Hatena::ブログ(Diary)

中西理の下北沢通信(旧・大阪日記) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-02-26 無隣館若手自主企画vol.20 三浦企画『春の為の習作』@アトリエ春風

[]無隣館若手自主企画vol.20 三浦企画『春の為の習作』@アトリエ春風舎

原作:太宰治

演出:三浦雨林

出演 串尾一輝(⻘年団) 大竹このみ 尾粼宇内 小田原直也 鶴田理紗(以上、無隣館)

2017年2月23日(木)- 2月26日(日) 6ステージ

会場:アトリエ春風舎

冬から春にかけての季節について。

今まで何度も経験している筈なのに、実感を伴った記憶、感覚が取り出せない。ただ美しかった思い出のようなものだけが漂っている。

迎える準備をする人たちと生きていないものについて。

太宰治小説集「晩年」で描かれた作品群を元に上演いたします。

美しさは、人から指定されて感じいるものではなくて、自分で、自分ひとりで、ふっと発見するものです。「晩年」の中から、あなたは、美しさを発見できるかどうか、それは、あなたの自由です。読者の黄金権です。 太宰治晩年に就いて」より

三浦雨林(無隣館2期)

1994年生まれ。北海道出身演出家劇作家日本大学芸術学部演劇学科劇作コース在学中。隣屋主宰、無隣館二期演出部所属。自身が主宰する隣屋では過去9作品全ての演出を担当。生活の中から飛躍をしない言葉と感情の再現を創作の指針としている。2015年「シアターグリーン学生芸術祭 vol.9」にて《優秀賞》受賞、2016年「道頓堀学生演劇祭vol.9」にて《優秀演出賞》受賞、「利賀演劇人コンクール2016」にて《観客賞》を受賞。

ドラマトゥルク:渡邉時生(無隣館)

セノグラファー:渡辺瑞帆(無隣館)

映像美術柳生千翔(女の子には内緒)

レオグラフィー: 御舩康太(隣屋)

照明:山岡茉友子(青年団

⾳響:野崎

舞台監督: 河村竜也(青年団

宣伝美術岡田大悟

制作:山守凌平 (青年団

総合プロデューサー平田オリザ

技術協力:大池容子(アゴラ企画)

制作協力:木元太郎(アゴラ企画)

企画制作青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

協力:女の子には内緒 贅沢貧乏 白昼夢

晩年 (新潮文庫)

晩年 (新潮文庫)

4101006040
新潮社 太宰治
購入: 4人 クリック: 40回
4101006075
新潮社 太宰治
購入: 4人 クリック: 47回

2017-02-20 東京ELECTROCK STAIRS「いつかモンゴリと眠る」@こまばアゴラ劇場

[]東京ELECTROCK STAIRS「いつかモンゴリ眠る」@こまばアゴラ劇場

2017年2月15日(水)〜22日(水)

東京都 こまばアゴラ劇場

振付音楽:KENTARO!!

出演:横山彰乃、高橋萌登、KENTARO!!

D

2017-02-19 多田淳之介と革命アイドル暴走ちゃん

[]Tada Junnosuke 多田淳之介新作公演“Choreograph”(2回目、World Premiere) 


演出:多田淳之介

音楽大谷能生

出演:Aokid 伊東歌織 群青 戸沢直子 多田淳之介

照明:岩城保

音響:星野大輔(サウンドウィーズ)

衣装臼井梨恵(モモンガコンプレックス

舞台監督浦本佳亮+至福団

Direction:Tada Junnosuke

Music:Ootani Yoshio

Performance:Aokid, Ito Kaori, Gunjo, Tozawa Naoko, Tada Junnosuke

Lighting:Iwaki Tamotsu

Sound:Hoshino Daisuke (Sound Weeds Inc.)

