Hatena::ブログ(Diary)

中西理の下北沢通信(旧・大阪日記) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-12-31 2012年演劇ベストアクト

[]2012年演劇ベストアクト

 年末恒例の2012年演劇ベストアクト*1 *2 *3 *4 *5 *6 *7 *8 *9を掲載することにしたい。*10。さて、皆さんの今年のベストアクトはどうでしたか。今回もコメントなどを書いてもらえると嬉しい。

2012年演劇ベストアクト

1,木ノ下歌舞伎義経千本桜京都芸術劇場春秋座)

2,KUNIO「更地(元立誠小学校)

3,青年団「三人姉妹」吉祥寺シアター

4,チェルフィッチュ「現在地」福岡イムズホール

5,渡辺源四郎商店「翔べ!原子力ロボむつ」ザ・スズナリ

6,SPAC「マハーバーラタザ・スズナリ

7,柿喰う客「絶頂マクベス伊丹アイホール

8,マームとジプシー「LEM-on/RE:mum-ON!!」(元立誠小学校)

9,夕暮れ社弱男ユニット「友情のようなもの」(元立誠小学校)

10,ラッパ屋「おじクロ紀伊国屋ホール)

 年頭に藤田貴大(マームとジプシー)が岸田戯曲賞を受賞する(矢内原美邦、と同時受賞)など引続きポストゼロ年代の若手作家らの活躍が目立った。なかでも台頭が著しかったのが京都の杉原邦生である。通常はこのベストアクトでは1人1本と決めているが、今回は通し狂言で自らを含め持ち味の違う3人の演出家(杉原、多田淳之介、白神桃子)を起用、プロデューサーとしての手腕が光った木ノ下歌舞伎義経千本桜」、太田省吾の代表作をまるで「わが星」のように演出したKUNIO10「更地」の2本を選んだ。「義経千本桜」は3人の若手演出家がそれぞれの個性を発揮して現代に通し狂言をやるとするとどうなるかという歌舞伎上演の新たな可能性を感じさせた。なかでも多田淳之介の演出した「渡海屋・大物浦」は出色の出来栄えであった。 

 ロボット演劇の集大成となった平田オリザ「三人姉妹」も今年の収穫だった。 

2012-12-29 セミネール番外編「パフォーマンスとしてのももいろクローバーZ」

[]セミネール番外編「パフォーマンスとしてのももいろクローバーZ

1月30日に延期しました。

主宰・中西理(演劇舞踊評論)=演目選定

 東心斎橋のBAR&ギャラリーを会場に作品・作家への独断も交えたレクチャー(解説)とミニシアター級の大画面のDVD映像で演劇を楽しんでもらおうという企画がセミネールです。いつもは演劇あるいはコンテンポラリーダンスを対象に開催してきましたが、今回は紅白歌合戦にも出場が決まった話題のアイドルももいろクローバーZ」を取り上げて、レクチャーと映像で一緒に楽しんでもらいたいと思います。

 ももクロについては今年の5月に「ももいろクローバーZとポストゼロ年代演劇」と題し、ももクロ媒介にしてポストゼロ年代演劇を考えるという講義*1を実施したことがあるのですが、実はその際にももクロについて調べなおしたことがきっかけで、西武ドームサマソニ大阪の2つのライブには現場参加してサイリウムを振ったりするほどにすっかりはまりこんでしまいました(ももか推し)。アイドルについて理屈をあれこれ言うのは野暮でしかないのは重々分かってはいるのですが、批評家らが好き勝手に言いたい放題になっているAKBに比べれば、こと言説という部分に関してはももクロはまだまだ弱いし、「ももクロは大したことはない。すぐ飽きる」などということを言われっぱなしなのも癪にさわるので、ここで一度これまでの半年で考えた「ももクロとはいったいどんな現象であるのか」について話したいと思っています。

 レクチャーは自己満足のような部分もあるので、刺身のつまのようなものでして、メーンイベントとしては当日入手したばかりになると予想されるライブ映像をミニシアター級の大画面で楽しむライブ鑑賞も行う予定(これ以上詳しいことは書けないけど、分かる人は分かるはずのアレです)。ライブ鑑賞会はおそらく明け方近くまでやっているはずなので、暇ができた人はぜひどうぞ。

【日時】12月29日(土) 7時半〜

【演目】ももいろクローバーZのライブ映像ほか

D

レクチャー担当 中西理

【場所】〔FINNEGANS WAKE〕1+1 にて 【料金】レクチャーは無料、ただし会場がバー&ギャラリーのため[1ドリンク+チャージ] として1500円が必要です。

※[予約優先]  定員20人ほどのスペースなので、予約をお願い致します。満席の場合お断りすることもあります。

【予約・お問い合わせ】 ●メール fw1212+121229@gmail.com  あるいは BXL02200@nifty.ne.jp(中西) 希望日時 お名前 人数 お客様のE-MAIL お客様のTEL お客様の住所をご記入のうえ、 上記アドレスまでお申し込み下さい。 06-6251-9988 PM8:00〜 〔FINNEGANS WAKE]1+1 まで。@simokitazawaあてにツイッター予約も受け付け中。

web:fw1plus1.info  Bridge Gallery & Bar 〔FINNEGANS WAKE〕1+1

大阪市中央区東心斎端1-6-31 リードプラザ心斎橋5F (東心斎橋清水通り。南警察署2軒西へ)