Masashi’s Web Site Memo@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

研究
4年生のための研究生活ガイド〜物性実験編〜(→B4、M1向け)
磁性物理掲示板 3(→東工大物理の田中研の掲示板)spinリスト (Twitter)(スピン系の研究者(?))
ESRの直接遷移 磁気共鳴における線幅
研究以外
Memoの下書き(→本の感想、体重情報等)本の感想リストアニメ感想リスト
[寒剤](→寒剤業務に関わる情報)高圧ガス保安法覚え書き
Togetterおすすめ
◇お奨め漫画 完結(?)連載中
大岡山飲食店 自由が丘飲食店 目黒駅飲食店 新宿飲食店
『新版 固体の電子論』(斯波弘行)の取扱いについて

2011-08-31(Wed) 信仰は、不安を別の形にする程度の役にしか立たないではないですか

[]論文をいろいろ捨てている

印刷物は場所をとるので論文を捨てている。大事なものは電子情報としてとっておく。

ZnCu3(OH)6Cl2の論文がやけにある。

[]問題を解いている 3

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110701/p4

でも書いたけど。

「コンビナート製造事業所間の導管」については問題が出ているなあ。ちゃんと読まないと。

(コンビナート製造事業所間の導管

第十条 コンビナート製造事業所間の導管に係る技術上の基準は、次の各号に掲げるものとする。


一  前条第一号、第四号から第六号まで及び第八号から第十号までの基準に適合すること。

そのまま。前の条文に関わること。



二  導管地盤面上に設置し、又は地盤面下に埋設するときは、その見やすい箇所に高圧ガスの種類、導管に異常を認めたときの連絡先その他必要な事項を明瞭に記載した標識を設けること。

これも常識的。



三  導管には、腐食を防止するための措置を講ずること。

常識的。


四  導管、管継手及びバルブ(以下「導管等」という。)に使用する材料は、ガスの種類、性状、温度、圧力等に応じ、当該設備の材料に及ぼす化学的影響及び物理的影響に対し、安全な化学的成分及び機械的性質を有するものであること。

常識的。

五  導管等の構造は、輸送される高圧ガスの重量、導管等の内圧、導管等及びその付属設備の自重、土圧、水圧、列車荷重自動車荷重、浮力その他の主荷重並びに風荷重、雪荷重、温度変化の影響、振動の影響、地震の影響、投錨による衝撃の影響、波浪及び潮流の影響、設置時における荷重の影響、工事による影響その他の従荷重によつて生じる応力に対して安全なものであること。

これも常識的と言って良いと思う。



六  導管の有害な伸縮が生じるおそれのある箇所には、当該有害な伸縮を吸収する措置を講ずること。

配管の常識だと思う。

七  導管等の接合は、溶接によつて行うこと。ただし、溶接によることが適当でない場合は、保安上必要な強度を有するフランジ接合をもつて代えることができる。

八  前号ただし書の場合においては、当該接合部分の点検を可能とするための措置を講ずること。

九  導管等の溶接は、アーク溶接その他これと同等以上の効果を有する溶接方法によつて行うこと。

溶接に関して。前にも書いたけど、試験に出たことがあるみたい。太字にしたところも大事。



十  導管地盤面下に埋設する場合は、次の基準によること。

地盤面下」に関して。

イ〜チまであるけど省略。



十一  導管を道路下に埋設する場合は、前号(ロからニまでを除く。)の基準によるほか、次の基準によること。

「道路下」に関して。

イ〜リまであるけど省略。


十二  導管を線路敷下に埋設する場合は、第十号(ハ及びニを除く。)の基準によるほか、次の基準によること。

「線路敷下」に関して。

イ〜ハまであるけど省略。


十三  導管を河川に沿つて河川保全区域(河川法第五十四条 に規定する河川保全区域をいう。)内に埋設する場合は、前三号の基準によるほか、堤防法尻又は護岸法肩に対し、河川管理上必要な距離を有すること。

「河川に沿って」に関して。


十四  導管地盤面上に設置する場合は、次の基準によること。

地盤面上」に関して。

イ〜ヘまであるけど省略。

十五  道路を横断して導管を設置する場合は、さや管その他の防護構造物の中に設置すること。ただし、支持条件の急変に対し適切な措置が講じられ、かつ、当該導管に係る工事の実施によつて交通に著しい支障が生じるおそれのない場合は、この限りでない。

十六  道路を横断して導管を設置する場合は、前号の規定によるほか、第十一号(イ及びロを除く。)の規定を準用する。

「道路横断」に関して。


十七  線路敷を横断して導管を埋設する場合は、第十二号(イを除く。)及び第十五号の規定を準用する。

「線路敷横断」に関して。



十八  河川を横断して導管を設置する場合は、橋に設置すること。ただし、橋に設置することが適当でない場合は、河川の下を横断して埋設することができる。

十九  河川又は水路を横断して導管を埋設する場合であつて、塩素、ホスゲン、ふつ素、アクロレイン、亜硫酸ガスシアン水素又は硫化水素に係るものについては二重管とし、その他の毒性ガス及び可燃性ガスに係るものについては、二重管又は防護構造物の中に設置すること。この場合において、当該二重管若しくは防護構造物の浮揚又は船舶の投錨による損傷を防止するための措置を講ずること。

二十  第十八号ただし書の場合にあつては導管の外国と計画河床高(計画河床高の最深河床高より高いときは、最深河床高。以下この号において同じ。)との距離は原則として4.0 m以上、水路を横断して導管を埋設する場合にあつては導管の外面と計画河床高との距離は原則として2.5 m以上、その他の小水路(第八条第三項に規定する水路以外の小水路で、用水路、側溝又はこれらに類するものを除く。)を横断して導管を埋設する場合にあつては導管の外面と計画河床高との距離は原則として1.2 m以上とするほか、護岸その他河川管理施設の既設又は計画中の基礎工に支障を与えず、かつ、河床変動、洗掘、投錨等の影響を受けない深さに埋設すること。

二十一  河川及び水路を横断して導管を設置する場合は、前三号の規定によるほか第十号(ロからニまで及びチを除く。)及び第十四号の規定を準用する。

「河川・水路横断」に関して。

二十二  導管を海底に設置する場合は、次の基準によること。

「海底」に関して。

イ〜ヌまであるけど省略。



二十三  導管を海面上に設置する場合は、次の基準によること。

「海面上」に関して。

イ〜ニまであるけど省略。


二十四  市街地、河川上及び水路上、ずい道(海底にあるものを除く。)上並びに砂質土等の透水性地盤(海底を除く。)中に導管(毒性ガス又は可燃性ガスに係るものに限る。)を設置する場合は、当該導管の設置箇所及び高圧ガスの種類に応じ、漏えいしたガスの拡散を有効に防止するための措置を講ずること。この場合において、経済産業大臣が定める高圧ガスの種類及び圧力並びに導管の周囲の状況に応じて必要な箇所は、導管を二重管としなければならない。

二十五  前号の二重管には、第二十九号に規定するガス漏えい検知警報設備を設置すること。

二重管の使用に関して。

二十六  導管系(導管並びにその導管と一体となつて高圧ガスの輸送の用に供されている圧縮機、ポンプ、バルブ及びこれらの付属設備の総合体をいう。以下同じ。)には、圧縮機、ポンプ及びバルブの作動状況等当該導管系の運転状態を監視する装置を設けること。

二十七  導管系には、圧力又は流量の異常な変動等の異常な事態が発生した場合にその旨を警報する装置を設けること。

二十八  導管系には、高圧ガスの種類、性状及び圧力並びに導管の長さに応じ、次に掲げる制御機能を有する安全制御装置を設けること。

イ 圧力安全装置、次号に規定するガス漏えい検知警報設備、第三十号に規定する緊急遮断装置、第三十二号に規定する感震装置その他の保安のための設備等の制御回路が正常であることが確認されなければ圧縮機又はポンプが作動しない制御機能

ロ 保安上異常な事態が発生した場合に災害の発生を防止するため圧縮機、ポンプ、緊急遮断装置等が自動又は手動により速やかに停止又は閉鎖する制御機能

二十九  可燃性ガス又は経済産業大臣が定める毒性ガスの導管系には、当該ガスの種類及び圧力並びに導管の周囲の状況に応じ、必要な箇所に、ガス漏えい検知警報設備又は漏えい検知口を設けること。

三十  市街地、主要河川、湖沼等を横断する導管(不活性ガスに係るものを除く。)には、経済産業大臣が定めるところにより、緊急遮断装置又はこれと同等以上の効果のある装置を設けること。

監視、警報、安全装置、緊急遮断装置等。




三十一  導管には、相隣接する緊急遮断装置の区間ごとに当該導管内の高圧ガスを移送し、不活性ガス等により置換することができる措置を講ずること。

不活性ガス等による置換について。

三十二  導管の経路には、高圧ガスの種類及び圧力並びに導管の周囲の状況に応じ、必要な箇所に、地盤の震動を的確に検知し、かつ、警報するための感震装置を設けるとともに、地震時における災害を防止するための措置を講ずること。

