Masashi’s Web Site Memo@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

研究
4年生のための研究生活ガイド〜物性実験編〜(→B4、M1向け)
磁性物理掲示板 3(→東工大物理の田中研の掲示板)spinリスト (Twitter)(スピン系の研究者(?))
ESRの直接遷移 磁気共鳴における線幅
研究以外
Memoの下書き(→本の感想、体重情報等)本の感想リストアニメ感想リスト
[寒剤](→寒剤業務に関わる情報)高圧ガス保安法覚え書き
Togetterおすすめ
◇お奨め漫画 完結(?)連載中
大岡山飲食店 自由が丘飲食店 目黒駅飲食店 新宿飲食店
『新版 固体の電子論』(斯波弘行)の取扱いについて

2013-05-31(Fri) 人を苦しめる絆もある

[]凄い楽しいことがあるかも

でも、楽しいことをするためには時間が必要。

仕事をぱっぱとやって、そのための時間を作らなくちゃ。

[]ねじ(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AD%E3%81%98

管用テーパねじ

テーパおねじとテーパまたは平行めねじの組み合わせで使用され、気密性を必要とする管の接続に使われる。ねじ山の角度55度のインチ三角ねじで、テーパの傾きは16分の1である。最初にイギリスで規格化され、その後はJISにも導入されて日本でも広く使われている管用ねじである。その後ISOにより国際標準化された。ISOではテーパおねじ、テーパめねじ、平行めねじをそれぞれ接頭記号「R」「Rc」「Rp」で識別するが、…


「テーパおねじとテーパまたは平行めねじの組み合わせで使用」か。


R:テーパおねじ、

Rc:テーパめねじ、

Rp:平行めねじ


藤澤さんはこういう基礎知識からないから困る。

[][]名簿の廃棄

大量にたまった教員名簿を捨てようと思ったんだけど、個人情報が入っているから迂闊には捨てられない。

いろいろな人に聞いた結果、人事課(事務局1号館2階)に引き取ってもらえることがわかった。


捨てて、だいぶすっきりした、と思ったら、また名簿が発掘される。まあそんなもんだよね。捨て方は分かったわけで、そんなに煩わしくはない。

f:id:sib1977:20130531133945j:image

[]整理整頓とか掃除とか

  • どう考えても使わないものがいろいろあるので捨てたいのだけど、簡単には捨てられない物がけっこうある。
  • いろいろ掃除してたら、備品貸し出し記録なるものが発掘される。加藤さんとか高津さんとかどっかで聞いた事がある名前が書いてあるぞ。
  • 整理整頓プロジェクトは、けっこう前からやっているんだけど、すぐに中断されてしまう。
  • 何かを捨てるためには、いろいろ考えなくてはいけない。本当に必要ないと断言できるか?とか。あと代替の物を準備してから捨てるとか。

[]勉強しなくちゃいけないことは多い

普通に働くためだけに、勉強しなくちゃいけないことは多い。

それもあんまり面白くないのが。

[]在室表

本館にある技術企画室の在室表。

工大祭(東工大学祭)のマスコットキャラのテックちゃんの絵があった。

誰の趣味だろう・・・。

【参考】 

マスコットキャラクター - 工大祭2013公式サイト」

http://koudaisai.jp/mascot/

[]2階のこと

噂では聞いていたけど。助教の金子さんが上にいた。上の部屋はますます大所帯になった感じ。

・・・

O先生は、学科や専攻関係の事務処理が最近は大変そう。あと、学生も多いしいろいろ忙しいみたい。

せめて、下の部屋でトラブルを起こさないように注意しましょう。

[]ネットワークカメラ再設定

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20130327/p1

続き。

なんだかんだあって、取り外してしまったら、ずっと使ってなかった。

やっと再設定。

一応備忘→

  • パスワード忘れた。
  • 電源を入れて、ハードウェアリセットボタンを押す。工場出荷時の情報に戻す。
  • まず、有線でつなぐ。接続ソフトを使って接続。ユーザー名やパスワード入れたり。
  • 接続確認できたら、無線でつなぐ設定。暗号化はTKIP。IPアドレスは固定で。
  • 無線で接続確認ができたら、実際の設置場所で電源接続。
  • 場所的に無線が弱いかも。置く場所は考えないといけない。

屋外用の設定はまだやっていない。いつになることか・・・。

[]バックアップ用パソコンが壊れた?

正常に起動しません。

困ったね。

現在、自動修復を試みてますが、どうなるかな?


メインが壊れると嫌だなぁ。徴候はないけど・・・。

【追記】

一応、起動した。

でも、鈍いなぁ。いや、前から鈍かったんだけど。まあ、サブマシンだしいいか。SSD換装するのは面倒だし。

[]ヘリウム事情

思った以上にヘリウムの注文が無いんですが・・・。

何か情報がうまく伝わっていないとか?

[]回収しないユーザー対策

液体ヘリウムトランスファー中に回収してくれないグループがある。

そもそも回収するという発想がないみたい。

そういうのは仕方がないと思う事にした。

で、うまく回収する案を提案しようとは思っている。

そのために、いろいろ準備中。

[]「ノルウェーから学べること」(『大隅典子の仙台通信』2013年 05月 30日)

http://nosumi.exblog.jp/18878598/

いちばん心に残ったメッセージは以下です。

これは、昨年2012年の国際女性会議においてノルウェー元首相の講演の中にもありました。

男女共同参画は、第一に人権であり、第二に民主主義であり、第三にただの常識なのです。

面白い。

[]Quantum Spin Liquids 2013

http://www.democritos.it/qsl2013/

サマースクールがあるらしい。

2013-05-30(Thu) 恥ずかしがってたら、負けなのかなぁ

[]Adobe Reader 11 XI 自動更新、右側のツールが邪魔、右上ツールを押せば消える(ツールバーの非表示)

http://plaza.rakuten.co.jp/affiliate119/diary/201305160000/

めも

[]実験例

実験例が増えてくると、この理論についてもう少し勉強しないといけないな〜などと思う。

[]『パリティ 2013年4月号』

「角度依存シュタルクサイクロトロン共鳴とその応用」(鴻池貴子)という記事が載っていた。

[][]スウェージロック継手の締め付け

http://www.klchem.co.jp/blog/2011/10/post_1581.php

最近、締め付け作業を行うなど。液体ヘリウム汲むのが便利になりました。

・・・まあ、前の状態が変だったという説もある。

2013-05-29(Wed) 自称クールジャパン。滑ったときの、寒いに近い

[]ヘリウム事情

ヘリウムカードル来た。雨が降る前につないでおいた方が良いな〜。

液体ヘリウムもいくらか。学内にもすこしずつヘリウムが流通しつつあるし、6月中の供給は大丈夫だろう。

[]組織改革

組織改革は必要だとは思うのだけど。

いきなり大がかりに全部変更しようと思うと大変だと思うのです。


局所的に試してみて、問題点を洗い出して、修正して、という試行錯誤のプロセスを経るのが大事ではないかと。


小さな領域で成功したら、少し拡大して、中領域で。中領域でもうまくいくようなら大領域で。


あと、それぞれもともとの性質や前提条件が違うんだからさ。一律に同じようなことをしろと言われても難しいと思うのだけど。


・・・まあいいか。

[][]大学の改革

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20130528/p4 の続き?

  • 大学の改革とかもした方が良いとは思う。
  • 教育システムをこうしたいという理想みたいなのは、否定するつもりはない。
  • でも、まず、大学教員のいろいろな事務負担を減らすことを考えたらどうかな。
  • そのためには、人をたくさん雇わなくちゃいけないと思うんだけど。
  • 0.01 mg 単位まで測る事ができる性能の良い秤で、100 g単位の肉を測って売るのは馬鹿らしい。
  • 人材の活用の仕方が圧倒的にへたくそなんじゃないだろうか。

  • 組織の仕組みはそんなに簡単には変わらないし、変えるのは難しい。
  • でも、ある方向性をもって、変えていこうと思わないといけないのではないだろうか。
  • 大学の先生達も、なまじいろいろできてしまうから・・・。

  • 事務処理と「研究・教育」のある程度の分離は必要かなぁ。


  • 私がこういうこと考えていてもあんまり意味はない気がするが。
  • もし、意見を聞かれたときには、ちゃんと意見が言えたら良いとは思う。

  • よくわからないけど、事務処理には権力が付随するみたい。
  • ある種の許認可が関わるからかな。
  • 流通やマスメディアにも権力が付随する。

  • 大学って、いろいろ効率が悪いなぁ、って日々思うのでした。

[][][]大学教員の仕事遷移図

https://twitter.com/seiji_hotta/status/339328882324959233

大学教員の仕事遷移図.この中を行ったり来たり(一部省略)


図がたいへん面白い。

[][]クールジャパン

クールジャパンとか自称すると恥ずかしい」

「自称クールジャパン。滑ったときの、寒いに近い」


日々のタイトルは少々過激にすることがありますが。

そのまま本心というわけではありません。


問題は内実なのです。言葉に内実がともなっていれば恥ずかしくないと思います。

控えめすぎるのも逆に問題です。

内実に対応する適切な主張をするのは、とても大事な事だと思います。


http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20101007/p2

「これが俺たちの提案する価値だ」「どうだ凄いだろう?」みたいなんでいいじゃん。

というか、それだけじゃ駄目なんだけど、そういう要素も必要なの。


http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20120405/p1

学術上は、有名雑誌に論文が載ろうが、マイナー雑誌に論文が載ろうが等価である。大事なのは、その論文の質だ。

論文誌によって、論文にある種のインパクトがないと載せてくれないところもある。このようにハードルが高い所に載っている物は、良い研究である率が高いだろう。ハードルが低い所に載っている物は、良い研究である率が小さいだろう。でもハードルが低い雑誌に、とても良い研究が載っている事もある。ハードルが高い雑誌に、わけわからん研究が載っている事もある。有名な雑誌に載っていることは、それはそれで凄いこと。でも、価値基準をそれに影響されすぎては駄目。自分の価値基準をきっちり持つことが大事。でも、みんなが正しいと思う事を無視していいわけではない。みんなが良いというものには、それなりの理由があるのだから。べたな言葉を使えば緊張関係が大事だと言う事か。

目の前にある自分の研究題材と自分との関係から生じる価値観。遠くにいる人達の総体から想定できる価値観。自分の目の前だけを見ていても、間違う。遠くの価値観だけを真似しても、自分の目の前にある問題には適用できない。

[][]「量子スピン鎖におけるESRへの新しいアプローチ」(前田義高、堺和光、押川正毅、Ian Affleck)


磁場が誘起する磁性体の新量子現象」

http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/13130101/2005/3/ja

の報告書に載っていた。

*1

この種の報告書って、どこに行けば閲覧できるんだろう?

