散歩男爵 Baron de Flaneur (Art Plod版) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-05-25

『物語工学論』文庫化!で、幻の「あとがき」がこんなところに

物語工学論 キャラクターのつくり方 (角川ソフィア文庫)

物語工学論 キャラクターのつくり方 (角川ソフィア文庫)

S「というわけで文庫版に入らなかったあとがきが、以下にございますので」

M「ほほー」

    あとがき

S「えっと、あとがきです」

M「って新城さん、なんでいきなり新井素子先生のあとがき書き出しをパクるところから始めるんですか。ここは真面目に、新しい読者層にむけて文庫版『物語工学論』を売り込むところでしょうに。ていうか、僕ことMはあくまで新城さんのブログやツイッタで架空会話の相方をつとめるのが本業のキャラクターであって、なんの説明もなしに登場させちゃダメでしょ」

S「いいじゃないか、便利なんだし。キャラクターというものは、読者の便宜を図るためならば、どこでどれだけ登場させてもいいのだ! ちなみに新井素子さんの有名な書き出しをなぞっているのは、先輩SF作家さんという意味合いでのオマージュもしくは本歌取りであって、パクリとは違いますんでそこんとこよろしく」

M「そうかなあ、単に楽をしようとしてるとしか思え……もがもが」

S「(M君の口をふさぎながら)というわけでこの度めでたく文庫化と相成りまして、これからもよろしくご愛顧くださいませ。最初の単行本バージョンよりも一層コンパクトにまとめ直しまして、実用書・読み物としての側面を強調しつつ持ち運びにも便利、通勤通学途中の空き時間に、旅先の御伴に、はたまた冠婚葬祭の記念品にも最適の」

M「なにをムチャクチャ言ってるんですか。そういえば、以前にあった理論篇とか一覧表とかが収録されてませんよね。あれはあれで味があって僕わりと好きだったんですが」

S「いやー、ぜんぶ入れたかったんだけど価格とページ数の関係がナニしてアレになってしまうのでゴニョゴニョゴニョ」

担当「理論篇など物語工学のさらなる深淵を堪能したい方は、ぜひ単行本バージョンも併せてお買い求めください〜(と走り去る)」

M「わ、誰かと思ったら今のは文庫版の担当編集さん。いいんですか、勝手に登場させちゃって」

S「いいんです。もしアウトだったら校正の段階でカットされてるはずなので、どのみち読者さんの目にはふれないし」

M「(編集作業の過酷さを知らないもんだから勝手に遊び始めてるな、こいつは……これだから作家という人種は)」

S「でも最近の新城は、もちろん本業は作家なのですが、同時に『思いついた論理的妄想や未来予測や無茶だけど実現可能なアイデアを文章・音声・動画で発表する人』という方向にも興味が出てきてるんだよ」

M「勝手に人の内心を読まないでください! それはともかく、今回の内容はあくまでも入門篇なわけですよね。単行本にもそう書いてありましたし。応用篇って出るんですか、今後」

S「ふふふのふ、それは何を隠そう……」

M「出るんですか!」

S「この文庫版の売れ行き次第でございます。もし可能ならば、次はぜひとも〈悪役〉や〈ヒロイン〉に絞って、もと詳しくお伝えしたいなあ、と。そんなこんなで今後とも、隅から隅までずずずいいーーっと、よろしくお願いいたします……(深々とお辞儀をしているところへ、緞帳がゆっくりと下りてくる:客席のライトが明るくなる中、万雷の拍手は鳴り止まない)」

M「って歌舞伎座の顔見世ですかっ!」

           以下、次巻に続く!(かもしれない)

M「……これじゃ普段のブログと変わらないような気が」

S「そうとも言うね^^」

M「(原稿を再利用してブログ書けたもんだから、機嫌がいいんだな……まったくこの人はほんとうにもう……)あ、そういえば。はてなからタンブラに引っ越す計画はどうなったんですか」

S「まだ計画中です。めんどくさいので」

M「………………」

S「でも夏には『サマー/タイム/トラベラー』のツイッタ読書会とか、『島津戦記』を都内&ツイッタで体験する面白ゲーム開催とか、考えてますんで、今後もよろしく〜」

2009-08-02

WB/こどもWBでエッセイはじめました

S「実はこの連載エッセイ、タイトルの〈未来の読書とランデブー〉からもお解りかと思いますが、当ブログGGGシリーズや間もなく開始予定の***の******等とも連動してますので、ぜひお手に取って御覧ください〜」

