国人学生を2割以上にする、などの目標を掲げた。

「同一校、同一分野の出身者を最大で3割程度」に関しては、どうなのかな。理念は分からなくもないが。「外国人学生を2割以上にする」も、理念は分からなくもないけど、大学側としては「やるのはいいけど、もっと金をよこせ」と思うんじゃないかな?

まーねー。隗より始めよ(「手近な所から始めましょう」とか「言い出した当人から始めるのが良いですよ」って意味)って言葉もあるし、まず東大とかから始めてみればいいんじゃないかな? 例えば「英語さえ使えれば大学内では特に不自由をしない」っていう環境を創れば海外の学生も日本に来やすくなるだろうね。でも、それにいくらかかるんだか・・・。



現在の日本の雇用のシステムの多くはどうも終身雇用を引きづり過ぎだと思う。終身雇用の人とバイト・派遣・臨時職員の人との差が激しすぎる。実質的に同じ仕事をしているにもかかわらず。そのうち是正されるかな。

2009-08-08(Sat) Nothing more than a dream

[]スピンギャップ物理ラボ (Spin Gap Research Lab.)

http://www.aist.go.jp/ETL/jp/results/bulletin/pdf/64-9to10/06kashiwaya.pdf

本研究は基礎研究であるために直接的な波及効果は存在しない。しかし今後の電子物性研究において,貴重な知見を発信し続けていると確信している。


なんか潔いな。

[]Quantum Magnetism - Proceedings, June 2006 (NATO Science for Peace and Security Series B : Physics and Biophysics)

https://bookweb.kinokuniya.co.jp/htmy/1402085117.html

[]科学技術論文の書き方 How to Write a Scientific Paper

http://www.okada-lab.org/Ronbun/

この種のサイトの英語版を知っている人がいたら教えて誰か下さい。

[]『図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)』(津村ゆかり)

第二版がでたら、買うと言うことで。

2009-08-07(Fri) 学んだり研究したりすることは楽しいですよね

[]いろいろあって

時差ぼけの正ではないのですが、微妙に生活サイクルが狂っています。

メールの返信とかはちょっと遅れます。

2009-08-06(Thu) 愚痴を言っている暇があるなら遊びなさい

[]布団を干した

雨が降ってずぶ濡れになった。

布団で眠れない夜を過ごした。

[]カウンセラー

大学院生全員に対してカウンセラーに通う義務とかつけた方がいいんじゃないの?

精神的に弱い人も強い人もどっちもね。


なんていうかだね。もうね。はっきりいって面倒。

[]勉強しろなんていいたい人がいますか?


うーむ、でも言ってしまった。反省。

もし、研究とかを楽しみたいのなら、もっと勉強しないと駄目です。やる気がないなら別にしなくてもいいけど」

という感じだけどね。まあ、私にとってのぎりぎりのライン。

「少なくとも今の私よりは勉強しろよ」って思ってしまって、それは私の病理だと思います。



あー、すごい美しいものが目の前にあるのに、それをゴミみたいに扱うのもむかつくなー。

あと、1時間で終わるような作業を2週間くらいかけてるのもいらだたしい。


・・・何かにいらだってしまうのは、それに対して思い入れがあったりするからなんだろうけどねえ。

あー、まー、いいや。

なんていうか、疑問に思わないのかな?って気がするんだけど。

[]戯れ言でございますが

学生は何を学んでも良い。

学生は、特に大学院とかの学生は、自由に自分で学ぶことを選んで良いのです。

だから、別に研究室に関係ないことに一生懸命打ち込んでいても私はかまわないと思います。

でも、どうせなら、そこの環境に適したことを学ぶ、というのは合理的です。自らの学びたいことからかけ離れた環境にいるのであれば、さっさと移動するべきでしょう。まあ、経済的なこととか仕組みの上で移動はしにくいのですが。でも、無駄に時間を過ごしてしまうことの損失をきちんと見積もることはするべきでしょうね。


そして、学ぶ目的がなく、学ぶ目的を探そうとすらしない学生は大学とか大学院とかにいるべきではないのです。はっきり言って邪魔です。いない方がいいです。学ぶ場所には、ある程度の意欲の密度がどうしても必要だと思います。やる気がない人間というものは、この密度をどうしようもなく下げます。



・・・

うーん、でも、こういう考え方は改めなきゃいけないのかな、って思うこともあります。

・・・

文科省の人たちは大学の役割を勘違いしているとしか思えません。

・・・

自分が制御可能であるところくらいは、フェアネスを保とうと思っていたのですが、なんかそういうのも面倒になってきました。ばかばかしくって。

[]健康は大事だね

微妙なバランスで肌の調子は悪化もせず良くもならず。でしたが、ちょっと調子が良くなってきたかな。寝ているときに冷房は良くないみたいな気がしてきた。まあ、いろいろ試してみましょうかね。


今年の夏の症状は少し変な感じ。

私の場合、湿疹が出る場所は、汗をかきやすいところや乾燥しやすいところだ(あと目の周りなどは疲れやすく症状がひどくなることが多い。)。そして、汗由来と乾燥由来の症状は同じアトピーと言っても少々ことなる。夏場は汗に由来する症状が見えやすく、冬場は乾燥に由来する症状が見えやすい。

