Hatena::ブログ(Diary)

silver::arrow::diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

30 December 2009

2009 Season Review

Season Review

バトン6勝、ベッテル4勝、バリチェロウェバーハミルトンがそれぞれ2勝、ライコネンが1勝。雨の予選と1周目でアクシデントの相次いだスパで勝ったライコネンを除くと、マシンとサーキット特性、天候で勝負がついてしまう事がほとんどだった。

バトンは前半戦、雨に祟られた中国を除いて非ダブルデッカー勢が追いついてくるまでに勝ち続けた。ベッテルは雨の中国ハミルトンのトラブルで棚ぼた式に勝ち取ったアブダビを除くと、シルバーストーン鈴鹿という中高速コーナーが連続する空力サーキットのみ。バリチェロバレンシアモンツァハミルトンが1スティントをショートにする代わりにポールを獲るという不可解な戦略のおかげで労せず手に入れた。ウェーバーは、いずれもバリチェロが勝手に自滅した結果。ハミルトンは高速コーナーがないハンガロリンクシンガポールで圧勝。

シーズンで考えても、ブラウンGPが17戦中8勝していることと、優勝を逃してもベテランパワーで着実に上位入賞を続けた事が今シーズンの圧勝につながった。レッドブル勢はマシン・ドライバー共に安定感がなかったし、他のチームはマシンの競争力でそれ以前の問題だった。

そして、2009年のF1を振り返る上で忘れられないのが、「FOTAによる分裂騒動」と「クラッシュゲート」。前者はFIAがJ.トッド政権に移行した事と、FOTAを構成する自動車メーカーのうち2つが撤退を決めた事で、もうしばらくは起こらないだろう。ただ、FIA自動車メーカー側が真剣に未来について交渉したことは、F1の透明性やガバナンスレギュレーションについて将来的にプラスになってくる事だろう。後者については、あまり考えたくない。F1はスポーツとして誠実であるべきということに尽きる。

Driver

今シーズンのドライバーを勝手に順位をつけてみようと思う。

1. Jenson Button

1位はこの人しかいない。17戦中16戦でポイントを獲得する安定感だけでなく、勝負どころの速さと勝負強さが今年のバトンのハイライトだろう。特に印象的なのは、バーレーンでの2周目のハミルトンオーバーテイクと、ハンガリーでの最終スティントでハードタイヤながらハイペースで飛ばし中嶋一貴の逆転を許さなかったこと。後半戦バリチェロの好調とは裏腹に勝利どころか表彰台すら危うい状況が続いたことには若干疑問を抱かずにはいられないが、それでも着実にポイントを稼ぎ、最終的にチャンピオンになった。終わりよければ全て良しとしておこう。

2.Lewis Hamilton

ワールドチャンピオンとして迎えた2009年シーズンはハミルトンにとって激動のシーズンだったことだろう。シーズン2勝という結果に対して、ライゲート、数回のQ1ノックアウト、母国グランプリ最下位、モンツァの森に消えた表彰台…間違いなくハミルトンにとって厳しいシーズンだった。しかし、彼は決して腐らずに、最低のマシンでもチェッカーまで全力で闘った。ライゲートで結果的に失格になったオーストラリアも予選18位から4位まで順位を上げて見せた。ハンガリーシンガポールアブダビのようにマシンに競争力のあるサーキットでは圧倒的なパフォーマンスを見せた。

3.Vettel

5レースでノーポイント。オーストラリアでのクビサとの一件を始め、無駄にポイントを失ったようにしか思えない。速さも勝負強さも文句なしにチャンピオンレベルなのだから…おしい。