地震に関して。今年はでるかもね。


三十三  導管系には、必要に応じて保安用接地等を設けること。

三十四  導管系は、保安上必要がある場合には、支持物その他の構造物から絶縁すること。

三十五  導管系には、保安上必要がある場合には、絶縁用継手を挿入すること。

三十六  避雷器の接地箇所に近接して導管を設置する場合は、絶縁のための必要な措置を講ずること。

三十七  導管系には、必要に応じ、落雷による導管への影響を回避するための措置を講ずること。

電気系の事ですね。


三十八  導管系の保安の確保に必要な設備であつて経済産業大臣が定めるものには、停電等により当該設備の機能が失われることのないよう措置を講ずること。

これも常識かも。


三十九  導管の経路には、必要に応じ、巡回監視車、保安のための資機材倉庫等を設けること。

安全のためにけっこう厳しいという印象。

[]問題を解いている 4

物理や化学の素養があったから、学識と保安管理技術はなんとか乗り切ったけど。

法令はそういう素養がないから、やっぱり辛い。ちゃんと勉強しないと。

(連絡方法の通知等)

第十一条  コンビナート製造事業所において高圧ガスの製造を行う者(以下この条において「コンビナート製造者」という。)は、製造を開始する前に、関係事業所(導管又は配管により、当該コンビナート製造事業所に高圧ガスを供給し、又は当該コンビナート製造事業所から高圧ガスの供給を受けるコンビナート製造事業所(以下この条において「関連事業所」という。)及び当該コンビナート製造事業所に隣接するコンビナート製造事業所その他当該コンビナート製造事業所と保安上密接な関係を有するコンビナート製造事業所をいう。)との間における保安に関する事項の連絡系統、連絡担当者その他の連絡の方法を定め、関係事業所に通知しなければならない。これを変更したときも、同様とする。

簡略化すると・・・。


「コンビナート製造者」は、製造を開始する前に、関係事業所との間における保安に関する事項の連絡系統、連絡担当者その他の連絡の方法を定め、関係事業所に通知しなければならない。これを変更したときも、同様とする。

これは、お互いの安全のためという感じかな。

コンビナート製造者
コンビナート製造事業所において高圧ガスの製造を行う者
関連事業所
導管又は配管により、当該コンビナート製造事業所に高圧ガスを供給し、又は当該コンビナート製造事業所から高圧ガスの供給を受けるコンビナート製造事業所



2  関連事業所に係るコンビナート製造者は、当該関連事業所の事務所間及び保安上緊急に連絡をする必要のある作業場間の緊急連絡の用に供する直通電話(保安上特に重要な作業場間にあつては、直通電話及び無線又は有線通信設備)を設置しなければならない。

まあ、連絡をとれるようにしておけということか。



3  コンビナート製造者は、第一号から第六号まで及び第十号に掲げる場合には関係事業所に、第七号から第九号までに掲げる場合には関連事業所に、その旨を連絡しなければならない。この場合において、連絡は、当該連絡をされるべき関係事業所又は関連事業所において保安上必要な措置を講ずることができるよう適切に行うものとする。

何を連絡するかについて。関係事業所と関連事業所で違うのか。


一  当該コンビナート製造事業所において、高圧ガスに係る事故が発生したとき。

二  多量のガスを放出し、又は放出しようとするとき。

三  異常な騒音又は振動を発生し、又は発生させようとするとき。

四  消防訓練その他の事由により、警報器を鳴らし、又は火炎若しくはを発生させようとするとき。

五  隣接するコンビナート製造事業所の境界線から50 m以内において、火気を取り扱おうとするとき。

六  隣接するコンビナート製造事業所の境界線から100 m以内において、大量の火気を取り扱おうとするとき。

七  導管又は配管による関連事業所への高圧ガス(保安用の窒素、スチームその他の流体を含む。以下次号及び第九号において同じ。)の輸送を開始し、又は停止しようとするとき。

八  導管又は配管により関連事業所へ輸送するガスの種類、成分、圧力、流量その他の事項について保安上重要な変更をしようとするとき。

九  関連事業所から導管又は配管により輸送される高圧ガスを使用する製造設備の運転を停止しようとするとき。

十  前各号に掲げる場合のほか、保安上特に連絡を要する事態が発生したとき。

まあ、こういうものだと思うしかないか。


4  コンビナート製造者は、隣接するコンビナート製造事業所の境界線から100 m以内において次の各号に掲げる設備又は施設を設置し、又は撤去したとき(第四号に掲げるベントスタックにあつては、当該ベントスタックからガスを放出する方向を著しく変更したときを含む。)は、遅滞なく、当該設備又は施設の種類及び位置(第四号に掲げるベントスタックにあつては、当該ベントスタックからガスを放出する方向を含む。)を記載した書面を作成し、これを隣接するコンビナート製造事業所に送付しなければならない。ただし、次項の規定により連絡をした設備については、この限りでない。

少し、短くしよう。

4  コンビナート製造者は、隣接するコンビナート製造事業所の境界線から100 m以内において次の各号に掲げる設備又は施設を設置し、又は撤去したときは、遅滞なく、当該設備又は施設の種類及び位置を記載した書面を作成し、これを隣接するコンビナート製造事業所に送付しなければならない。ただし、次項の規定により連絡をした設備については、この限りでない。

設備・施設の設置・撤去をしたら、書面を作って遅滞なく届けると。


一  製造施設(第四号及び第五号に掲げる設備を除く。)

二  危険物消防法 (昭和二十三年法律第百八十六号)第二条第七項 に規定する危険物をいう。以下同じ。)の製造所、貯蔵所又は取扱所

三  毒物及び劇物(毒物及び劇物取締法 (昭和二十五年法律第三百三号)第二条第一項 に規定する毒物及び同条第二項 に規定する劇物をいう。)を貯蔵するタンク

四  ベントスタック、充てん設備その他の可燃性ガス又は毒性ガスを放出し、又は放出するおそれのある設備

五  火気を大量に使用する設備

六  屋外消火栓、貯水槽、貯水池、非常用通用門及び避難場所

七  その他特に保安上通知を要する設備又は施設

まあ、そういうものか。

次は例外に関してかな。あらかじめ、連絡というのが入っているね。

5  コンビナート製造者は、次の表の上欄に掲げる設備をこれに隣接するコンビナート製造事業所の境界線から同表の下欄に掲げる距離以内に設置するとき(大規模な改修をするときを含む。)は、あらかじめ、当該隣接するコンビナート製造事業所に連絡しなければならない。

内容に関しては省略。


6  前項の規定による連絡は、次の各号に掲げる事項について行うものとする。

一  着工及び完成予定期日

二  貯槽及びタンクについては、位置、貯蔵物資の種類、圧力及び最大貯蔵量

三  製造設備については、位置、製造をする高圧ガスの種類及び圧力並びに当該製造設備に係る処理設備の処理能力

四  導管については、経路並びに高圧ガスの種類及び圧力

まあ、そのままか。

7  コンビナート製造者は、その製造施設が危険な状態となつた場合又は製造施設に係る事故が発生した場合において、関係事業所から事故の発生又は拡大の防止のため必要な応援を緊急に受けるための措置を講じておかなければならない。

協力しましょう、ということか。

[]問題を解いている 5


なんかわかんないなーと思っていたら、コンビ則の最初の方を読んでいなかったのが問題だと言う事に気がついた。



適用範囲)

第一条  この規則は、高圧ガス保安法 (昭和二十六年法律第二百四号。以下「法」という。)に基づいて、特定製造事業所における高圧ガス(冷凍保安規則 (昭和四十一年通商産業省令第五十一号)の適用を受ける高圧ガスを除く。以下同じ。)の製造(地盤面に対して移動することができる設備による製造を除く。)に関する保安について規定する。

短くする。

この規則は、高圧ガス保安法に基づいて、特定製造事業所における高圧ガスの製造に関する保安について規定する。

ふむふむ。

(用語の定義)

第二条  この規則において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

中身は一般則と同じようなものも多いので大事な物を。

七  保安物件 第一種保安物件及び第二種保安物件から保安のための宿直施設を除いたもの

二十  製造事業所 処理能力が100 m3(不活性ガス又は空気にあつては、300 m3)以上の処理設備を有する製造設備を使用して高圧ガスの製造をする者の当該製造をする事業所

まずこの言葉が大事だな。

二十一  コンビナート地域 製造事業所が集中して設置され、又は設置されることが予定されている地域であつて、当該地域内の製造事業所において製造をする高圧ガスの容積の合計が著しく大であり、又は大となると見込まれるものとして別表第一に掲げる地域

この言葉も大事だね。


二十二  特定製造事業所 次のイからハまでに掲げる製造事業所

イ コンビナート地域内にある製造事業所(専ら燃料の用に供する目的で高圧ガスの製造をし、又は専ら高圧ガスを容器に充てんするものであつて貯蔵能力が2000 m3又は20 t以上の可燃性ガスの貯槽を設置していないもの及び専ら不活性ガス及び空気の製造をするものを除く。)

ロ 保安用不活性ガス以外のガスの処理能力(不活性ガス及び空気については、その処理能力に四分の一を乗じて得た容積とする。以下この号において同じ。)が100万 m3(貯槽を設置して専ら高圧ガスの充てんを行う場合にあつては、200万 m3)以上の製造事業所

