Hatena::ブログ(Diary)

中西理の下北沢通信(旧・大阪日記) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-06-28 青年団リンク玉田企画「今が、オールタイムベスト」@アトリ

[]青年団リンク玉田企画「今が、オールタイムベスト」@アトリエヘリコプター

青年団演出部に所属する玉田真也の作品を上演するための演劇ユニット。日常の中にある「変な空気」を精緻でリアル口語体で再現するコメディを作る。観る者の、痛々しい思い出として封印している感覚をほじくりだし、その「痛さ」を笑いに変える。

作・演出:玉田真也

出演

宮崎吐夢 浅野千鶴(味わい堂々) 神谷圭介テニスコート) 菊池真琴

木下崇祥 玉田真也 野田慈伸(桃尻犬) 堀夏子(青年団) 山科圭太

スタッフ

舞台監督宮田公一 舞台美術:濱崎賢ニ(青年団

照明:井坂 浩(青年団) 音響:池田野歩 衣装根岸麻子(sunui)

演出助手:川合檸檬 構成協力:木下崇祥 宣伝美術:牧寿次郎

制作足立悠子、小西朝子、井坂浩

青年団・現代演劇を巡る新潮流 vol.2 玉田真也(青年団リンク 玉田企画)評論編 https://spice.eplus.jp/articles/66009

青年団・現代演劇を巡る新潮流 vol.2 玉田真也(青年団リンク 玉田企画)インタビュー編 https://spice.eplus.jp/articles/65513

2017-06-27 青年団リンク玉田企画「今が、オールタイムベスト」@アトリ

[]青年団リンク玉田企画「今が、オールタイムベスト」@アトリエヘリコプター

青年団演出部に所属する玉田真也の作品を上演するための演劇ユニット。日常の中にある「変な空気」を精緻でリアル口語体で再現するコメディを作る。観る者の、痛々しい思い出として封印している感覚をほじくりだし、その「痛さ」を笑いに変える。

作・演出:玉田真也

出演

宮崎吐夢 浅野千鶴(味わい堂々) 神谷圭介テニスコート) 菊池真琴

木下崇祥 玉田真也 野田慈伸(桃尻犬) 堀夏子(青年団) 山科圭太

スタッフ

舞台監督宮田公一 舞台美術:濱崎賢ニ(青年団

照明:井坂 浩(青年団) 音響:池田野歩 衣装根岸麻子(sunui)

演出助手:川合檸檬 構成協力:木下崇祥 宣伝美術:牧寿次郎

制作足立悠子、小西朝子、井坂浩

 これまで中学生、大学生などのいわば同質性が強い小集団の中での閉じた関係性から生み出させる微妙な空気感を笑いに転換してきた玉田真也。今回登場するのは社会人である大人たちだが、舞台の描写が社会に開かれていくというようなことはいっさいなく、相変わらずの玉田節である(笑)。

 相変わらず絶妙の面白さ。今回は小空間ながら回り舞台を巧みに使いこれまでにないインティメートな空気感も演出。新たに参加の男優2人(神谷圭介宮崎吐夢)もそれぞれの持ち味を生かし笑いの世界に一層の厚みが生まれた。今後がますます楽しみだ。

劇評テーブルvol.4―玉田企画『少年期の脳みそ』より 中西理 http://theatrum-wl.tumblr.com/post/159881055911/%E5%8A%87%E8%A9%95%E7%B4%94%E5%BA%A6%E3%81%AE%E9%AB%98%E3%81%84%E7%AC%91%E3%81%84-%E7%A2%BA%E4%BF%A1%E7%8A%AF%E3%81%A7%E4%BD%93%E7%8F%BE

2017-06-26 青年団第76回公演『さよならだけが人生か』@吉祥寺シアター

[]青年団第76回公演「さよならだけが人生か」(3回目)@吉祥寺シアター

作・演出:平田オリザ

2017年6月22日(木)-7月2日(日) 15ステージ

会場:吉祥寺シアター

チケット発売中

さよならだけが人生か』(2000)青木

「そのとき日本演劇界青年団を発見した」とも言われる劇団の出世作、

待望の再演。


東京都内某所の雨が続く工事現場に、折り悪く遺跡が発見される。

遅々として進まない工事。

工事現場の人々、発掘の学生達、ゼネコン社員文化庁の職員など、

様々な人間達がだらだらと集まる飯場に、ユーモラスな会話が、いつ果てるともなく繰り広げられる。

青年団史上、もっともくだらない人情喜劇

1992 年に初演され、「そのとき日本演劇界青年団を発見した」とも言われる劇団の出世作、

2000 年 のリニューアル上演以来、16年ぶり待望の再演。

出演

山内健司 小林 智 太田 宏 石橋亜希子 荻野友里 小林亮子 立蔵葉子 森内美由紀 石松太一 伊藤 毅 井上みなみ 小瀧万梨子 佐藤 滋 前原瑞樹 串尾一輝 藤松祥子 大村わたる 寺田

