Hatena::ブログ(Diary)

しびらき職員ブログ【栄養士】

2016-03-03

平成27年度 2月号

梅のつぼみもほころびようやく、春の気配を感じる頃となしました。
しびらきでは、2月に毎年恒例になっているまぐろの解体ショーを行いました。
その時の様子をご紹介したいと思います。
f:id:sibirakieiyou:20160303174026j:image


今年のまぐろは昨年同様メキシコ産。空輸で運ばれてきました。
なんと、35.8圓△蠅泙靴拭
マグロの解体職人さんに来ていただき、ばっさりと解体開始!
f:id:sibirakieiyou:20160303174053j:image:w250f:id:sibirakieiyou:20160303174312j:image:w250
     
皆さん、まぐろの大きさにびっくりです。(左)
職員さん何名かに試食をしてもらい、「とってもおいしい」とお墨付きを頂きました。(右)
f:id:sibirakieiyou:20160303174051j:image:w250f:id:sibirakieiyou:20160303174050j:image:w250

f:id:sibirakieiyou:20160303174317j:image:w250f:id:sibirakieiyou:20160303174048j:image:w250                           
皆さん解体ショーは何度も見ているのですがお話を聞くと、飽きることはなく毎年楽しみにしているとの事でした。さばいた後は鉄火丼にし、カマの部分も焼いて全て残すことなくおいしく頂きました。
 巷ではインフルエンザが流行している中の開催でしたが、幸いにもしびらきの利用者の方はインフルエンザにかかることなく、まぐろの解体ショーを楽しむことが出来ました。引き続き、利用者の方が健康でおいしい食事ができるよう注意していきたいと思います。

2015-12-31

平成27年度 12月号

早いもので、もう師走となりました。一年がたつのはあっという間ですね。しびらきの利
用者さんは今のところ大きく体調を崩される方もなく、皆さん良く食べ元気に過ごしています。



 11月11日(水)に 奈良県の「飛鳥鍋(風)」と「七色お和え」という郷土料理を行いました。
 飛鳥鍋とは牛乳や豆乳で煮るのが特徴だそうです。残念ながら鍋を皆さんの前にお出しす
ることが出来ず、お皿に盛っての提供になってしまいましたが、それでも皆さん喜んで召し
上がってくださいました。「七色お和え」とは本来お盆に夏の野菜を使ったごま味噌和えだ
そうですが、初めて聞く名前でめずらしいと思い採り入れてみました。
f:id:sibirakieiyou:20151231105601j:image

          

12月1日(火)は 青森県せんべい汁」でした。
 青森と言えば「せんべい汁」が有名なので、皆さんにぜひ一度せんべい汁を味わっていただきたいと思いこの献立に決めたのですが、せんべい汁用の南部せんべい厨房取引業者さんにもこの辺りのスーパーにもなく、ネットで取り寄せしました。わざわざ取り寄せしたかいもあったようで、利用者さんからも職員さんからもとっても大好評でした!
f:id:sibirakieiyou:20151231105600j:image



12月23日(水) クリスマス
エビピラフ、ミートローフ、サラダ、コーンスープ、いちごミルクプリンというメニューにクリスマスカードを添えました。この日は皆さんご飯より、サンタさんからのプレゼントに夢中のようでした。
f:id:sibirakieiyou:20151231105559j:image
           

2015-10-30

平成27年度 10月号

  日増しに秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる頃となりました。


         
日本各地の郷土料理をめぐるシリーズですが、今回は10月5日(月)に高知県郷土料理をお出ししました。、写真左が「ぐる煮」という煮物で、右が「なすのたたき」です。ぐる煮の「ぐる」とは、高知県の方言で「一緒」「仲間」を意味し、様々な野菜や食材を煮込むことから「ぐる煮」と呼ばれるそうです。また、高知県と言えばかつおのタタキが有名ですが、なすもタタキにして良く食べるとのことです。
 利用者の方の反応ですが、ぐる煮は「お母さんの味がして、懐かしかった」などと話す方もいらっしゃいました。なすのタタキはなすとツナを和えたのですが、とても良く合うと好評でした。
f:id:sibirakieiyou:20151030194049j:image



 10月30日(金)の昼食はハロウィンの行事食を行いました。今年のハロウィンは食事に添えたカードに番号を付けておき、くじ引きが出来るようにしてみました。くじに当たった方にはジュースとプリンのセットが渡されました。また、施設長や原田さんが自ら仮装して下さり、食堂内は大変な盛り上がりとなりました。

f:id:sibirakieiyou:20151030194048j:imagef:id:sibirakieiyou:20151030194047j:imagef:id:sibirakieiyou:20151030194046j:image
f:id:sibirakieiyou:20151030194044j:imagef:id:sibirakieiyou:20151030194043j:image
      
         
  

(昼)かぼちゃの和風ミートローフ  (おやつ)かぼちゃプリン
f:id:sibirakieiyou:20151030194042j:image
 
 
 これからの時期、感染症が心配されます。特に今年は新型のノロウィルスが流行しそうとのことなので、施設でもしっかり感染症対策に取り組み、予防に努めていきたいと思います。

2015-08-28

平成27年度 8月号

 8月は夏の暑さが続きつつも、暦の上では秋の始まりの季節にもなります。お盆が明けてからは徐々に
秋の空気も感じられる頃になりましたね。


<7月、8月の行事食>

8月5日(水) 二の丑 「うなぎ蒲焼」
  今回のうなぎは今までの物より大きく、厚みもあったため皆さんにとても好評でした。
f:id:sibirakieiyou:20150828132544j:image:w640
  
左写真:7月24日(金) 新潟県郷土料理 「笹寿司」と「のっぺ」
右写真:8月10日(月) 沖縄県郷土料理 「ジューシー」と「豆腐そうめん」
f:id:sibirakieiyou:20150828132543j:image:w270:left
f:id:sibirakieiyou:20150828132542j:image:w270
 郷土料理は利用者の方にも楽しみの一つとして定着しつつあるようです。日頃の会話の中で「今度はどこの県かな?」「どんな料理がでるのかな?」などと話題にしてくれているようです。
 これからも、様々な地域のめずらしい料理を提供していきたいと思います。

2015-06-30

平成27年度 6月号

  
ことしもまた梅雨の時期がやってまいりました。
梅雨と言えば、この時期はとくに食中毒が心配ですね。食事を提供する際、厨房でも十分な対策を行なっていますが、利用者の方にも細目な手洗い・アルコール消毒を行っていただいています。

f:id:sibirakieiyou:20150630092100j:image:medium:left
f:id:sibirakieiyou:20150630092059j:image:medium
f:id:sibirakieiyou:20150630092058j:image:medium:right
   
 食事前の手洗い     職員による手指の消毒または「て・きれいき」による消毒
      
f:id:sibirakieiyou:20150630092057j:image
f:id:sibirakieiyou:20150630092056j:image
   
     利用者の方によるテーブルの消毒

f:id:sibirakieiyou:20150630092055j:image
月に一度日本各地の郷土料理をお出ししていますが、今回は6月11日宮城県の「おくずかけ」をお出しいたしました。
おくずかけとは、宮城県の特産品の温麺や野菜、豆麩などを煮て葛や片栗粉でとろみをつけた料理だそうです。皆さん、「めずらしいね」「おもしろいね」などと話をされながらお食事を召し上がっておられました。
 


 今後、夏に向け益々気温も高くなり、食中毒に限らず熱中症夏バテなどにも注意が必要になってきます。毎日おいしく食事を召し上がってもらう為に、給食でもこれらのことに気を配りながら皆さんの健康管理を行なっていきたいと思います。