sibafutukuri アニメとか音響音楽とか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-09-25

『レッドタートル ある島の物語』を観た感想

f:id:sibafu:20160925150448j:image:w400


  ジブリが製作面で関わっている『レッドタートル ある島の物語』を観てきた。


■あらすじ

  嵐の海に放り出された男が、ひとり、無人島に漂着する。彼は島から何度も脱出しようと試みるが、なぞの力によって無念におわる。絶望に暮れる男の前に、ひとりの女が現れる。


  マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットが監督。キャラクターが発する声はあるけど言葉になっているセリフは一切ない。


  フレデリック・バックが監督してジブリからDVDが発売された『木を植えた男』もたしかセリフがすくなくて、アート風の絵柄ということもあって、『レッドタートル』を観ていて思い出すアニメ。



  『レッドタートル』は絵とか海の動き、動物の動きがジブリらしくもあり、アニメーションとして見応えがあった。効果音も、素朴なキャラクターなどに合ってる。音楽はちょっとうるさめに感じたが。


  ストーリーはかなりシンプルで、ありふれている。その捻りのないストーリーでありながらも、ある程度は集中して見るに値する作品になっているのは映像とか音響効果の出来のよさによるものかとおもう。


■ファンタジーとリアリズム

  終わってみて不満だったのは、ファンタジーとリアリズムのどっちつかずの作品という印象が残ってしまうという点。一応結末で決着はついているけど、登場人物の内面性の描き方が雑だなとおもってしまう。

  (これを「ジブリアニメ」と言っていいのかわからないけど)ジブリアニメなんだからファンタジー全開でいいじゃんっておもうんだけど、監督はリアリズムにこだわってしまったのか。夢と現実が中途半端になっている。しつこく挟まれる主人公の夢、そして夢オチのシーンは伏線でもあるんだけど、やっぱしつこい。


  うろ覚えだけど、『思い出のマーニー』は夢と現実の描写のバランスが理想的だったような。


  純文学とか、文芸誌上でファンタジックな物語なんだけど、ジブリやディズニーみたいになってしまったら文学でなくなりすぎるので、語り手や主人公の妄想だった的なオチや設定が多々使われることがある。文学ならそこらへんは仕方なくもおもえる。あまり面白い解決方法ではないけど。


  でも、一応ジブリアニメならもう振り切ってファンタジーアニメ作ればいいじゃん、と心からおもう。



■『レッドタートル』と『オデッセイ

  男が一人きりで無人の土地に残される、という点では映画『オデッセイ』(原作小説のタイトルは「火星の人」)を思い出させる。



  『オデッセイ』のマット・デイモンの場合は、地球上や宇宙船内の仲間たちと連絡を取れた、という点で『レッドタートル』とは違うんだけど。それにしても、マット・デイモン演じるキャラの精神的にもサバイバル能力にしてもタフ過ぎて感服する。


  一方『レッドタートル』の無人島に漂着した男は、人間界と連絡する手段が一切ない。唯一他の人間たちと繋がりを感じられるものといったら、漂着してくる樽や空き瓶くらい……。


  そういう状態なら精神的に消耗していって、現実の自分の立場から離れて浮遊していってもしかたがなくおもえるけど。それにしても、幻想と現実の描き方はやっぱもうちょっとなんとかならなかったのか。


■『レッドタートル』と3.11

  物語の中盤くらいか、唐突に津波のシーンがあって驚いた。地震の予兆さえなかったな、そういえば。それまで、災害なんて起こりそうな季節の変化もないスコールが時々降るくらいの島だったのに。


  男たちを襲う津波の映像とその音。現実はどうか体験していないけど、こういう恐怖に近いのかな、と慄く体験になった。また、津波が去ったあとの無残な島の姿。流される家族。


  日本人として、3.11(東北地方太平洋沖地震)の記憶が自ずと喚起される。津波自体はテレビや新聞などのメディアでしか目にしていないが。


■おわりに

  ストーリー面では不満はあるものの、凄いアニメを見た、という実感を得ることになる作品だった。行ったの新宿の映画館で小さめのスクリーンで、意外に満席に近い客入りだった。従来のジブリアニメとはやっぱ毛色がちがうけど、アニメーションが好きならなにか感じるところはありそう。