ハ 都市計画法 (昭和四十三年法律第百号)第八条第一項第一号 の規定により定められた用途地域(工業専用地域及び工業地域を除く。)内にある保安用不活性ガス以外のガスの処理能力が50万 m3(貯槽を設置して専ら高圧ガスの充てんを行う場合にあつては、100万 m3)以上の製造事業所

これが大事なんだな。問題を解く前に、どの規則が該当するかわかんないといけないから。ちょっと簡略化する。

イから。

とりあえず、コンビナート地域内にあれば、特定製造事業所。だけど、例外がある。


  • 専ら燃料の用に供する目的で高圧ガスの製造をし、又は専ら高圧ガスを容器に充てんするものであつて貯蔵能力が2000 m3又は20 t以上の可燃性ガスの貯槽を設置していないもの
  • 専ら不活性ガス及び空気の製造をするもの

上記は関係ないわけですね。



ロ。地域に関係ない。

  • 不活性ガス・空気、処理能力400万 m3以上、貯槽があり充填メインなら800万 m3以上
  • それ以外 処理能力100万 m3以上、貯槽があり充填メインなら200万 m3以上

ハ。用途地域内(工業専用地域及び工業地域を除く。)

  • 保安用不活性ガス以外のガスの処理能力が50万 m3(貯槽設置、充てんメイン、100万 m3)以上
  • 活性ガス・空気の処理能力が200万 m3(貯槽設置、充てんメイン、400万 m3)以上

ここらへんは数値を覚えないと仕方がないみたいですね。


二十三  第一種製造者 法第五条第一項 の許可を受けた者

二十四  特定製造者 特定製造事業所において高圧ガスの製造をする第一種製造者

まあ、そういう定義。

[]問題を解いている 6

コンビ則。

第五条  製造施設(製造設備がコールド・エバポレータ、特定液化石油ガススタンド、圧縮天然ガススタンド、液化天然ガススタンド及び特定圧縮水素スタンドであるものを除く。)における法第八条第一号 の経済産業省令で定める技術上の基準は、次の各号に掲げるもののほか、第九条から第十一条までに定めるところによる。ただし、製造設備の冷却の用に供する冷凍設備にあつては、冷凍保安規則 に規定する技術上の基準によることができる。

いつもの技術上の基準ですね。

二十四  塔(反応、分離、精製、蒸留等を行う高圧ガス設備(貯槽を除く。)であつて、当該設備の最高位の正接線から最低位の正接線までの長さが5 m以上のものをいう。)、貯槽(貯蔵能力が300 m3又は3 t以上のものに限る。)及び配管(経済産業大臣が定めるものに限る。)並びにこれらの支持構造物及び基礎(以下「耐震設計構造物」という。)は、耐震設計構造物の設計のための地震動(以下この号において「設計地震動」という。)、設計地震動による耐震設計構造物の耐震上重要な部分に生じる応力等の計算方法(以下この号において「耐震設計構造物の応力等の計算方法」という。)、耐震設計構造物の部材の耐震設計用許容応力その他の経済産業大臣が定める耐震設計の基準により、地震の影響に対して安全な構造とすること。ただし、耐震設計構造物の応力等の計算方法については、経済産業大臣耐震設計上適切であると認めたもの(経済産業大臣がその計算を行うに当たつて十分な能力を有すると認めた者による場合に限る。)によることができる。

一般則でも似たような事があったような。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110622/p6


ちょっと短くしよう。

塔、貯槽及び配管並びにこれらの支持構造物及び基礎は、耐震設計構造物の設計のための地震動、設計地震動による耐震設計構造物の耐震上重要な部分に生じる応力等の計算方法、耐震設計構造物の部材の耐震設計用許容応力その他の経済産業大臣が定める耐震設計の基準により、地震の影響に対して安全な構造とすること。ただし、耐震設計構造物の応力等の計算方法については、経済産業大臣耐震設計上適切であると認めたものによることができる。

「塔、貯槽、配管、これらの支持構造物、基礎」がみんな対象になります。


反応、分離、精製、蒸留等を行う高圧ガス設備(貯槽を除く。)であつて、当該設備の最高位の正接線から最低位の正接線までの長さが5 m以上のもの。
貯槽
貯蔵能力が300 m3又は3 t以上のもの

問題を解く上では、これらの数値も大事かな。ただ、2.9 tの貯槽が出てきて、耐震構造にしなくても良い、という問題が出てくるとは考えにくいけどね。しいて言うなら、「塔、貯槽、配管、これらの支持構造物、基礎」のうち、一つ減らして、「耐震構造にしなくてはいけないのは〜のみである」という嫌らしいタイプの問題は出るかもしれない。

三十三  液化ガスの貯槽には、液面計(酸素又は不活性ガスの超低温貯槽以外の貯槽にあつては、丸形ガラス管液面計以外の液面計に限る。)を設けること。この場合において、ガラス液面計を使用するときは、当該ガラス液面計には、その破損を防止するための措置を講じ、貯槽(可燃性ガス及び毒性ガスのものに限る。)とガラス液面計とを接続する配管には、当該ガラス液面計の破損による漏えいを防止するための措置を講ずること。

ガラスの液面計は普段は使うなと。

一般則にも同様なことが書いてあったような。



六十五  容器置場並びに充てん容器及び残ガス容器(以下「充てん容器等」という。)は、次の基準に適合すること。

ハ 毒性ガスの容器置場(貯蔵設備であるものを除く。)は、その外面から保安物件に対し次の図における容器置場の面積(単位 m2)に対応する距離であつて、じよ限量が100万分の1以下の毒性ガスにあつてはm1、100万分の1を超え100万分の50以下の毒性ガスにあつてはm2、100万分の50を超え100万分の200以下の毒性ガスにあつてはm3によつて表される距離(単位 m)以上の距離を有すること。

容器置き場の面積というのがポイントかな。


第五条の第2項

2  製造施設(製造設備がコールド・エバポレータ、特定液化石油ガススタンド、圧縮天然ガススタンド、液化天然ガススタンド及び特定圧縮水素スタンドであるものを除く。)における法第八条第二号 の経済産業省令で定める技術上の基準は、次の各号に掲げるもののほか、第九条から第十一条までに定めるところによる。

一  高圧ガスの製造は、その発生、分離、精製、反応、混合、加圧、減圧等において次に掲げる基準によることにより保安上支障のない状態で行うこと。

イ 安全弁又は逃し弁に付帯して設けた止め弁は、常に全開しておくこと。ただし、安全弁又は逃し弁の修理又は清掃のため特に必要な場合は、この限りでない。

まあ、普通に考えるとそうかな。



二  高圧ガスの製造は、その充てんにおいて、次に掲げる基準によることにより保安上支障のない状態で行うこと。

イ 貯槽に液化ガスを充てんするときは、当該液化ガスの容量が当該貯槽の常用の温度においてその内容積の90 %(液化石油ガス岩盤貯槽にあつては、液化石油ガスの貯蔵が可能な部分の内容積の97 %)を超えないようにすること。この場合において、毒性ガスの液化ガスの貯槽については、当該90 %を超えることを自動的に検知し、かつ、警報するための措置を講ずること。

けっこう細かく決まっているようだ。自動検知と警報。

六  ガス設備の修理又は清掃(以下この号において「修理等」という。)及びその後の製造は、次に掲げる基準によることにより保安上支障のない状態で行うこと。

修理と清掃の基準。


イ 修理等を行うときは、あらかじめ、修理等の作業計画及び当該作業の責任者を定め、修理等は、当該作業計画に従い、かつ、当該責任者の監視の下に行うこと又は異常があつたときに直ちにその旨を当該責任者に通報するための措置を講じて行うこと。

作業責任者が必要なのだね。

ロ 可燃性ガス、毒性ガス又は酸素のガス設備の修理等を行うときは、危険を防止するための措置を講ずること。

ハ 修理等のため作業員がガス設備を開放し、又はガス設備内に入るときは、危険を防止するための措置を講ずること。

ニ ガス設備を開放して修理等を行うときは、当該ガス設備のうち開放する部分に他の部分からガスが漏えいすることを防止するための措置を講ずること。

ホ 修理等が終了したときは、当該ガス設備が正常に作動することを確認した後でなければ製造を行わないこと。

その他の内容。

[]問題を解いている 7

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110622/p6

十九  高圧ガス設備には、経済産業大臣が定めるところにより、圧力計を設け、かつ、当該設備内の圧力が許容圧力を超えた場合に直ちにその圧力を許容圧力以下に戻すことができる安全装置を設けること。

こういうのは大事なのかな。


二十八  圧縮アセチレンガスを容器に充てんする場所及び第四十二号に規定する当該ガスの充てん容器に係る容器置場には、火災等の原因により容器が破裂することを防止するための措置を講ずること。

二十九  圧縮機と圧縮アセチレンガスを容器に充てんする場所又は第四十二号に規定する当該ガスの充てん容器に係る容器置場との間及び当該ガスを容器に充てんする場所と第四十二号に規定する当該ガスの充てん容器に係る容器置場との間には、それぞれ厚さ12 cm以上の鉄筋コンクリート造り又はこれと同等以上の強度を有する構造の障壁を設けること。