2009-05-22

新型インフルで世間は盛り上がってるみたいですが記念! この5ヶ月の散歩男爵をふりかえるのコーナー

S「というわけで気がつけばもう5ヶ月たってるわけですが。今回は、ブログ本体ではなくて、Twitterのほうで好評をいただきました、つぶやきベスト5をふりかえってみたいと思います」

X「Twitterって、そこの右上にある緑色の四角いあれか」

S「それです。更新が楽だし、メモにもメールにも使えるし、他のみなさんのつぶやきも大変参考になるので、最近はかなり重宝してますよ。あと、そこ経由で新城のTumblrにも連動してますが、そっちも大変便利です。では、このへんを参考にしつつ総合的に判断しました『つぶやきベスト5』、まずは5〜3位:

5, Twitter+Tumblr+はてな諸機能を「自分の思考メモを外へむけて公開する」感覚で始めてみた……ら、いつのまにか「たくさんの人やサイトが自分の思考を修正加工善導するために内にむかって流れ込んでくる」感覚へと移行していた……うーむ面白い。これぞTweegle時代の感性?(4:20 AM Apr 4th webで):http://twitter.com/SinjowKazma/statuses/1447193747

4, 「2009年夏の新城カズマが、2005年夏に刊行され(て2003年夏を舞台にし)た新城カズマの『サマー/タイム/トラベラー』を読み直してみる@ついったー」……というのは面白いかも。twimblreadingの新たなるパターンとして。(1:10 AM May 15th webで):http://twitter.com/SinjowKazma/statuses/1796278636

3, キャラ(のセリフ)案:「優生学に反対だとおっしゃるなら、皆さん全員できるだけ不細工な相手を見つけて結婚するがいいわ!」(5:58 PM Jan 17th webで):http://twitter.com/SinjowKazma/statuses/1125851665

M「なんですか、これ」

S「いや、まあ、思いついちゃったんで。3位のこれは当初ダントツに好評だったやつですな。あと、Twitterの性質上、前後のつながりがないとわかりにくいネタもあるので、詳細ご覧になりたい場合はTwitter本体を参照してください。では続いて2位!」

2, メモ:架空の他者の内に感情や悟性を想定することと、架空の他者の言動(について書かれた文章)を自分についてのことだと思い込むこととの間には、大きな隔たりがあるのだが、実はどちらも日本語では『感情移入』観念に含まれてしまう……そも感情移入とは何なのか/どこまでを言うのか?(8:10 PM Mar 25th webで)

M「お、なんか急に真面目に」

S「そういう時もあるのだよ。そして1位は!:

1, 就活とか婚活とかヘンテコリンな省略日本語が増えたなあ……と思ってるうちに、ふと「あなたたち、それよりもまず生活(=人生活動)なさい!」と叱る女教師キャラ(眼鏡付き)を思いつきましたが、如何でしょう>全世界(4:47 PM May 11th webで)

M「なにやってんすか昼間っから……」

S「そういう時もあるのだ。ちなみに、グランプリはこちらの一連のつぶやきでした!」

M「って1位で終りじゃないんですか! ベスト5って言ったくせに!」

S「まあ細かいこと言わずに:

@mawaru わあ、それはもうしわけありません!……新城も勉強しなおしてきます。ちなみに今、新城に言及した某氏につぶやき送ったら「釣り乙」と言われてしまい^_^;)。どうしよう、ブログに書いたら信用してもらえるのかな……逆に「信じてもらえない状態」を続けたほうが面白いのか?……(1:07 AM Apr 25th webで mawaru宛)

……「新城カズマであることを(100%は)信じてもらえてない状態」というのも、これはこれで、けっこう貴重な体験なので……ううむどうしよう……求むエレガントな解答!>全世界(1:09 AM Apr 25th webで)

ここで「待てよ、本当に僕は新城カズマなんだろうか?」と続けると→ディック的世界。「実は君も僕も彼も新城なんだよ:浜辺でお茶でも飲もう」→バラード(中期)。「……はっ!ここで目覚めたってことは俺は新城2.0!」→ヴァーリイ。「そこまでだ!チューリング法により(以下略)」→ギブスン。(1:15 AM Apr 25th webで)

