Hatena::ブログ(Diary)

中西理の下北沢通信(旧・大阪日記) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-03-27 アンサンブル・ゾネ「Still moving 2 穏やかな不協和音」@神戸アー

[]アンサンブル・ゾネ「Still moving 2 穏やかな不協和音」@神戸アートビレッジセンター

f:id:simokitazawa:20110329132635j:image

振付:岡登志子

音楽高瀬アキ

出演:垣尾優、中村恩恵、Kamil Warchulski、Ensemble Sonne

【公演日時】

  2011年3月26日(土)14:30/19:30、27日(日)14:30

  ※開場は開演の30分前。

【会場】

  神戸アートビレッジセンター・KAVCホール

【料金】

  一般/前売3,000円 当日3,500円

  ユース(25歳以下)/前売当日共に2,000円

【チケット取扱】

  アンサンブル・ゾネ TEL.078-411-2837、web予約有

  神戸アートビレッジセンター TEL.078-512-5500

  電子チケットぴあ【Pコード:409―418】TEL.0570-02-9999 t.pia.jp

スタッフ

  舞台監督:大田和司

  照明:(デザイン)岩村原太、魚森理恵、村瀬満佐夫、呂師

  舞台美術:岩村原太、桑野聖子

  音響:苫谷典子

  録音:網中秀雄

  衣装:荻田良子

  宣伝美術:黒沼善裕

【お問い合わせ】

  神戸アートビレッジセンター TEL.078-512-5500

  http://kavc.or.jp

http://www.eonet.ne.jp/~ensemblesonne/Ensemble_Sonne.html

 アンサンブル・ゾネ「Still Moving2 穏やかな不協和音」はドイツ在住で欧州を中心に活動し高い評価を受けているジャズピアノ奏者、高瀬アキ音楽監督を担当。加えて元ネザーランドダンスシアターの中村恩恵が前回公演に続き2度目の参加。ともに国際的なキャリアを持つ2人のアーティストとのコラボレーションにより制作された。高瀬と岡登志子は即興演奏ダンスでの交流を通じて何度も共演してきたが、作品の共同制作は今回が2009年の「Still Moving」に続く第2弾。前回は手探り状態の部分もあったが、その後交流を重ねたことで高瀬の方にもカンパニーの個々のダンサーそれぞれの特徴への理解も深まり、作品としての成熟感は増した。

 神戸アートビレッジセンターでの初演は3・11の震災直後であり、生演奏で参加予定だった高瀬が来日できず不参加になり、その時点では余震の危険などもまだ大きかったために東京公演も中止せざるをえなかった。震災直後に来日できなかった高瀬ピアノ生演奏をフィーチャリングしての本来あるべき姿での舞台が11月に東京のシアターX(かい)での再演として実現した。

 ダンサーではカンパニーのメンバーである伊藤愛、岡本早未山岡美穂らがアンサンブルだけでなく、それぞれソロの場面でも個々の個性を発揮するなどそれぞれの顔がより見えるように成長しており、contact Gonzoの創始者でもある垣尾優も常連組の客演者として絶妙のアクセントとなり彩りを添えた。

 だが、なんといっても抜きんでた光彩をはなったのは中村、岡の存在であった。中村は自分で自ら振付も行い、首藤康之と大劇場での公演もこなすが、一方でアンサンブル・ゾネとは普段は関東関西と活動拠点を別にしているにもかかわらず単なる客演以上の深い関係になっていて、この作品では岡の振り付けたソロダンスをいくつか踊っているのだが、激しくは動かない静謐なダンスでありながら、内に秘めた激しさのような静かな気迫を感じさせ、震災の年だということもあってか祈りのようなものも感じさせられた。

 東京公演では初演では振付に徹し出演しなかった岡もダンサーとして参加し、岡、中村というベテランダンサーの競演には道は違いながらもこの世界で数十年も一線を走り続けてきた歴史の重みというか、若いダンサーにはない深みを感じた。

