Marginal

『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。
[ゲームの感想(五十音順)] [読書感想] [記事一覧]

2005-01-25

[][]シンフォニック=レイン シンフォニック=レインを含むブックマーク

シンフォニック=レイン DVD通常版

シンフォニック=レイン DVD通常版



ファルルートを最初からプレイ中

基本的にネタバレ後に見るべき所はちゃんとフォロー(ファルで言うと、最初の出会いで傘を差すところとか)してくれているから、あんまり意味がない、というか、前半はやる気があんまり起こらないです

後半以降が本当にすごいのを前提としてと言うことですけど


これ以降ネタバレ

シナリオクリア後に見てください

ファルシータ・フォーセット


「クリスさん…今幸せ?」

ああ、なんて残酷な言葉なんだろう

これは幸せを肯定している言葉なんかじゃなくて、寧ろそれを否定するための言葉なのだ

アリエッタが覚めない眠りについてしまったという無意識の記憶と、アリエッタと別れる事になった悲しみから、ファルを愛することによってようやく開放されようとしていたクリスのフォルテールの音色は魅力的ではない

この言葉を言った翌日に、彼女は真実を告白する

感情がフォルテールの音色を素晴らしい物にすると知っていて、その上で辛い現実をクリスに突きつける

全ては、フォルテールの音色と自分の目的のために


「歌は手段ではなく目的だった」

彼女はそう言い、実際に思っているのだろうが、恐らく歌も手段になってしまっているのだ

彼女の歌に足りなかった感情

歌を歌って生きていけるようになる

というその目的のための手段となってしまっているからこそ、彼女の歌は足りないのだと思う


彼女にあるのは、中身のない空虚な目的だけであり、歌が好きで、クリスのことを愛していると思っているのだろうが、何処まで行ってもそう思い込もうとしているだけではないだろうか?


最後に、クリスに羽を渡したファルは自分の中に、自分に足りないクリスという「感情」を取り込んだのだと思う

自分の幸せのために


このシナリオでのあまりに儚い可能性は、孤児院から帰ってきたときに、ファルが持っていた楽譜

彼女の目的と実力からすると、クリスとの楽譜を持ち帰る必要はあまりなかった

これが、ほとんど無意識であっても、クリスを愛し、歌が好きであるという証であれば…

しかし、これはあまりにも細い蜘蛛の糸…


ファルバッドエンドの方は、hajicさんの、メロディがバッドエンドのことを表しているという説から考えると、ファルはクリスと別れる事によって、カナシミという自分自身の感情を手に入れたのだと思う

こちらの方が救いがある



ファルに真実を告白された後雨がひどくなっているんですけど、ドラマとかである、背景で主人公の感情を表すといった方法論では上手いと思いました


hajichajic 2005/01/26 11:04 彼女の手段と目的の逆転の過程は、ちょっと複雑ですね。評価を必要としない孤児院で歌うことは、彼女につかの間、かつての喜びを思い出させたのでしょうか。

simulasimula 2005/01/26 23:17 僕は、孤児院に戻った頃によって、自分の昔を思い出して哀しみとか、痛みとかそういった感情を抱いたんだと思ったんですが、そういった思いもあると思います
彼女は、少しは本当に歌が好きなのかも知れないし、クリスのことを愛しているのかもしれません
考えれば考えるほどよく分からなくなりますが

hajichajic 2005/01/27 08:04 ほんと、さっぱりわかんないですね (^_^;) でも、そうだと信じたい。さもないと、あんまりにもあんまりですから。(笑)

simulasimula 2005/01/27 16:46 というのも、孤児院から帰ってきた後の楽譜のエピソードを見たら、歌もクリスも好きだと言うのもあるんじゃないか?と思ったので
彼女の目的からすれば、楽譜そのものを持って帰る必要はあまりなかったと思います
だから、クリスとの楽譜を頼りにした、と思いたくなるのですが

hajichajic 2005/01/27 22:58 なるほど。学府のエピソードはちょっと気付きませんでした。もう一度読み直してみることにします。それにしても人の意見を読むと、新しい視点が得られて良いですね。みんな色々考えてるんだなあ

simulasimula 2005/01/27 23:21 自分だけだと気付かないことって結構ありますからね
そういった意味でも、いい作品はちゃんと評価され人気が出てほしい物です

リンクどうも
こういった考察って、あんまり日記でするものじゃないので、リンクとか必要だと思いますから