シ ン ク タ ン ク

 

100503

腹の子と語らう君の横でへんてこな踊りをおどるという儀式

090925

ゼリーって牛の関節でできているの」別腹の君は満面の笑みで

090917

きみおらぬことではなくてひとりでもわりとたのしいのがさみしい

080826

電車賃のみ懐に練り歩く繁華街也。是、刹那良し

080819

いつもとおなじいつもがおわってしまったあとにもきみはいうのかいつもとおなじと