Costume:Usui Rie(Momonga Complex

Stage Manager:Uramoto Keisuke + Shifukudan

[]革命アイドル暴走ちゃん「イカれた女子が世界を救う」@横浜人形の家 あかいくつ劇場

<音楽・構成・演出>

二階堂瞳子

<出演>

高村 枝里

Amanda

(以上、革命アイドル暴走ちゃん)

青木理歩 青根智紗 江花明里 宇賀神琴音 岡村峰和 小出実樹 小林ありさ 小林遥奈 小林風花 小林桃香 佐賀トキ 佐藤舞珠 鈴木もも竹田有希子 早川雅仁 タニオカチアキ 土橋美月 長尾愛 那須野綾音 深瀬麗央 丸橋結美 みう 渡辺晏夏

<公演日程>

2017年2月16日(木)・2月19日(日)

2/16(木) 17:00/19:00

2/19(日) 17:00/19:00

*受付開始は開演の30分前、開場は開演の15分前です。

<劇場>

横浜人形の家 あかいくつ劇場

 革命アイドル暴走ちゃん「イカれた女子が世界を救う」@横浜人形の家あかいくつ劇場観劇。アイドルアニメボカロなど日本特有のサブカルチャーをごった煮的な同時多発ライブで展開していくのが、ここの特徴*1。今回は生誕10周年の記念の年を控えて初音ミクに主題を絞りこんだ。初音ミクの曲目は出演者の生声で歌われるため、ボカロファン的にはどうなんだろうと少し引いて見ていた。ところが後半の「Tell your world」から「ミクミクにしてあげる」と続く部分で涙腺崩壊。表題の「イカれた女子が世界を救う」の「イカれた女子」というのが初音ミクのことだと気がついたからだ。

 二階堂瞳子にとって初音ミクはともに世界で戦う革命の同志なのだ初音ミクの扮装をしてボカロファンの間ではアンセムとして知られる「Tell your world」を皆で歌い上げる姿を見ていると思わず胸が熱くなった。新たな時代のインターナショナルだ。

*1:以前書いた革命アイドル暴走ちゃんのレポート 逆襲の池袋! | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス https://spice.eplus.jp/articles/20970

2017-02-16 Tada Junnosuke 多田淳之介新作公演“Choreograph”(World Premiere)

[]Tada Junnosuke 多田淳之介新作公演“Choreograph”(World Premiere) 


演出:多田淳之介

音楽大谷能生

出演:Aokid 伊東歌織 群青 戸沢直子 多田淳之介

照明:岩城保

音響:星野大輔(サウンドウィーズ)

衣装臼井梨恵(モモンガコンプレックス

舞台監督浦本佳亮+至福団

Direction:Tada Junnosuke

Music:Ootani Yoshio

Performance:Aokid, Ito Kaori, Gunjo, Tozawa Naoko, Tada Junnosuke

Lighting:Iwaki Tamotsu

Sound:Hoshino Daisuke (Sound Weeds Inc.)

Costume:Usui Rie(Momonga Complex

Stage Manager:Uramoto Keisuke + Shifukudan

 多田淳之介「Choreograph」@横浜赤レンガ倉庫観劇。圧倒的にスタイリッシュでカッコイイ。ダンサーは踊るが、ダンス作品ではないかも。でもこれが「ダンスについての作品」であることは間違いないだろう。俯瞰した視線ダムタイプを彷彿とさせた。それぞれの要素(ダンサー音楽美術)の配置、レイヤーの重ね方が見事である。

2017-02-14 アンサンブル・ゾネ(Ensemble Sonne) ダンス公演「霧のようなまな

[]アンサンブル・ゾネ(Ensemble Sonne) ダンス公演「霧のようなまなざし」@d-倉庫(東京日暮里

演出・構成・振付:岡登志子

音楽監督:Wolfgang Seierl(ライブ演奏

出演:垣尾優 伊藤愛 糸瀬公二 桑野聖子 文山絵真 中村萌 岡登志子

東京公演

2017年

2月13日(月)20:00-

2月14日(火)20:00-

d-倉庫(東京日暮里

 神戸に本拠を置くコンテンポラリーダンスカンパニーアンサンブル・ゾネの新作上演。日本を代表するカンパニーひとつであるという実力を存分に見せつけた舞台だった。演劇の要素や美術など他分野とのコラボレーションなどで命脈を保っている作品が増えている昨今のコンテンポラリーダンスの中でひさびさにダンスそのものの魅力を存分に堪能させてくれた。

