sibafutukuri アニメとか音響音楽とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-10-31

東京デザインウィーク2016の感想

f:id:sibafu:20161029144947j:image:w500


  東京デザインウィーク2016に友人たちと行ってきたのでその感想と写真です。




■開催概要


ABLE & PARTNERS

TOKYO DESIGN WEEK 2016

会場: 明治神宮外苑 絵画館前

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町2-3

主催: TOKYO DESIGN WEEK

DESIGN ASSOCIATION NPO


前期:2016年10月26日 〜 10月31日

後期:2016年11月2日 〜 11月7日 ※11月1日は終日閉場

開場時間:11:00〜21:00 ※最終日は20:00まで

2015年来場者数:106,321名

入場チケット:2,500円(一般当日券)

※昨年の入場料3,000円から2,500円に料金改定致しました。


http://tokyodesignweek.jp/


  Air Tent展、スーパーロボット展、Creative Life展、学校作品展、写楽インスパイア展、りんご音楽祭など。いろんなコンセプトの展示や音楽などのイベントがある。


  前期(10月26日 〜 10月31日)と後期(11月2日 〜 11月7日 ※11月1日は終日閉場)で展示内容が変わるみたい。自分は10月29日に行ったので前期の内容だった。




■体験型の展示もたくさん


  場所は明治神宮球場とかがある明治神宮外苑。ひろびろとしたスペースの中で、屋内展示の建物があったりステージがあったり、フードコートがあったり。

  音楽のライブとかのイベントは全然見られなかったけど、展示をざっと全部見て回ったけど所要時間は4〜5時間くらいかな。


  デザイナーが考えたアクセサリーや家具などが展示してあって、デザインしたひと本人が居て説明をしてくれたり。


  美術系大学の学生たちがつくっているようなものは、体験型のプロジェクトが多かった印象。作品だけがぼーんと目の前にあっても、使い方、遊び方がわからないものだらけ。でも、学生系はその場所に学生さんたちがたくさん居るのでレクチャーしてくれる。

  体験型では自分で、デザインされた空間に入る作品が多かったとおもう。一人だと恥じらいが強いので、複数人でいくと一層楽しめる。


  体験型のアートとかインスタレーションアートの展示というと、初台の東京オペラシティーにあるICC(NTTインターコミュニケーション・センター)にちょっと近い感覚。




■写真撮影OKみたいです


  入口にいたスタッフの方に「写真撮影できますか」と訊いてみたところ、「大丈夫です」とのことで、いろいろ撮ってきた。


  商品やプロジェクトという表現が合いそうな展示が多いとはいえ、作品でもあるのだからぜんぶ写真撮影可っていうのはけっこう太っ腹に思える。SNSとかでの宣伝効果を期待してということかもしれないけど。


f:id:sibafu:20161029152457j:image:w500

f:id:sibafu:20161029122727j:image:w500

f:id:sibafu:20161029123347j:image:w500

f:id:sibafu:20161029125020j:image:w500

f:id:sibafu:20161029131516j:image:w500

f:id:sibafu:20161029132654j:image:w500

f:id:sibafu:20161029134035j:image:w500

f:id:sibafu:20161029134551j:image:w500

f:id:sibafu:20161029134600j:image:w500

f:id:sibafu:20161029152059j:image:w500

f:id:sibafu:20161029152642j:image:w500

f:id:sibafu:20161029153412j:image:w500

f:id:sibafu:20161029154358j:image:w500

f:id:sibafu:20161029161337j:image:w500

f:id:sibafu:20161029162804j:image:w500

f:id:sibafu:20161029165026j:image:w500

f:id:sibafu:20161029170410j:image:w500


  フードコートでは屋台がいくつかあって、お肉系が多かったかな。ジンギスカンとかピザとかパエリアとか。ジンギスカン入りのタコスみたなものを食べた。


f:id:sibafu:20161029140315j:image:w500

f:id:sibafu:20161029140850j:image:w500




■りんご音楽祭@TDW


  野外と室内でやるライブで好きなバンドのPolarisが出るみたいだったけど、時間がなくて見られなくて非情に残念……。


  翌日、部屋で延々と Polarisを流していた。


Polaris - 深呼吸
D


  ほかに、アナログフィッシュ、Seiho、DE DE MOUSE、青葉市子などが出演。


■EOS Kiss X7&SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS


  写真撮影の使用機材は、ボディがCanonの「EOS Kiss X7」でレンズがSIGMA の標準ズームレンズ「17-50mm F2.8 EX DC OS」です。


  友人たちと移動しつつ、明暗の差のある室内や屋外を行ったり来たりなので、自分の腕が足りないこともあって明るさの調整が難しかった。


  でも、SIGMAの「17-50mm F2.8 EX DC OS」はF値が2.8と低く17-50mmをカバーしてくれているので寄るのも引くのも簡単。ただ、このレンズだけで565 gっていうのはけっこう重量感なんだけど。数か月使っていてやっとこの重さに慣れてきた感じ。