 表題の「さよならだけが人生か」は于武陵という人の「勧酒」と題した漢詩井伏鱒二が訳した訳詩に出てくる「ハナニアラシノタトヘモアルゾ 『サヨナラ』ダケガ人生ダ」という一節から取ったものである。

勧酒  (于武陵)      酒をすすむ 

勧君金屈巵         君に勧む 金屈卮

満酌不須辞         満酌 辞するを須いず

花発多風雨         花発けば 風雨多し

人生別離         人生 別離足る

   直訳                    井伏鱒二

君に この金色の大きな杯を勧める         コノサカヅキヲ受ケテクレ

みなみと注いだこの酒 遠慮はしないでくれ    ドウゾミナミツガシテオクレ

花が咲くと 雨が降ったり風が吹いたりするものだ  ハナニアラシノタトヘモアルゾ

人生別離はつきものだよ            「サヨナラ」ダケガ人生

井伏鱒二の訳詩から引用したとは書いたが平田オリザは実は表題にするにあたってちょっとした変更を加えている。「サヨナラだけが人生だ」とあったのを「さよならだけが人生か」と「だ」を「か」にしているのだ。

D

D

D

2017-06-25 青年団第76回公演『さよならだけが人生か』@吉祥寺シアター

[]青年団第76回公演「さよならだけが人生か」(2回目)@吉祥寺シアター

作・演出:平田オリザ

さよならだけが人生か』(2000)

「そのとき日本演劇界青年団を発見した」とも言われる劇団の出世作、

待望の再演。東京都内某所の雨が続く工事現場に、折り悪く遺跡が発見される。

遅々として進まない工事。

工事現場の人々、発掘の学生達、ゼネコン社員文化庁の職員など、

様々な人間達がだらだらと集まる飯場に、ユーモラスな会話が、いつ果てるともなく繰り広げられる。

青年団史上、もっともくだらない人情喜劇

1992 年に初演され、「そのとき日本演劇界青年団を発見した」とも言われる劇団の出世作、

2000 年 のリニューアル上演以来、16年ぶり待望の再演。

出演

山内健司 小林 智 太田 宏 石橋亜希子 荻野友里 小林亮子 立蔵葉子 森内美由紀 石松太一 伊藤 毅 井上みなみ 小瀧万梨子 佐藤 滋 前原瑞樹 串尾一輝 藤松祥子 大村わたる 寺田

 平田オリザ作品のうち一番、玉田真也の作風と接近したのは「さよならだけが人生か」かもしれない。

2000年12月29日、シベリア少女鉄道「もすこしだけこうしていたいの」(2時半〜)、青年団さよならだけが人生だ」(7時〜)、30日、竹中直人の会「隠れる女」(2時〜)、えんぺ大賞選考会(5時半〜)、31日、サモアリナンズマクガフィン」(8時〜)。1月1日青年団さよならだけが〜」、2日「ニューイヤー華麗なるバレエワルツの祭典」(3時半〜)、3日、レニングラード国立バレエ「眠りの森の美女」(2時半〜)。

 この舞台はシードホールで上演された初演は見てはいないが、2000年末から2001年始にかけて上演された再演は見ている。しかし、過去の日記風雑記帳を確認しても見たということしかなくて、内容に関する言及がまったくない。おそらく内容的に書くことがなさすぎてレビューを書くことができなかったのではないかと思われる。観客発信メディアWLに書いた玉田企画「少年期の脳みそ」論*1に「玉田の作品は平田オリザ流の群像会話劇のスタイルに近い。どちらも切り取られた一定時間の(ほぼ)一定の場所をリアルタイムで描写していくが、決定的に違うのは平田演劇は一見切り取られたその場所に起こった微細な出来事を語っているように見えて、その射程が『切り取られたフレーム』の外側に広がる世界を描くことに向かっているのに対し、玉田にはそういう志向がまったくないことだ」と書いたのだが、この「さよならだけが人生だ」では海外留学や転勤という社会的契機にともなう別離」というものが変奏され、幾分かの外部の存在は提示されるが、そこから社会的状況や世界のあり方に大きな広がりを見せていくことはない。