文科省とか国立国会図書館とか?



【追記】国立国会図書館サーチ内で検索した。

磁場が誘起する磁性体の新量子現象の総括』(田中秀数, 東京工業大学)

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008343825-00

おー。あった!

[]国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/

量子スピンとか、低次元磁性体とかで検索するといろいろひっかかるな。

普段使うgoogle検索とは違って濃い感じのが引っかかって良い。


・・・

なんだか禁断の扉を開けてしまった気がしてならない。


「利用時間・休館日」

http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/time.html

土曜日も使えるんですね。



・・・


都市部に、特に東京(あるいはその周辺)に住んでいることのメリットははかりしれない。いくらネットが発達したとはいえ、まだまだ過渡期だし。

[](2,3-dmpyH)_2CuBr_4

スピンラダー化合物(2,3-dmpyH)_2CuBr_4の磁性(21pGJ 量子スピン系(一次元系),領域3(磁性,磁気共鳴))

http://ci.nii.ac.jp/naid/110007655156

低次元磁性体(2,3-dmpyH)_2CuBr_4の強磁場ESR(25pPSA 領域3ポスターセッション,領域3(磁性,磁気共鳴))

http://ci.nii.ac.jp/naid/110008098098

めも。

[]Magnetic-field induced multiferroicity in a quantum critical frustrated spin liquid

http://arxiv.org/abs/1203.3127

スルホン!

えっと。こんなの出てたんですか。

*1:目次は次のURLにあります。http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20120215/p1

2013-05-28(Tue) クールジャパンとか自称すると恥ずかしい

[]『電子スピンサイエンス

  • 通号17
    • 「日本のESR の歴史:物理学系」(太田) 4ページ
  • 通号16
    • 「マイクロカンチレバーを用いた新しい高周波・高磁場電子スピン共鳴法の開発」(大道、平野、水野、太田) 6ページの記事。
  • 通号15
    • 「ESR で見る一次元量子スピン系KCuGaF6 の磁場中素励起」(梅垣) 6ページ
  • 通号14
    • 磁気共鳴手段を中心とした低次元磁性体の多角的研究」(網代) 9ページ。
    • 「強磁場多周波 ESR による三角格子磁性体NiGa2S4 におけるトポロジカル転移の観測」(山口) 2ページ。
  • 通号13
    • カンチレバーを用いた多周波数・高分解能ESR 装置の開発」(大道、水野、平野、太田) 6ページ。
    • 「スピン定量法」(ブルカー・バイオスピン株式会社) 1ページ。
    • 「ICM 2009 に参加して」(藤澤) 3ページ。私が書いた記事。懐かしい。基本的に、はてなにおいてある記事は自分のためのメモだけど、上記は人に読ませるために書いたものですから、ちょっと感じが違う。
  • 通号12
    • 「第四回日本学術振興会賞 受賞報告」(押川) 2ページ。受賞内容についてと参考文献とか。
    • オランダ国際学会報告」(大久保) 2ページ。懐かしい。LT(International Conference on Low Temperature Physics)の会議。このときは、神戸大学の大久保さんと岡山大学神戸さんと一緒の宿に泊まっていた。記事中にも書いてあるけど、1ユーロ=177円くらいだったんですよね。経済的にきつかった。
  • 通号10
    • 「60テスラパルスマグネットを用いた強磁場ESR 装置による低次元磁性体BaCo2V2O8の研究」(木村尚次郎、萩原政幸) 6ページ。
    • 「多重極限高周波ESR の開発とスピン凝縮系の研究」(太田) 10ページ。最後の集合写真に私も入ってますね。
  • 通号8
    • 「電子スピン共鳴(ESR)法を用いた素材の構造と揺らぎに関する研究」(山内淳) 10ページ。低次元スピン系の話も出てくる。
    • 「擬一次元強磁性体Cu2Cl4・H8C4SO2 の強磁場ESR 測定」(藤澤、太田、田中) 2ページ。なんか賞をもらったから書いたんじゃないかな。
  • 通号7
    • 「1次元で観えた多重マグノン核磁気緩和過程」(山本) 8ページ
    • 「高出力遠赤外光の発生と様々な利用を目指して」(出原) 7ページ
  • 通号6
    • 「低温の1次元量子磁性体およびそのESR の新理論展開」(押川) 7ページ
    • カンチレバーを用いた高感度パルス強磁場ESR」(太田、木俣、大道、長田) 6ページ
    • 「有限Haldane 鎖のエネルギー微細構造及びその鎖長依存性の強磁場ESR による直接観測」(吉田、太田) 2ページ
  • 通号5
    • 「多重極限ESRによるスピンギャップ系の研究」(櫻井、太田、上床) 6ページ
    • 「繰り返しパルス磁場によるESR」(野尻) 6ページ
    • 「パルス強磁場ESRにおけるマイクロカンチレバーを用いた超高感度検出法の開発」(木俣、太田、大道、長田)
  • 通号4
    • 「サブミリ波ESRの開発とそれを用いた磁性体の研究」(本河) 7ページ
    • ベクトルネットワークアナライザーを使ったESR測定」(萩原) 6ページ
  • 通号3
    • 「ジャイロトロンを用いたESR測定」(光藤) 7ページ
    • 網代先生+定年退官=現役復帰?」(浅野、菊池) 2ページ。引用「その記念講演では、冒頭から独特の網代ワールドに引き込まれました。先ずOHPによって写し出されたものは、何と自転車ペダルを懸命に漕ぐロードレース選手の姿でした。」←網代先生も自転車に乗る人!
  • 通号2
    • 酸素分子の強磁場ESR」(木村、金道) 7ページ
    • 中性子はなぜ磁気モーメントを持つか?」(太田) 3ページ

私の興味に近いものは、だいたいこんなもんかな。

時間があるときに

「references 2 -解説記事-」

https://sites.google.com/site/fujisawamasashi/home/study/references2

に反映させましょう。

[]極低温物性研究センターだより

ウェブに載せることを考えてはいるんですが、まだ手を付けていません。

[]液化機の仕様書

大岡山キャンパスのヘリウム液化機の仕様書を読んでいる。

こういう仕様書を作るのって、たいへんなんだろうなぁって思ったり。

[][]教育再生実行会議 >提言

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html

「これからの大学教育等の在り方について」(第三次提言)(平成25年5月28日)というのが出ている。

実装のために、どれだけお金をかけるのかが気になるなぁ。

あと、計画の評価システムも気になる。


「東工大の教育改革案に関する「全学説明会」」の動画を前見たんだけど。

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20130522/p8

国のトップの提言を考慮して、お金が下りてくるような改革案を大学が出す感じなのかな。

なんだか難しい。

[]論文へのアクセス

気軽に電子ジャーナルにアクセスできるのは、本当にすばらしい。

[]文献追加

磁気共鳴における線幅」

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20091123/p16

にいくつか文献を追加しました。

2013-05-27(Mon) 適材適所の難しさ

[]『電子スピンサイエンス』通号20

http://www.sest.gr.jp/bulletin.html

会員しか読めないですけど。

p.50

「国際会議RHMF2012の報告」(下川、太田)

下川さん、こういうの書いてたのか。中国武漢で行われたらしい。

Wuhan National High Magnetic Field Center (WHMFC)という、中国最大のパルス教示場施設があるらしい。


p.53

「磁性の国際会議(ICM2012)」(大道、太田)

大道さんも書いているのか。さりげなく、私が昔に書いた参加報告が引用されている。


p.72の

「APES2012(8th Asia-Pacific EPR/ESR symposium)の報告」(中村敏和)に、こんな記述が。

次回は,2014年に,神戸大の太田先生を実行議長として日本・奈良で開催される予定である。

大変そうである。

p.81

SEST 会員異動

知り合いの人が異動してた。

[]『電子スピンサイエンス』通号19

「永田一清先生を偲んで」(田中秀数)という記事が載っている。

[][]『電子スピンサイエンス』通号19

最近気が付いたんですが、神戸大学の櫻井敬博さんが編集後記を書いていた。

神戸大学のヘリウム液化機の不調原因と対策についてかかれており、なかなか面白い。

(まあ、おおよそのところは直接聞いてはいたんですけど)


通号18号の方にも話が載っていて、併せて読むことをお勧めします。

[]「S=5/2 カゴメ格子ハイゼンベルグ型反強磁性体KFe3(OH)6(SO4)2の強磁場ESR」(藤田崇仁、萩原政幸)

『電子スピンサイエンス』通号19のp.30-p.31に記事が載っている。

2013-05-24(Fri) 大切なのは、時間。それも仕事に集中できるやる気に満ちた時間

[][][]ジオガシ旅行団

http://geogashi.com/

鉱物や地形に模したお菓子が出ている。このセンスは面白い。

[]「ラピュタには何故自爆コマンドが用意されているのか: 不倒城」

http://mubou.seesaa.net/article/210212206.html

めも。

[]メール整理中

明日明後日はあんまり時間がなさそうなので、今日できることをいろいろやっつけなくちゃいけない。

[]篠崎・櫻井研ホームページ

http://www.sim.ceram.titech.ac.jp/process/welcomej.html

めも。

あと、安田研究室*1がヘリウム使わないことになったみたいなので、ウェブを修正*2する必要がある。

[]Research(田中研)

http://www.lee.phys.titech.ac.jp/research.html

測定装置(MPMSとかPPMSとか)の写真とスペックとかも入れると良いかもしれない。

1.8K以下での磁化測定や、希釈冷凍機温度での比熱等の測定ができることはオープンにしておくのは悪くないと思う。

[]リンク集:極低温物性研究センター(東京工業大学)

http://www.rcltp.titech.ac.jp/link/index.html

  • こんなのを作った理由。特に、「学内寒剤ユーザー」のリンクを作ったのは、学内で誰かに相談したいときの手助けになるんじゃないかと思ったから。
  • ヘリウムユーザーの使用量と回収率とかもオープンにしたらなかなか面白いと思うけど、流石にそういうことはできないですね。研究室のプライバシーみたいなものでもあるし。
  • あと、数値って一人歩きしやすいから、あんまり出したくないという理由もある。適切な解釈を伴わない数値データというのはなかなか恐ろしいのです。