■追記(2016.11.06)

「『子どもが中に!』ジャングルジムから火の手 神宮外苑」


f:id:sibafu:20161029163316j:image:w500
※この写真は事件当日のものではありません


  燃え上ってしまったらしい展示のジャングルジム。昼間に行ったので電球があったかは記憶にないけど、中には人が入れるようになっていて、おがくずがたくさんあったので、確かに非常に燃えやすいオブジェではあった。日本工業大学による「素の家」っていう作品らしい。残念な事件だ。


  ご冥福をお祈りします。

2016-10-20

ダメ男っぷりに救われる『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

f:id:sibafu:20161020211121j:image:w500


  おととい『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』を見て、昨日『ヘイル、シーザー!』を見た。どちらもコーエン兄弟が監督で、なにをしたいのか、なにを観客に見せたいのか、自分には理解が難しかった。『ヘイル、シーザー!』に至ってはコメディ映画らしいけど1ミリも笑えず……。


  でも、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』の主人公のダメ&クズ人間のフォークシンガーは嫌いになれない。歌もギターもうまいけど、誠実すぎるせいか売れないしお金ないし家もない。音楽をやめるか、漁師に戻るか迷ったりしてうじうじしている。別の彼氏がいる女性フォークシンガーを妊娠させちゃうし、どうしようもない。


  仮にも映画の主人公なのに、こんなダメ人間なんているのか、と驚く。でも自分の場合は不快感よりも共感できてしまうところもあるな、と映画の余韻で思い直す。どうしようもないその日暮らしだけどなんとか生きていけるから、ちょっと羨ましくもある。猫も一緒だし。


  夢と現実の間でフラフラしているのは『サイタマノラッパー』っぽくもある。こっちの一作目がきれいな終わり方をしていたのに対して『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』のオチているのかいないのかさえよくわからない結末は、意味不明。なんとなく猫の名前からの安易な連想と、連環的な物語にジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』っぽさを感じる。


「SHO-GUNG」×「 SRサイタマノラッパー」 PVフルver.
D


  まあでも『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』みたいなオチはコーエン兄弟らしい気もするが。初見で『ノーカントリー』の結末を見た時にはポカーンとしてしまった。「あれ、これで終わり?終わっていいのかな?」というような。今ではあのエンディングの意味深さが好きなんだけど。


映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』予告編
D


  予告編はいいんだけどねー。本編の終盤にはベンジャミン・パイクという人が演じている若い時のボブ・ディランがちょこっと出てくる。


  主演のオスカー・アイザックの歌もギターも俳優としてはかなりうまいんだけど、そもそも曲がそんないいとおもえないので響いてこない。音楽映画として致命的。しかも最後にボブ・ディランの影を出してきてしまう。同じ土俵で勝てるわけがない。


2016-10-10

『WIRED』VOL.25「ブロックチェーンは世界を変える」


  「編集長から読者の皆さんへ」ということで『WIRED』からメールが届いた。編集長・若林恵さんの10月11日発売のVol.25の特集「ブロックチェーンは世界を変える」についてのインタビュー。これを読むまで特集を全然理解してなかったけど、ヴァーチャル国家とか国家消滅! 会社消滅!などとパンクでアナーキーなことを語っていて期待。



「ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークであり、中央集権を置かずにして信憑性のある合意に到達する方法を可能にする技術です。」

(genxnotes.com、https://genxnotes.com/post/id/what-is-blockchain-technology



  中央集権が存在しない分散型のシステム。システムを監視するのは利用者自体。仮想通貨のブロックチェーンで代表的なのがビットコイン。去年事件になっていたけど……。実際に普及するかは別として、ブロックチェーンの作り出す理想世界は魅力的。


  「ブロックチェーン・テクノロジーの誕生はインターネットの誕生に匹敵するくらい革新的な技術だと言えるでしょう。」とも言われているので、今まで気にしていなかった仮想通貨の世界が気になってしまう。


  大手銀行をサイバーテロで攻撃して、国の経済を混乱させて、仮想通貨が市民のお金として主流となりつつある、っていうのを海外ドラマの『ミスター・ロボット』でやっていることもあって、ブロックチェーン特集を読む打ってつけのタイミング。


【目次】

■特集「The Power of Blockchain ブロックチェーンは世界を変える」

10月11日発売の『WIRED』VOL.25は、「ブロックチェーン」特集。

●しんぴょうせいのたかいごうい:西島大介

●ドン・タプスコットのメッセージ:ブロックチェーンは革命だ(あなたがそれを望むなら)