4.Barrichello

やはりバトンと比べると今一歩足りない感が否めない。

5.Raikkonen

開発が止まったはずのハンガリー以降でのポイント獲得が素晴らしい。

6.Rosberg

勝たなかった中ではベストのドライバー。

7.Alonso

ハンガリーでホイールが外れなかったらどうなったのかと思う。

8.Weber

予選でも決勝でもベッテルの後塵を拝することが少なくなかった。

9. F.Massa

途中で離脱したため評価が難しいが、前半戦のパフォーマンスを考えるとこのくらいか。

10. G.Fisichella

スパのポールと、レースでのライコネンの一騎打ちで十分。まだ引退するのは早い。

11.Kobayashi

過大評価な気もするが、テストも少ない状況であのパフォーマンスは十分高い。

12. J.Trulli

グロックよりは予選、決勝共に安定している。バーレーンのポールと日本での2位がハイライト

13. T.Grock

後半がんばっていた印象があるけど、意外と結果がついてない。

14. N.Heidfeld

今年は職人っぷりがよく出ていた。

15. A.Sutil

モンツァインテルラゴスの予選がベスト。対して、決勝のパフォーマンスは安定感といいイマイチ。

16. R.Kubica

ハイドフェルドと比較すると、今年はパフォーマンスの差が激しかった。

17. H.Kovalainen

今年はシーズン通して精彩がなかった。

18. S.Buemi

速さはそこそこあるけど、荒削り感が否めない。

19. K.Nakajima

フルシーズン参戦したドライバー中では、この順位をつけざるを得ない。。

20. V.Liuzzi

実戦久々のわりにSutilに善戦していたので。

21. S.Bourdais

ブルデーに才能がないとは思い難いのだが、どうしたものか。

22. R.Grosjan

後任の人。以外にも不発だった。

23. N.Piquet

開幕からミスの連発。後任がそれほど活躍しなかったのが唯一の救いか。

24. J.Alguersuari

鈴鹿でマシン2台破壊した人。GP2で経験をつんだほうがいいように思う。まだ若いし。

25. L.Badoer

そもそも緊急事態で時間稼ぎのために出たのだから、結果は問わなくてもよいだろう。

30 October 2009

東京モーターショー

2年に一度のたのしみ、東京モーターショーに行ってきた。

いくつか気になったのをピックアップしてみる。

Lexus LF-A

今回のショーの目玉 Lexus LF-A

f:id:silver_arrow:20091103012931j:image

事前に見た写真では、リアコンビネーション下のメッシュ部分が野暮ったく感じたけど、

f:id:silver_arrow:20091103012935j:image

サイド全体で見ると意外と違和感を感じなかった。

f:id:silver_arrow:20091103012933j:image

あとは壁面にワイヤー状のボディとパワートレインが展示されていたけど、

エンジンのクランクセンターの低さが気になった。

f:id:silver_arrow:20091103012930j:image:h375

ほかにも部品メーカのところに LF-A用の部品が展示されていたりと、存在の大きさがうかがえた。


Mitsubishi i MiEV Cargo

今回 i MiEVだけでなく、EVやハイブリッドの展示が多かった。

f:id:silver_arrow:20091103012926j:image

三菱ブースの向かいには韓国のEVメーカーが軽自動車クラスのEVを展示していて、「けんか売ってるなぁ…」と思った。

それにしても今回 燃料電池系の展示はあまり見かけなかったのは、

この数年の間に二次電池の性能が大幅に進化したと見るのか、

それとも、プラグイン充電用インフラの普及が現実的になってきたと考えるべきなのか、

とても興味深い。


Honda EVスクーター

EVで一番現実的で、価格次第ですぐに普及しそうだなと思ったのが、Hondaが展示していたスクーター。

f:id:silver_arrow:20091103012939j:image

スクーターであれば、デメリットである航続距離の問題は出にくいし、ランニングコストの低いEVのメリットも享受できる。

あとは、競争力のある価格を実現できるか。


カーオブザイヤー

歴代カーオブザイヤー展示スペースを見ていたら、CGTVでおなじみの松任谷正隆さんがいらしたので、

普段 CG/CGTVを愛読している旨を伝えて、握手して頂いた。

26 July 2009

iphone

自分でもないなと思っていたけど、なぜか iphone を買ってしまった。

"S" じゃない前モデルの 16GB・ブラック。


ちなみに 前から使ってるケータイも継続してます。

メールとか激しく打ちづらいし、メインに昇格することはたぶんないな。


"3Gにつながる ipod touch"として、音楽メインになるんだろうなぁ。

とはいえ 1年前に買った Gigabeat ぜんぜん問題なく使えてるけど。

31 May 2009

仕事力

ここ最近 ずっと読んでいた。読み返してしまったほど。


あとでかく。