Marginal

『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。
[ゲームの感想(五十音順)] [読書感想] [記事一覧]

2014-10-13

明日ジャンプNEXT発売なので、振り返りを兼ねて。

[]SOUL CATCHER(S) 神海英雄 op.57 飛べ 神海英雄 SOUL CATCHER(S) 神海英雄 op.57 飛べ 神海英雄を含むブックマーク

ジャンプNEXTへの移籍回なので、今までのまとめもしながら描かれるリフレイン的な内容になっていますよね。

心の状態をバラされた人はキレる、ド素人から指揮者志望、人の心は変わり得る、逃げない勇気は必ず自分の助けになる等々。今回の話は、今までのまとめを描いているページに出てくるこれらのキーワードによって出来ているとも言えます

これらを逆手にとって、あるいはこの信念によって神峰が咲良、実理の攻略をするのが、良いところで。咲良、実理の心の状態について、相変わらず神峰語で

実理さんは

恐怖から逃げるように自分で塔を

高く高く

作り続けてる!!

と言うのですが、ここが心の状態をバラされた人はキレる所。

普通じゃないスかね?

オレ初心者なんで

フツーとかよくわかんねェスわ

がド素人指揮者志望。相変わらず汗めっちゃ流しながら言うところがカッコいいんですけど。

そして、逃げない勇気は『自分の』助けになるように、咲良、実理それぞれの意識の変化を促します。今回の曲目はW杯の応援ソングですが、あくまで応援なんですよね。この演奏は、咲良と実理に何かをしてあげるのではなく、彼らの変化へのきっかけです。そして、恐怖への行動はあくまで彼、彼女からアクションによってなされる。

咲良の今出来る演奏としての歌、実理の恐怖から積み上げてきた塔の破壊者たる咲良への応援によって。この辺ほんと上手いし、良いですよね。

同じテーマを繰り返しつつどんどん重いテーマを扱っているなとも思うのですが、このまま突き進んでいってほしいと思います


や、ほんと神海先生の自叙伝のように思えてきますね。「皆さんの応援がある限りずっと続きます!」と言ってくれる神海先生の心意気に答えて、これからも応援していく所存です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/simula/20141013

2014-07-02

[]SOUL CATCHER(S) 神海英雄 op.56 Still We Go SOUL CATCHER(S) 神海英雄 op.56 Still We Goを含むブックマーク

SOUL CATCHER(S) 1 (ジャンプコミックス)

SOUL CATCHER(S) 1 (ジャンプコミックス)

週刊少年ジャンプでの最終話ってことでやっぱショックですけど。


OK

じゃあ

未来の話を

始めようか

ある種のメタ的な意図だと思います

神海っちゃんの前作Light Wingで打ちきりだったこともあり、SOUL CATCHER(S)はい打ち切りになっても切れるようにターニングポイントを多数置いていたように思います。天籟ウィンドフェス木戸先輩、弦野攻略も、いったん区切りを入れて次への形を描くようになっていますエピソードとしての盛り上げを持ってて来つつ、各エピソードごとにそこから先、次への広がりを描いている。具体的には、ウインドフェスで全国の壁を描き、木戸先輩攻略で残りメンバー攻略の困難さを描き、弦野攻略後に全国、後輩を描くということです。

ある意味では風呂敷を全部広げてしまってあとで全部回収するということも可能だとは思うのですが、それをやってしまうと打ち切りで話数が足りなくなった場合回収しきることが出来ません。だからこそ、その都度収束させることが可能な範囲というのに常に注意しつつ作品を作っているのではないかと思うのです。


こういった前提を踏まえて上で今回を見てみると、収束させるという方向からは完全に逆となっていて。ソニ学、天籟、埼玉誉、下無、竹風といった全国各区のライバル高校、神峰の金管攻略、そして、伊調と黒条の不穏で新たな接触を描いています収束という意味であれば、金管攻略に焦点を絞るのが最も近い目標です。神峰に課せられたハードルは、全パートリーダーに認められること(残金管パートリーダー)→県大会西関東大会全国大会金賞となっているためです。

にもかかわらず、金管攻略でまとめず、ジャンプNextへの移籍の回であえて今後の様々なハードルを匂わせるというのに、Soul Catcher(S)という作品未来を見せられたのです。まだソルキャはこんなところで終わる作品ではないという。

Light Wingのような凄まじい瞬間最大風速もあれはあれでよかったのですが、やっぱりまだ先、彼らの未来が見たいのです。週刊から月刊に変わるということで、より一層練られた「最高に面白い漫画」になることを楽しみにしています

これからも応援していきますよー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/simula/20140702

2014-05-04

[]ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうですを含むブックマーク

面白かったです。これである意味番外編だからたまんないですね。


僕が作品を見る基準として、その作品の考え方、コンセプトがどれくらいその作品を貫いているかというのがあります

そういう意味で、この巻は作品を統括しうる巻でもあって。

今は負けても次で、そこで届かなければさらにその次で勝つ、一つでも踏み外したら終わりの駆け引きを当然のような顔をして渡り切る、弱さを持って強さに勝つ、一人では届かないことを二人でなら、などなど。


