考える前にクビを突っ込め!―新刊JP編集部・ヤマダのブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-04-26

『ハイ・フィデリティ』は名作

18:20 | 『ハイ・フィデリティ』は名作を含むブックマーク 『ハイ・フィデリティ』は名作のブックマークコメント

こんにちは。

もうすぐゴールデン・ウィークですね。

この週末、僕は予定のないゴールデン・ウィークを如何に過ごすかの予行練習として、土・日と家から一歩も外に出ず、映画を観たり本を読んだりしていました。

まあ、2日位ならなんてことありません。二週間くらいなら家から出ないでも大丈夫です。

これ、同僚に借りて観たんですけど良かったですよ。元バンドマン必見。

レコ屋のくたびれた店主が主人公なんですけど、自宅や店にそれっぽいバンドのポスターやらステッカーが貼ってあって感じが出ていました。

有名ではないけど、リスペクトしているミュージシャンが多かったり、ある層に熱狂的に受け入れられているようなバンド。

ポーグスとかガーベッジみたいな奴です。

堕ちた天使

堕ちた天使

店に来る客とかバイトも音楽バカばっかで、ミュージシャンの他愛のないウワサ話をしたり、リスナーとしてのセンスを批評しあったりとかして、ストーリーよりもそういう掛け合いの方が面白かった。(ストーリーはいわゆる“ラブコメ”です)

音楽好きなら楽しめる作品です。

2010-04-19

1Q84は外国人にどれほど知られているのか?

20:06 | 1Q84は外国人にどれほど知られているのか?を含むブックマーク 1Q84は外国人にどれほど知られているのか?のブックマークコメント

 こんばんは。

 やはりというか、『1Q84』売れてますね。

 僕も読もう読もうと思いつつあの分厚さに手が出ないままになっていますが、発売日に買ってその日のうちに読了したなんていう人もちらほらいるところを見ると案外スイスイいけちゃうのかもしれませんな。

 日本人はこの本をみんな知っているけど、外国人はどれくらい知っているのかな、と疑問に思う人も何人かいるかもしれません。

 そんな人のためにごく小規模な知名度調査をやってきたので、気になる方は読んでみてください。

 『1Q84』は外国人にどれほど認知されているのか?

 かなり意外な結果でした。

2010-04-12

中間発表では「悪女の巣窟フランス」が惨敗?

16:45 | 中間発表では「悪女の巣窟フランス」が惨敗?を含むブックマーク 中間発表では「悪女の巣窟フランス」が惨敗?のブックマークコメント

 昨日のピクウィック・クラブのブログで「ワールド文学カップ」第一週の売上ランキングが発表されていましたね。

 

 売上ランキング:第一週(ピクウィッククラブのブログ

 僕は優勝予想で悪女の巣窟フランスをあげていたんだけど、影も形もないじゃないか。

 タイがトップを走るなんて誰が思ったか。

 知恵を絞った結果「悪女の巣窟フランス」をあげたんですけど、的外れだったのかもしれませんね。

 あと一カ月、巻き返しを期待します。

 

 ところで、ここのところずっと海外作品ばっかりだったし久々に国内作品を、ということで昨日は開口健『裸の王様』を読んだ。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パニック・裸の王様 (新潮文庫)

 

 海外文学を読むといっても日本語に翻訳されたものを読むわけなんですけど、やはり日本人が日本語で書いた作品は読んでいて尻のすわりがいいというか、死ぬほど落ち着きますね。多文化への無知とか、言語の変換によるバリで話の筋を見失う心配をしなくてもいいから安心して読めます。

 これ読んだらトウェイン→イーユン・リー→松浦寿輝小林秀雄→モヤ→プイグクノー→オクリ→ラシュディ→エイメ→ブレイク→メルヴィル…と続きます。

 ちょっとずつあったかくなってきたし、次の週末は飯能とか秩父の方に向かう電車で本を読むことにします。トウェインなんて読んだらきっと気持ちいいぜ。読書のために家に引きこもる、なんて根暗なことはもうやめたのだ。

 


 

 

2010-04-05

ワールド文学カップに行ってきた!

15:14 | ワールド文学カップに行ってきた!を含むブックマーク ワールド文学カップに行ってきた!のブックマークコメント

お久しぶりです。

こんにちは。


新刊JPニュースでも記事にしましたけども、紀伊國屋書店ピクウィック・クラブさん企画の文学フェア『ワールド文学カップ』が4月1日に開幕しました。

紀伊國屋書店新宿本店で文学の祭典がついに開幕!


土曜に金井と行ってきましたが、盛況でした。もう売り切れそうになっている本があったり。


会場はこんな感じです。壮観でしょうよ!

f:id:sinkanyamachan:20100331210114j:image


棚を列で区切って、国ごとに展示しています。


これ、各所に工夫を凝らしてあって観てるだけでも楽しいですよ。


7冊買って1冊を昨日読んだんですけどコイツはいい!↓↓↓


むっちゃくちゃいかしてます。


純粋で生意気でカッコつけていて意気地なしで飢えていて埃っぽくてゴキゲンで優しい短編集。


ラッタウット・ラープチャルーンサップというタイの作家の作品です。


難解さゼロ、読書不得手でも読めます。


あと、これからカオサンとかで外こもろうと思ってる人にも是非読んでみてほしい…というか読め!と命じたい。

2010-03-11

昨日一日ですっかり雪が溶けて、今日はバスが定刻通り来ました。

11:47 | 昨日一日ですっかり雪が溶けて、今日はバスが定刻通り来ました。を含むブックマーク 昨日一日ですっかり雪が溶けて、今日はバスが定刻通り来ました。のブックマークコメント

なので、今日は遅刻しませんでした。

寒いのはイヤだけど、あったかくなると眠くてたまりませんね。


『1Q84』早く出てほしいな。

去年出たものは読んでないし、この本は買うより誰かに借りたい。

『ワールド文学カップ』が終わったらしばらく本買うの控えます。

買ったまま読んでない本がえらいことになってる。

今日は午後から紀伊國屋に行ってきます。