グリーンキーパーの野帳から


急な山の中の、はやらないゴルフコースのグリーンキーパーをやっています。
朝な夕なに御山を仰ぎ、時に手を合わせながら、不埒な振る舞いに終始する毎日です。




 最近のみだし



 sib@funokuroko's WEBSITE 仰峰閑話

【掲示板】仰峰閑話【仮営業】



この度給付されることが決定した 定額給付金を使い 拉致被害者奪還のためのオバマ大統領宛の意見広告を掲載するための募金運動が行われています : 意見広告ふたたび 拉致被害者の救出に向けて(別ウインドウで開きます)




 【このブログは実在するゴルフコースとは一切の関わり合いを持ちませんので、あしからずご承知おき下さい】

必ずお読み下さい




 

2009年03月15日 だいじやうぶ









だいじやうぶ  




それに氣付いてよりの企てではありましたが

まあ 何とかかんとか實現の運びであります


思へば あの日――――――――


この身の 心身の不調のあんまりに この身の限界を悟りては

コースの仕事で壹番大事なことと云はば

コースを見續ける目 コースに掛け續ける目を 途切れさせぬこ

さにあるのではないかと さう思ひ到りたわけですよ

だうせグリーンキーパーの その職の寿命の如何に長くともたかだか數拾年でしかありませんから そこにコースのある限りは キーパーは その代を継ぎ その職を継いで行かねばなりませんよね


さにあらば――――――――



ずっとなかよし ずっと一緒! : 画像をクリックすると大きな画像が御覧になれます(別ウインドウで開きます)

さにあらば コースや芝の良し悪しや コースに掛け續けらるる 金や人の多寡を云云することも大切なことなれど グリーンキーパーの交代に際して如何にして 見る目 掛ける手を途切れさせずにこれを行ふか

そを行ふに 如何にかして己よりも高き次元の次代を据へることを図らうか 

グリーンキーパーの仕事には そんな側面もあるのだらうと思ひます

己ばかりの高みに登りては 後を継ぐ者の無きを それを己の高みの誇りとする事を潔しとせず これを断じ

己の 後を継ぐべき者達の踏み石として 泥濘にこの身を投じ 泥に塗れたる彼らの靴を嬉嬉としてこの肩に担ぎては より高きに送り出すをこの身に任ず

案ずるな 当代のキーパーは 次代の踏み石に過ぎぬものだと


 

まあ さう云ふわたしの どこまでを体現できたのやら知らん




とまれ やうやうに――――――――


やうやうに コースも若い衆も 晴れて わたしの手を離れました

だいじやうぶですよ

微笑んで 彼等の門出を祝いませう

さうして彼らの健闘を祈りませう


かれらなら だいじやうぶ




さあ こちらの更新も めでたき今日の日をもちましてお仕舞ひであります

長長のお付き合ひを ありがとうございました

御覧の皆様に 深く御礼を申し上げます



平成貳拾壹年參月拾伍日

sibafunokuroko拝

















 


2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 |

プロフィール



当サイトに掲載されてをります記事及び情報 画像は その一切の全てをsibafunokuroko個人の責任にをいて編集 発信しております
従って 当サイトに掲載されてをります記事及び情報 画像は現在所属してをります企業 団体の見解 方針と何ら関連を持つものではありません
当サイトに掲載されてをります記事 情報 画像の引用等に当たりましては こちらをご覧下さい
当サイトに掲載されてをります記事及び画像は 全て著作権法の保護を受けてゐます
当サイトに掲載されてをります記事及び画像の著作権は 全てsibafunokurokoに帰属するものです

当サイトは 遍く全ての芝生の民人に敬意を表し 謝意を献ずるものであります

photo and written & copyright all reserved sibafunokuroko sibafunokuroko 2004-2009