障壁が必要なのか。


問題を解こうとすると、ことごとく忘れている自分に気がつくのでした。

[]高圧ガス製造保安責任者試験 受験対策用

http://athletekato.fc2web.com/03-high-pre-gas/libruary/juken-taisaku/juken-taisaku.html

こういうのを見ると本が欲しくなるんだよな。

2011-08-30(Tue) ある種の秩序が存在する事に安心感を得るみたいな

[]Quantum Spin State and Magnetization Plateaus in an S=1 Kagomé Heisenberg Antiferromagnet

http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/79/093701/

メモ。

[]電子化サービスとか

大学の先生向けに、紙媒体の情報を電子化するサービスというのはありだと思う。

もうあるかもしれないが。

2011-08-29(Mon) 系統的な何かを見出したいという欲望

[]『新クロサギ』(黒丸,夏原武)

新クロサギ 3 (ビッグコミックス)

新クロサギ 3 (ビッグコミックス)

新クロサギ 4 (ビッグコミックス)

新クロサギ 4 (ビッグコミックス)

面白いと思う。

サギは怖いな。

[]雑誌『物性』

「CoCl2・2H2OにおけるZero-Point Spin Reduction 59Co NMR」

http://ci.nii.ac.jp/naid/40018476476

ふむ。やはり、この雑誌のPDFはネットでは取得できないか。

2011-08-28(Sun) 後になって、「あの時私は苦しかったんだな」って気がつくの

[][]Wacom iPad/IPad2/iPhone4対応 描画、ポインティングに最適なタッチペン Bamboo Stylus CS-100/K0

Wacom  Bamboo Stylus CS-100/K0

Wacom Bamboo Stylus CS-100/K0

もう少し使ってみないとわからないけど、悪くはなさそう。


情報の電子化とiPadを用いたいろいろなものの管理は、少しずつ進んでいます。スキャナや裁断機やiPadやその他諸々今年度はお金を使いすぎですね。

今年度の給料は昨年度の給料と比べてだいぶ少ないから、けっこうたいへん。

なんだかんだ言って、私は物を持ち過ぎなんだと思います。特に紙媒体の情報。これらを廃棄したり、電子化したりして身軽になりたいところです。

今持っている物で、今後の人生で必要そうなものと、必要そうではないものが少し分かった気がするというか。必要になったらまた買えばよいよね、って思ったり。

[]THE MAKING

http://sc-smn.jst.go.jp/4/series.asp?i_series_name=THE+MAKING

 私たちの身の回りにある「モノ」たちのできあがる姿をビデオで追った「メーキング・ムービー」。最新の科学技術と伝統の技によって「モノ」たちが作り上げられる過程を映像でつづります。原料から製品に変わっていく驚きの映像をお楽しみください。

めも。

2011-08-26(Fri) わたしは動物なんだなってよく思う

[]ゴミを捨てる日々

毎日少しずつ整理整頓をしている。

コンピュータの中のファイルの整理も少しずつしているけど、なかなかこれはたいへん。

[]『Focus in the Dark 科学写真を撮る』(伊知地国夫)

Focus in the Dark 科学写真を撮る

Focus in the Dark 科学写真を撮る

メモ

[]問題を解いている 1

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110614/p1

にも少し書いたけど、法の第二条では定義がある。


第二条  この法律で「高圧ガス」とは、次の各号のいずれかに該当するものをいう。

以下の圧力はゲージ圧力で書かれている。ちょっと簡略化して書きなおしてみると

一  常用の温度において圧力が1MPa以上となる圧縮ガスであつて現にその圧力が1 MPa以上であるもの又は温度35度において圧力が1 MPa以上となる圧縮ガス(圧縮アセチレンガスを除く。)

二  常用の温度において圧力が0.2 MPa以上となる圧縮アセチレンガスであつて現にその圧力が0.2 MPa以上であるもの又は温度15度において圧力が0.2 MPa以上となる圧縮アセチレンガス

三  常用の温度において圧力が0.2 MPa以上となる液化ガスであつて現にその圧力が0.2 MPa以上であるもの又は圧力が0.2 MPaとなる場合の温度が35度以下である液化ガス

四  前号に掲げるものを除くほか、温度35度において圧力0 Paを超える液化ガスのうち、液化シアン化水素、液化ブロムメチル又はその他の液化ガスであつて、政令で定めるもの

ガスの種類、温度、圧力だけ抜き出してみるとこんな感じ

一:圧縮ガス、35 ℃、1 MPa

二:圧縮アセチレンガス、15 ℃、0.2 MPa

三:液化ガス、35 ℃以下、0.2 MPa

四:液化シアン化水素・液化ブロムメチル・他、35 ℃、0 MPa



第一種ガスにはこんなのがある。

ヘリウム、ネオン、アルゴン、クリプトン、キセノン、ラドン、窒素、二酸化炭素、フルオロカーボン(可燃性のものを除く)、空気

これ以外は、第二種。というわけで、例えば酸素は第二種ガスなんだね。

個人的な感覚だけど、第一種は比較的安全なガス、取扱い上の危険性が低いガスという集まりなんだろうと思っている。


製造の届け出に関する事は

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110614/p2

にも書いたけど、第一種ガスとそれ以外を作っている場合が面倒だな。まあ、覚えようと思えば短期間だけ覚えておけるとは思う。


貯蔵に関する許可・届け出に関しては書きました。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110615/p5

液化ガス10 kgを1 m3扱いするというのは忘れてた。



法の第十四条第1項の変更に関する許可については、下記にメモした。軽微な変更についても。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110615/p2



廃棄に関して。法第二十五条

第二十五条  経済産業省令で定める高圧ガスの廃棄は、廃棄の場所、数量その他廃棄の方法について経済産業省令で定める技術上の基準に従つてしなければならない。

廃棄に関して。実務上、一般則の第六十一条、第六十二条も大事になります。

技術上の基準に従う物は、

可燃性ガス、毒性ガス、酸素、液化石油ガス

の4種類。

液化石油ガスに関しては、液石則の第五十九条を参考。

酸素も捨てるときは気をつけないといけないんだなー、とちょっと思った。

[]問題を解いている 2

移動に関して。

(法)第二十三条  高圧ガスを移動するには、その容器について、経済産業省令で定める保安上必要な措置を講じなければならない。

2  車両により高圧ガスを移動するには、その積載方法及び移動方法について経済産業省令で定める技術上の基準に従つてしなければならない。

いろいろ細かい事は、一般則に

(車両に固定した容器による移動に係る技術上の基準等)

第四十九条  車両に固定した容器(高圧ガスを燃料として使用する車両に固定した燃料装置用容器を除く。)により高圧ガスを移動する場合における法第二十三条第一項 の経済産業省令で定める保安上必要な措置及び同条第二項 の経済産業省令で定める技術上の基準は、次の各号に掲げるものとする。

試験に次の事に関係することが出るみたい。

十七  次に掲げる高圧ガスを移動するときは、甲種化学責任者免状、乙種化学責任者免状、丙種化学責任者免状、甲種機械責任者免状若しくは乙種機械責任者免状の交付を受けている者又は協会が行う高圧ガスの移動についての講習を受け、当該講習の検定に合格した者に当該高圧ガスの移動について監視させること。

イ 圧縮ガスのうち次に掲げるもの(ハに掲げるものを除く。)

(イ) 容積300 m3以上の可燃性ガス及び酸素

(ロ) 容積100 m3以上の毒性ガス

ロ 液化ガスのうち次に掲げるもの(ハに掲げるものを除く。)

(イ) 質量3000 kg以上の可燃性ガス及び酸素

(ロ) 質量1000 kg以上の毒性ガス

ハ 特殊高圧ガス

二十  第十七号に掲げる高圧ガスを移動する者は、次に掲げる措置を講じてすること。

イ 移動するときは、繁華街又は人ごみを避けること。ただし、著しく回り道となる場合その他やむを得ない場合には、この限りでない。

ロ 運搬の経路、交通事情、自然条件その他の条件から判断して次の各号のいずれかに該当して移動する場合は、交替して運転させるため、容器を固定した車両一台について運転者二人を充てること。

(イ) 一の運転者による連続運転時間(一回が連続十分以上で、かつ、合計が三十分以上の運転の中断をすることなく連続して運転する時間をいう。)が、四時間を超える場合(ロ) 一の運転者による運転時間が、一日当たり九時間を超える場合

特定高圧ガスに関しては

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110617/p3

に少し書きました。

特定高圧ガス消費者は、消費に関して届け出が必要。例外無し。


特定変更工事に関しては下記に書きました。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110616/p4


具体的な手続きが必要な物に関して、試験に出ているのかな?という印象が強まったりする。


保安法にこんな記述があります。

(帳簿)

第六十条  第一種製造者、第一種貯蔵所又は第二種貯蔵所の所有者又は占有者、販売業者、容器製造業者及び容器検査所の登録を受けた者は、経済産業省令で定めるところにより、帳簿を備え、高圧ガス若しくは容器の製造、販売若しくは出納又は容器再検査若しくは附属品再検査について、経済産業省令で定める事項を記載し、これを保存しなければならない。

