Hatena::ブログ(Diary)

さくら進学クリニック 「進学コラム」 このページをアンテナに追加 RSSフィード


 千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです
 受験勉強のやり方など勉強に関するアドバイスは、もうひとつのブログ さくらweb進学塾 に掲載しています
 高校受験Q&A、上位校の入試状況などは さくら進学クリニック にまとめています

 2015年千葉県公立高校入試は、前期2月12・13日、後期3月2日です

 <<コメントについてのお願い>>
 ・コメントはできるだけ最近のコラムにお願いいたします、古いコラムにコメントしていただいても気づかない場合があります
 ・コメント欄はコラムに対するご意見やご質問、受験情報を書き込んでいただくものです
  読者のコミュニケーションの場ではありませんので、掲示板的な書き込みはご遠慮ください
 ・情報は中学校や高校からなど確証のあるものをお願いいたします、うわさ話などの不正確な情報は書き込まないでください
 ・受験勉強のやり方など勉強に関するご相談は さくらweb進学塾 に書き込みをお願いいたします
 ・ネット上に個人情報をさらすことはトラブルの元になります
  ご相談以外で、成績、志望校、部活動などの個人情報を書き込まないようにしてください
 多くの受験生や保護者の方が見ています、他人を不快にしない、役に立つコメントをお願いいたします
 不適切なコメントと判断した場合、削除させていただく場合があります


 公立上位校を目指す塾 さくら進学塾 では中3生と中2生の入塾受付をしています
 詳しくは さくら進学塾のホームページ をご覧ください

2014-09-13 361.県内私立高の入試日程のまとめ

第2回オフ会のお知らせ

さくら進学クリニックでは11月の三者面談を前に今年2回目(今年最終回)のオフ会を開きます。

オフ会は「誰でもOKの楽しいおしゃべりの会」という想定です。


受験勉強や志望校選びについて相談をしたい方

高校受験の経験を語っていただける方

現在の高校受験について意見のある方・・・などなど、参加資格は特にありません、どなたでもOKです


参加申し込み方法などは>>こちらをご覧ください

361.県内私立高の入試日程のまとめ

こんにちは、さくらです。

先日、新聞に県内私立高校の入試日程が掲載されていました。

(県内私立入試日程の一覧は千葉県私立中学高等学校協会ホームページにも掲載されています)


入試日程が判明しましたので、上位校の日程・定員をまとめるとともに変更点をチェックしたいと思います。

(定員は原則として併願のものですが、学校により第一志望なども含みます)


[前期選抜] 前期選抜では上位校でも単願や第一志望の制度がある学校が多くあります。


1月17日

市川 (50名)

専修大松戸 (236名) 前期は2日間入試です(2日とも受験も可)

日本大習志野 (180名) 

成田 (100名) 

国府台女子学院 (普通科60名) 前期は入試相談があります(併願で5科22以上)

麗澤 (90名) 前期は2日間入試です(2日とも受験も可)、後期選抜はありません

千葉日大一 (130名 自己推薦含む) 前年の120名より10名増になっています


1月18日

東邦大東邦 (60名)

昭和学院秀英 (100名) 2014年も臨時定員増(+40名)です、同校ホームページには90名となっています

専修大松戸

芝浦工業大柏 (105名) 前期は2日間入試です(2日とも受験も可)

麗澤


1月19日

渋谷教育学園幕張 (40名) 前年の10名からずいぶん戻りました

芝浦工業大柏



[後期選抜] 後期選抜はすべて一般入試で、単願や第一志望の制度がある学校はわずかです。


2月5日

市川 (35名)

専大松戸 (20名)

芝浦工大柏 (15名) 

成田 (20名) 


2月6日

東邦 (20名)

昭和秀英 (20名) 前期と同様に同校ホームページには30名となっています

国府台女子 (普通科10名) 後期には入試相談はありませんので試験勝負となります

千葉日大一 (40名) 後期も前年の30名より10名増になっています


2月7日

渋谷幕張 (15名) 後期の定員は減ったまま戻っていません

日大習志野 (30名) 当初は同校ホームページに60名と発表されていましたが30名に変更になったようです


前年は市川の定員変更や成田の前期併願新設など動きがありましたが、2015年はほとんど動きがありません。

受験生にとっては予測のしやすい入試となりそうです。


日大習志野など2015年も後期の定員を減らす学校が出てきています。

ただ、これは実勢(定員に対する後期の合格者数が少ないこと)に合わせた定員変更の可能性も高いと思われます。

気になる人は、実際に合格者が減るのかどうか説明会などで確認した方がよいでしょう。


ざっと、日程と定員を確認してきました。

近いうちに、併願パターンなども考えてみたいと思います。


ランキングに参加しています。

クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

「さくら進学クリニック」に戻る

「進学コラム」のTOPに戻る

2014-09-08 360.県内私立高の入試日程 その2

こんにちは、さくらです。

県内私立1番手校の2015年入試日程が各校ホームページに出そろっています。


市川


前期  1月17日(1日目)  一般入試 50名 

後期  2月 5日(1日目)  一般入試 35名 


日程と募集定員に変更はありません。



東邦大学付属東邦


前期  1月18日(2日目)  一般入試 60名(専願を含む)

後期  2月 6日(2日目)  一般入試 20名


こちらも日程と定員に変更はありません。



昭和学院秀英


前期  1月18日(2日目)  一般入試 90名

後期  2月 6日(2日目)  一般入試 30名

(前期・後期とも定員には第1志望を含む)