[]田中研究室(東京工業大学 大学院理工学研究科 応用化学専攻)

http://www.apc.titech.ac.jp/~ttakahas/index.html

  • 高橋・田中研究室だったのが、田中研究室になった。
  • http://www.rcltp.titech.ac.jp/link/index.html ←リンクを修正しないとなぁ。こういうのの維持というかメンテは案外面倒である。
  • 物理にも田中研がいるのでちょっとややこしくなったり。
  • 極低温物性研究センターの教授(藤澤利正 先生)と技術職員の私(藤澤真士)との方がよっぽどややこしい。郵便や荷物等でいろいろ誤配送があるのでした。
  • 液体窒素の登録も修正しなくちゃなぁ・・・。

[]ヘリウム回収率アップとか

  • いくつかの研究室は、NMR装置等にヘリウムを入れるときに、普通にヘリウムガスを大気放出しているんですよね。
  • 回収配管は大気圧より高め(負圧ではなく正圧。10 mmH2Oくらいだったかな?)なので、ヘリウムトランスファー時には(略)。
  • 「風船等を貸すから、そちらに溜めて下さい」って言っても、「ガスが出てくる場所の配管の径が、風船の挿入口の径と違うからできない」とかよくわかんないことを言ってくるのです。そんなの径を変えるのを作るなり、どっかの業者に注文して作らせれば良いでしょ?
  • と、まあ愚痴を言っても世の中はなかなか変わらないので、こちらで案を出すことが大事かな、と思う事にした。
  • 自分で作るか、市販している配管を買うか、特注するか。
  • いろいろ考えたり部品をそろえたりするのもリソースを食うわけです。ヘリウム使用量が少ないユーザーにあんまり負担をかけない配慮はしても良いかもしれませんね。

  • 「フェアネス(公正)」「経済性」「効率性」に対する私の歪んだ欲望はたいへんやっかいである。

[]バックアップ

データの定期バックアップは大事。

簡単で安全な方法はないかな?って調べ中。

[]よくわからんメモ

昔書いたmemo。これを書いた頃よりかは進展していたはずだが、記憶が消えかけているなあ。

  • 飽和磁場の値が半分になったりしても不思議じゃないよ!
  • 直線で外挿すると200Tくらいになるのに、1Dのあれで比較すると100Tくらいになるな。まあ、当然と言えば当然だが。AFMRを考える時ってどうすればいいんだろう?
  • T_N以下の秩序した状況でも、量子ゆらぎの影響があるのかなあ。あんまり考えたくない。
  • 昨年度の強磁場磁化過程を測ってもらったときに、もう一つの方向を測ってもらわなかったのが悔やまれる。けっこうな手がかりになったはずなのに。
  • 例の物質。1次元モデルではないけど、数値計算をした例もあった。モデル的には3次元。でも、飽和磁場付近の急激な立ち上がりとか、低次元っぽいとも言える。
  • 磁場のデータを某先生に見せたら、この高磁場部分は傾きが増大している、という感じの指摘を受けたような気がする。
  • 磁場磁化のデータというのは、補正とかも入るからいろいろ難しいところがあるな、ってサンプルを測ってもらいに行ったときに思った。明示的な相転移等はわかるけど。絶対値等は注意深く扱う必要がある。
  • 交換相互作用磁場を半分にしてAFMRの解析を行ってみる?
  • AFMRのデータを解析する時には、低磁場部の磁化過程の実験データを使いたい。でも、出てきたパラメータって結局何なの?って話になるんだよね。
  • 磁場部の磁化過程を使うと、交換相互作用を大きく見積もることになって、磁化率の温度変化を考える上で、具合が悪い
  • 「磁化過程(低磁場部)とAFMRだけ考えて、とりあえずのパラメータを出す。他人の磁化率のシミュレーション結果との整合性なんて考えなくても良い」というふうには指摘されるかな。
  • 私としては、磁化率の方も射程にして、交換相互作用を合わせていきたい。しかし、曖昧性はある。〜の数値計算結果というサポートはあるが。そして、問題は、AFMRを解析する際に、〜をしても良いかと言う事なんだよね。
  • 磁化率や磁化過程のようなマクロ視点で見ると、スピンが実効的に縮んでいるように見えるというか見なすというのはある。
  • 動的測定と静的測定とで何か違うことがあるのかな?って疑問。これは専門家に聞いてみるのが良いかな。
  • わかんないことばっかりだけど、相談するネタはできた。相手に私の疑問点を理解してもらえるように簡単にまとめたら、相談しにいこう。

[]グローバルなんちゃら

グローバルリーダーとかグローバル人材とか。教育でそういうのを育てたい人達がいるらしい。

こういう人達は、身近にいる学生達と、毎日どれだけの時間向き合っているのだろうか。

[]作業記録

  • 仕事の効率化をしたいので、日々の仕事の記録をとることにして1ヶ月くらいたった。
  • なんだか思ったよりいろいろなことをしている。
  • いろいろ新しい事をしたいと思ってはいるけど、なかなか進まないのも仕方がないな〜と思ったり。
  • ばらばらになっていたto do リストを1カ所に集めたら、すごいたくさんあった。
  • 昔に比べて忙しいのは、ヘリウムが足りないからという側面が凄い大きい。早いところ定常状態にならないかな。

  • 個々人の善意に頼らない仕組みをどうすれば構築できるのか?とかを考えることがある。

  • 来年度の供給体制はどうなるのだろうか。今の非常勤の人は継続は、年齢的に無理だろう。
  • 技術部の別のセンターから派遣される可能性はある。また、まったく新しい人を雇う可能性もある。
  • 新しい人が来た場合の対策は必要。良い人が来てくれれば、問題はあまり無いかもしれないけど。「予め決められたことしかできない人」が来る可能性だってある。仕事に対する価値観が凄い違う人と一緒に仕事をする可能性もある。
  • そういうさいに、「普通はこうです」というのを出せると、無駄なコンフリクトを避けることができるかもしれない。
  • 今いろいろごちゃごちゃしていることは、来年度以降のための布石という側面が強かったりする。
  • 基準を作成するのは労力がかかること。

  • 私は、仕事と遊びとが区別していないことがある。一人で仕事をする分には問題ないけど、チームで仕事をするときは気をつけないといけない。

[]監視カメラ

液体窒素を汲む場所の近くに監視カメラをおこうと思っている。

このプロジェクトも進んでいない。

考える人と、実行する人が一緒だと、物事が進むのが遅くなると言うのはあるかなぁ。

[]ヘリウム事情

思ったより注文が無いな。だんだん余裕ができつつある。

来週には、液体ヘリウム換算で(秘密) L入ることになっているし、制限を緩くすることも可能になるかもしれない。

[]交渉時は、出す情報の制限をするでしょ?

ブレインストーミングするために言葉を使う場合。

交渉のために言葉を使う場合。


交渉という側面が強い状況なのに、思いつきをダラダラ垂れ流す人とかいるね。

[][]液体ヘリウム容器

研究室によって使いやすい容器が異なる。

申請時にそういうのを言ってくれると良いんだけど。

学生の人とかは認識していないことがあるみたい。

・・・まあ、だから、こちらでそういうのも把握しておくべきなのかなぁって思ったのでした。

記録しておけばよいだけなんだけど。

[]ヘリウムリークディテクター

4月末頃、某研究室に貸し出していたのが帰ってきた。

でも、フィルタかなんだかをメンテする必要があるらしい。

業者に問い合わせるにしても、どこで調べればいいんだろうか。

あと、いくらくらいかかるのかな。

2013-05-22(Wed) 自己責任という言葉は自分の心にしまっておいて

[]「橋下徹氏(日本維新の会大阪市長)の一連の発言に対する異議声明文」(国際基督教大学ジェンダー研究センター、2013年5月21日)

http://web.icu.ac.jp/cgs/2013/05/20130521.html

 CGS(国際基督教大学 ジェンダー研究センター)は、橋下徹氏(「日本維新の会」共同代表、大阪市長)の「従軍慰安婦」と沖縄の性産業をめぐる一連の発言(5月13日以降)、およびそれを擁護する政界の他の発言に対し、すべての人間、とりわけ近隣諸国沖縄の女性の尊厳を貶めるものとして、強い異議を唱えます。

めも。


橋本氏は論点をずらしていく人だから、きちんと反論するのはたいへんというか面倒だよな〜とは思う。

でも、あーいう人を支持する人もたくさんいるわけであって、なかなか辛い世の中だ。

[]『別冊化学 ケミストを魅了した元素周期表~よりマニアックな楽しみ方~ 2013年 05月号 [雑誌] 』

めも

[][]{インチ単位滅びろー}> o(*´ω`)っ−.。*゚+.*.。 ゚+..。*゚+*'``*:.。..。.:*・゜゚・*

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20130427/p1

ボルトとナットがついており、これを締めることによりヘッド部分を固定&シールしている。ボルトのねじ山が駄目になったため、どっかの研究室がボルトを切断してしまったのでした。

新しいバンドが届いた。


で、思ったことなんだけど。


前のバンドのボルトが駄目になった理由は、異なる規格のナットをねじ込んだからなんじゃないかな。ミリ規格じゃなくて、インチ規格の。無理矢理ナットをはめてしまい、それでナットが外せなくなった。


低温部品はけっこうインチ規格があって憂鬱。

スパナ等は可変のを使えば良いとしても、ボルト&ナットはそろえるしかないですよね。

[]六角ナット1種(鉄/ユニクローム) インチサイズ

http://www.monotaro.com/g/00010502/

[]無駄を減らすために?