「貴方は火星の新城カズマの幻なのよ……」→ブラッドベリ。「R・新城、君の論理には重大な誤謬がある」→アジモフ。「俺は俺で俺なんだ!酒飲んで開拓して時間を超えようぜ!」→ハインライン。「お前たちの到達できない処に新城カズマは居て、お前たちを見つめ返しているのだ!」→ハーバート。(1:21 AM Apr 25th webで)

@mawaru うーむ確かに考え始めると難しい問題ですな……そもそも「あのブログを書いてる新城」と「あの小説を書いた新城」が同一かどうか、ネットだけで証明するのは非常に難しい……^_^;)(1:22 AM Apr 25th webで mawaru宛)

@you1 「そうか、私は実はtwitter上のbo……」→東京の一角で閃光&爆発→以下ディックの名作短篇世界へ。(1:23 AM Apr 25th webで you1宛)

@mawaru お、それはエレガントな解決かも^_^)。「そうだよヴァージニア、新城カズマはほんとうにいるんだ」「じゃあパパ、彼の新刊はいつ出るの?」「ぎくっ」なんちて。……いや、もうじき出ますよ! いろいろと! 9月からは例の3000枚の大長編が!(1:32 AM Apr 25th webで mawaru宛)

……という一連の流れが、ずいぶん盛り上がりました」

X「なんか隣の人がケータイで会話してるのを、こっち半分だけ聴こえてるみたいな感じだな」

S「つぶやいてた新城本人は、ラジオの海賊放送やってるような気分でしたけどね。実際、ブログ文体の未来というのも、深夜の若者向けラジオ番組のDJの語り口に正解があるのかもしれない……と思うことありますし。伊集院光先生、いやさ師匠、尊敬してます!

X「たしかに俺も学生時代はいろいろ聴いてたなあ……どっちかってえとオールナイト・ニッポン派だったけど」

S「ついでながら、Tumblrのほうでいちばん好評をいただいたのはこのへんでした」

M「(リンク先を覗き込んで)うわー! そういうデンジャラスな発言は控えてくださいよ!」

S「いやー、ははは。ていうか『ザ・コクピット』シリーズとか大好きですよ新城は。いやほんとに」

2009-03-25

AIGから100万ドルだか何だかをとりかえせ記念! この3ヶ月の散歩男爵をふりかえるのコーナー

S「というわけで、ほんとは2月にもやるはずだった毎月恒例のあれです」

X「まだ2度目なのに毎月恒例も何もあるかい」

S「じゃあ準恒例ってことで。前回は閲覧件数の多かったものを紹介したんですが、これだとプラスのフィードバックが働いちゃって余計に読まれちゃうので、今回は逆に人気のなかったエントリを調べてみました」

M「(なにやってんだか、この人は……)」

S「ではでは……業務連絡的なものは除外したうえで、公開期間の長さ・はてなスター・コメント数・その他さまざまな要素を考慮した結果、この3ヶ月でいちばん読まれてないエントリは……こちらでした!:

  1. 消費(の下限)割当制度
  2. 「マドフ/フューチャー/エンターティメント」?
  3. アブノーブル
  4. 未ガネっ娘
  5. 米国腐女子党宣言&ガーフィールド虚数

ちなみに、かなり適当にわりと気楽な気持ちで書いた割には妙に反応がよかったぽいのは、

でした」

M「えーと、この1〜5っていうのは1位のほうが閲覧数が少なかった、ってことですか?」

S「そういうこと。4位の未ガネっ娘なんか、けっこう気に入ってたんだけどなあ」

M「あれはさすがに無理すぎですよ」

S「そうかなあ〜」

f:id:sinjowkazma:20090324231544j:image

                     via ソニン記念日

M「っていきなりまた! いいんですか、こんなの勝手にペタペタと」

S「うーむ、こういう転載ってネチケット的にどう表記にするのがいいんだろう……とりあえず発見したサイトを明記してみましたが、よろしく御指導ください」

Q「で? ようするにソニンもメガネをかけると+5ポイントって言いたいわけ?」

S「まあ彼女の場合たいてい何やっても+20ぐらい入るんですが」

X「なんじゃそら」

S「というわけで、今後はGGG*1シリーズはもちろんのこと、ソニン嬢を応援するSonimist Internationalとか、名作劇場のマニア的分析とか、蓬莱学園やPBMに関わった業界関係者を訪ねる『舞踏会の生徒手帳』とか、自転車の話とか、いろいろやってく予定ですのでよろしく〜」

