散歩男爵 Baron de Flaneur (Art Plod版) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-01

2011-04-25

ツイッタ読書会「3.11を読む #311yomu 」をGWあたりから始めようと思ってます

S「……ので、御質問・御意見・御参加よろしくです」

X「で、何を読むんだ」

S「今んところは、小松左京先生の『日本沈没』『首都消失』『復活の日』から、と思ってますが……

日本沈没 上 (小学館文庫 こ 11-1)

日本沈没 上 (小学館文庫 こ 11-1)

首都消失 (上) (ハルキ文庫)

首都消失 (上) (ハルキ文庫)

復活の日 (ハルキ文庫)

復活の日 (ハルキ文庫)

……それと並行して、この3.11*1という事態そのものを『内側から読む』作業も進めていきたいなあと」

M「(なんかまた長〜いエントリが続いたあげく、道楽でやってるには経費がかかりすぎることに気づき、どこかの出版社さまに泣きつくような予感が……)」

S「ん? なんか言った?」

M「いーえー別にー」

S「というわけで地震発生以後の新城の思考過程については、ツイッタやタンブラを御覧ください」

http://twitter.com/#!/SinjowKazm

http://twilog.org/sinjowkazma

http://sinjow.tumblr.com/

*1:ちなみに新城は、「3.11」という表現に「自然現象としての東北地方太平洋巨大地震」「その地震がひきおこした現在進行形の災害群」「その災害によって始まった/加速された様々な社会的心理的文明的変動」の全てを含めておりますので、御了承ください。

2011-03-23

新潮社さまの『小説新潮』4月号で短篇(というか大長篇のプロローグ)を書きました

S「というわけで、ジャンルは歴史ものです」

M「へー。どういう内容なんですか」

S「まぁ簡単に言うと、織田信長×長益みたいな」

M「えーーーーーー!!!」

S「……というのは大いに誇張が入ってますが、まあいろいろな楽しみかたが出来ると思いますんで、よろしく」

M「そういえば他の仕事はどうなってるんですか、あの短篇とかこの長篇とか」

S「ぎくっ。早急に完成させます、もうしわけありません〜>読者の皆様&各社担当編集様」

2010-05-15

2009-12-18

2009-12-01

架空エッセイ第2回、早稲田文学のフリーペーパー・WBに書きました

S「……ので、よろしく。この架空エッセイ連載、実はSF-マガジン様のほうで開始している連作シリーズ〈あたらしいもの〉とも連動しているので、併せて読みますと楽しさ倍増であります。配布している場所は、こちら

X「おい。おまえの一言エッセイが載ってるバックナンバーもダウンロードできるようになってるぞ」

S「あ、ほんとだ」

2009-11-16

GGG番外速報:法理空間Jurispaceの誕生……?

S「というわけで、『15×24』の刊行作業等でばたばたしてまして、まだぜんぶチェックしてないのですが、例のグーグルブック検索問題、裁判所の裁定だか調停だかの最新版が出たようです:

もろもろ作業が一段落したら、いろいろ妄想分析してみたいと思います〜……まあ、12月の20日くらい、とか?」

M「なんかあるんですか、その時期に」

S「うんまあ色々と」