Masashi’s Web Site Memo@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

研究
4年生のための研究生活ガイド〜物性実験編〜(→B4、M1向け)
磁性物理掲示板 3(→東工大物理の田中研の掲示板)spinリスト (Twitter)(スピン系の研究者(?))
ESRの直接遷移 磁気共鳴における線幅
研究以外
Memoの下書き(→本の感想、体重情報等)本の感想リストアニメ感想リスト
[寒剤](→寒剤業務に関わる情報)高圧ガス保安法覚え書き
Togetterおすすめ
◇お奨め漫画 完結(?)連載中
大岡山飲食店 自由が丘飲食店 目黒駅飲食店 新宿飲食店
『新版 固体の電子論』(斯波弘行)の取扱いについて

2011-02-23(Wed) 正しい道はいつも目の前に。ただ進むのを躊躇しているだけ

「更新しない」とかいいつつ、更新している。意志の弱さの表れだと思う。

[]『自分探しと楽しさについて』(森博嗣)

自分探しと楽しさについて (集英社新書)

自分探しと楽しさについて (集英社新書)

最近、転職*1に関して、いろいろ悩むというか、思い巡らすことが多かった。

そんな中で読んだこの一冊。面白かった。

理屈では分かるけど、心の整理がうまく出来ないようなことってある。自分の中にある重み付けの仕方だけだと不安になってしまうから。そういう時は、人と話したり文章を書いたりして、自分が何を大事だと思っているんだろう?って考えたりする。



この本を読んで、私はちょっと安心したのでした。


ちょっと気になったこと。

p.126

生物にとっては、個々の生命よりも、種の存続が優先される。

群選択説っぽい?これは否定されているような気がしたけど。生物学はよく知らないので、私の勘違いかもしれないけど。



また関連して、次のことを思い出した。

「とてもおもしろい本たち」(『リリカの仮綴じ〆』2004-08-24)

http://d.hatena.ne.jp/Ririka/20040824#p1

(←リンク先ないが)

チャールズ・テイラー『〈ほんもの〉という倫理――近代とその不安』 ISBN:4782801408 がおもしろ〜い! 付箋だらけ。承認のニード、主観主義へのすべり坂―2種類の主観化の区別、もっと微妙な言語……考えたい。世の中の、たとえば、自分さがしとかベストセラーのくだらなさに対して斜にかまえて高見に立つのではなく、自意識過剰だとかナルシシズムだとかACとか…、そうした(大衆的)ムーブメントの背後にある、(自己を超えて)〈ほんもの〉〔という理想〕へつながろうとする希求をみとめようとしてみること。考えたい。ポストモダン(の失敗)の可能性(だったもの)についても当然含まれるだろう。

衣食住や医療・教育などが、ある程度満たされた人達は何を望むのかってたまに考える。

『〈ほんもの〉という倫理――近代とその不安』(チャールズ・テイラー)はもう一度読み直したいな。

「ほんもの」という倫理―近代とその不安

「ほんもの」という倫理―近代とその不安

*1:詳細はそのうち。

2011-02-10(Thu) ブランコにのると、なぜ楽く、あるいは心地よく感じるの?

[]Anomalous Spin Dynamics Observed by High-Frequency ESR in Honeycomb Lattice Antiferromagnet InCu2/3V1/3O3

http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/80/023705

共同研究者の方の論文が出たので、特別に更新。もうしばらく潜っている予定です。

【追記 2月16日】

http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/80/023705/

{量子スピン系の若手研究者増えろー ♪ }> o(*´ω`)っ−.。*゜+.*.。 ゜+..。*゜+*'``*:.。..。.:*・゜゜・*〆⊂(´▽`*)ゞ <{古典スピン系の若手研究者増えろー ♬ }(→研究に関係する情報など)