Q「原稿……」

S「ぎくっ」

*1:M「なんかGが一個多くないですか」S「いや、元々はGoogling the Gutenberg Galaxyっていうタイトルだったもんで」

2009-01-26

新城カズマはどんなふうにしてtwitterで遊んでいるか

S「……というような話題が、先日都内某所で野上武志画伯と会食した際にありまして。おお、これでブログ一回分のネタになるなあと」

M「そういえばどうして昨日は何も書いてないんですか。ここんとこ、3のつく日にしか休んでなかったのに」

S「うん、昨日は眠かったので一日中寝てた

M「こっ……(いや、もはや何も言うまい! 諦めろ、諦めるんだ、自分!)……」

S「だって眠かったんだもーん」

M「もういいから、twitterの新城的使い方を語ってください。そして、さっさと僕を解放してください」

S「わかったわかった。えーと、そも新城はtwitterのどこを気に入ったかというと、手軽さ、その場限り主義、みたいな点はもちろんながら、ユーザそれぞれが実に人それぞれの使いかたを実践してるのが良いなあと思ったわけです。

たとえば、簡便メールソフトとして使うこともできる。ブログとしても使える/もしくは併用できる。あるいは古典的チャットとしても充分使用に耐える。さらには……これは新城の主な使い道でもあるんですが……アイデア・メモとして使い勝手が良い。ちょっとした思いつきをアップすると、時刻は明記されるし、書いた順番に並んでるし、気に入らなけりゃ削除もできるし、時には世界のどこかから自分の生煮えアイデアに対して助言やヒネリを入れてくれる人さえいたりする。実に素晴らしい!

個人的におすすめなのが、twitterのフォローする/される関係を一種の『迷路』と見立てて、ぐるぐるとさまよってみる遊びです。たとえば、自分をフォローしてる人をフォローしてる人をフォローしてる人を……と遡っていって、もとの自分のところまで戻って来れるかとか、あるいは逆に何フォロー以内に狙った有名人まで辿り着けるかとか。他にも、面白いアイコンだけを辿っていくとどこまで行けるかとか、メガネ女性のアイコンを探してどんどん進んでゆくとか……」

M「なんかもう幼稚園児みたいですね」

S「でもインタ―ネット黎明期の熱気を憶い出したのは本当だよ。全体を見渡せないワクワク感というか、絞りきったスリットから情報空間を覗き見する『不便さの中の愉しみ』というか。

継続的なコミュニティを濃ゆく維持したいならmixiとかのほうが圧倒的に便利だけど、一瞬でしかない/だからこそ触れ合いが重要に感じられるtwitter感覚も捨てがたいのですよ。関係が続かない、今この瞬間に終わるかもしれない、そして実際に終わる、だけどまた逢える、だからこそ楽しい。みたいな」

M「なんか蝣験論とも近いような話ですね。そういうの好きなんですか」

S「かもしれない。蝣験というか……袖験(ゆうけん)主義と呼んでも良いかもしれない」

M「なんですかそれ」

S「ほら、言うだろ。袖振り合うも多生の縁って。あの精神でさ。一生出逢うはずもなかった誰かと、ほんの刹那、袖がこう、ふわっと一緒に揺れて、重なって、でもそれもまた前世からの定めだったかもしれないねえ、と思える心持ち。いいじゃないですか」

M「そんなもんですか」

S「そんなもんです、人生なんて。あそうだ、そういう遊び方をする際に便利なのが、Googleの演算子site:なのですよ。これを言っておかないと話半分だ。たとえば、『新城カズマ site:https://twitter.com/』でググると……」

M「わ、なんだこれ。ツイッターの中で書かれた新城カズマに関する書き込みが」

S「というふうに、必要なときはtwitter全体を見渡すこともできるので、いろいろ試してます。具体的な話題を探したり、抽象的観念でもいいし、人名でも書名でもいいし。ああ、やっぱりGoogle様は素晴らしいなあ(虚ろな目)」

M「ってすっかりグーグル教徒になっちゃってるな。しっかりしてくださいよ、はてな市民なんですからね新城さんは。ちゃんと自覚もってくれないと」

S「おっとそうだった。というわけで、これからもがんばりますんでよろしく」

X「早く原稿書け〜(後ろから現れて首を絞める)」

S「か、書きますがぎまず、今がらがぎまず!……」

2008-12-25

「マドフ/フューチャリング/エンターティナー」?