2011-03-26 ピースピット「BOOK」@精華小劇場

[]ピースピット「BOOK」第1巻〜第3巻@精華小劇場

D

  第1巻『ベルギガンの殉教』

  第2巻『アレハントの忘却』

  第3巻『マリーベルの鎮魂』  

  第4巻『ベンゼルの盟約』

  第5巻『オベルクの墓標』

  ※5部作一挙上演。第1巻〜第5巻までの総上演時間は8時間を予定。

場所/精華小劇場

料金/前売3200円、当日3500円

  5作通しチケット15000円(先行予約のみ取り扱い)

作・演出・プロデュース/末満健一

出演(五十音順)/

 赤星マサノリ(sunday)

 浅田武雄(HYT5)

 上田康人(劇団空晴)

 江本真里

 大塚宣幸(大阪バンガー帝国)

 恩地徹(ザ・パンタロンズ)

 片岡百萬両(ミジンコターボ)

 菊池祐太(コメディユニット磯川家)

 清水かおり(TAKEITEASY!)

 首藤慎二(ベビー・ピー)

 鈴木洋平

 佐藤博昭

 Sun!!(ミジンコターボ)

 志水みち(HYT5)

 焼酎ステラ(HYT5)

 立花明依

 丹下真寿美

 辻裕美

 辻るりこ(売込隊ビーム)

 永倉聖子

 中村真利亜(TAKEITEASY!)

 西垣葵(HYT5)

 西分綾香

 野下真歩

 橋爪未萠里(劇団赤鬼)(21日以降)

 治田絵里子

 福島果林

 福田薫

 福本愛(HYT5)

 前渕さなえ(TAKEITEASY!)

 真弓(HYT5)

 三谷恭子(売込隊ビーム)

 森口直美(パプリカン・ポップ)

 安元美帆子(sunday)

 山浦徹(化石オートバイ)

 山根千佳(TAKEITEASY!)

 ほか

詳細/http://yaplog.jp/suemitsu/

2011-03-21 「ダンス×アート 源流を探る ダンス映像を見る会」セミネ

[]白井剛×川口隆夫×藤本隆行「true」@アイホール

 ダムタイプの藤本・川口、発条トの白井剛により共同制作世界各地の上演でも好評だったアートパフォーマンスの関西初登場。

[]「ダンス×アート 源流を探る ダンス映像を見る会」セミネールin東心斎橋

 セミネール新シリーズ「ダンス×アート 源流を探る」では次回の企画として「源流を探る ピナ・バウシュ」を皮切りにコンテンポラリーダンスを代表するような作家についてもう一度問い直してみようという連続企画を考えています。今回はその前に準備編として、「ダンス映像を見る会」としてピナ・バウシュウィリアム・フォーサイスローザスなどコンテンポラリーダンスの映像を一緒に楽しみながら、お酒とお話を楽しもうという会を開催したいと思います。参加者の意見をお聞きして今後開催する連続企画への参考にもしたいと思っています。    

コーディネーター・中西理演劇舞踊評論)

 東心斎橋のBAR&ギャラリーを会場に作品・作家への独断も交えたレクチャー(解説)とミニシアター級の大画面のDVD映像で演劇ダンスを楽しんでもらおうというレクチャー&映像上映会セミネール。今年はすでに「ポストゼロ年代演劇に向けて」と題して、最新の若手劇団やこうした動きの先駆となった劇団の紹介を行っていますが、これとは別の新シリーズ「ダンス×アート」をスタートすることにしました。

 セミネールでは当初「現代日本演劇ダンスの系譜」と題して演劇コンテンポラリーダンスの両方を交互に隔月で紹介したのですがダンスについては集客が難しいという問題もあり、しばらく開催を中断していました。今年はこれまでの現代演劇を紹介するシリーズのほかにひさしぶりにコンテンポラリーダンスを取り上げる新シリーズを復活させることにしました。