  実は昨年上演された平田オリザの新作「ニッポンサポートセンター」について演劇批評誌「シアターアーツWebに以下のような劇評(抜粋)を書いた。

 「クルマパソコンケイタイ電話 原発軍隊何でもあるさ 日の丸かかげて歌え君が代 ほんにこの国よい国じゃ あとはなんにもいらんいらん 余計なものはいらんいらん」という歌詞舞台上にいる俳優が皆加わり、この部分を群唱するのだ。(中略)歌詞内容からして明らかに政府批判の歌であり、平田がこの歌を舞台上の俳優に歌わせることで現政府に対する批判を行ったという印象を与えるラストであったことは間違いない。ここでこの作品が「未来」ではなく「現代」を描いていることの意味合いが浮かび上がってくる。

 安部政権参院選に勝利を収め、改正賛成派で憲法改正の発議に必要な衆参両院で3分の2以上の議席を確保したが(この作品が書かれたのは選挙前ではあるが)平田が現在のそうした政治的な状況に大きな危機感を感じている。それがこうした異例の舞台を書かせた要因のひとつとなったのではないかと思われたからだ。

 さらに続けて無隣館との合同公演として上演された「南島俘虜記」も一部の評者は現在の政治状況とのシンクロニシティーを指摘した。ところがどうやら、作者の平田オリザはそういう政府批判な文脈で自分の作品が取り沙汰される風潮に対し、批判的なようだ。アフタートークではこういう世相だからこそあえて青年団史上もっともくだらない人情喜劇であるこの芝居を上演したなどとしたうえで、最近の若手劇団に散見されるという自らの政治的主張を作品に代弁させるような作風(ならびにそれを高く評価する一部の批評など)に対し批判的な立場を明らかにした。

 そうした立場は私自身も共有するものだが、そうであっても平田のように社会に対する批評的な視点を持つ作品の方を玉田真也の作品のように描かれた対象の外部を感じさせないような作品よりも幾分高く評価しがちな傾向は私にもある。今回の舞台を見ながらそうした見方が本当に適切なものなのかどうか、もう一度考えてみたいと思ったのだ。

2017-06-23 青年団第76回公演『さよならだけが人生か』@吉祥寺シアター

[]青年団第76回公演「さよならだけが人生か」@吉祥寺シアター

作・演出:平田オリザ

2017年6月22日(木)-7月2日(日) 15ステージ

会場:吉祥寺シアター

チケット発売中

さよならだけが人生か』(2000)©青木

「そのとき日本演劇界青年団を発見した」とも言われる劇団の出世作、

待望の再演。


東京都内某所の雨が続く工事現場に、折り悪く遺跡が発見される。

遅々として進まない工事。

工事現場の人々、発掘の学生達、ゼネコン社員文化庁の職員など、

様々な人間達がだらだらと集まる飯場に、ユーモラスな会話が、いつ果てるともなく繰り広げられる。

青年団史上、もっともくだらない人情喜劇

1992 年に初演され、「そのとき日本演劇界青年団を発見した」とも言われる劇団の出世作、

2000 年 のリニューアル上演以来、16年ぶり待望の再演。

出演

山内健司 小林 智 太田 宏 石橋亜希子 荻野友里 小林亮子 立蔵葉子 森内美由紀 石松太一 伊藤 毅 井上みなみ 小瀧万梨子 佐藤 滋 前原瑞樹 串尾一輝 藤松祥子 大村わたる 寺田

2017-06-22 サンプル「ザ・ブリッジ (The Bridge)」@KAAT

[]サンプル「ザ・ブリッジ (The Bridge)」@KAAT

【作・演出】

松井 周

【出演】

古舘寛治奥田洋平、野津あおい、羽場睦子、武谷公雄、伊東沙保、鶴巻紬、山田百次

舞台監督:谷澤拓巳

舞台美術:杉山 至

照明:吉本有輝子(真昼)

音楽:宇波 拓

音響:牛川紀政

衣裳:小松陽佳留

演出助手:池田 亮(ゆうめい)

WEBデザイン:斎藤拓

宣伝写真:momoko japan

フライヤーデザイン:京(kyo.designworks)

制作:冨永直子、富田明日香(以上quinada)

協力/ZACCO、青年団、レトル、プリッシマ、ギフト東京デスロック劇団野の上、青年団リンクエイ、至福団、六尺堂、une chrysantheme、水天宮ピット、シバイエンジン