東工大の中に、公費ですぐ購入可能な備品・消耗品ショップがあればいいのに。ストックルームでもいいし。

検収所を作るよりも、よっぽど研究促進に役立つんでは?

(←比較が変だけど、気にしないで下さい)

[]「日本の標準時「2時間早く」 都知事が提案、政府検討へ」(朝日新聞デジタル 2013年05月22日)

http://www.asahi.com/business/update/0522/TKY201305220005.html

こういうのもそうだし、サマータイムとかもそう。安易に提案する人は信用できない。

「標準時」を動かすんじゃなくて、勤務時間帯だけ動かせばいいでしょ。

「9時〜17時」→「7時〜15時」とかさ。

「標準時」はすごいいろいろなことに関係があるんだから、それを変化させるとコストが大変だよ。

絶対トラブルの原因になる。

[][]東工大の教育改革案に関する「全学説明会」

学内限定。要パスワード

動画を見てる。


・・・


  • 標準化は大事かな。それって、駄目な人に単位をあげない、ということかな。または、駄目な人をケアすると言うことにつながるのだろうか。
  • しかし、なかなか大がかりである。何年計画で行うのかな。大変そうだ。
  • 技術部の立ち位置はどんな感じなのかな。
  • 東工大クラスの大きな大学の改革を行うのはなかなかたいへんだな〜と思う。
  • なんかいろいろ面白いです。なんだかいろいろ難しい問題があるんだな。
  • 多様な学部学科専攻があるなかで、どうやって標準化するのかな。なかなか難しい。
  • 面白いのだけど。現在の教員の(教育研究以外の)負担を減らす方法も考えて欲しいな。ある種の雑務を行う人を人を雇うのは大事だと思う。
  • 語学力&コミュニケーション力を強化するためにどうすればいいのかな。具体的な方法は?
  • 新しい事をしようとすること。新しい価値を見つけようとすることは大事。でも、そのためには余裕が必要。身軽になることが大事じゃないかな。
  • 聞いていると、いろいろ触発されます。この動画は期間限定公開らしいんですけど、ちょっともったいないですね。DL不可だし。
  • 目的設定は良い気もするんだけど。詳細な方法に関しては?とか、リソースの問題とかが気になるなぁ。
  • 修士課程や博士課程やポスドクの意見も聞くと良いんじゃないかな。
  • 新しいことをするにはリソースが必要。無駄を減らすような努力は大事かな。例えば、大学教員が入試試験監督をしているけど、それってマンパワーの無駄遣いじゃないの? 教員を研究・教育に特化させるためには、どうすればいいのかな?

[]教育について

http://www.yoono.org/NW/pvi.html

「お客様は常に正しい」 というのが商売の秘訣なら,教育は商売であってはならない.

教育学は(アメリカでは)何を教えるかよりもいかに教えるかにはるかに力点がある.これを反映して,授業の評価にその内容はまったく関係ない.ウソでも受ければいいのだ.そして,受けねらいでは内容が二の次になるのは仕方のないことである.優秀な学生による授業内容の批判検討こそがまずなされねばならない授業評価である.もちろん民主主義とこれは相容れない.

メモ。


私は教員ではないけど。もし学部の講義を行うことになるのなら。修士の学生をTAで雇って、講義を聞いてもらって、講義が終わった後に、論評してもらいたいな。〜が良かったとか、どこが悪かったとか。

[]解きたい?

私は解きたい問題を持っている。それはとっても大事な事だと思う。

[]ヘリウム事情

思ったより注文少ないなあ。まあ、あんまり多くても困るんだけど。

[]ResearchGate

http://www.researchgate.net/

最近、これ関係のメールが来るんだけど。現時点では無視。

専門家のためのネットワークResearchGateは科学者用のLinkedInだ」

http://jp.techcrunch.com/2009/05/15/20090514professional-network-researchgate-is-the-linkedin-for-scientists/

「ResearchGateって」

http://blog.goo.ne.jp/nakayoshiharinezumi/e/55c4c069bdaabec28f9353d76f81d2a4

便利なのかなぁ・・・。

なんだかウェブサービスをいろいろ使うのが面倒になってきて。

[]子ども見学デー?

なんか考えた方がいいのかな。まあ、言われたらでいいよね。

[]交通規制

最近、というわけじゃないかもしれないけど、交通規制が多い気がする。

・・・今まで気にしていなかっただけか?

液体窒素とかを頼むときに、通れないと困るから気にしなくてはいけないのでした。直前に連絡がくるとけっこう困る。

[]業務依頼書

http://www.tsd.titech.ac.jp/~nano/request.html

わたしはある意味派遣されているような感じなので、そういうのがあった方が良いのかもしれない。

ちょい保留。文面は書こうと思えばすぐ書けると思うけど。

2013-05-21(Tue) 筋の悪い考え方をしますね

[]CPRM

CPRMというののせいで、みることができないっぽい。

私の環境のせいかな。別のBlu-rayドライブを購入することを検討。

[][]本の写真

本棚を整理中。

f:id:sib1977:20130521092901j:image

物理学シリーズは、しっかりした本が多いという勝手なイメージ。


f:id:sib1977:20130521092426j:image

実験物理学講座は、自分の研究とは関係ないと思っている本に案外関係することが載っていてビックリしたことがある。


f:id:sib1977:20130521092642j:image

物理工学実験は、けっこうお世話になった記憶がある。低温技術は持っておきたいかな。

結晶育成基礎技術は2010年8月頃買っている。学生時代に買っておくべきだったんじゃないか?って気がする。

買わないにしても、この本の存在をずっと知らなかったことの方が問題だ。

[]東京工業大学 総合安全管理センター

http://www.gsmc.titech.ac.jp/


  • ちょっと前に、環境安全衛生講習会に行ったら、「PCB廃棄物および含有機器」は「PCB保管庫で保管」してくれるという話をしていた。時間があったら聞いてみよう。
  • 東工大大岡山キャンパス。去年は3回火事があったみたい。消防車も入ってくるし。そのため消防署による査察が一週間くらいあった。できる範囲で防災を。

[]アクセス解析

極低温物性研究センターのウェブサイト。どれくらいアクセスがあるかはよくわかんない。アクセスログは自動的にとられているみたいだけど、ちゃんとは見ていない。生のテキストを見るのもなんだし、ログを解析してくれるソフトとかを検討中。


(テキストエディタで)リファラを見ていたら、下記URLからリンクされていることに気がついた。

東京工業大学 | 研究所・図書館等」

http://www.titech.ac.jp/laboratory/index.html


センターのウェブサイトもいろいろ破綻しているので修正したいのだけど、面倒で手を付けていない。気が向いたら。

質問・要望掲示板みたいなのを作ると良いかな?とも思っているんだけど、需要はないかなぁ。

[][]「コンクリートにアンカーを打ち込む方法」(youtube)

http://www.youtube.com/watch?v=rto2UJZeINU

D

ためになるなぁ。

関連動画もいろいろ面白そうです。


あと、電気工事関係の動画もどっかにないかな。一通り見ておきたい。

2013-05-20(Mon) 「所属する組織に迷惑をかけた」と悪事を矮小化するのはやめたら?

[]ヘリウム事情

今日からヘリウム出す事になったらしい。

でも、思ったより注文が少ない。

次の木曜日が大変かもしれない。


更新しました→ http://www.rcltp.titech.ac.jp/

[]誰に迷惑をかけた?

「言葉が足らずに、党に迷惑をかけた」とか。


「自分の所属する組織」に迷惑をかけたことはわびても、それ以外の人達には詫びない。

被害者に対して、きちんと賠償するつもりがない。

いろいろなことがとってもよく分かる。

他人に責任をなすりつけるのはうまいけど、自分で決して責任を取らないような。

[]『東の海神 西の滄海 十二国記』(小野不由美)

東の海神 西の滄海 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

東の海神 西の滄海 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

面白い小説。

責任転化がうまく、自己正当化するキャラが出てくる。理屈は言えるし、能力も低くはない。野心を持っているキャラ。ある種の正義を語る。自分の非を決して認めない。作中の多くの人が騙されている。

[]『華胥の幽夢 十二国記』(小野不由美)

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)

華胥の幽夢 十二国記 (講談社X文庫)

短編集。

「華胥」において、「責難は成事にあらず」という言葉が出てくる。

[]「学内向け情報」ページ更新

http://www.rcltp.titech.ac.jp/other/index.html

講習会の資料をアップしたんだけど、Firefoxpdfファイルを見ようとするといろいろおかしい。DLして見る分には問題なさそうだけど。


学内向け情報ですが、学外の寒剤関係者の人で、興味がある人がいたら、メール等で私まで問い合わせてください。

なんとかなるかもしれません。

2013-05-19(Sun) 誰かを見下したい欲求?

[]『百器徒然袋 鳴釜 薔薇十時探偵の憂鬱』(京極夏彦志水アキ)

まとまってますね。

[]『聖☆おにいさん(8)』(中村光)

聖☆おにいさん(8) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(8) (モーニング KC)

芸が確立している感じ。

2013-05-18(Sat) 地図を使えるようになりたい?地図を作りたい?

[]「橋下氏釈明 認識の根本が誤っている」(2013年5月18日 琉球新報)

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-206737-storytopic-11.html

良い記事だと思う。


橋本氏は論点を少しずつずらして煙に巻こうとすることが多い気がする。目の前にそういう人がいると、なかなか対応するのが難しいのだよね。

2013-05-17(Fri) 引き継ぎをきちんと行わない者は呪われるよ!

[]同時進行はいろいろたいへん

今日を乗り越えればなんとかなるでしょう。

[]写真とか

問題ないと思う。

建前上、聞いてはください。

綺麗な写真を撮るのはけっこう難易度が高いと思われる。

[]大学

大学において、ある種の面白い人達が、緩い制限の下に、好き勝手している。

そこが最大の魅力ではないかと思う。

馴染む人もいれば、馴染まない人もいますけどね。


「面白い人達ともう少しだけ付き合いたい」という理由で大学院に進学したって、別に悪くないと思うのでした。

「就職に有利だから」とか、ほんとどうでもいいよね。

[]どんなときに充実している?

