Hatena::ブログ(Diary)

特研日誌

ヤフー・ニュース「個人」にて、つぶやき中。 http://bylines.news.yahoo.co.jp/nanbakoji/

2013-06-01 1970ぼくたちの青春

f:id:sidnanba:20130601052935j:image:w360


もう、22年前にオンエアされたドラマを観る。

当時は「青春グラフィティもの」の佳品として

観ていたのだろうと思う。影が濃ければ濃いほど…

の理屈で言えば、父親と二人暮らしの「陸送」、

エスニックマイノリティとして生きる「番長」、

進学校の就職組で、軽度の障害をもつ「ニシキ」と

それぞれになかなか。陸送の悲劇的な死もあるし。

関川夏央的には「1970年に帰国事業は…」となるだろうが

まぁフィクションということで(杉田成道の自伝的作品

ではあるのだろうが。時習館高校、豊川手筒まつり!)


久しぶり見返してみて、やはりよくできてる。

しかし、永堀剛敏→段田安則はドンピシャだが

吉岡秀隆風間杜夫というは、ちょっと無理が…


野平俊水・大北章二『韓国のなかのトンデモ日本人』双葉社、2004

鷺沢萠『ケナリも花、サクラも花』新潮文庫、1994


今日は、子どもたちとぶらぶら。

名人戦宝塚ホテルまで、来なかったなぁ〜