この舞台を見ると作品を製作するときのアプローチが以前と比べて大きく変貌しているのではないかということがうかがえた。以前の岡登志子の作品へのアプローチは作品ごとに構想したテーマから紡ぎ出されるイメージのようなものに向けて、ダンサーアンサンブルを丁寧に仕上げていくことが多かった。そのため、個々のダンサームーブメントそのものは多少のバラツキはあっても外部から参加し「異物」的に存在していた垣尾優を除けばアンサンブルの一部としての統一性が強く感じられるものであった。

ソロダンスであればともかくとして、出演者が複数いる今回のような作品で、パフォーマーが演じるキャラクターやその相互の関係が空間の中で織りなす関係性ではなく、ダンサーそれぞれが紡ぎ出すダンスそのもののディティールを純粋に堪能できるというのは稀有なことだ。

 この「霧のようなまなざし」という作品では音楽監督であるWolfgang Seierlが構成していく、楽曲の曲想の変化が舞台空間を時間的に分節化していくが、音楽以外にそれぞれのダンサーのパフォーマンスの手掛かりとなるような要素はほぼ存在しない。舞台上には7人のダンサーが現れたり、姿を消したりするが、それぞれのダンサーのあり方はかなりソロダンス的だ。

 

 

 

2017-02-13 無隣館若手自主企画vol.18 櫻井企画「レンツ」@アトリエ春風舎

[]無隣館若手自主企画vol.18 櫻井企画「レンツ」@アトリエ春風舎

原作:ゲオルク・ビューヒナー

翻訳・構成・演出:櫻井美穂(無隣館)

出演

林 ちゑ(無隣館)

スタッフ

演出助手:渡並航

照明:山岡茉友子(青年団

音響:櫻内憧海(お布団)

衣装原田つむぎ

舞台監督島田曜蔵(青年団

フライヤー原田くるみ

制作:山守凌平(青年団

制作監修:綾門優季青年団

総合プロデューサー平田オリザ

技術協力:大池容子(アゴラ企画)

制作協力:木元太郎(アゴラ企画)

櫻井美穂は日本大学芸術学部に在学中の23歳。1年間休学してのドイツ(ミュンヘン)留学から帰国して現在5年生に在学中ということだ。最近次世代のアンファンテリブルとして注目している大学の先輩、綾門優季と同様に無隣館の門を大学に在学中に叩いている。彼女も次世代騎手となりうる有力な候補かもしれない。

欧州留学帰りの演出家。題材となるのが日本ではあまり知名度が高いとはいえそうにないドイツ作家(ゲオルク・ビューヒナー)の短編小説しかも今回の戯曲テキストにはハイナー・ミュラーの「ハムレット・マシーン」のテキストが縦横に引用されている。正直言って私が苦手とするタイプの舞台である。

いかにも「これがポスト・ドラマ演劇だ」というような難解で前衛を強調したような、これ見よがしの上演がなされるのではないかと思い危惧していたのだが、実際に舞台を見るとそうではなくて、予想に反して面白く見られた。

仕掛けとして面白かったのは

2017-02-12 横浜ダンスコレクション「コンペティションI Competition I」(2日

[]横浜ダンスコレクション「コンペティションI Competition I」(2日目)@横浜赤レンガ倉庫

11カ国138組の応募の中から、新しい身体表現への挑戦を試みる振付家10組が本選に臨む。

本選:2017年2月11日(土)– 2月12日(日)

会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

【本選出場者】(五十音順・ 年齢(2016年7月22日応募締切時点)/出身地)