どういう場所で、どういう時に、どういう条件で。

自分が頑張っているのか。

充実感を感じているのか。


そういう自分を知る手続き。

嫌な思いをできるだけしないで生きていくためには必要な事かも。

そういうのをたまに考えてみるのも就職活動の一つかもね。


楽しめる対象を増やしておくと、いろいろ融通がきいたりする。

[][]「首相 成長戦略で目標を設定へ」(5月17日 『NHKニュース』)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130517/k10014638051000.html

さらに、国内の大学を世界に勝てるものにしたいとして、今後3年以内に、一部の国立大学の教員1500人程度を外国人に置き換えることなども盛り込む考えです。

安倍総理大臣は、こうした考えを17日、都内で行う講演で表明することにしています。

またよくわかんないことが出てきた。(゜Д゜)アングリ



外国人を増やすとかより、組織体制を改善するのが大事だと思うのです。

下記の記事とか。

「佐藤 文隆 氏「科学技術エンタープライズ雇用拡大を」」

http://scienceportal.jp/HotTopics/interview/interview46/04.html


外国人を増やすと、世界で勝てる大学になるの?

金の力で超一流の研究者を引き抜くことはできるだろうけど、十分に高い金額を提示するつもりはないよね?

給料、生活環境、研究費、研究環境等のクオリティが高くないと引き抜けないと思うけど。

安いお金でも、日本好きの学者なら来るかもしれないが・・・。

「櫂より始めよ」って言葉を噛みしめて欲しいよ。


あと、外国人雇うのも良いけど、ポスドク問題についてはどう思っているんだろう。量産だけして、梯子外すだけじゃなくて、さらに鞭を打つような感じ?


あと「世界に勝てる」って何?


なんか、脳内スクリプト処理がはじまってしまった。こういうのは無視したほうが精神衛生上は良いかもしれないが・・・。



「追いつけ追い越せじゃないだろう」

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20101007/p2

評価基準をきちんと自分達の国でもっていないと駄目だよ。

「これが俺たちの提案する価値だ」「どうだ凄いだろう?」みたいなんでいいじゃん。

というか、それだけじゃ駄目なんだけど、そういう要素も必要なの。

2013-05-16(Thu) 弱者をいじめるのは良くないよ!

[]ヘリウム事情

来週から出せそうな感じでたまってきてますね。良い傾向。

[]維新の会は潰れて欲しい

維新の会に入った人には絶対投票したくない。

[]困っている人がいたら助けてあげましょう

政治って、そういう建前が大事でしょ。

「金がないから、弱者は支援できない。死んで」と言うのはおかしい。

[]下品な皮肉

私もけっこう使ってしまっているかも。

できれば使わない方が良いが、なかなか難しい。

[]ヘリウム情報源(琉球大学 極低温センター)

http://www.ltc.u-ryukyu.ac.jp/helium.html

こういうふうに情報がまとまっていると本当に助かる。

[]まだ発表準備してる

正直な所、配布物までは手が回らない


でも、発表が終わったら、発表ファイルを学内ページに載せるくらいはしますかね。

2013-05-15(Wed) 品質管理を怠る組織は衰退する

[]「博士課程の授業料・入学金免除を提言 自民調査会」 (『日本経済新聞』2013/5/14)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1400S_U3A510C1PP8000/

研究者育成のために博士課程学生の授業料と入学金の全額免除を提案。

「授業料&入学金全額免除」より進んで、給料もだそうよ。新卒並みの。


当面、博士課程進学を勧められるような状況は来ない感じがするなぁ・・・。

[]「液体窒素による手指凍傷の1 例」

http://www.jsomt.jp/journal/pdf/053030182.pdf

写真がかなり痛々しい。見ないこと推奨。リンクをたどるのは、寒剤関係者だけで。

[]パワーポイントに挿入する動画

とりあえずmp4動画形式を載せてみた。

不具合が無ければ良いけど。

[]発表準備

  • 20分の発表に40枚のスライド。これは破綻する。おまけにまだできていない。
  • さらに、もう20分発表する必要があって、そっちのスライドには手を付けていないんだよな。最悪去年のでもいいけど・・・。

・・・


  • 高圧ガスの取扱い」に関するスライドはできた(まあ、最終見直しは必要だけど。あと音声をなんとかする方法は考えなくちゃなぁ)。
  • 次は、「低温実験の準備・寒剤取扱い」のスライドを修正しなくちゃ。修正作業量は少なくないはず。
  • 明日は液化しないかもしれないし、時間はあるかな。
  • 「この論点を盛り込まない」ということを決断するのに、どうしても時間がかかるな。

[]使わないパーツ

  • 人はほぼ間違いなく間違いを起こします
    • 失敗に対して人格否定するような叱り方はやめましょう。
    • 笑い物にするのはやめましょう。
    • 隠蔽や嘘を尽かせることにつながります。
    • 原因究明と今後の対策が重要です。

  • トラブルを防ぐために
    • マニュアルを作る
    • 二人以上で実験を行い、チェックする
    • 無理な実験計画を立てない、余裕を持って
    • 小さなトラブルは大きなトラブルにつながる。面倒で煩わしくてもきちんと対策。
  • トラブルが起きたら
    • すぐに命が危ない場合→逃げる
    • 対処する余裕がある場合→とりあえず、おちつく→助けを呼ぶ。自分一人で解決しようとしない。
  • トラブル終結後
    • トラブルが今後起きないように、対策を立てる

2013-05-14(Tue) 好きとか嫌いとかおいといて、生産的なことをして

[]いろいろやるべきことが

4月になれば楽になると思ったけど、なんだかんだやることがあって。

5月になれば楽になると思ったけど、なんだかんだやることがあって。

とりあえず、講習会を終えれば少し気分が楽になると思う。

[]失言騒ぎ?

今度は大阪市長失言したの?

世間の話題になりそうなことを言い続けないといけないのかなぁ。


炎上商法は嫌いだ。

みんなの注意資源をかっさらっていく罪も重いよなぁ...。

[][]千枝ちゃん

http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131711/13119020/

お弁当屋さん。毎週火木はここに注文してた。

[]報告書の書き方

実験レポートとは別の報告書の書き方とかを、研究室で教えた方が良いんじゃないかな。

簡易的なものでもいいから。


・・・誰か、教えて下さい。(TдT)

[]ヘリウムガスボンベ

何故つなぐネジの部分を左ネジに設定したんだろう。

めんどくさいトラブルの原因になっているんじゃないだろうか。

不燃性ガスなんだから、右ネジでいいじゃないか。

[]関西若手物性研究会

http://www.kohnolab.mp.es.osaka-u.ac.jp/~jf/seminar/

日程: 2013 / 06 / 22 (土) 12:55 〜 17:50

第1回テーマ:『輸送現象をめぐって』

井澤研の町田さんも発表するんだ。

2013-05-13(Mon) 何が律速になっているかを考え、それに対処する

[]スピーカーあったかな?

動画を見せるさいに音もあった方がいいのだけど、スピーカーはあったかな。

部屋にあるやつが使えれば良いけど。

[]講習会準備中

安全に関していろいろ話さなくてはいけない。そんな専門ではないのだけど。

で、理屈も言わなくちゃいけないけど、「感覚的に危険だ」と感じさせるのが大事かな、とちょっと思っている。

だから、良い動画とかを探しているのでした。


・・・


うーん、順調に準備は遅れている。今日中に高圧ガスとか安全に関するスライドは終わらせたかったのだが。

[][][]「教科書理解なら出席不要 清水明 東京大学教授 講義は疑問点質問 効率よりもじっくり思考」(2013/5/13 日本経済新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO54890220R10C13A5CK8000/

清水先生の記事が日経に載るとは。すばらしい。

メール登録しないとみることができません。下記のリンク先のようなことが書いてあります。

「講義についての疑問・要望への返事」http://as2.c.u-tokyo.ac.jp/lectureQA.html

[]「naumanの行動の記録です」

http://nauman.blog.so-net.ne.jp/

更新がしばらく止まっていたと思ったけど、最近再開していたのですね。

[]「もんじゅ、無期限の停止命令へ 機器1万個の点検放置で」(朝日新聞デジタル)

http://www.asahi.com/national/update/0512/OSK201305120135.html

めも

[]写真周期表(『結晶美術館』)

https://sites.google.com/site/fluordoublet/elements

メモ。良い写真がたくさんある。

[]ヘリウム事情「冷やしヘリウム、はじめました」

再開アナウンスが某ウェブに載っていないのは、私の怠惰に由来する面もなきにしもあらず。

(注意:現時点では一部にしか出しておりません。)

[]チアノーゼ(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/チアノーゼ

皮膚や粘膜が青紫色である状態をいう。一般に、血液中の酸素濃度が低下した際に、爪床や口唇周囲に表れやすい。

めも

[]WebM(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/WebM

WebM(ウェブエム)は米Googleが開発しているオープンな動画規格。「誰もが利用できる無料で高品質なウェブ向けビデオフォーマットの開発」を主目的とする。

新しい情報について行けないと、日々感じる藤澤さん。

2013-05-12(Sun) 自分自身のために戦うだけでしょ?