D


老ヴォールの惑星

老ヴォールの惑星

  収録されている「漂った男」もまた漂着もの。


  絵本バージョン。

2016-09-22

藤沢周の『武曲』 が実写映画化、という噂

武曲 (文春文庫)

武曲 (文春文庫)


  藤沢周さん原作の剣道小説『武曲(むこく)』 。一か月くらい前からか、ブログの検索履歴に「武曲 映画」というキーワードが増えてなんだって思ってたけど、検索にはそれらしきものは引っかからない。


  けど、最近になって大船とかの鎌倉周辺でロケが目撃されているらしい。ツイッターで書かれているのは綾野剛綾瀬はるか前田敦子の三人。


映画『武曲』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ! - ドラマ・映画・テレビ.com


綾野剛 映画『武曲』9/20大船の撮影ロケ 実写化か? - お墨付き!


  綾野剛が主演だとしたら矢田部研吾役として年齢とかは合うけど、ほかの女優二人は原作にそんな役柄あったか?という疑問。女性キャラほとんどいないような。


  原作は読みごたえがあったから映画にも期待したいけど、剣道の試合のシーンとかはちょっと不安。


  剣道の映像作品としては『武士道シックスティーン』の映画版をこの前見たけど、剣道のシーンは結構よかったような(剣道素人目線)。


  嬉しくもあるけど、マイナーな作家としての藤沢周好きとしてはちょっと寂しくもある映画化。


藤沢周 『武曲』 - 殺し合い生かし合う剣道 - sibafutukuri(2015-04-11)

  文庫化を機に再読したときの感想。


■「藤沢周関連エントリー

藤沢周 『サラバンド・サラバンダ』(16.05.12)

藤沢周が語る「なぜいま武蔵無常を論じるのか」(16.04.24)

藤沢周による宮本武蔵 「武蔵無常」(16.03.14)

藤沢周さんの新作 「武蔵無常」と「或る小景、黄昏のパース」(16.02.23)

  ほかにもいろいろ書いていますが、リンク貼るの意外と面倒だと気づいたので最近のだけ。気になるひとは「日記の検索」っぽい部分で「藤沢周」と入力して「一覧」で検索してみてください。

2016-09-18

たまには多摩川で野鳥でも

  多摩川で散歩。今回は望遠レンズを持って。


f:id:sibafu:20160918134854j:image:w500

f:id:sibafu:20160918135034j:image:w500

f:id:sibafu:20160918135134j:image:w500

f:id:sibafu:20160918140124j:image:w500

f:id:sibafu:20160918140201j:image:w500

f:id:sibafu:20160918140233j:image:w500

f:id:sibafu:20160918140440j:image:w500

f:id:sibafu:20160918140942j:image:w500

f:id:sibafu:20160918141111j:image:w500

f:id:sibafu:20160918141320j:image:w500

f:id:sibafu:20160918141348j:image:w500

f:id:sibafu:20160918141948j:image:w500

f:id:sibafu:20160918142437j:image:w500

f:id:sibafu:20160918145014j:image:w500

f:id:sibafu:20160918145122j:image:w500

f:id:sibafu:20160918145302j:image:w500


  レンズキットの望遠だけど、それでも鳥に寄りきれていない。限界までズームしてこれ。川岸にとまってる鳥の場合近づけそうな気がするんだけど、これ以上歩いていくと自ずと鳥も遠ざかっていくのでどうしても届かない。

 

  前は意識してなかったけど、気にしてみると多摩川の野鳥の多さに気づく。同じ多摩川でも上流下流でまたいる鳥がちがうんだろうけど。

 

  今回の狛江あたりでは、黒くて群れてる「カワウ」、カワウに混ざっていたりする「コサギ」(たぶん)、あとカラスなど。

 

  トンビみたいな鳴き声が聞こえるけど、こんなところにいそうにないけどいるもんなのか。鷹みたいで恐いから遭遇したくはないね。撮りたい願望は強いけども。

 

  茂みに入って行ったら鳥が二羽いてビックリして飛んでったけどこっちもビックリ。近くの枝にとまったから撮影できたけど、妙にデカくて見たことのない鳥でちょっと気持ちわるい。足が黄色い。