2  指定試験機関、指定完成検査機関、指定輸入検査機関、指定保安検査機関、指定容器検査機関、指定特定設備検査機関、指定設備認定機関及び検査組織等調査機関は、経済産業省令で定めるところにより、帳簿を備え、完成検査、輸入検査、試験事務、保安検査、検査組織等調査、容器検査等、特定設備検査又は指定設備の認定について、経済産業省令で定める事項を記載し、これを保存しなければならない。

まあ、保存しなくてはいけない。一般則に具体的な保存期間が書いてある。

(帳簿)

第九十五条  法第六十条第一項 の規定により、第一種製造者は、事業所ごとに、次の表の上欄に掲げる場合に応じて、それぞれ同表の下欄に掲げる事項を記載した帳簿を備え、同表第一項及び第二項に掲げる場合にあつては記載の日から2年間、同表第三項に掲げる場合にあつては記載の日から10年間保存しなければならない。



(火気等の制限)に関しては書いた。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110621/p2


事故届について。保安法より。

(事故届)

第六十三条  第一種製造者、第二種製造者、販売業者、液化石油ガス法第六条 の液化石油ガス販売事業者、高圧ガスを貯蔵し、又は消費する者、容器製造業者、容器の輸入をした者その他高圧ガス又は容器を取り扱う者は、次に掲げる場合は、遅滞なく、その旨を都道府県知事又は警察官に届け出なければならない。

一  その所有し、又は占有する高圧ガスについて災害が発生したとき。

二  その所有し、又は占有する高圧ガス又は容器を喪失し、又は盗まれたとき。

2  経済産業大臣又は都道府県知事は、前項第一号の場合は、所有者又は占有者に対し、災害発生の日時、場所及び原因、高圧ガスの種類及び数量、被害の程度その他必要な事項につき報告を命ずることができる。

なんかあったら届け出ろと言う事ですね。

容器則の(表示の方式)に関わる十条は下記で少しふれた。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110719/p2

でも大事な事を忘れている。第一項の第二号と第三号に関して。

二  容器の外面に次に掲げる事項を明示するものとする。

イ 充てんすることができる高圧ガスの名称

ロ 充てんすることができる高圧ガスが可燃性ガス及び毒性ガスの場合にあつては、当該高圧ガスの性質を示す文字(可燃性ガスにあつては「燃」、毒性ガスにあつては「毒」)

三  容器の外面に容器の所有者(当該容器の管理業務を委託している場合にあつては容器の所有者又は当該管理業務受託者)の氏名又は名称、住所及び電話番号(以下この条において「氏名等」という。)を告示で定めるところに従つて明示するものとする。ただし、次のイ及びロに掲げる容器にあつてはこの限りでない。

イ 液化石油ガス自動車燃料装置用容器、圧縮天然ガス自動車燃料装置用容器、圧縮水素自動車燃料装置用容器及び液化天然ガス自動車燃料装置用容器であつて、道路運送車両法第五十八条 に定める自動車検査証(以下単に「自動車検査証」という。)に記載されている所有者と容器の所有者が同一であるもの

ロ 高圧ガス運送自動車用容器であつて、自動車検査証に記載されている所有者と容器の所有者が同一であるもの

所有者の名前を書かないといけないんだね。



液石則における第一種設備距離、第二種設備距離に関して。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110624/p2

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110701/p1

貯蔵能力に応じて距離が決まるとかそういうの。

容器置き場の面積と距離が関係ある場合も。



高圧ガス保安法規集と問題集を行ったりきたりしているのだけど。なんというか、けっこう細かいところまで聞いているくるなあ、って印象。まあ、まだまだ試験までは時間があるからね。なんとかなるでしょう。

2011-08-25(Thu) いろいろな人に投資してもらったのに・・・

[][]「ポスドクからポストポスドクへ(<シリーズ>"ポスドク"問題 その12) PD2PPD」 円城塔 Enjoe Toh

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006825822

メモ。

立場が変わってから読むと、また違う味わいがある。

私は溜息を吐いてみた。

[]座談会物理学の明日」

http://ci.nii.ac.jp/naid/110008006927

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jps/jps/butsuri/zadankai0109.html

これは面白い文章だと思うので、読んだことがない人は読んでみると良いと思います。

[]英語の発音

reynolds

http://www.clear-english.com/db/reynolds.html

レイノルズではないんだな。

あえてカタカナ表記するとすれば、レナルズか。

acoustic

http://eow.alc.co.jp/acoustic/UTF-8/

アコースティックより、アクースティックのほうが近い?

laundry

http://eow.alc.co.jp/laundry/UTF-8/

ランドリーよりもローンドゥリーという感じかな。


annihilation

アニヒレーションと読みたくなるけど、アナイアレイションという感じかな。

iはけっこう鬼門かも。

[]Masashi's web siteのStudy

https://sites.google.com/site/fujisawamasashi/home/study

ちょこちょこ暇を見つけては更新中。

自分の研究についての紹介とかも入れたいところですが・・・。

[][]Wacom iPad/IPad2/iPhone4対応 描画、ポインティングに最適なタッチペン Bamboo Stylus CS-100/K0

Wacom  Bamboo Stylus CS-100/K0

Wacom Bamboo Stylus CS-100/K0

注文してます。iAnnotateのためかな。

[]紙媒体の処分

最近[学会誌]タグのを多く投稿していますが。

紙媒体だったものを捨てるためですね。少々未練がある物は、電子情報へのリンクをしてあるという感じです。

[]Aji PDF Service

Aji PDF Serviceというのを使って、iAnnotateにPDFを読み込ませることは出来たんですが。

これ、どういう原理でつながっているのかよくわからないのですが。同じIPアドレスだとつながるのかな?

深く考えないで使い続けそう。

[]iAnnotateで蛍光ペンの線が引けない

iAnnotateで蛍光ペンの線が引けない・・・と思っていたら。

古いPDFだったからでした。

というか、論文スキャンしただけのものだからできないのね。あたりまえじゃないか。

新しめの論文はちゃんとできました。これは面白い。論文を紙で印刷しなくても良い生活までもう少しです。

2011-08-24(Wed) 他人の真似をするのが極端に下手なんだと思う

[]磁場を作る, 磁場を使う−超伝導マグネット開発と応用−(淡路智・渡辺和雄)

http://www.jsap.or.jp/ap/2008/ob7711/p771303.html

メモ。

[]『応用物理』Vol.80 No.3 (2011)

http://www.jsap.or.jp/ap/2011/ob8003/cont8003.html

「社会を変革するセンサ技術」の特集。MEMSなども。

[]『応用物理』Vol.78,No.08 (2009)

「応用物理がかかわる大型研究プロジェクト」

http://www.jsap.or.jp/ap/2009/ob7808/cont7808.html

[]コンピュータ内のファイルの整理

どこに何があるのかわからなくなってきた。

とりあえず、使わないPDFファイルは削除する方向で。

[]『3月のライオン』(羽海野チカ)

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)

5巻は去年の12月頃、6巻は今年の7月頃読んだ気がする。

いじめの話とかがでてきたよ。

[]マンガ液化石油ガス

http://www.stms.co.jp/pdf/manga.pdf

こんなのがあるらしい。買わないけど。


http://www.stms.co.jp/book/test.html

高圧ガス保安法令解説』『イラストで学ぶ高圧ガス保安法入門』『高圧ガス保安法令 攻略のポイント』あたりはちょっと気になるな。たぶんかわないけど。中身をちょっと立ち読みしたい。

[]『応用物理』Vol.79 No.1 (2010)

http://www.jsap.or.jp/ap/2010/ob7901/cont7901.html

超伝導がたくさんあるね。

Erの話が載っているのはこれか。

[]『応用物理』Vol.79 No.8 (2010)

http://www.jsap.or.jp/ap/2010/ob7908/cont7908.html

アカデミック・ロードマップ」というのが載っていて面白いかも。

[]「ブレークスルーイノベーション理論

―メモリーデバイス産業は「ムーア以後」にどう立ち向かうか?」山口栄一

http://www.jsap.or.jp/ap/2010/ob7912/p791077.html

図1はどこかで見たことがあるな。

2011-08-23(Tue) 皮肉や揶揄が示す価値観とか、そーいうの

[]えれめんトランプ

えれめんトランプ

えれめんトランプ

よくできていると思う。

甥にあげちゃったので、手元にはない。

[]『科学的とはどういう意味か』(森博嗣)

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

小説とかで、作中の人物が言っていたような事がいろいろ書いてあったりしますね。

もっと踏み込んだことも書いて欲しいとも思いますが、一般向けなのでこれくらいが良いのだと思います。

楽しめました。

[]『刻刻』(堀尾省太)

刻刻(1) (モーニング KC)

刻刻(1) (モーニング KC)

刻刻(2) (モーニング KC)

刻刻(2) (モーニング KC)

刻刻(3) (モーニング KC)

刻刻(3) (モーニング KC)

刻刻(4) (モーニング KC)

刻刻(4) (モーニング KC)

なかなか面白い。

『電夢時空』(高山和雅) ISBN:9784063195965 を思い出した。

[]Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック

http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=941b3470-3ae9-4aee-8f43-c6bb74cd1466

