Hatena::ブログ(Diary)

とあるソフトウェア開発者のブログ RSSフィード

2010-07-10

30分でわかるER図の書き方 (7)

前々回、前回に続き、IDEF1X形式のER図について説明します。今回は、カーディナリティの記号について説明します。

前回: id:simply-k:20100709:1278665985
次回: id:simply-k:20100712:1278931452
目次: id:simply-k:20100716:1279237959

「1対多」または「1対1」のリレーションシップ

「1対多」または「1対1」のリレーションシップでは、関わりのある2つのエンティティの間に親子関係が存在します。*1 IDEF1X形式のER図では、親エンティティ側と子エンティティ側で異なるカーディナリティの記号を使います。*2

カーディナリティ記号の一覧表を以下に示します。

親/子カーディナリティ記号備考
0または1中空の菱形(◇)依存リレーションシップ
でのみ使用する
1なし特になし
0以上黒丸(●)特になし
1以上黒丸(●)の横に「P」を書く「P」は「Positive」の略
0または1黒丸(●)の横に「Z」を書く「Z」は「Zero」の略
N固定黒丸(●)の横に「N」を書くN ≥ 1
N以上M以下黒丸(●)の横に「N-M」を書くN < M、N ≥ 0、M ≥ 1

ER図の例

f:id:simply-k:20100710070222p:image

f:id:simply-k:20100710070224p:image

f:id:simply-k:20100710070223p:image

「多対多」のリレーションシップ

「多対多」のリレーションシップでは、リレーションシップの両側において、「1対多」での子エンティティ側の記号が使われます。つまり、リレーションシップの両側に黒丸が描かれ、場合によっては、「P」や「Z」が黒丸の横に書かれます。また、リレーションシップの線は、実線で描かれます。

ER図の例

f:id:simply-k:20100710070225p:image


IDEF1Xの説明は今回で終わりです。次回からは、ER図に関する補足的なトピックを扱います。

前回: id:simply-k:20100709:1278665985
次回: id:simply-k:20100712:1278931452
目次: id:simply-k:20100716:1279237959

*1:親子関係については、前回の記事を参照してください。

*2:この点は、IE形式と大きく違います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

リンク元