S「というわけで、こちらが今日の本題のはずだったんです」

M「起き抜けにつまらないギャグなんか書くから……」

S「だって思いついちゃったんだから、しょうがないでしょ。GooglePsychoanalyticsのほうがよかったかな。後で直しておこう」

M「いいから本題に入ってください。なんですかマドフって」

S「今回の世界経済危機の渦中で逮捕されたアメリカの人の名前。これ最近ずっと気になってたことなんだけど、なぜか日本ではマドフって表記してるんだよ。Madoffはメイドフ/メイダフって発音されてるのに……すくなくともアメリカ英語では。ユーチューブとかで確認すれば、すぐわかることなのに」

M「とか言いながら、自分でも過去にいろいろ恥ずかしい英語発音の間違いとかしてたじゃないですか」

S「いやまったくそのとおりなんですけどね。今回も新城の間違いかもしれないし。でも気になるんだよなあ、この件は。こないだ池田信夫さんのブログ見た時にもマドフだったし。まさかあの人が文字ベースだけで英語圏情報を得ているとも思えないんだけど。わからん!」

M「残りの二つは何なんですか」

S「これはもっと前から気になってる単語だよ。フィーチャリングfeaturingだし、エンターテイナーentertainerだよね? なんでこんな発音に?」

M「日本人には発音しにくいからじゃないですかね。アイロンとかミシンみたいに」

S「ティナーよりテイナーのほうが発音しやすいだろ、日本語的に」

M「ふーむ。外国語っぽく発音したがって、過剰に変形させてるんですかね」

S「まあそんなこんなもあって、まだまだ日本と米国の相互理解の道は険しいなあと思うわけですよ」

M「うわ、強引にまとめに入った」

S「だってせっかく、はてなダイアリーでカテゴリつくったし、使わなきゃと思って。というか、これから書くつもりのネタの備忘としてカテゴリあらかじめ作っておいたので」

M「カテゴリーってそういうふうに使うもんなんですか」

S「いや、知らないけど。いいんだよ自由で。ネットなんてそんなもんだ。ネットは広大だ! 遠浅だけど!(by少佐)」

M「後半は違いますよ!」

2008-12-23

どうして新城カズマが今までブログ等をやっていなかったというと……

S「……まあ簡単に言えば、『そんな暇あったら原稿書け!』という担当編集様のお叱りが容易に想像できたから、なわけで」

M「そりゃそうですけど。って何でまた僕がここに登場させられてるんですか。昨日のはいいですよ、ほんとにあの場にいて、あのとおり喋ってたんですから。今日は完全に架空の会話じゃないですか」

S「だから会話文は楽なんだってば」

M「またそういうことを……きっと某氏あたりから『鼻白んだ』とか『KY』とか言われますよ」

S「と言われてもなあ。新城の座右の銘は『ほっといてくれ』と『そんなもんが怖くて人間やってられっか』ですから。ちなみに後者は『はみだしっ子』のアンジーの引用です」

M「……はあ。そうですか」

S「でも、だらだら会話文続けててもしょうがないので、クリスマスとかお正月限定で懐かしアイテムを発表するのも面白いかな、と」

M「って何ですか」

S「たとえば『蓬萊学園の革命!』2巻の原稿とか」

M「いー!!」

S「いや、全部じゃないよ。冒頭のところだけ。一瞬だけアップして翌日削除しておく、というのは昔からのファンの方々には良いかなあと思うんですが、どんなもんでしょう。もっと若い方々には、また別のネタを考えてますので、それも順次やりたいと思いますが。諸々ご意見お待ちしてます>皆様」

M「って明日がもうクリスマス・イブじゃないですか!」

S「だから限定なんだってば。あ、そうだ。この日記(mixi&はてなダイアリーで同時中継してます)も、とりあえず一年間の限定運営&公開で考えてます」

M「だからなんでそうやって、なんもかんも期限付きにするんですか!」

S「だってネットの進化って最近むちゃくちゃ速いし、来年にはもっとすげーサービスが出現してるかなあと思って。ちなみに今はtwitterにはまりつつあります」

Y「たしかに、作家さんの裏話って読みたいなあと思いますしね、ボクも」

M「ってなんでそこで急にYさんが出て来るんですか! エルスウェアの人間関係知らない人は全然分かりませんよ、このネタ!」

S「まあまあ。そういうわけで、ゆっくり暖気してきますんで、よろしくー」