心のままに〜simofu1118の徒然〜

2011-07-27

1分間勉強法を試してみる。

| 19:55

春ごろ、
中国語の単語帳で
この1分間勉強法を試してみたことがありました。
やり方をざっと読んで、
自己流に挑戦してみました。

ヾ霑鍛姥譴載っている本を買って、動詞の部分だけ切り離します。

中国語の単語を発音し、日本語訳を音読します。

それを60日続けます。

……だけが12日ほどで終わってしまいました。
理由は簡単です。
△肪戮い箸は16分かかるのです。
1分のはずが16分です。
しかも16分間、しゃべり通し。
ピンインの読みもおぼつかない状態で16分間……
時間がとれないのを理由に、止めてしまうのも、分かります。

12日間でしたが、
「爬」
を覚えました。
15分×12日間=180分
180分もかけて「爬」一つだけでは悲しい気もしますが、
それでも覚えられたんですから、
続けてみる価値はあるかも、と(笑)。

で、「楽して身につくものはない」と思い直し、
1分間勉強法に再挑戦することにしました。
ただし、少しやり方を変えます。

○覚えた単語は削っていきます。
○その短くなった時間を使って、1日なんどか繰り返します。
○どんどん時間を短くしていきます。


ついでに、自分単語帳も作りました。
わざわざ単語帳を買うと、
すぐに嫌になる確率が高くなります(←今までの自分の行動パターンより)
そこで、子どもの使わなくなった1センチ方眼のノートを
上下半分に切って単語を書き込むことにしました。
これも、1日1回は目を通すことにしました。
書き込む単語は、品詞にかかわらず、
車の中で聞き流している
「会話練習」の例文から、自分比、新出単語を書いていきます。
以前、どうしても覚えたくて、メモ用紙に書いていた
「葡萄酒」(プータオジョウ)が覚えられたので、
この方法も成功するのでは、と美味しいことを考えています。


とにかく、この夏は「単語を覚える」で行きます。
最近買った「キクタン」は
リズムに乗っている時間が勿体ない気がしたのと、
音楽まで覚えられるほど脳みその容量が多くない気がしたので、
止めてしまいました。


はっ!この移り気が悪いのでしょうか?!
これと決めたら、とことん食らいつくのが大事なんでしょうね!