キャラクターの描き方としても総括的ですよね。エルフシンク・ニルヴァレンの口調であったり、「成長しない」フリューゲル、その中にあって例外的ジブリールであったり。「ジブリールのこと、嫌いにならないであげてください」とあとがきで書いてますけど、そもそも趣味のためにシュヴィを襲ったことを除けば*1、たった一体の機凱種であるシュヴィに天撃を使うほどに彼女のことを認めたという「未知」への片りんを見せていたりします。最弱に対する最強を描いたことも含めて。


「なぁ、シュヴィ‐もし俺とおまえ、二人で一人だったら、さ……」

番外編のように構成しつつ、空と白をイメージした偽史であるというのも、上手いです。この世界に生まれ変わりはないということで直接的な因果関係は切りつつ、偽史として語ることにより、この作品主人公である空と白に隣接させつつ描いていますアニメ最初でこの世界に生まれ変わらせてくれてありがとうというような描写がありましたが、そんなイメージもあるのかなと思いつつ。


三巻で成長しない、完成しているという描写がありましたが、だからこそ二人、そしてそれ以上の「ひと」達の力を合わせて、「みんななかよく」世界統一、そして、テトとのゲームに取り組む。

予告の「ふたりでもまだ足りなかった」「”俺ら”で証明してやる」という言葉で、この作品さらなる広がりを感じて、それが描かれるのを楽しみに待ちたいと思います

*1:やっぱだめかも…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/simula/20140504

2013-09-15

[]SOUL CATCHER(S) 神海英雄 SOUL CATCHER(S) 神海英雄を含むブックマーク

SOUL CATCHER(S) 1 (ジャンプコミックス)

SOUL CATCHER(S) 1 (ジャンプコミックス)

小学校5年生の終わり、

サックスに初めて触り

音楽先生に「お前才能ある」と

褒められてから

音楽にハマりました。

僕の原点です

帯のコメントですが、まさしく神海っちゃんだなと思います。誰かに見つけてもらう、肯定してもらうことがあって、それでそのことにのめりこむ。才能って言葉に関しても否定的ではなく、一人一人にあるもので、別に世界一とかそういう強い意味を持つほどのものでもない。その人を肯定する、ただその程度のものくらいの意味であって。


傑作なのは言うまでもないのでおいといて。

神峰の汗かきっぷりが半端ねえっすね。最初コミュニケートするってこと自体に相当のハードルがありますが、各パートリーダー攻略音楽知識向上を経て最新話みたいに指揮で表現するというところまで来てると思うと移り変わりがはっきり分かりますよね。最初自分が言うことが正しいのかってだいぶためらいがちですし。打桶先輩のとことかピークですけど、その分勇気を振り絞ってる感が強くてかっけえです。


後は見返してみると、構成だいぶ考えられて描かれてますね。

第一話のパーリー四人がまだ未攻略、二話青年の主張で反応した人が今ようやく終わりそう*1ラストパートリーダー全員集合など、この部活の全体を何度か見せつつパートリーダー攻略を進めてます。神峰がこの部を導く「指揮者であるというのが今週の話でも描かれたメインテーマですが、ライトウイングが一人目*2及川覚醒が二巻半ばということと比較するとびっくりするくらいスピーディです。*3。加えて一巻でこれだけの密度ってのもなかなか。モブにも割と気を使っているし。


ほんと一話でも長く見たいので、長く続いてほしいですねえ。


ところで、キャラクター紹介地味に良かったです。打桶先輩細かいこと考えるの苦手すぎwwwwwとか刻阪のお姉さん読み切りと同じくヴァイオリニストなんだとか、谺先生パンケーキ好きなのねとか色々。

いやちょっとほんと人気出てこういう余裕のある話読みたいですよ。

*1打ち切りにも備えて、場合によってはここで終わることも考えてたんだろうなあ…

*2:二人目?

*3:まあその後覚醒が一ページで…ってのはあります

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/simula/20130915

2013-08-07

[]SOUL CATCHER(S) op.13 捨てる神あれば拾う神あり SOUL CATCHER(S) op.13 捨てる神あれば拾う神ありを含むブックマーク

今週の名言

信じられないんだ

あの天井より上が存在すること…

神峰くんの他人の心が見える能力(要約)って、その人の思っていることが聞き取れるとか文章として見えるというわけではないので、解釈の余地があるというのがある種の謎解きや意外性の表現になると思っているのですが。同じものを描いた上で「向上心がまるでない」から箱の中しか想像できないをつなげるというのが良いですね。

ちょうど逆転裁判5をやってたのですが、あっちも事実ではないもの視覚として見せるということをやっていて印象深かったです。逆転裁判5だと事件の再現を絵として見せるのですが、あくまでその時点での情報証言によってあらわされる事実らしきものゲームの画面となります。だから事実と違ったもの映像として映される。視覚の与える影響は非常に強いので、見せ方に一工夫入れる効果は大きいです。最初ビジョンでこういうものだと思わせておいて、それを裏切ることによりアクセントをつけられる訳で。視覚による印象付けと、それを裏切る描き方には今後も期待です。


ラストはもし人気があったらパートリーダー攻略という学園の中を延々やってたのかなあと思わなくもないですが、最初から全体を見据えつつやることによって、ライトウイングのように描こうとしている到達点までは駆け足でも行ってほしいですねえ。最近珍しくアンケ出してますけど、アンケだ!!アンケを出してくれ!!という感じ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/simula/20130807