荒悠平       (30歳/青森

北川結     (30歳/神奈川

黒須育海      (28歳/埼玉

鈴木竜     (28歳/和歌山

あさみ    (30歳/北海道

水越朋       (27歳/神奈川

ASK Dance Company  (24〜28歳/マレーシア

Xiaoni Chang    (38歳/中国

Hosik Yang      (32歳/韓国

Ming-Hwa Yeh    (33歳/台湾

Ming-Hwa Yeh    (33歳/台湾

水越朋       (27歳/神奈川

ASK Dance Company  (24〜28歳/マレーシア

鈴木竜     (28歳/和歌山

黒須育海      (28歳/埼玉


【コンペティションI】

■審査員賞

黒須 育海『FLESH CUB』

■若手振付家のための在日フランス大使館

■MASDANZA賞

■シビウ国際演劇祭賞

鈴木 竜『BU

■奨励賞

北川 結『タイガーリリー』

【コンペティションII 新人振付家部門】

最優秀新人賞

タッチポイントアートファウンデーション/ボディ・ラディカル賞

下島 礼紗『オムツをはいたサル

■奨励賞

江上 真子『チルドレン』

久保田 舞『草みちでのくだる会話』

この日の最初の台湾のは舞台上でリアルタイムで演奏・オペレーションをするエレクトロニカ系の音楽家・音響作家とのコラボレーション。前半はカッコイイのに中断あたりから、ダンス音楽も何でこんな風にと考えてしまうほど情緒的になってしまうのはなぜなのか?

水越朋のソロダンスはどうしても前日の北川結の作品と比べたくなる。まとまりがあるのはこちらであり、ソロを踊るダンサーへの感情移入がしやすかったのもこちらだが、その分、既視感があったのも確かである。パンフの解説を読むと聴覚障害を患ったという個人的な体験に根差した作品のようで、その時の心境のようなものはよく伝わってくるのだが、作品としてはそれがあくまでも個人の体験にとどまっているようで広がりに欠けるという印象は否めなかった。

2017-02-11 横浜ダンスコレクション「コンペティションI Competition I」(1日

[]横浜ダンスコレクション「コンペティションI Competition I」(1日目)@横浜赤レンガ倉庫

11カ国138組の応募の中から、新しい身体表現への挑戦を試みる振付家10組が本選に臨む。

本選:2017年2月11日(土)– 2月12日(日)

会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

【本選出場者】(五十音順・ 年齢(2016年7月22日応募締切時点)/出身地)

荒 悠平       (30歳/青森

北川 結     (30歳/神奈川

黒須 育海      (28歳/埼玉

鈴木 竜     (28歳/和歌山

関 あさみ    (30歳/北海道

水越 朋       (27歳/神奈川

ASK Dance Company  (24〜28歳/マレーシア

Xiaoni Chang    (38歳/中国

Hosik Yang      (32歳/韓国

Ming-Hwa Yeh    (33歳/台湾


2017-02-10 横浜ダンスコレクション「コンペティション I」(2日目)

[]横浜ダンスコレクション「コンペティションI I」(2日目)

2017年2月9日(木)・10日(金)

神奈川県 横浜赤レンガ倉庫1号館 2F スペース

ファイナリスト:江上真子、金井崇、上村有紀、久保田舞、志村知晴、下島礼紗、鈴木隆司、土屋望、中川絢音、永田桃子蓮子奈津美、横山八枝子

審査員:伊藤千枝、ヴィヴィアン佐藤、柴幸男、浜野文雄

【本選出場者】(五十音順・ 年齢(2016年7月22日応募締切時点)/出身地)

江上 真子  (24歳/埼玉

金井 崇   (21歳/埼玉

上村 有紀  (25歳/千葉

久保田 舞  (21歳/東京

志村 知晴  (23歳/東京

下島 礼紗  (23歳/鹿児島

鈴木 隆司  (24歳/神奈川

土屋 望   (24歳/岡山

中川 絢音  (24歳/東京

永田 桃子  (21歳/茨城

蓮子 奈津美 (24歳/福岡

横山 八枝子 (22歳/神奈川

【コンペティションII 新人振付家部門】

最優秀新人賞

タッチポイントアートファウンデーション/ボディ・ラディカル賞

下島 礼紗『オムツをはいたサル

■奨励賞

江上 真子『チルドレン』

久保田 舞『草みちでのくだる会話』




 

2017-02-09 横浜ダンスコレクション「コンペティション I」(1日目)

[]横浜ダンスコレクション「コンペティションI I」(1日目)

2017年2月9日(木)・10日(金)