 コンテンポラリーダンスというジャンルが一般化してから30年近い歳月がたちましたが、舞台芸術世界に新しい風を吹かせたコンテンポラリーダンスも最近は当初の勢いを失いどこか閉塞感がただようような状況があることも確かなのです。そこで一度原点に返って、新鮮な驚きで私たちを驚かせたコンテンポラリーダンスとはいったい何なのかというのをもう一度原点に返ってじっくりと考えてみたいと思います。

 セミネールではこれまで私が講師を務めてきましたがこの新シリーズでは、私自身も生徒の1人として毎回、テーマを決めたうえでゲストを呼び話を聞いたり、レクチャーしてもらうことを通じて、「コンテンポラリーダンスとは何か」について一緒に考えていくことにしたいと思います。

【日時】2011年3月21日(月)p.m.7:30〜 

【場所】〔FINNEGANS WAKE〕1+1 にて

【料金】¥1500[1ドリンク付]

 ※[予約優先]  定員20人ほどのスペースなので、出来るだけ予約をお願い致します。当日飛び込みも満席でなければ可能ですが、+300円となります。なお、満席の場合お断りすることもあります。

【予約・お問い合わせ】 ●メール fw1212+yoyaku.110321@gmail.com あるいはBXL02200@nifty.ne.jp(中西)まで お名前 人数 お客様のE-MAIL お客様のTEL お客様の住所をご記入のうえ、 上記アドレスまでお申し込み下さい。ツイッター(@simokitazawa)での予約も受け付けます。

●(電話での予約・問い合わせ)

06-6251-9988 PM8:00〜 〔FINNEGANS WAKE]1+1 まで。

web:fw1plus1.info

Bridge Gallery & Bar 〔FINNEGANS WAKE〕1+1

大阪市中央区心斎橋1-6-31 リードプラザ心斎橋5F

(東心斎橋清水通り。南警察署2軒西へ)

フルクサス 37 Short Fluxus Films(1962-1970)

http://www.ubu.com/film/fluxfilm.html

2011-03-20 KAVC「Yのフーガ’11」@神戸アートビレッジセンター

[]KAVC「Yのフーガ11」@神戸アートビレッジセンター

原作:稲垣足穂(「一千一秒物語」より)いいむろなおき構成・演出・振付

出演:いいむろなおき、ヤザキタケシ、きたまり、大柴拓磨、関 典子、宇保 允、和田雄太郎

ヤザキタケシ、きたまり、関典子ら関西を代表するコンテンポラリーダンサーが出演。

2011-03-06 SPAC「グリム童話」@静岡芸術劇場

[]SPAC「グリム童話〜少女と悪魔と風車小屋〜」@静岡芸術劇場

SPACグリム童話

演出: 宮城聰

作: オリヴィエ・ピィ

訳: 西尾祥子横山義志

音楽: 棚川寛子

出演: 美加理、大内米治、塩谷典義、大道無門優也、武石守正、仲谷智邦、永井健二、池田真紀子

3月5日(土) 16時開演

  6日(日) 14時開演

 12日(土) 18時開演

13日(日) 14時開演

チケットその他、詳細は→http://www.spac.or.jp/11_spring/grimm

2011-03-05 「踊りに行くぜ!!II(セカンド)」in伊丹と KIKIKIKIKIKI

[] 「踊りに行くぜ!!II(セカンド)」in伊丹@アイホール

「終わりの予兆」 

作・演出・構成:上本竜平/AAPA

カレイなる家族の食卓」 

作・構成・演出:村山華子

SOSに関する小作品:パート1(仮)」 

構成・演出・振付:タケヤアケミ

地元作品:

「私たちは存在しない、ブルー

 作・中西ちさと(ウミ下着)