[]もやもや

文書書きをするためには、頭の中にもやもやをためる必要がある。

金土といろいろあったせいで、せっかく形成した頭の中のもやもやが消失し掛かっている感じ。

できるときにできることをやっておかないと駄目ですね。



・・・私が論文を書けない理由とつながっているかも。

[]OD>『物理実験者のための13章』(兵藤申一)

OD>物理実験者のための13章

OD>物理実験者のための13章

こういうのが再販されるのは良い事だと思う。

[]暇な人のためのお告げ

http://shindanmaker.com/347309

中身はこんな感じです。

いろいろ学ぼう。

困っている人の話を聞いてみよう。ただし、助言はしちゃだめ。

ストレスを、勉強や仕事で解消してみよう。

睡眠も仕事のうち。気持ち良く眠るための環境を整えてみよう。

一番解決したい問題は何か考えてみよう。

いつもと違う料理を作ってみよう。

30分だけお散歩してみよう。

お掃除や整理整頓をしてみよう。

普段あんまり読まないジャンルの本を読んでみよう。

外に出て、生き物を観察しよう。

絵を描いてみよう。

お空を10分眺めてみよう。

銭湯温泉に行って、ゆっくりしよう。

今まで食べたことがないお菓子を食べてみよう。

家庭内での固定費削減について検討しよう。

お茶を淹れて飲んでみよう。

普段と違う道を歩いてみよう。

周辺の音を聞くことに集中して見よう。

夜に、明かりを消してお風呂に入ってみよう。

お魚を食べてみよう。

10分瞑想してみよう。

微分方程式を眺めていろいろ想像しよう。

牛乳にあう食べ物ベスト3を列挙しよう。

諺を50個書いてみよう。

好きな本について10分考えてみよう。

工作したい物があるか考えてみよう。

やりたいことの、「優先順位とリソース配分」について10分考えてみよう。

あやとりをしてみよう。

折紙をしてみよう。

スプレー缶をいくつ持っているか数えてみよう。

冷蔵庫の中に、入らない物があったら処分しよう。

都合の良いときに、お布団を干そう。

地図を10分眺めてみよう。

家の見取り図を描てみよう。

家の周辺図を描いてみよう。

きのこを食べてみよう。

魚の種類を30くらい列挙してみよう。

好きな映画ベスト3を挙げて、その理由を説明しよう。

お世話になっているソフトウェアを5個書いてみよう。

頻繁に使う道具を10個書いてみよう。

興味のある法令について勉強してみよう。

周期表を10分眺めてみよう。

辞書を10分調べてみよう。

数学的帰納法を使って何か証明してみよう。

背理法を使って、何か証明してみよう。

身の回りの計測道具について考えてみよう。測れる範囲と精度について。

自分の仕事の一番の障害は何かを考えてみよう。

自分にとっての、一番のストレスを取り除いたら、どうなるかを考えてみよう。

「相手のため」と思ってやった事で失敗したことがあれば、失敗の理由を考えて見よう。苛立ちを感じるとき? どういうふうにすれば、苛立ちを回避できる?

美術館、博物館動物園水族館等に行ってみよう。

子供のころを好きだった遊びを思い出してみよう。

可愛いぬいぐるみを探してみよう。

電気・水道・ガス・電話料金の月別の変化をグラフにしてみよう。

音楽を聴いてみよう。

カビの種類を調べてみよう。

自分の資産を確認してみよう。

コンピュータの中身を整理しよう。

正五角形を描いてみよう。

カゴメ格子を描いてみよう。

包丁を研いでみよう。

トイレを掃除してみよう。

磁石で砂鉄を集めてみよう。

試食コーナーで試食してみよう。

薬箱の中身を確認してみよう。

図書館内で、5分だけ人間観察をしてみよう。

4コマ漫画を描いてみよう。

俳句を詠んでみよう。

大事なデータのバックアップをしよう。

次の1ヶ月の計画を確認してみよう。

寝る前に数学の問題を解く事に挑戦してみよう。

行列の固有値を計算してみよう。

極座標表示のラプラシアンを導出してみよう。

2013-05-10(Fri) 辻褄があわないと、いらっとするのは正常だよね

[]文書書き辛い

  • 経験したことを報告書に書く場合。どの部分が報告書に必要かを考慮に入れつつ行動できる人もいるみたい。報告書に必要な情報が出てこなかったら、誰かに聞く。報告書テンプレートが頭の中にいくつも入っていて、それを元に無駄が少ない行動ができる。
  • 私の場合、体験を全部受け入れて、頭の中で再構成されるまでウンウンうなって。それでぼんやり形ができてきて。それを膨大な文章にして。必要ないところはがりがりと削ってスリムにして。もう一回、時間をおいて、見直しす。
  • たいした文章じゃなくても時間がとってもかかる。たいへん効率が悪い。
  • 頭の中に複数のテンプレートを持っておく、というのは大事な事なのかも。作業時間・思考時間を大幅に短縮できる。

[]ノート作りとか面接とか

  • ノートを作る、というのはある種の訓練として良い。自分が理解するためのノート。記憶に残しておくためのノート。他者に理解してもらうためのノート。
  • 私が採用面接をするとしたら、「あなたにとって大事なノート5冊と、よく勉強した教科書5冊を持ってきて下さい」と言うかも。
  • ノートを取らない人もいるし、教科書を買わない人もいるから、それだと判断できない場合もあるけど。
  • 勉強した物や、作ってきた物を見せてもらうというのはその人のことを知る上で参考になる。
  • 言葉だけの面接で分かることってすごい限られていると思う。練習すればある程度はったりがきくし。
  • その人が時間をかけて訓練したこと。習得したこと。そういうのを適切に見るにはどうすればいいんだろう? 相手の適性とか志向を探るにはどうするのが良いのだろう。
  • 道具を使っているのをみるのも面白い。手慣れた手つきで使っているか。それとも素人のように扱うか。道具を粗末に扱う人とはあんまり一緒に仕事をしたくないね。
  • 目がちゃんと動いている人。手がちゃんと動いている人。身体全体が最適化されている人。
  • 試行錯誤の履歴を見たい。新たな課題-未だ誰も解をしらないものの-が与えられたときに、どのように対処するか。適切なマニュアルがないなかで、どのように新しい物を見出していくか。
  • 未知なものの探索すると言っても方法論はある。型みたいなのもある。多数の型を持っていること。多数の型を組み合わせて問題を解決する意志とか意欲とか粘り強さとか忍耐力とか。
  • 若い人に、幾つもの型に触れさせる場を提供できたら良いですね。場が無くても、意欲のある人は進んでそういう型に盛んにアクセスすると思うけど。「アクセスするさいの障壁」を小さくすることに投資するのは大事な事だと思う。ある程度年配の人がやって欲しいな。例えば、教科書とか解説とかを書くことも障壁を小さくする効果がありますね。ワークショップみたいなのを開いたりとかも良いことかも。

[]夏休みとか

停電 8月10日(土)11日(日)

一斉休業日 8月12日(月)13日(火)

臨時休業 8月14日(水)・15日(木)

memo

  • ヘリウム供給停止期間はいつにするのが良いか。
  • 7月下旬当たりに有給休暇を使って帰省しようかな。8月は忙しそう。

[]日本物理学会 2013年秋季大会

http://www.jps.or.jp/activities/meetings/index.html

【物性関係】 徳島大学(常三島キャンパス)2013年9月25日(水)〜28日(土)

ふむ。今度は全日行こうかな。

[][]教育改革云々

http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20130501/p6

録画動画と資料を学内限定・期間限定で見ることができるようになるらしい。忘れないようにしよう。

[]「毎日フォーラム・課長補佐時代:文部科学省官房審議官(スポーツ・青少年局担当) 藤原誠(53)」(2011年06月10日)

http://mainichi.jp/feature/news/20110606org00m010031000c.html

 第一は、ポスドク1万人計画の立案です。我が国の大学の研究力アップのためには、研究者の流動性を高めることにより、若手研究者が切磋琢磨する環境を整える必要がありました。そこで、大学院博士課程修了後の数年間、毎年約1万人をポスドクという身分で保障し、国がそれを財政援助するという5年計画を立てたのです。しかし、数字を積み上げてもなかなか1万人に達せず、通産省や科学技術庁の担当補佐と一緒にだいぶ苦労して1万人という数字を作りあげた記憶があります。

「無理にでも数字を合わせよう」って感じがするなあ。

この人は、ポスドク問題に関してどう思っているんだろう。

[]情報処理とは何か あとbigdataとか

http://www.slideshare.net/TokorotenNakayama/ss-20807678

世の中の動きについて行ける気がしない。

(´д`)

[]「実測データ収集へのこだわりで、被曝水準の低さが裏付けられる」(デニス・ノーミル、翻訳:山形浩生)

http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20130510/1368157792

メモ。

[]東京大学物性研究所大学院進学ガイダンスのお知らせ

http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/contents/education/guide/

2013年5月25日

[]LIHITLAB ペンケース[ブックタイプ] A7551-24 黒

リヒトラブ ペンケース A7551-24 黒

リヒトラブ ペンケース A7551-24 黒

2013-05-09(Thu) (:3[__] 布団(ぬのだん)の団員募集中です

[]ヘリウム事情

貯槽に2000リットルくらい貯めたいねぇ。

[]言葉とか誠意とか

謝罪文の文章の長さはどれくらいが適切かな?とか考える事がある。(場合に依る)

長い文章を「誠意」と思ってくれるか?それとも「いいわけがましい」と思われるか?

普段の信頼関係というか、日常のことが反映すると思う。

[]再検討する

「自分と近いことを考えている人がいる!」と思った後に、自分の考えを再検討しようって思えるでしょ? これって本当に良いのかな?って。

[]博士課程への進学の判断

  • 経済的な余裕があるか?
  • 研究内容が楽しいか? 価値があると思うか?
  • 研究環境は悪くないか? (→ブラック研究室じゃないか?とか)
  • 別の場所より自分は成長できるか?
  • 自由や裁量があるとして、それを有効に使えるか?
  • 得られると予測される能力や人脈は、その後の自分の人生のプラスになるか?

お金の問題はやっぱり大きい気がするなぁ・・・。

[]書類作成能力

  • 若いうちから身についている人もいる。
  • 30歳くらいまでにこれを身につけておくと良いのかな。
  • だらだら書くんじゃなくて、ある期限内に、さらさら書けること。
  • そのためには、文章を書く訓練をする必要がある。
  • 届け出や申請書類を出すときに便利だと思う。

[]大学改革とか

大学改革の話で耳に入ってくるのって、なんか私の問題意識と違うなって思う。

「凄いできる人達にもっと良い環境を与えよう」とか、「講義時間を〜時間以上かならずする事」とか。そういうのに違和感。


私は「そこそこ駄目な人達にも、きちんとした教育を施そう」という立場なのかな。

あと個々の学生を「評価」するだけじゃなくて、学生の成長のための「具体案」を「各個人」に提示できると良いと思う。

勉強しなくちゃいけないことはみんな分かっているはず。

でも、どうすれば効率よく勉強できるのか?って分かっていない人も多いんじゃないかな。


「努力しないから悪い」って駄目な人を切るのは簡単だ。でも、なんだかそれって良くない気がする。

「勉強するもしないも自分の責任」ではある。でも、「大学組織として教育成果をあげたい」ということもあるはずなので、成長を望む学生に対して、もう少し配慮ができると良いかなって思う。

[]体は道具の延長

道具は手足の延長であるとたまに言うけど。身体は道具の延長という見方もできるね。連続的。

[]わめくのが好きなの?