神奈川県 横浜赤レンガ倉庫1号館 2F スペース

ファイナリスト:江上真子、金井崇、上村有紀、久保田舞、志村知晴、下島礼紗、鈴木隆司、土屋望、中川絢音、永田桃子蓮子奈津美、横山八枝子

審査員:伊藤千枝、ヴィヴィアン佐藤、柴幸男、浜野文雄

【本選出場者】(五十音順・ 年齢(2016年7月22日応募締切時点)/出身地)

江上 真子  (24歳/埼玉

金井 崇   (21歳/埼玉

上村 有紀  (25歳/千葉

久保田 舞  (21歳/東京

志村 知晴  (23歳/東京

下島 礼紗  (23歳/鹿児島

鈴木 隆司  (24歳/神奈川

土屋 望   (24歳/岡山

中川 絢音  (24歳/東京

永田 桃子  (21歳/茨城

蓮子 奈津美 (24歳/福岡

横山 八枝子 (22歳/神奈川


横山八枝子「Food

蓮子奈津美「memento mori」

中川絢音「絶滅危惧種

永田桃子「Brain in a vat」

金井崇「Lost Child」

江上真子「チルドレン」

 江上真子の「チルドレン」がこの日の一番の注目だった。1日目の全作品を見終わった後の印象でもこれが一歩抜きんでているのではないかと思った。これ以外の作品は正直言って一長一短がある。江上は3年連続のファイナリストノミネートである。昨年は次席の奨励賞を受賞している。実績は十分で今年の本命は彼女ではないかと思いながら1日目を観劇した。正統派だが、あえて不満を述べればやや優等生的な作品作りが相変わらず気にはなったものの、ダンサーパフォーマーとしても魅力的であり、これが受賞作品であったとしても異論はない。予想にたがわぬ水準のソロダンスだった。明日どんな作品が登場するかは分からないが、この後の選考はこの作品が基準となるだろうと思った。

という風に一応書いたが、江上さんには申し訳ないが、これまでも何年も見続けてきて、私の見立てと実際の受賞作品がことごとく食い違ってきた*1のが、この横浜ダンスコレクションのコンペ部門。そういうこともあり、この日見た他の作品にも手短に触れておくことにしたい。

 横山八枝子振付デュオ作品「Food」。よく分からない。よく練られていてダンスの完成度としては高いのかもしれないが、私には退屈。この手の作品はたまにあり、賞を取ることもあるのだが、こういう作品にぶちあたると私はあまりダンスというものが好きじゃないのかもしれないと思ってしまう*2

 蓮子奈津美によるソロ作品「memento mori」。照明効果も活用した空間構成や音楽の構成はうまい。ただ踊った、という作品ではなく、その点は評価したい。ただ、ダンスムーブメントや組み立ては全体に平板に感じられる。

 中川絢音「絶滅危惧種」。デュオ作品。相手役の根本紳平も中川も非常に身体能力が高い。分類すれば激しく身体負荷をかけ続けるオーバードライブ系だろうか。この日の作品で江上以外が選ばれるとしたらこれもありかなとも思ったが、作り込みが甘い部分が散見される。

 永田桃子「Brain in a vat」。ガラプログラムの中に1本入っているならこれもあり。だが私が考えるこのコンペの趣旨からすれば少し違う。ただダンサーは技術レベルの高さを感じさせ、退屈せずに最後まで見ることができた。次の金井崇「Lost Child」も洋舞コンクールの創作舞踊部門とかならいい作品かもしれない。なにかフィギュアスケートアイスダンスのエキジビションの演目みたい。

 コンペの審査員は今回は珍しいキノコ舞踊団伊藤千枝が入っており、評価基準がどう変わるのかは分からないが、横浜のコンペは大衆性とかポピュラリティーとかはほとんど考慮されず、革新性や可能性が評価されるきらいが強かった。

 

*1:濱谷由美子=CRUSTACEAの闘いを見届けた横浜ソロ×デュオ苦闘の10年の終わり http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/20050131

*2:逆に経験則からいえばこうした傾向の作品は作り手からは高く評価されることが多い