でも、今年はなんか両方出ているんだよね。あと、指先にも少々湿疹があって、これも今まであんまりない症状かな。


湿疹が完治してしまえば、汗や乾燥にも強くなるのだけど、治りかけの状態の時に汗や乾燥がくると、これまたなんとも痒くてたまらない。そして掻いてしまうから、せっかく治りかけていたのに悪化してしまう。まあ、なんというか嫌なサイクルだ。

あと、ストレスをためないことも大事で、ストレスをためない一番の方法は、本当にやるべきことを地道にこなしていくことだと思ったりする。

[]尾筺の『商人道ノススメ』を読んだ。(『最近の噂』2009年8月4日)

http://cruel.org/other/rumors2009_2.html#item2009080401

ある意見に対して反論が出るかもしれない――それで? 反論がこわいから意見が言えない――それはあんたの問題でしょ? それを空気のせいにすることこそ、悪しき身内主義を蔓延させる発想でしょう。「空気」を批判することこそ何より空気を延命させる。空気をつぶす最高の方法は、空気がないかのごとく(だって実際にないんだもん、そんなもの)自分の言いたいことや言うべきことを言うことなのだ。松尾は空気を批判してみせることで、その空気から逃れた高みに立てたつもりになっている。バーカ。ぼくに言わせれば松尾こそがありもしない「空気」の最もいやしい奴隷でしかない。

面白い。高みにたったつもりで何も見えていない、って事にはなりがちかも。気をつけよう。



別に「空気」が一方向にだけ流れていたわけじゃない。いろんな意見があった。それだけの話。他の事例でもみなそうだ。一方向にしか流れていないように思う人は、たいがい2ちゃんねるまとめサイトしか見てないからそう思ってしまうだけなのだ。

面白い。空気というものがあるとしても、それを固定だと考えるのは変だね。

[]Dzyaloshinsky-Moriya interaction in the S=(1/2) quasi-one-dimensional antiferromagnet Cu2Cl4·H8C4SO2 as determined via high-frequency ESR

http://link.aps.org/doi/10.1103/PhysRevB.80.012408

みんな読んで下さいね。読まなくてもいいから、引用して下さいね。(←おいおい)

[]DTN (NiCl2-4SC(NH2)2)ってどう合成するのかな?

http://link.aip.org/link/?JCPSA6/74/4103/1

The compound dissolving a large excess of neckel chloride in saturated aqueous solution of thiourea. The material has large tendency to form twinned crystals・・・<<

結構簡単?

2009-08-05(Wed) 学生の人に勉強しなさいというのはアカデミックハラスメントか?

2009-08-04(Tue) レベルの低い詭弁を使って責任逃れをしようとするのはやめなさい

[]洗濯物がよく乾く

夏はそういうところがいいなーって思う。まあ、それだけじゃないけど。

[]時差ぼけ

夜8時には眠くなり、朝4時には自然に目が覚める。

・・・なんかある意味健康的だな。

[][]naumanの行動の記録です

『2009年7月の後藤研の予定』

http://www.ph.sophia.ac.jp/~goto-ken/cgi-bin/webcalen.cgi?year=2009&month=7

経由で

『naumanの行動の記録です』

http://nauman.blog.so-net.ne.jp/

磁場業界の有名なお方のブログ・・・だと思われる。かなりアグレッシブに研究をしている、という印象が強かったけど、なんかすごい多忙な毎日だなあ、って思った。



やっぱり、わたしぐらいの人間が忙しいとか言うと恥ずかしいな。

[]たくさん注文した

とりあえず18000円ほど。

・・・まあ、自分でも思うけど、これって病気だよね。

[]学内図書デリバリー 申込フォーム

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/www/html/delivery/

学内の遠いところにある図書館の本も取り寄せできるようだ。神戸大四年目にして、初めて知ったのでした。

・・・

研究環境をきちんと活用できるようになるというのはなかなか道のりが険しいのかもしれないと思う今日この頃。

[][][]International Conference Modern Development of Magnetic Resonance Zavoisky100, Kazan, Russian Federation, 24-29 September 2007

http://kfti.knc.ru/zavoisky100/


http://kfti.knc.ru/zavoisky100/program.html

H. Ohta, M. Fujiswa, S. Okubo , T. Sakurai, E. Ohmichi. Development of THz ESR System and Its Application to Quantum Spin Systems

やっと、見つけた。

[]Kaleidagraph Windows v4.0.3 Updater

http://www.synergy.com/updaters.htm

私の持っているのは最新バージョンみたいだな。

2009-08-03(Mon) 意味なしジョーク殺人事件

[]あなたのことを真剣に考えてくれる人は何人いますか?

27歳以下は読むの禁止。

続きを読む

2009-08-01(Sat) 出不精かつ筆不精

[]ヘルシンキにいます

ヘルシンキの空港にいます。ネットの使用がタダで出来るみたいなので書き込んでみます。日曜日の朝に日本に着くんじゃないかな。

{量子スピン系の若手研究者増えろー ♪ }> o(*´ω`)っ−.。*゜+.*.。 ゜+..。*゜+*'``*:.。..。.:*・゜゜・*〆⊂(´▽`*)ゞ <{古典スピン系の若手研究者増えろー ♬ }(→研究に関係する情報など)