[] KIKIKIKIKIKI「怪物」「ラベンダー」「をぐり」@京都アトリエ劇研 

 きたまり率いるKIKIKIKIKIKIの次回公演はソロ3本立て。「怪物」坂本公成振付、「ラベンダー」北村成美振付と関西コンテンポラリーダンスを代表するソロ作品の再製作ときたまりの一人芝居新作「をぐり」(ごまのはえ作、山崎彬演出)。今年上半期最大の注目化かも。

2011-03-01 twitter版お薦め芝居3月

[]twitter版お薦め芝居3月

http://twitter.com/simokitazawa フォロー、RT大歓迎

twitter版お薦め芝居3月

 twitterお薦め芝居3月 白井剛×川口隆夫×藤本隆行「true」アイホール★★★★ ダムタイプの藤本・川口、発条トの白井剛により共同制作世界各地の上演でも好評だったアートパフォーマンスの関西初登場。LED照明が生み出す不思議な世界を一度体験してみてほしい、必見。

D

 twitterお薦め芝居3月 「踊りに行くぜ!!II(セカンド)」アイホール ★★★★ 関西注目の若手ダンスカンパニー、ウミ下着の新作はどんなものに? 今年初めての企画公募作品は巡演を通じいかなる成長を遂げたか劇場に急げ!!

 twitterお薦め芝居3月KIKIKIKIKIKI「怪物」「ラベンダー」「をぐり」京都アトリエ劇研★★★★ きたまり率いるKIKIKIKIKIKIの次回公演はソロ3本立て。「怪物」坂本公成振付、「ラベンダー」北村成美振付と関西コンテンポラリーダンスを代表するソロ作品の再製作ときたまりの一人芝居新作「をぐり」(ごまのはえ作、山崎彬演出)。今年上半期最大の注目化かも。

Monochrome circus「怪物」

D

北村成美「パラシューート」

D 

 twitterお薦め芝居3月 ジャブジャブサーキット「まんどらごら異聞2011」@精華小劇場★★★★ 未決囚と死刑囚が暮らす拘置所舞台日常的な群像劇から幻想が立ち上がる。はせひろいちの中期代表作を改定し再演。

 

twitterお薦め芝居3月SPAC「グリム童話〜少女と悪魔と風車小屋静岡芸術劇場 ★★★★ 宮城聰演出。 フランス国立デオン座の芸術総監督オリヴィエ・ピィ作による『グリム童話』3部作宮城が新たな様式の新演出で上演。ク・ナウカ時代からの看板女優、美加理も出演。

twitterお薦め芝居4月TAKE IT EASY!×末満健一「千年女優@ぽんプラザホール ★★★★ 今敏監督が惑星ピスタチオの影響を受けて創作したアニメ千年女優」を元同劇団にいた末満健一が演出。主要キャストやサブキャストなど200以上にわたるキャラクターを役者全員が交代で演じた伝説の舞台の再演。前売りは完売らしいが当日券あればぜひ挑戦を。 

twitterお薦め芝居3月「踊りに行くぜ!! セカンドin東京アサヒアートスクエア ★★★★ プラン公募作品を共同制作する新企画の1回目。巡回公演をへての各作品の仕上がりぶりはどうなのか? すべて新作、新たな才能の誕生はあるのか? 

twitterお薦め芝居3月 小野寺修二「あらかじめ」青山円形劇場★★★★ 2009年に初演、評判を呼んだ作品の再演。近藤良平(コンドルズ)が音楽を提供、再演への新作も。 

twitter版お薦め芝居3月 KAVC「Yのフーガ11」@神戸アートビレッジセンター★★★★ 原作:稲垣足穂(「一千一秒物語」より)いいむろなおき構成・演出・振付 ヤザキタケシ、きたまりら関西を代表するコンテンポラリーダンサーが出演。

 twitterお薦め芝居3月 柴幸男構成・演出「わが町 可児可児市文化創造センター

★★★★ ソーントン・ワイルダーの「わが町」を可児市に置き換え、柴幸男が脚色。100人の市民が出演する壮大なる音楽劇に仕立て上げた。