Masashi’s Web Site Memo@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

研究
4年生のための研究生活ガイド〜物性実験編〜(→B4、M1向け)
磁性物理掲示板 3(→東工大物理の田中研の掲示板)spinリスト (Twitter)(スピン系の研究者(?))
ESRの直接遷移 磁気共鳴における線幅
研究以外
Memoの下書き(→本の感想、体重情報等)本の感想リストアニメ感想リスト
[寒剤](→寒剤業務に関わる情報)高圧ガス保安法覚え書き
Togetterおすすめ
◇お奨め漫画 完結(?)連載中
大岡山飲食店 自由が丘飲食店 目黒駅飲食店 新宿飲食店
『新版 固体の電子論』(斯波弘行)の取扱いについて

2012-03-08(Thu) わたしがどれだけあなたを好きか、伝わらなくても良いのです

[]伝えたいこと Ver. 2 "sincerity to science" その3

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20120307/p1 の続き。

あたしはみかんを剥きながら、部屋を見渡す。


この部屋は、北側が扉、南側に窓、東西には窓や扉等はなくただの壁。東側は本棚で埋め尽くされている。数学、物理、化学生物学、・・・いろいろな本が並んでいる。この人の専門はなんだろう?まだあんまり把握できていない。「過去に起こった現象を数理的に解析する」のが、あたしの現在の理解。数値シュミレーションはしているようだけど、具体的な物を使った実験は基本的にしない。正確に言うと、先生や先輩達は遊びでいろいろ変な実験をしているけど、それを学会で発表したり論文にしたりはしていないようだ。


そういえば「遊びで研究するのが一番健全だよ」と先生が以前言っていた。


「恋人のためのとか、家族のためとか、社会のためとか、国のためとか、経済発展のため、地球環境のため、人類のためとか、就職のためとか、健康のためとか、復讐のためのとか、神さまのためとか、お金のためとか、地位・名誉のためとか、(略)、そういう理由で研究するより、遊びで研究するのが一番良いよ」という主張だ。


動機が強烈である故に、頑張ることができる場合もある。たしかにそういうのも大事。でも、その目的のために目が曇ってしまう時がある。「成果を必ず出さなくてはいけない」事が、視野を狭めることもあるとか。「そういうので、駄目になってしまった研究者を何人も知っている」ということらしい。


ただ、先生が具体例としてあげた科学者達は、十分に有名で実績もあるように思えた。先生は、一般的な価値基準ではないところで人を判断しているのかもしれない。選択と集中が時に大事なことはある。でも、その「選択」はどういう基準でなされるものなんだろうか?


遊びでやっていたものを、周りが崇め奉り、本人も勘違いして自分は凄い研究者だと思い込んでしまう場合もあるらしい。そして堕落する。「遊びを遊びとして極めていけばもっとすばらしい成果になっただろうに」と。いらないものを意識してしまうと、人間はうまく行動ができなくなることがあるとか。


その後、トップダウン型の研究費配分についての毎度の愚痴が始まったのであたしは聞き流した。

「その4」http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20120309/p1 に続く

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20120308/p1
{量子スピン系の若手研究者増えろー ♪ }> o(*´ω`)っ−.。*゜+.*.。 ゜+..。*゜+*'``*:.。..。.:*・゜゜・*〆⊂(´▽`*)ゞ <{古典スピン系の若手研究者増えろー ♬ }(→研究に関係する情報など)