●ぼくはクリプトアナキスト:21歳の天才ハッカーがブロックチェーンにみる夢

●岩井克人のビットコイン論

●わたし、ブロックチェーンで〇〇を変えます

●エストニアン・ブロックチェーン:池田純一

●ああ、素晴らしき分散:ブロックチェーンな近未来 5つの遠景

●ブロックチェーンを有無を言わさずわからせる基礎講座

ほか

http://wired.jp/magazine/vol_25/



■関連記事

「『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』シーズン2 最終回」(16.10.08)

「『WIRED』Vo.14の「ハメロフ博士の世界一ぶっとんだ死の話」への共感」(14.12.08)

「『WIRED』Vol.15の針も文字盤もない奇妙な時計「Durr」」(15.05.21)

2016年秋に見るべきアニメ

  最近ぜんぜんアニメを見ていなかった。いわゆる深夜アニメ。でも、気づいたら10月になって、いろいろアニメが始まりだして気になり始めたらキリがない。


  「2016年秋に見るべきアニメ」はなんなのか。アニメ見つつ書きつつ調べていく。




1.亜人 第2クール

f:id:sibafu:20161009215641j:image:w500


  原作読んでて最新の9巻買ったけどまだ読んでない。とりあえず、アニメの第2期第一話(通しで14話)を見る。

どこら辺で1期が終わったから記憶が曖昧だったけど、永井と中野が逃亡したところからだったか。


  14話で病院のシーンがあったけど、こんなの原作にあったのか?

どっちか知らないけど、ネットでの話によると原作とテレビアニメ&映画ではストーリーが違うらしい。

原作漫画はまだ続いているけど、テレビアニメ&映画はひとまず完結させるストーリーになっているんだろう。


  アニメはCGを多用していることもあってマンガと大分テイストが違うけど、どちらもそれぞれの良さがあるように思える。アニメは特にアクションシーンがいい。特に佐藤。亜人の出すIBM(黒い幽霊)はアニメにしてもマンガにしても、ちょっと魅力に欠ける。






2.フリップフラッパーズ

f:id:sibafu:20161009213931j:image:w500


  『スペース☆ダンディ』18話「ビッグフィッシュはでっかいじゃんよ」で、脚本・絵コンテ・演出・作画監督・原画を担当し、一つの見事な世界を作り出した押山清高が監督を務める『フリップフラッパーズ』。


  ということで、期待大で待ち望んでいたのであった。ちょっと百合っぽすぎはしませんかね、と思うところはあるけど、まだ一話目だからな。


  『ダンディ』18話もジブリ要素が強かったけど、今作では背景やエンディングにジブリっぽさが滲み出ていて、やっぱりジブリ出身アニメーターらしさが出ている。


  オリジナルアニメだからこその、未知の世界の体験でもあって、なにが待っているか全く分らない面白さとあと怖さがある。


「『スペース☆ダンディ』第18話「ビッグフィッシュはでっかいじゃんよ」への驚き」(15.02.09)





3.3月のライオン

f:id:sibafu:20161009221013j:image:w500


  原作読んでないんだけど、友人が良いと言ってたこともあって気になり始めている。

  そんなとこにアニメが始まったので見てみる。ちなみに来年実写化するらしい。

  やー、騙された感がすごい。まさかシャフト製アニメだとは。原作の表紙とかの雰囲気からはぜんぜん想像できなかった。

  久々の新房昭之の作品。知っていなければ見始めなかったかもしれないくらいに敬遠している。いい印象が全くない。

  実際、自己陶酔的(ナルシスチック)なシーンと目ん玉のアップ、その多用は全然変わっていないのがすごい。

  「ドヤ演出」と悪い意味で読んでいいくらいに一辺倒でひとりよがり。


  まあでも、日常的な食事とか猫がいたりする生活空間のシーンは羽海野チカ作品っぽくてほのぼのする。

  シャフトっぽいシーンとほのぼのシーンのギャップがなんか変な感じだけど、全体的にはなかなかよさそう。話も気になるし。


  ついでだけど、花澤香菜が出てるけど「またお前か」という感じしかしない。

  飽きてくるし、しかも声を聞くたびに彼女の顔が思い浮かんでしまうからなんかもうダメだ、可愛いんだけど。





4.他

  あと、気になるのは『夏目友人帳 伍』、『ドリフターズ』くらいか。まだ見てないけど。5個くらいならなんとか追えそう。

  ここ2週間くらい、アマゾンのプライムビデオで海外ドラマの『フレンズ』をエンドレスに見続ける自堕落な日々だったので、このアニメ群はいい刺激になりそうだ。

2015-05-21

『WIRED』Vol.15の針も文字盤もない奇妙な時計「Durr」

f:id:sibafu:20150521203425j:image:w500
(http://skrekkogle.com/durrbeta.html、より)