  大きくて高そうなレンズ付けたカメラを持った人がちらほらといる。高そうだし重そうだけど、こうして鳥との距離感を実感すると欲しくなる。


2016-09-17

怒り

f:id:sibafu:20160917175730j:image:w500


  人気俳優大好きっ子みたいなミーハーみたいに思われそうでなんだか言い出しにくいもんだけど、公開初日に見てしまった李相日監督の『怒り』。

 

  とは言いつつも、いい映画だった。見てよかった、という感想。ストーリーはよくわからない、というかわかるけどミステリーとしては納得しづらいものだけど、豪華な役者陣みんな役になりきっていて圧倒される。演出面では稀に見る完成度の高さ。

 

  妻夫木聡綾野剛、渡辺謙と宮崎あおい森山未來と佐久本宝(新人)。それぞれの重なり合いと衝突がヒューマンドラマの面白さを思い出させる。あと、広瀬すずの孤独と慟哭。

 

  チャラチャラしてそうなイメージの役者からバックパッカー染みた役者になった森山未來には期待していたけど、その期待かそれ以上の演技、あるいは風格だった。こういう変なやついそうだなーって思わされる。危なそうな、でも魅力もあるんだろう。映画の中で、もっと見ていたいと思った。

 

  沖縄編の佐久本宝。まだ10代で今回がたぶん映画デビューの沖縄出身の少年。素人臭さと南国人の風貌とか喋り方が、今回の役にピッタリはまっていた。彼と森山未來との交流と衝突は、見ていてすごく楽しかった。

 

  宮崎あおい広瀬すずは、どっちも「弱い女」の役どころで二人とも痛々しかった。見ていて不快でもあるけど、良くも悪くもその痛々しさが映画のなかでの生々しさにもなっていて夢中になる。

 

  宮崎あおいは増量の指示が監督からあったらしく、7キロ太ってメイクもほとんどしていないくらいで、見た目は醜くはなっていたけど、上っ面が剝がされたことで演技がより際立つようになっていたとおもう。

 

  音楽は坂本龍一だったけどクラシカルな曲もあれば電子音楽とアンビエントの混ざったエレクトロニカ的曲もあって、今回は結構好みだった。音源よりなぜか映画で聴くことばかりの坂本龍一。『怒り』、『レヴェナント』、『母と暮らせば』と、狙ってないけど続けて全部劇場で見ている。

 

  李相日の監督作品は今まで意外と見ていなかったけど、『許されざる者』だけは見ていた。渡辺謙と佐藤浩市が共演している渋い北海道の映画でけっこう好きだった。また見たい。


怒り(上) (中公文庫)

怒り(上) (中公文庫)

怒り(下) (中公文庫)

怒り(下) (中公文庫)


  ポスターの白背景のほうは篠山紀信さんによる撮影。いいポスターだ。


f:id:sibafu:20160917175907j:image:w500

2016-09-12

赤羽

  『山田孝之の東京都北区赤羽』を見て感動し、その原作みたいなマンガの清野とおるさんの『東京都北区赤羽』を読んだらかなり面白くて赤羽に憧れる。

  散策に行ってみる。特になにもなかったけど。公園でお祭りっぽいものをやっていたな。普段自分が立ち寄る場所と比べると、やっぱり雰囲気がちがう。レトロな風景が多くていい。



f:id:sibafu:20160910104751j:image:w500

f:id:sibafu:20160910104824j:image:w500

f:id:sibafu:20160910105013j:image:w500

f:id:sibafu:20160910105534j:image:w500

f:id:sibafu:20160910105856j:image:w500

f:id:sibafu:20160910105914j:image:w500

f:id:sibafu:20160910105924j:image:w500

f:id:sibafu:20160910110828j:image:w500

f:id:sibafu:20160910111004j:image:w500

f:id:sibafu:20160910111351j:image:w500


  炎天下のなか、東十条まで歩いてみた。けっこう遠かった。思いのほか、商店街がにぎわっていた。

  腹が減ったので11時30分くらいに、やってるのかやってないのかよくわからないうら寂れた中華屋に入った。店の前にメニューが出ていて安かったからだ。

  客は他に誰もいないし接客にやる気はないしで不安しかなかったけど、出てきた料理の味はなかなかで量も多かった。海老と野菜の炒め物とラーメンのセット。それで650円だからお手頃だ。また来たい。そもそも東十条に来る用事が全くないが。


f:id:sibafu:20160910114739j:image:w500

東十条商店街。


実録山田

実録山田