Hatena::ブログ(Diary)

silenleconの日記

2016-10-10

いばらの王』公開を記念して冒頭の映像が本

5月1日より全国ロードショーの映画『いばらの王 -King of Thorn-』の冒頭部分の映像が、本日4月16日よりバンダイチャンネルおよびアニメ.モビ(※ドコモ・au・ソフトバンクの映像対応機種のみ対応)で無料配信されている. 本作は、『コミックビーム』(エンターブレイン刊)で連載されていた岩原裕二さんのマンガ『いばらの王』を映画化したもの. アニメの制作は、サンライズの『スチームボーイ』や『FREEDOM』を手掛けたチームが行っている. 配信されるのは、109分から成る本編のうち、冒頭の約12分間. 原作ファンはもちろん、どのような世界観か興味がある人は、チェックしてみては. わたし、気になります! 」の千反田えるちゃんだけでなく、伊原摩耶花も福部里志も必死に足掻いている姿こそ、まさに青春じゃなイカ! 入須冬実先輩との一件以降、確実に、そして如実に成長している折木奉太郎の姿に自分の無力さ、焦り、弱さを感じ始めている古典部の3人. 公式発表によるとこの文化祭絡みはあと2話もあるそうですが、果たして「わらしべプロトコル」と「夕べには骸に」と「十文字事件」がどう絡んでいくのか、私、気になります! アカペラ部からはアップルジュース、囲碁部からは石、占い研究会からは運命の輪、園芸部からはAK式水鉄砲、お料理研究会からはおたまが盗まれたことから、十文字事件の犯人は文字通り「10文字」に従って、しかも五十音順での10文字に従って犯行に及んでいるのをあっという間に解き明かした奉太郎. これも折木供恵お姉さんのエスニック風お弁当の効果なのかと思いつつも、この犯人が古典部を標的にしてくれたら文集が売れるとか、犯人はハナから「十文字」が「五十音の10文字」と読まれることは分かっていたはずだから他に目的があるはずだと考えるなど、本当に摩耶花ちゃんが驚くほど内面的に成長してるんですよね. 一方えるちゃんは入須先輩から教えてもらった交渉術をストレートに使ってしまうほど、人にモノを頼むのが苦手. まぁ壁新聞部からカッターナイフが盗まれた情報を得たのはお手柄でしたけど. また福ちゃんはやはりシャーロック・ホームズに憧れているのか、今度こそ犯行の現場を抑えるとばかりに奇術部に乗り込むも、キャンドルが盗まれた現場を抑えきれず. 焦りが冷静な判断力を鈍らせたのでしょう. そして「夕べには骸に」が合作であったこと、その作者の一人が河内亜也子先輩の友人だったことを湯浅尚子部長から聞かされた摩耶花ちゃんは、福ちゃんを頼ろうとした自分の弱さと漫画研究会でのゴタゴタで限界に近付いている状態. とまぁ3人とも奉太郎が大声を出してまで小麦粉を届けるなど確実に内面的成長を遂げているのを目の当たりにしたことで、自分はどうなのかと焦り始めているのですが、果たしてこの青春的焦りを奉太郎がどう受け止めるのか. 奇術部ショーを少女のように楽しみにしていたあの入須先輩が 第10話 で奉太郎に言った「才ある者は自覚すべき」がここに来てちょっと青春の傷に響いてきましたね. ちなみに 第12話 を見直してみると古典部が載っているパンフのページに同載されていたのは軽音部、囲碁部、アカペラ部、壁新聞部、お料理研究会、園芸部、ブラスバンド部、奇術部、占い研究会となっているので、軽音部の次に、つまり最後に狙われるのは間違いなく古典部でしょう. またそのページの隣に記載され、かつ総務委員長にえるちゃんが直談判した際に通り過ぎたグローバルアクト部、もしくは 第13話 で福ちゃんが活躍したクイズ研究会も被害予定ではないかと. となると古典部から盗まれる「こ」から始めるのは、コップかコスプレ衣装か. あぁ~、私、気になります! それにしても古典部はいつも賑やかですなぁ~. 深夜らじお@の映画館 は改めて京アニさんのネタふりの凄さに驚いています. 【秋分】 ※お知らせとお願い ■ 【元町映画館】 に行こう.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/silenlecon/20161010/1476072503
リンク元