  ひとつ前の号だけど3月発売の『WIRED』のVol.15を読んだ。


  「ワイアード・バイ・デザイン デザインをめぐる25の物語」という特集で、ファッションに限らず街や畳や変なツールまで、25種類のデザインが紹介されている。


  その中で一番面白いと思ったのは「Durr」と名付けられた腕時計。秒針などの針も文字盤もなにもなくて5分に一度振動するだけ、という奇抜にデザインされた「腕時計」。その記事を読んだ日は、これいいなとおもった、ということを50分に一度思い出す一日だった。


  作ったのはノルウェー人のデザイナーユニットのSkrekkogle。販売もしているらしい。欲しいな。欲しいけど、普通の腕時計も必要だから普通のとDurrと二つ装着しなければならない。恥ずかしい……。


  時間の感覚は伸縮するものだけど、その5分時計によって感覚は5分ごとに区切られていく。時間に支配されると消極的にも考えられるが、秒針も文字盤もないのだから我々はその5分のあいだ、絶対的に自由だとも肯定できる。24時間、5分間刻みを実感しながら生きたことがないのだから、未知の体験だ。


  一定の間隔で刻まれた時を意識して生活する、ということはなかなかないものだとおもう。Skrekkogleによると、1分でも10分でもなく5分というのが直前の振動をあまり嫌にならずに自覚できる時間だそうだ。しかし何分の何秒の間隔であっても、生活にリズムが生まれるということだから、それだけで世界がちょっぴり変わるツールにDurrは成り得るだろう。




■Skrekkøgle

http://skrekkogle.com/

2014-12-08

『WIRED』Vo.14の「ハメロフ博士の世界一ぶっとんだ死の話」への共感


  『WIRED』最新号Vol.14の特集は「死の未来」。あまり気になるテーマではなかったが、デザインや写真を眺めているだけでも楽しい雑誌なので手に取った。でも読み始めたら凄く面白かった。まだ「スタートアップ大国イスラエル」と「ハメロフ博士の世界一ぶっとんだ死の話」しか読んでないが。


  麻酔医スチュアート・ハメロフ博士による「意識と『量子もつれ』と不滅の魂」の話がおもしろくて、希望の詰まった妄想に駆られて胸が苦しくなるほどだ。「量子脳理論」と呼ばれているおはなし。死者の意識の行方についてハメロフはこう語る。「『量子もつれ』によってひとかたまりになった『量子魂』なら、もしかしたら存在するかもしれないよ」と。


  「意識は、物質でできた肉体から離れてそのまま宇宙に留まるんだ。時間の概念がない、夢に出てくる無意識にも似た量子の世界だよ。ひょっとすると『量子もつれ』によって塊(かたまり)になった量子情報が『魂』と呼ばれるのかもしれないな」(スチュアート・ハメロフ)


  「そう、すべての物質には、空間にでさえ原始意識があるということになる。でもそれらに物事を統合する能力(微小管)はないから、意識といってもランダムで断絶していて、認識力はなく意味を感じない、原始的で未熟なものだよ。まるでメロディも音色もバラバラな、オーケストラのウォーミングアップみたいなもんだね」(スチュアート・ハメロフ)


  理論は科学的で理数系的なのでだいぶちんぷんかんぷんだが、言っている結論はなんとなくわかるし共感できる。たしかに「ぶっとんだ死の話」だが、アニミズムや汎神論風の意識や神についての意識を持っているぼくにとって、ハメロフはぼくのその意識に対する意識を実験と仮説で支持してくれる。


  「オーケストラのウォーミングアップ」という例えが面白い。ウォーミングアップとは演奏前のチューニングのことだろう。どこにでも、空間にでも意識は存在する。が、それは音楽のようではなくて音響だ。構成されたものではなくて、それ以前の原始的に当たり前に存在する音だと。


  オーケストラのチューニング音が好きだ。だってあれは紛れもなく音楽としてのドローン・アンビエントだから。残念ながら曲の演奏が心に響かない時、演奏前のドローンがその時の公演のピークになる。面白いのがチューニングの出来不出来はオケの成熟度にあまり比例せず、安定して心地よいことだ。


  チューニング音が安定していることで、ぼくの中でオーケストラの満足度の基準点が常にそこに置かれることになる。だからオーケストラはその基準点を越える演奏をしなければならなくなる。


  チューニング音は音楽度で言うと零度の音楽だろう。そして快楽度で言っても零度であり、満足できるオケならプラスへ上がるだろうが、そうでない場合はチューニング音以下の零度以下のマイナスへと下がる、ということ。


  ハメロフが言うには周囲や万物に意識があっても人間が気づけないだけ、ということだろう。だが、オーケストラのチューニング音をドローン・アンビエントとして音楽として把握できるぼくはわりかし意識できない意識というものにタッチできなくはないのではないか、とそういう馬鹿らしくもある妄想を膨らませて楽しい。