簡単な説明

Microsoft Office 2007 の Word 、Excel、および PowerPoint で導入され、Office 2010 でも引き続き同様のアプリケーションで採用されている Open XML ファイル形式の文書、ブック、およびプレゼンテーションを開いたり、編集、保存を行うことができます。

FileFormatConverters.exeというのをDLして実行する必要がある。

[]23年度国家試験 インターネット申し込み

http://www.khk.or.jp/denshi/shiken/internet_goannai.htm

インターネット申請期間 : 平成23年8月22日〜9月2日(午後5時まで)

忘れないようにしないといけないな。

[][]業務上のメモだったはずの何か 2011年6-7月

  • 7月31日 さー、研究するぞーと思ったのだけど、ごろごろしてた。散髪したり、部屋の掃除をしたり。
  • 7月30日 歯医者がやっと終わった。T先生とdioptaseについて議論。私がすごい勘違いをしていることが分かった。夕方は友達のうちに友達と遊びにいって、ごちそうになった。いろいろ面白い話が聞けた。
  • 7月29日 こっそり〜をしたりする。
  • 7月28日 ヘリウム液化、供給。Oリングの新しいやつがきた。わーい。あとデジタルノギスも手に入れた。
  • 7月27日 ヘリウム液化。
  • 7月26日 歯医者に行ってきた。
  • 7月25日 ヘリウム液化、供給。
  • 7月24日 お休み。何をしていたんだっけ?
  • 7月23日 お休み。何をしていたんだっけ?
  • 7月22日 あんまり記憶にない。
  • 7月21日 ヘリウム液化。供給。
  • 7月20日 記憶にない。
  • 7月19日 記憶にない。
  • 7月18日 ヘリウム液化、供給。
  • 7月17日 お休み
  • 7月16日 お休み
  • 7月15日 お掃除、整理整頓。実験棟の熱交換機の修理をしていたらしい。某所からアブストラクトが送られてきたのでコメントを入れる。
  • 7月14日 液化。ヘリウム供給。ゴミをたくさん捨てる。
  • 7月13日 液化。
  • 7月12日 某研究室のベッセルの真空引き云々。
  • 7月11日 液化、供給。
  • 7月10日 自室の掃除とかした。部屋が水没した(誇張表現)。
  • 7月9日 歯医者。買い物したり。渋谷まで行ってきたよ。
  • 7月8日 職場の掃除。
  • 7月7日 ヘリウム液化、供給。なんか体調が悪かった。あう。
  • 7月6日 返納品の回収。いろいろあった。
  • 7月5日 O先生と議論。ヘリウムの純ガスカードルが来た。
  • 7月4日 ヘリウム供給と液化。
  • 7月3日 お休み。
  • 7月2日 歯医者
  • 7月1日 なんかあったかな。
  • 6月30日 ヘリウム液化。ヘリウム供給。
  • 6月29日 ヘリウム液化。
  • 6月28日 無線LAN親機を買ってくる。ネット環境がだいぶ整ってきた。
  • 6月27日 ヘリウム供給。液化。無線LANが使えそうな事がわかる。
  • 6月26日 今村君の結婚式の二次会?田中研究室のOB・OGにたくさんあえて懐かしかった。
  • 6月25日 歯医者。買い物したり。電気屋さんが来たり。
  • 6月24日 冷蔵庫の霜取り。すごかった。あと返納品の整理。夕方、F大の院生のNくんとI君といっしょにご飯。
  • 6月23日 ヘリウム液化、汲み込み。
  • 6月22日 勉強とかしてたかな?
  • 6月21日 勉強とかしてたかな?歯医者もいったかも。
  • 6月20日 液化及びヘリウム供給。歯の治療が終わったら、眼科に行ってみよう。
  • 6月19日 買い物したり。
  • 6月18日 歯医者に行った。元指導教官の人にいろいろ相談にのってもらう。スキャナと裁断機が届いた♪
  • 6月17日 なんか雑用をしていたら、いつの間にか時間が過ぎていた。そんな日。
  • 6月16日 液化、ヘリウム供給。
  • 6月15日 お勉強してます。ゴミ捨ての相談したり。
  • 6月14日 お勉強してます。高圧ガス保安法の法令について。
  • 6月13日 液化・ヘリウム供給業務
  • 6月12日 高圧ガスの検定試験受けてきた
  • 6月11日 試験勉強したり
  • 6月10日 試験勉強したり。純ガスカードル云々。
  • 6月9日 液化、ヘリウム供給。
  • 6月8日 お勉強
  • 6月7日 お勉強。
  • 6月6日 ヘリウム液化。ヘリウム汲み出し。
  • 6月5日 ぐーたらすごしました。
  • 6月4日 ミネラル補充してきた。(→鉱物を買ってきた)
  • 6月3日 小池酸素の人が来て、中圧ガスドライヤの点検。どこが駄目だかがわかりました。
  • 6月2日 ヘリウム汲み込み。今日は数が少なかったのでだいぶ楽。ヘリウムの液化。純ガス運転は効率よいな〜。カードルの接続は、晴れている日がいいねー。
  • 6月1日 ヘリウムガスカードルが来たので、それの接続をしたりするよ。お勉強してました。圧縮機の性能を限界まで使っているわけではないらしい。その分、長い間持つと思われる。

[]図書館

附属図書館(大岡山旧館)が取り壊しになるらしい。

思い出の場所がまたなくなるのだな。まあ、別にいいけど。

[]試料と資料をよく間違える

飼料と間違えると恥ずかしいです。

2011-08-22(Mon) あなたに言っているんじゃなくて、自分自身に言っている

[]帰省してました

先週火曜日から、昨日の日曜日まで帰省していました。

もろもろのメールにはこれから対応しますので、いましばらくお待ち下さい。

(勤め先で盗難事件が多発しているらしく、あんまり予定とかは書かない方が良いかな、と思ったり。今後どうするかわかりませんけど。)

[]論文のタイトル

駄洒落というか、韻を踏むのがあったりする。

それとか、有名な文章をちょっともじったりするとかもあるね。一部改変というか。


今日見つけたのは、「Silicon in silico」だったり。

私の研究していたことと関係ありそうなネタとしては、

「To Condense or Not to Condense」

http://www.sciencemag.org/content/298/5594/760.short

とか。

[]研究とか

研究関係の情報が入っているノートパソコンを持ってくるのを忘れたので、話が進められない。

・・・まあ、いいか。明日でも。

2011-08-15(Mon) 化粧や服で外見を装うように、内面も装います

[]日本でサイエンスイラストレータの育成

http://twitter.com/#!/sendaitribune/status/96851663545044992

@sendaitribune Noriko Osumi

今ちょっと気になって呼んでいるCell誌の論文、しばらく前から要旨にさらにGraphical Abstractが付くようになってるのだけど、日本でサイエンスイラストレータの育成が早急に望まれるなぁと改めて思った。研究組織における常勤職も。 http://ow.ly/5QaRa

メモ。

常勤職か。なかなか難しそう。大学、研究所内では難しいかも。

外注って事になるのかな。

[]「女子中高生 夏の学校 2011 〜科学・技術者のたまごたちへ〜」を共催します

http://committees.jsce.or.jp/education03/natsugaku2011

こんなのがあるらしい。

[][][]桃とモッツアレラのサラダ

http://turehana.exblog.jp/8595378/

「桃とモッツアレラのサラダ」

1)適当に切った桃と、手でちぎったモッツアレラを皿に盛る

2)オリーブオイル白ワインビネガー、レモンの皮、塩、こしょうをふる。

桃に、酸っぱい物と油っぽい物とクリーミーなもの、塩胡椒を併せるのか。

なんか、すごい美味しそう。

2011-08-14(Sun) 真似されてナンボ、って言われたが…

[]お買い物とかしてた

渋谷でお買い物とかしてた。歩き回ると疲れるな。

2011-08-13(Sat) 深い意味はないんですからね♪

[]『新クロサギ ―戦慄の詐欺サスペンス』(黒丸, 夏原武)

新クロサギ 1 (ビッグコミックス)

新クロサギ 1 (ビッグコミックス)

新クロサギ 2 (ビッグコミックス)

新クロサギ 2 (ビッグコミックス)

世の中みんなサギばかりー♪

面白いです。続きも購入する予定。


闇金ウシジマくん』(真鍋昌平)とかは、スタイリッシュだとは思うけど、見ていてつらくなるというか、なんか苦手なんですよね。あれは5巻くらいまでは読んだような気がしますが。


私には騙されないで生きていくって無理な気がします。どこまで騙されるのを許容するか、という感じかな。

2011-08-12(Fri) 何が本質であるかを見抜く直感みたいな?

[]身辺整理?