ちょっと努力すれば手に入る、すばらしいものが目の前にある。

でも、なんであなたは、その一寸の手間を惜しんで、環境が悪いとかわめき続けているの?

[]「モントワール ルーツ コーヒータブレット 16g×10袋」

モントワール ルーツ コーヒータブレット 16g×10袋

モントワール ルーツ コーヒータブレット 16g×10袋

5箱手に入れた。

[]意識の差を感じてみたり

某研究室から、「うまくトランスファーできない。助けて(><)」という要請が来た。(←超意訳)


というわけで見に行ったんだけど。当初のトラブルの原因は分かったんだけど、別のトラブルがあったり。


ヘリウムヘビーユーザーと、そうじゃない人達の意識の差を感じるのでした。・・・感じるのでした。


・・・


いろいろこちらから干渉したいこともあるんだけど、研究室の中のことには口を出しにくいというのもあったり。なんとかしたいところだけど・・・。


回収意識の低い研究室を許容すると、きちんと回収している研究室がとばっちりをくらうんだよね・・・。



とりあえず、回収してもらうために、きちんとした資料を提示することが大事かな。命令口調で「〜しろ」とは言えないし。


・・・・


今までの経緯を無視して、いきなり完璧な公正を求めては駄目。過去と現状を踏まえて、ゆっくりと良い方向へ向かわせることを考えよう。そんなに急にはいろいろ変えられない。

2013-05-08(Wed) 適切な叱責の仕方は状況により異なる

[]防災管理点検

うちの場所は、明日の午前中。忘れずに。

[]低温技術講習会

http://www.rcltp.titech.ac.jp/training/index.html#20130517

  • これのための準備中。
  • とりあえず去年のスライドを修正しよう。あんまり時間もないし。
  • しかし、全部修正したいという誘惑もあってですね。(´・ω・`)
  • 東工大の過去の事故を引っ張ってくれば、みんな真剣に聞いてくれるかな。(´д`)ハァ

[]何歳まで働く?

  • なんだか体力的にきつい。あと5年くらいは働けると思うけど、その後はどうかな。
  • お仕事の量を7割程度にすれば、50歳くらいまでは働けるかもしれない。
  • 50歳以降は仕事量4割〜5割くらいにしないと無理な気がする。
  • 大学組織とか研究に関係する組織は、50歳定年くらいが良いと思います。教員の平均年齢が39歳くらいだと良いんじゃないかな。
  • (50越えたら、任期付きの特別研究員とかそういう立場にするとか。)
  • 分野によってもう少し高齢までいても良いかもしれませんが。
  • 50までに辞めるためには別の食い扶持を模索しないといけないが、なんかあるかなぁ。

[]『統計学を拓いた異才たち』(デイヴィッド・サルツブルグ)

p.205

1979年アメリカペンシルバニア州にあるスリーマイル島原子力発電所で、あわや大惨事となりかねない事故が起きた。原子炉のオペレーターは操作パネルの前で原子炉の経過状態を示す各種のメーターに目を走らせていた。それらは警告ランプだったが、一部が欠陥品だったためにかつて誤作動したことがあった。オペレーターはその事前信念から今回の警告ランプもまた誤作動だろうと思いこんだ。警告ランプとそれに伴う各種メータが原子炉の冷却水が少なくなったことを一貫して示しつづけたにもかかわらず、オペレーターは警告を無視しつづけた。

memo。

警告ランプの誤作動は放置しない方が良いですね。

[]修士課程入試説明会

東京工業大学 大学院理工学研究科 基礎物理学専攻・物性物理学専攻

平成26年度大学院修士課程入試説明会5月25日(土)のお知らせ

http://www.phys.titech.ac.jp/news_detail.html?C1021/D2392

めも。


大学院の研究室選びは、教員との相性、先輩との相性、研究分野(及び研究手法)と自分の適性がマッチするか?などいろいろな問題が絡んでなかなか難しそう。

[]ミネラルマーケット2013

http://homepage3.nifty.com/suisho-toge/

日時:2013年6月8日(土)10:30 〜 17:00

場所:飯田橋レインボービル1階

今年もやっているみたいですね。

ミネラルが足りない人は行きましょう。(?)

[]東京工業大学 総合安全管理センター

http://www.gsmc.titech.ac.jp/

めも


・・・


過去の会議の議事録とかみれて面白い。特に事故に関して。

去年の石川台の事故の報告書とかがおいてあるんだけど、この報告書を作るのもたいへんだっただろうな・・・。こうやって教育や研究に使われるリソースがなくなっていくのだ。安全は大事。

・・・

すずかけ台で起きた過去の事故を探しているんだけど見つからなかった。探し方が悪いのかな。・・・。あ、見つけた。でも、詳しい話は載っていないな。

【参考】→ http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20121109/p2


・・・

「【安全衛生ビデオ教材】貸し出しについて」

http://www.gsmc.titech.ac.jp/video/201202/video.html

こんなのがあるのか。でも高圧ガスや、低温関係はあるんだろうか。

2013-05-07(Tue) 叱ることから逃げていては駄目でしょう

[]ヘリウム事情

当初の見込みより多めにヘリウムが購入できそうな感じ。制限しなくて良いかは現時点では判断できないな。

6月中旬になれば制限無しで出せるようになるかも。


・・・


カードルでガスが購入できるってすばらしいね。凄い楽。

。゜(゜´Д`゜)゜。 (←うれし涙)

液体ヘリウムで購入できた方がもっと楽かもしれないが。割高かな。


・・・


お休み期間が長かったからなぁ。

いきなり大量の注文が来ても破綻するんだよなあ。

だいたい大丈夫だとは思うんだけど、どうなることやら。

2013-05-06(Mon) 自分が躓いた場所で、誰かが躓きそうになっていた場合にどうする?

[]『人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか』(森博嗣)

  • 読んだ。タイトルは編集の人が考えたんですね。本来著者が想定していたタイトルの方がしっくりきますけど、それが最後の方で明かされるという作りも悪くないかも。
  • 私はこの作者の本をたくさん読んでいるので、この本を読んで凄い新しいと感じる事はあまりないのです。
  • 5章の話が素敵だなって思いました。私の考えとも似ているかも。

2013-05-05(Sun) 自己満足に拘泥する覚悟

[]CPRM (Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/CPRM

CPRM(Content Protection for Recordable Media)とは「コピー・ワンス(1世代だけ録画可能)」の番組を録画する時に使われるコピー制御方式である。CPRMに対応した各種メディアDVD-RDVD-RWDVD-RAMDVD-R DL)や機器(DVDプレーヤーやDVDレコーダーDVDドライブなど)やライティングソフトが必要である。SDメモリーカードSD-Audio及びSDカード対応の携帯電話著作権コンテンツ保存(SDバインディング)にも採用されている。

memo。

[]「WinDVD で CPRM再生がしたい・・・」

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa7284896.html

私と同じような症状の人が・・・。

2013-05-04(Sat) 人と話すと重み付けの変更を余儀無くされる

[]『スカル・ブレーカ The Skull Breaker』(森博嗣)

スカル・ブレーカ - The Skull Breaker

スカル・ブレーカ - The Skull Breaker

ヴォイド・シェイパ The Void Shaper』『ブラッド・スクーパ - The Blood Scooper』

の続編。

ヴォイド・シェイパ

ヴォイド・シェイパ

ブラッド・スクーパ - The Blood Scooper

ブラッド・スクーパ - The Blood Scooper

  • 面白かった。
  • 達人登場シーンには引きこまれる。

  • 最近、なんだか涙もろくて、最後まで読んだら涙が出てきた。どこに泣く要素があるんだよって感じだけど。
  • 昔に比べて、すぐに感動するようになった。すぐに涙を出すようになった。私が保持するデータベースが、物語をいろいろ補完して感動させるのかも。
  • たくさん本を読んでいると、いずれ飽きるんじゃないか、って昔は思ってはいた。そういう要素もある。
  • 本を読む集中力は減ってしまった気がする。でも、昔とは違った視点でいろいろ読み取ることができるようになったとも思う。
  • もうちょっとだけ、私は本読み道楽を続けられそうだ。

[]warubobo13の日記

http://warubobo13.hatenablog.jp/

[][][]FIT-MART: Quantum Magnetism with a Gentle Learning Curve

http://arxiv.org/abs/1305.0238

We present a new open-source software package, FIT-MART, that allows non-experts to quickly get started simulating quantum magnetism. FIT-MART can be downloaded as a platform-idependent executable Java (JAR) file. It allows the user to define (Heisenberg) Hamiltonians by electronically drawing pictures that represent quantum spins and operators. Sliders are automatically generated to control the values of the parameters in the model, and when the values change, several plots are updated in real time to display both the resulting energy spectra and the equilibruim magnetic properties. Several experimental data sets for real magnetic molecules are included in FIT-MART to allow easy comparison between simulated and experimental data, and FIT-MART users can also import their own data for analysis and compare the goodness of fit for different models.