主催:一般社団法人サンプル、有限会社quinada

提携:KAAT神奈川芸術劇場

助成:平成29年度文化庁文化芸術振興費補助金舞台芸術創造活動活性化事業)

1月のサンプルワーク・イン・プログレス公演「ブリッジ 〜モツ宇宙へのいざない〜」@アーツ千代田3331 B104*1をへての本公演。

2017-06-21 ピンク・フロイド/ザ・ウォール (1982) @Zepp Divercity東京

[] ピンク・フロイド/ザ・ウォール(1982) @Zepp Divercity東京

D

PINK FLOYD THE WALL

監督アラン・パーカー

ピンク・フロイドによる「ザ・ウォール」のライブ映像は昔テレビで見たことがあったから、絶響上映とはいえライブの記録映像の上映なのだと思い込んでいたのだが、違っていた。ピンク・フロイドのLP「ザ・ウォール」の曲とコンセプトを基にしたものであるが、上映されたのはアラン・パーカー監督による映画作品なのだった。

 こんな風な勘違いをしたのは今回のチケットを購入するきっかけになったのがポール・マッカートニーウィングスのライブ映像の上映会の後にこの企画の次の作品は「ピンク・フロイド/ザ・ウォール」ですなどという紹介だったためだ。もちろん、チケットを購入する前も後もサイトなどで確かめる機会は何度もあったわけだから、単なるこちらの落ち度ではあるわけだが、この作品「PINK FLOYD THE WALL」がとてつもなくよかったのだ。

2017-06-20 勅使川原三郎振付作品 アップデイトダンスNo.46「ペトルーシュカ」

2017-06-18 はなもとゆか×マツキモエ「WORM HOLE ワームホール」@こまばアゴラ

[]はなもとゆか×マツキモエ「WORM HOLE ワームホール」(2回目@こまばアゴラ劇場

構成 ・演出:松木萌 振付:花本ゆか 松木萌

出演 花本ゆか 松木萌 伊藤彩里 山田春江

スタッフ

舞台美術 奥中章人

照明 Yann Becker

音響 BUNBUN

舞台監督 河村都(CQ)

制作 長澤慶太 山根千明

宣伝美術 KODAMA satoshi

宣伝映像 西垣匡基(ヨーロッパ企画

音楽協力 Public on the mountain

写真撮影 山口真由子

 京都造形芸術大学同級生だったという松木萌と花本ゆか(KIKIKIKIKIKI)の2人のダンサーによるプロデュースユニット「はなもとゆか×マツキモエ」による初めての東京単独公演である。

2回目の観劇だが、最初に見た時にはどうしても花本ゆかの動きと身体に目が向いてしまうこともあり、舞台美術や演出的な仕掛けなどがところどころ気になるところはあっても、作品全体の流れや意味合いについては正直言ってつかみかねるところがあった。

 ダンス作品だからはっきりとした物語とかがあるわけではないが、宇宙の悠久の空間の広がりや時間の流れを感じさせるマツキモエにより提供されたコンセプトが親子、あるいはそのまた子と子孫に受け継がれていくような人間を体現する花本ゆかと切り結んだような作品でダンス演劇という違いはあるが主題や作品の構造的にはままごと「わが星」を連想させるようなところが2度目の観劇では見えてきた。

実は「WORM HOLE ワームホール」を見ている時にもうひとつ連想させる作品があった。それはサンプルがワーク・イン・プログレス公演「ブリッジ 〜モツ宇宙へのいざない〜」@アーツ千代田3331 B104として上演した作品だ。これは作品自体につながりがあるというよりはその作品に出てきた新興宗教が提唱する「モツ宇宙」という概念がこの舞台の最初に出てくる腸のようにも見える半透明のホール状の膜を連想させるところがあったからだ。つまり、腸のような形態をした宇宙ということいとなのだが、舞台が始まるとこの中に花本がいて、半透明だからはっきりとは見えないのだが、うごめいているのが分かる。

 

 

D

2017-06-16 「根本宗子の面談室 VOL.14」@新宿ロフトプラスワン

[]「根本宗子の面談室 VOL.14」@新宿ロフトプラスワン

2017年6月16日(金)19:30〜

出演:根本宗子

ゲストケラリーノ・サンドロヴィッチ

 根本宗子という人の名前は劇作家演出家女優として聞いたことはあったのだが、これまで舞台を見たことはなかった。この日はケラの話をひさしぶりに聞きたくて出かけたのだが、根本宗子という人、面白い。今度舞台があったらぜひ見に行きたいと思う。