物理学会の講演概要集第3分冊(領域3、8)の2001年秋〜2010年春を廃棄することに決めました。誰か欲しい人がいたら譲ります。あと、同時期の大会プログラムも廃棄する予定。

重要な内容の多くはネット上で見ることができるし、これらのものをほしがる人はいないとは思いますが。

一応8月末までは取っておく予定です。

2011-08-11(Thu) 無邪気さを装いつつ、本質を突くみたいな

[]「児玉演説があきらかにした「100mSv以下は大丈夫」の欺瞞」(『赤の女王とお茶を』2011-08-08)

http://d.hatena.ne.jp/sivad/20110808/p1

メモ。

[][]「英語の壁を諦めてから拓ける道もある」(『生駒日記』8月7日)

http://d.hatena.ne.jp/mamoruk/20110807/p1

メモ。

2011-08-10(Wed) もし、数学科が核武装をしたらどうなるか?

[]「冷感パッド」(『プラグマティックな化学』2011年7月31日)

http://blogs.yahoo.co.jp/up6926/archive/2011/07/31

硫酸ナトリウム十水塩か。

[]もし、数学科が核武装をしたらどうなるか?

当初は、もっと不謹慎なタイトルであったが自粛した(←珍しいな)。

「武力を持たない数学科なんて・・・」なども良かったかもしれない。

ちなみに、数学科にするか哲学科にするか、ちょっと迷った。

2011-08-09(Tue) 研究費を取ってくるのが忙しい、研究費を取得すると誉められる

[]新説・桃太郎(西川正美)

http://twitter.com/#!/aki_room/status/100597043856293888

経由で下記URL

http://www.ipmu.jp/webfm_send/482

爆笑しました。

これからは、物理をネタにしたお笑い演劇だよ!

(既にあるかもしれませんが)

2011-08-08(Mon) 研究の技術というのはどのように身につくのか?

[]量子多体系のエンタングルメントとくりこみ群

http://www.yukawa.kyoto-u.ac.jp/contents/seminar/detail.php?SNUM=51231

メモ。こういうのがあるのか。

[]優先順位問題とかを考えてる

  • けんかしなくていい人達がけんかしているのは見ていて忍びないな。
  • 「この部分は同意できる。この部分は同意できない」
  • 同意できない部分を議論して、どうして同意できないかを把握することに努力するという方向もある。でも、同意できない部分はとりあえずおいておいて、他の事をするという選択肢もある。
  • 問題を放置しておくと、酷い問題に変化することもあるし、問題が消失することもある。
  • 結果として、みんなの利益になると良いと思うけど。
  • 相手がどうでもいいと思っていることで議論なんて出来ない。
  • ある種の信頼関係みたいなものがあるから議論は成立する。(相手は同じ言語を使って、日常生活を送ることが出来ている、等。もっと高度なものもあるけど)
  • 価値観の違いを明確にすることは議論をするうえで大事。
  • 議論はお互いのためにするもの。
  • 交渉と議論とは同じものではない。
  • 議論をしてもらうために、交渉する必要があることがある。
  • 価値観に基づいて、リソース配分を決める。
  • お互いに議論する価値がある、と考えたときに議論が成立する。一方が価値がないと考えれば議論はできない。
  • 議論を望む側は、相手にたいして何らかの譲歩が必要になる場合がある。例えば、お金を払うから議論に付き合って下さい、とか。
  • 近しい研究分野を研究する研究者同士では、議論することは基本的に互いの利益になる。相手が間違っているということを主張する場合においても。
  • 議論することは、基本的には科学の発展に寄与する。

[]磁気単位換算表

宮台朝直, 『固体物理』Vol.26(1991)No.7 p.40

メモ。

[]『スピカ 羽海野チカ初期短編集』(羽海野チカ)

スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)

スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)

可愛い子や、可愛い小物がたくさん出てくる。

でも、主題はなんか重いところがある。


「自分の力で生きていく」とかがテーマかも。


「よりよく生きていきたい気持ち」と「目の前にある現実」とのギャップによる葛藤。


『はちみつとクローバー』や『3月のライオン』とかも、恋愛パートがけっこう多いようにも思う。

しかし、この人の作品は、働くこととか生きていくこととかが主眼な気がする。

不安に抗って、努力していくところとか。

先が見えない中で、這いつくばってでも生きていこうとするところとか。

恋愛要素というのは、目的というより、生きていくための手段に過ぎないとも思える。

この、「よりよく生きたい」という気持ちは、何に由来するのか?って考えたりする。

『〈ほんもの〉という倫理―近代とその不安』(チャールズテイラー)を読み直したいな、って思ったり。

関連して下記も。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110223/p1




『はちみつとクローバー』を最後まで読んだときに思ったことの1つとして、

「怖い」

というのがあった。


「一途さ」とか「強い情熱」とか。

「囚われて逃げられない状況」とか。

「創作に関わる渇望」とか。


「恋愛」パートも、面白いのかもしれない。

でも、それだけじゃない。

2011-08-07(Sun) 問題を解こうとすると、自分の無理解がよくわかる

[]あやしい放射能対策 片瀬久美子

http://synodos.livedoor.biz/archives/1796844.html

これだけ調べるのはなかなかたいへんだと思う。

こっちも。

「デマのできかたと不安につけ込む業者たち 片瀬久美子」

http://synodos.livedoor.biz/archives/1795169.html

2011-08-06(Sat) 線型代数は大事だな〜(遠い目)

[]「都知事、核保有の模擬実験は可能 「3カ月でできる」」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011080501001085.html

知事は、日本の防衛政策に関連し「日本は強力な軍事国家にならなかったら絶対に存在感を失う」と主張。「スーパーコンピューターを駆使した原爆シミュレーションなんかすぐできる。(日本は)やったらいい」と指摘した。

まあ、部分だけ取り出すとへんな事を言っているように見えることもありますが。

「日本が強力な軍事国家になるべき」と思う都民はきわめて少ないと思う。「日本が強力な軍事国家になるべき」と思う日本国民もきわめて少ないと思う。

なんで、都民はこういう人を選ぶかな。

まあ、私も都民だけど。

[]『デイドリームネイション 1』(kashmir)

デイドリームネイション 1 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)

デイドリームネイション 1 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)

p.40

「気 、気のせいだよ。日常を一瞬だけ切り取ると、特殊な光景に見えることってあるよね」

これだ!

2011-08-05(Fri) 写真を撮るときに笑顔を作る理由は?

[]「「いい話」のマーケット・ストラテジー」(『Chromeplated Rat』2011/02/23)

http://schutsengel.blog.so-net.ne.jp/2011-02-23#more

メモ。

[]「潜入! クリスタルの洞窟」

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00867/v00204/v1000000000000000913/

K大のOさんに教えてもらいました。

最初CMが入っていますが、それは待ってあげましょう。

なんかすごそうな動画です。

[]「重い電子系の物理(第43回物性若手夏の学校(1998年度),講義ノート)」(大貫惇睦)

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006410444

[]「PDF が読める iPad アプリ 10個を比較してみたよ」

http://d.hatena.ne.jp/inouetakuya/20100915/1284512803

iAnnotate for iPadはあると良いかも。

下記も参考。

iPadPDFファイルに注釈をつけることができる「iAnnotate for iPad」がとても良い感じ。」

http://linker.in/journal/2010/06/ipadpdfiannotate-for-ipad.php

「iAnnotate PDF 注釈【使い方無限!/iPadおすすめアプリ042】」

http://ameblo.jp/hesatake/entry-10557907139.html

[]「Dropbox徹底解剖 - 一度使ったら手放せなくなる! オンラインストレージサービスの本命」

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/11/13/4371

メモ。便利だよな。iPadを購入した際に導入した。

しかし、セキュリティ面で本当に大丈夫かって言われるとちょっと怖いかな。というか、ミスで情報をオープンにしてしまう可能性もある。限定的に使うべきかも。

[]科研費の研究成果報告書

「磁場が誘起する磁性体の新量子現象」

http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/13130101/2005/3/ja


「磁場が誘起する磁性体の新量子現象」(課題番号13130101)の研究成果報告書を私は持っている。

こういう研究成果報告書って閲覧したいときにどこへ行けば見ることが出来るんだろう?文科省とか国会図書館に行けば見ることができるのかな?