ふむふむ。


あんまり関係ないけど、これを思い出した。

「Neutron scattering and magnetic observables for S=1∕2 spin clusters and molecular magnets」

http://prb.aps.org/abstract/PRB/v71/i6/e064403

[][]酸素の物性-液化酸素を浸した綿の燃焼実験の動画をご紹介!

http://sd.ssnewsjp.net/F7WkQUJbPAw.html

めも。

2013-05-02(Thu) 私たちを守ってくれる殻が、変化の妨げになる

[]ヘリウム事情

公式には、まだ出せないことになっているような気がします。

なんとなく。

もうしばらくお待ち下さい。


・・・


朗報があったり。でも、制度上の壁が・・・。

[]勉強してない

勉強する時間が無いわけではないんだが。

・・・

勉強はしているとしても、物理の勉強をしていないんだよね。急速に馬鹿になっている気がする。

[]ほどほど

  • スケープゴートを欲する気持ちは私にもあって。
  • うまく行かない原因を自分以外の何かに帰着させたいというか。
  • そういう衝動に、どこまで抗えるかな。
  • 自分以外が責任を担うのが妥当なのに、必要以上に自分で責任を負おうとするのも問題ではある。
  • 世の中には妥当なラインがある。
  • いろいろな物を背負おうとして、結局効率が悪くなってしまうこともある。ほどほどに。
  • ほどほどを把握するには試行錯誤するしかないとは思う。
  • ある領域で試行錯誤する事自体が、良くないこともある。でも、そればっかりは諦めるしかないよね。

[]基礎的な訓練

基礎的な訓練をしていない人。基礎的な訓練の重要性を理解していない人。

そういう人達に、「個性が大事」ってことをすり込みすぎると危険かもしれない。

・・・

個性って、隠そうとしても滲(にじ)み出てしまうものである気がする。

[]元素戦略磁性材料研究拠点 | ESICMM

http://www.nims.go.jp/ESICMM/

磁性材料研究拠点かぁ。

2013-05-01(Wed) 環境に適応した結果?

[]みんなの荷物を下ろしてあげる

  • 選択肢が多いとき、明らかに駄目なものから除外していくよね。「明らかに駄目」って理由が誰の目にでも明確だとその判断をしやすい。
  • というわけで、某失言騒ぎで助かっちゃった人も多いんじゃないかな。
  • 失言した人が責任を全て背負って、他の人は責任を免れることができる。
  • スケープゴート的な何か。

[]ヘリウム回収ステーション

風船にヘリウムをためてもらって、それをセンターで回収することもできる。


いままでヘリウム回収をしていなかった研究室に対して、12月くらいから風船でためて回収するように要請していた。

12月くらいから3月までの回収ステーションの回収量を計算してみたんだけど、たいした量ではない。トランスファーしている時も回収してくれたら、もう少し増えそうなんだけど・・・。


ざっくり計算で、うちのセンターの回収率は80%くらいなので、結果として戻ってきた量の5倍ぶんくらいは供給できるようになる。だから少ないようで無視できなかったりする。

[]「葬儀などで聞く『ご令室』とは?」

http://www.kuratie.com/goreishitu/

ご令室とは、葬儀などで配偶者(妻)を指します。

めも。

[][]業務上のメモだったはずの何か 2013年4月

  • 4/30(火) [8:30-18:00] 容器管理。お片付けしたり。ヘリウムガス及び液体ヘリウム来る。真空引き。ユーザー対応いろいろ。奨学金関係をいろいろ。
  • 4/29(月) 休み。お片付けしたり。お布団を干したり。お昼寝したり。夕方少しだけ職場へ。
  • 4/28(日) 休み。写真を整理して送る。その他、ちまちま片付け。ヒートガンの修理。
  • 4/27(土) 休み。ハイキング
  • 4/26(金) [8:30-18:00] 液体窒素が来る。容器管理。
  • 4/25(木) [8:30-18:00] 液化。カードル引き取り。容器管理。
  • 4/24(水) [8:30-18:00] ナノに顔出す。純ガスつなぎ。報告書関係でいろいろ、一段落付いた? 別件で報告書関係でいろいろ。容器管理。
  • 4/23(火) [8:30-18:00] 報告書関係でいろいろ、こういうのしんどい。2ページの内容的にあんまりない文書を書くのにこんなに時間がかかるとは。他人数で文章を作るコツというのはあるのかもなぁ。〜研が容器を空にして持ってきて、藤澤さんが切れまくる(大嘘)。ガス会社にいろいろ問い合わせ。ガスボンベ10本来る。切断事件に関連して業者に問い合わせ。メールの返事を頑張って書く。液体窒素注文。容器管理。
  • 4/22(月) [8:30-19:30] 液化供給。カードルとばらボンベ使用。報告書関係でいろいろ。ワンタッチ金具届く。ヘリウム容器が引き取られる(3本)。逆止弁についての問い合わせ。カップリング切断事件、なんでこんなことしてくるのかわかんなくて藤澤さん茫然自失(大嘘)。ガス接続解除。容器管理。
  • 4/21(日) 鳩山
  • 4/20(土) 鳩山
  • 4/19(金) [8:30-18:00] カードル入る。報告書関係でいろいろ。ヘリウム状況問い合わせ。ボンベ接続。買い物。容器管理。掃除。
  • 4/18(木) [8:30-18:00] いろいろ。報告書関係。換気扇工事。ヘリウム状況問い合わせ。逆至弁についての問い合わせ。パイプ取り出し。掃除機でぎゅーんと。回収率計算。容器管理。
  • 4/17(水) [8:30-18:00] ナノに顔を出す。容器管理。落とし物拾ったり。ゴミをとったり。液体窒素を入れたり。ほぼそれで時間が終わる。奨学金の書類とか考える。
  • 4/16(火) [8:30-18:30] ガスが来た。延長管をなんとかする。年報に関してメール出したり。他にもいろいろメール。登山案内。容器管理。
  • 4/15(月) [8:30-18:30] ガス会社の人とお話。ヘリウムの最新事情らしきことを教えてくれる。でも、どこまで信じていいのかわからない。・・・わからない。カードルが引き取られる。某氏にメールとか電話とかかけたり。液化供給。換気扇関係。容器管理。
  • 4/14(日) 容器の真空引きをしたり。メールの処理。溜まりまくっていた。
  • 4/13(土) オフトンを干したり。東急ハンズでいろいろ物色。電球とかソケットとかそういうの。ヘリウム容器を中から暖めてみよう計画。本の注文。
  • 4/12(金) [8:30-17:30] いろいろ。ランチを某所で食べることに。あと夕方も食事会みたいな感じ。窒素をちょっと使いたいユーザーに対応
  • 4/11(木) [8:35-18:30] メール書き。ガスつなぎ。ガス会社の人と連絡×2。容器管理。交渉事は疲れる。某氏に電話していろいろ聞き込み。
  • 4/10(水) [8:30-18:30] 年報の事を考えていろいろ調べたり文章を書いたり。容器管理。
  • 4/9(火) [7:30-18:10] ウェブカメラ云々。晴れ。液体窒素が来る。容器真空引き。風船をしまい込む。純ガス受入。最近風が強いことが多いな。埃が入ってこないようにいくつか工夫。片付け。プリンタトナー交換。
  • 4/8(月) [8:20-18:30] 液化用圧縮機のとあるメンテ。これはマニュアル化してあったから大丈夫。純ガスつなぎ。ヘリウム液化。純ガス外し。ウェブウェブカメラ初期化。今年度のヘリウムどうなるのかな。
  • 4/7(日) 風が強い日。布団が飛びそう。年報のための資料作り。Twitterで遊びすぎたかも。
  • 4/6(土) 夜は風雨が凄い。年報のための資料作り。Twitterで遊びすぎたかも。
  • 4/5(金) [8:30-18:30] 晴れ。面談。新入生の見学の手伝い(9人来たよ)。回収ステーションが漏れている?
  • 4/4(木) [8:30-18:20] 晴れ。ナノ会議、長め。片付け。いろいろ手続き。
  • 4/3(水) [8:30-18:10] 強い雨と風。入学式。nanoに顔出す。センター北側(本館南側)に大きな車が二台が止まっている。本館にコンクリートを流し込むのかな。なかなか騒がしい。勤務簿処理。奨学金関係の書類の処理。メール処理。面談資料作成、こんなもんかな。
  • 4/2(火) [8:30-18:30] 真空引き。ヘリウム注文システムに関して問い合わせ。ガスが注文できないか問い合わせ。まあ、厳しめかな。純ガス受入。ウェブ更新。
  • 4/1(月) [8:30-18:30] 液化供給。風船が届く。真空引き。風船テスト。業者に請求書とかに関しての問い合わせ。業者にヘリウムが買えないか問い合わせ。ボンベ接続解除。あんまり遅くならないうちに帰る。在職証明書請求。

[]『数学文章作法 基礎編』(結城浩)

http://www.hyuki.com/mw/

  • 「当たり前の事が書いてある」と思う人も多いかも。でも、いろいろな所に工夫が込められた本だと思う。この本はタイトルを支えるために、表現方法自体が良いお手本にならなくてはいけない。私が気がついていないしかけとかもたくさんあると思う。
  • いろいろ面白かったけど、一番気になったのは「第6章 問いと答え」の所。特に、p.156の「問いに答えた読者の頭は活性化しています」あたり。この点はもう少し掘り下げて、勉強したり考えてみたい。

5月2日追記】

「「読者」とは誰か」(『leeswijzer: boeken annex van dagboek』2013/5/1)

http://d.hatena.ne.jp/leeswijzer/20130501

数学文章作法・基礎編』(結城浩)の話が出てくる。

ワタクシはいつも「自分が読む」ために本を書いている.どこかのだれか別の人を「読者」として想定する習慣は念頭にはぜんぜんないなあ.読者はいつもここにいる自分(の分身).きわめて利己的な本書きです.

こういうの面白い。

[]東工大の教育改革案に関する「全学説明会」の開催について

大岡山キャンパスでは5月10日(金)にあるらしい。

見に行くのは難しいかな。動画配信とかしてくれないかな。

[]身上調書

そういう書類を事務に出さないといけないらしい。

概ね去年と一緒だけど。

写真はどうしようかな。

[]丸善株式会社の取引停止

・・・これって本とかも購入できなくなったりするのだろうか。

{量子スピン系の若手研究者増えろー ♪ }> o(*´ω`)っ−.。*゜+.*.。 ゜+..。*゜+*'``*:.。..。.:*・゜゜・*〆⊂(´▽`*)ゞ <{古典スピン系の若手研究者増えろー ♬ }(→研究に関係する情報など)