2011-08-04(Thu) 馬が人参と鞭を選ぶ自由

[]生命科学の明日はどっちだ?第3回 コンドルは飛んでいる、メンデルは跳んでいる!

http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/labs/skondo/saibokogaku/mendel.html

これは面白い。

[]「福島で暮らすということ〜小児科医として思うこと」(『ひまわりの種』2011/06/11)

http://blog.goo.ne.jp/yi78042/e/0753e643211a4a1cf841e6a482333847

メモ。面白い。

[]科学者の社会的責任とか

  • 優先順位問題。棲み分け問題とか、リソース配分問題とか言い直しても良い。
  • これについて、ぼんやりと自分の中で思っていることはあるんだけど、それをそろそろ文章化した方がよいかな?って思い始めた。
  • これまでもちょこちょこ書いたり情報を集めたりはしていたんだけど、ちょっとまとめた方が良いかなって思った。
  • これから少しずつ考えていくと思う。
  • どこかで書いたかもしれないけど、「科学者の社会的責任」という言葉にはちょっと抵抗があるんだよね。
  • 「科学者の社会的責任」は、「給料をもらっている分だけ仕事をする」くらいだと思う。
  • 「科学の素養を持った市民としての責任」という言葉だと受け入れられるかもしれない。
  • 「科学素養を活かした、社会への貢献の仕方」とかいう言葉だと受け入れやすいかもしれない。
  • 例えば、1日24時間のうち、自分や近しい人が生きるために23時間くらいは使わないといけないかもしれない。
  • 残りの1時間は何に使っても良いとしよう。遊びにつかっても良いし、だらだらしても良いし、勉強をしても、仕事をしても良い。そして、社会貢献をしても良い。
  • 科学者は科学の素養を持っていることを強みに、社会貢献をすることができる。科学素養をあまり持っていない人だって、持っていない人なりに社会貢献をすることができる。
  • 「科学者の社会的責任」と言われると、科学者だったらかならずしなきゃだめって感じがしてしまう。科学的素養を持っていない人は何もしないで良いように聞こえてしまう。
  • 科学素養を持っている人も持っていない人も社会に貢献するという前提があるなら良いんだけど。一方的に科学者には責任があるって言われても困る。
  • みんな社会貢献はするけど、科学素養を持っている人は、できれば科学素養を活かした貢献の仕方をして欲しいな、っていう感じなら良いかな。
  • 科学素養を持った人が、必ずしも科学素養を活かした貢献をしなくたっていいし。
  • でも科学素養を持っていない人には、科学素養を使った貢献はできない。科学を学び、科学素養をつけることはできると思うので、身につけた後で貢献することはできる。
  • 人は何に動機付けされるのか?というのは興味がある。
  • それは大学という研究教育機関に何年もいたからという理由もあるだろう。
  • 父母が教育・研究に関わる仕事をしていたというのも関係あるかもしれない。
  • 自分ががんばれるときとがんばれないときとの違いは何かな?って思ったりする。
  • 目的とか。長いスパンの目的、短いスパンの目的とかあるね。
  • 危機感に由来する動機。快楽に由来する動機。動機はいろいろなものに由来する。価値観とも関係が深い。
  • 「自分が力を入れたい」と思う事じゃないと、人は動けないのではないだろうか?
  • お金、権力、暴力を使って人を動かすことができるというのはある。でも、それらを使わないで人を動かす方法は何だろうか?っていつも考える。
  • 知的好奇心とか面白いとかそういうのも大事だとは思う。
  • 社会の維持存続・発展のために社会全体としてリソースをつぎ込まないと行けないことはある。
  • 社会における優先順位問題は、予算で決まる。国会の重要な役割は、法律を作ることと予算を作ること。ほかにもいくつかあるけど。
  • 予算がついて、業務として、科学者がやるべき事というのはある。

2011-08-03(Wed) デスクワークの時は裸足にサンダルです

[]「銭とベクレル(あるいは「みそさんが来た」)」(『油断するなここは戦場だ』野尻美保子)

http://nojirimiho.exblog.jp/14180940/

いろいろ面白いです。

[]デーモン・コア

http://twitter.com/fluor_doublet/status/98359667088035840

@fluor_doublet 山猫 だぶ (安定剤不含)

ファインマンと言ったら、ロスアラモスのデーモン・コア(何人もの科学者の命を奪ったプルトニウムの塊)。オレも触ってみたかった。 http://t.co/Ie3M95H

初めてきいた。こんなのがあったのか。

【追記1】

上記リンク先(Wikipedia)の記述読むと怖いです。人間が直接いじらないで、ロボットにやらせたいよ。

【追記2】

ファインマンのエッセイにロスアラモスでの核爆弾の開発について書いてあった記憶はある。でもデーモン・コアについても書いてあったのかな?

【参考】

『ご冗談でしょう、ファインマンさん―ノーベル賞物理学者の自伝〈1〉』 (翻訳:大貫昌子)

[]アクセス解析をすることにしようかな

今までは、このMemoにおいてはアクセス解析はしていなかったんですが、これからはするかもしれません。

アクセス解析したからって、それを見るかどうかは分からないんですけど。


アクセスしているかどうかを知られたくない人もいると思うんですよね。そういう人もいると思うんですが、ばれない方法もいろいろあるわけで、気になる人はそういう手段をとればいいのです。

すぐに始めるというわけではないですが、そのうちいつの間にかしていると思います。

・・・


ネットサーフィンすると、どのような情報がウェブサイトの持ち主に伝わるかをある程度は知っていた方が良い気がします。えっと、私もよく知らないんですけどね。

[]『MASTERキートン 1 完全版』

MASTERキートン 1 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

MASTERキートン 1 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

浦沢直樹作品はいくつか読んだけど、これが一番好きだな。高校生〜大学生の頃、愛読していました。

この漫画のどこかに出てくるおじいさんの絵が、なんかの写真集に出ていたお爺さんとそっくりだったことがあった気がする。ウイグル地方の写真だったかな?うろ覚え。

[]『HAL―Hyper Academic Laboratory』(あさりよしとお)

新装版 HAL―Hyper Academic Laboratory (ガムコミックスプラス)

新装版 HAL―Hyper Academic Laboratory (ガムコミックスプラス)

確か臨界についても載っていたはずだ。

ギャグにしてはいるけど、結構挑戦的な事を書いていたとも見て取れるな。

『ラジヲマン』(あさりよしとお)

ラジヲマン

ラジヲマン

も発売しているのかな?買わねば。

[]偉くならないで研究を続ける方法はないかなあ

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20091031

偉くならないで研究を続ける方法はないかなあ

ある意味、私は望みを叶えたわけだな。

「偉くならない」というのは「組織の中で高い地位につかない」という意味合いです。

2011-08-02(Tue) 「ぐうたらしたい」と思わなくなるのは死んだとき

[]ポロシャツ(polo shirt, Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84

元々は、ポロ競技を行う際に着用されていたシャツだったが、1930年代にテニスの試合で着用するプレイヤーが増え始め、一般にも普及したといわれている。

そうなんだー。

そもそも、どういうのをポロシャツというのか、さっきまで私は知りませんでしたよ。ポロシャツ着ないし。


というか、私はボタンのついた服が嫌いなんですよね。(←強調してみた)


ついでに、こっちもリンク。みんなこういうスポーツ知ってるの?常識ですかねえ。

「ポロ」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AD

これからも、自分の無教養をさらけ出していきたいです。

でも、自分が知らないって事に気がつくためには勉強しないといけないんですよね。


【追記】

  • 何故、ボタンが付いている服が嫌いなんだ?
  • 着替えが面倒。私は常人より不器用で短気である。
  • ボタンがとれた時に、縫うのが面倒。私は常人より不器用で短気である。
  • なんとなく。なんとなく嫌いだ。
  • 窮屈な気がする。気持ちの問題だけど。
  • 慣れればいいんだけどね。昔に比べ、今は嫌悪感を感じない。
  • 別に他人が着ている物まで嫌だとかそういうことはない。
  • 眼鏡を外さなくても着ることができる、などの利点もきちんと見積もらないといけない気がする。
  • 服を汚してはいけない、というのに凄い抵抗があるなー。
  • 小学生やそれ以前の頃の、どろんこ遊びをしていた頃のメンタリティーで生きているような気がする。かっこいい服を着たいって思わないな。
  • 洗濯が楽というのは重要な基準だ。汚れても、汚れが目立たないのも大事。
  • くすんだ色のTシャツをよく着ている理由はたぶんそれだな。白は黄ばみが目立つし、黒は埃が目立つしなー。
  • 漂白剤とか使えば良いのかな。でも、環境負荷をかける気がして(←冗談です)。

[]JPSJのインパクトファクター

「JPhysSocJpn」

http://d.hatena.ne.jp/mkuwa/20110801

で、2.9なんぞという3を目前としたIFをたたき出してしまった動揺もそろそろ落ち着いてきました。

Letterだけをみると4を超えているんですけどね。

そうなのか。

[]気がつくとか学ぶとか癒えるとか

「良い気づき」とか「良い学び」とか「癒し」とか言う言葉に対する違和感を大切にしていきたいです。

[]第40回化合物新磁性材料研究会 「化合物磁性研究に有用な中性子と放射光実験の現状」

http://www.newmag.info/40/nm40.htm

めも。

[]東京工業大学総合安全管理センター

http://www.gsmc.titech.ac.jp/haikibutu/haikibutu.html

ゴミの出し方とかそういうの。

[]勉強してない

高圧ガスの法令の勉強をしていないなー。でも、いろいろやることがあってな。

2011-08-01(Mon) 拭い去ることができない欠損感

[]マリアージュ フレール

http://www.mariagefreres.co.jp/


前回、プレゼント用に買ったわけですが。( http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20110627/p2 )

今回、ある人に飲ませてもらう機会がありました。


・・・美味しい。何これ。

こーゆーの飲んじゃうと、安物紅茶が飲めなくなるよー。

[]『統計力学入門―愚問からのアプローチ』(高橋康)

統計力学入門―愚問からのアプローチ

統計力学入門―愚問からのアプローチ

メモ。

{量子スピン系の若手研究者増えろー ♪ }> o(*´ω`)っ−.。*゜+.*.。 ゜+..。*゜+*'``*:.。..。.:*・゜゜・*〆⊂(´▽`*)ゞ <{古典スピン系の若手研究者増えろー ♬ }(→研究に関係する情報など)