2012年から3年続けて臨時定員増となっていますが、2015年も引き続き定員増(+40名)となるようです。


ところで、本来の定員は前期50名→60名、後期30名→20名と変更されています。

これは他校でも行っている実勢に合わせた定員変更(このところ後期の合格者を減らしているため)だと思われます。

増員分を前期+30名、後期+10名と振り分けているため、見た目の定員は2014年と変わっていません。

合格者数も前年とほとんど変わらないのではないかと思われます。



渋谷教育学園幕張


前期  1月19日(3日目)  一般入試 40名(昨年は10名)

後期  2月 7日(3日目)  一般入試 


前年は併設中学からの内進生が多く大幅に定員を減らしましたが2015年はほぼ戻っています。



まもなく、私立高校の入試日程がまとめて新聞で発表されると思います。



ランキングに参加しています。

クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

「さくら進学クリニック」に戻る

「進学コラム」のTOPに戻る

2014-08-21 トピックス 平成27年度公立高校募集定員について

千葉県教育委員会のホームページに「平成27年度千葉県公立高等学校第1学年生徒募集定員について」が掲載されています。

全日制で5学級減になっていますが、上位校の定員は26年度と変更はありません。


26年度に定員増となっていた以下の3校は27年度も継続して通常よりも1学級増となります。

県船橋・普 (7学級 → 8学級、26年度から)

千葉東 (8学級 → 9学級、24年度から)

八千代・普 (6学級 → 7学級、26年度から)


県船橋や八千代は高倍率の常連校ですから受験生には朗報でしょう。


募集定員と同時に27年度の重点校の指定が発表になっています。

28年4月に中学校が設置される東葛飾が進学指導重点校から中高一貫教育重点校へと移行されます。

同時に県柏進学指導重点校に指定されます。


東葛飾が中高一貫重点校に移行すると東葛地区から進学重点校がなくなるので、県柏を追加したということでしょうか。

理由はどうあれ県柏には人気が集まりそうです。

進学重視の総合学科になる小金との競争が激化すれば地域の底上げにつながるでしょう。


ランキングに参加しています。

クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

「さくら進学クリニック」に戻る

「進学コラム」のTOPに戻る

たぬたぬ 2014/08/27 20:09 県千葉もそうだが、東葛に中学校って、本当に県教委は何を考えているんでしょうね。
旧制中学以来の、みんなが目指せる上位高校は、門戸をちゃんと広げておくべきだろう。
それも県千葉・東葛と個性の強い学校ばかりに附属中学を投下してくる。そんなに個性を潰して県教委の思いのままにしたいのか?
それこそ県柏こそ一貫校化いいだろう(立地上の通学問題はあるが)。あるいは小金とか国府台とか。
なんかイヤラシイ匂いがしてイヤですね。

さくらさくら 2014/08/29 00:19 たぬさん、コメントありがとうございます。
ホントに県教委は言うことを聞かない学校を潰しにかかっているとしか思えませんね。
どの高校も県教委の言うことをハイハイと聞くようになったら、学校選びの意味など無くなってしまうのに。

渋谷幕張の台頭に危機感を感じて、中学入試段階での青田買いを阻止したいという気持ちもあるのでしょう。
県立中学が2番手校に設置されても、渋幕はおろか市川・東邦にも逃げられてしまうでしょうから。
(設置が2番手校なら渋幕との併願などあり得ないかもしれませんね)
頭脳の流出を防ぐためには、公立御三家でないと意味がないという千葉県独自の理由もあるのだと思います。

いずれにしても、高校受験生にとっては迷惑な話です。

県千葉在学生保護者県千葉在学生保護者 2014/09/05 08:22 さくらさん、こんにちは。

子どもの高校受験時にはこちらのコラムで大変お世話になりました。子どもを高校から県千葉に通わせてみて、私もなぜ中学を併設したのか疑問に思っておりました。理由は、ゆるい進路指導につきるのですが、どこまでも生徒任せで自主自律の方針を貫いているようです。高校側も、進路説明会などで断言しています。渋幕と競っている訳でもなく、進学実績を上げようと躍起になっている訳ないと。なので中学からの囲い込みというのは間違った認識になります。
たまたま、中学の校舎と体育館を新設する敷地が県千葉にあり
都内の公立中高一貫ブームに乗って、できただけなのでは、と
思わせても仕方ないですね。

アップルアップル 2014/09/06 05:10 東葛在学生の父兄です。
中にはいってみると、やはり一風変わっている学校(苦笑)です。
教育ご熱心なご家庭のお子さんが私立中に行かずにここに入って、良い意味でも悪い意味でもカルチャーショックを受けないか、他人事ながら危惧しましています。


併設中学ができることに対して、子供本人は、
『行事、一緒にやるのかな?』と、一抹の不安があるようです。


県千葉がどういう状況なのか(行事、高校進学後の中入生の様子)知りたいなと思います。

さくらさくら 2014/09/07 20:58 県千葉在学生保護者さん、コメントありがとうございます。
中学校ができても、千葉高は千葉高らしさを失っていないようで少し嬉しいです。(私は卒業生でも何でもありませんが)

県は県の思惑で動き、学校は学校の考えで動くということでしょう。
学校を作っていくのは現場の先生と生徒ですから、それでよいと思います。
もっとも、10年20年といった長い目で見れば、少しずつ変わっていくものもあるのかもしれませんが。

さくらさくら 2014/09/07 21:06 アップルさん、コメントありがとうございます。
東葛飾の中学校はどんな感じになるのでしょうね。
ただ、リーダーになれそうな生徒が多数入学するでしょうから、東葛らしい面白い学校を作るのではないでしょうか。
子供は順応性が高いので、学校のカラーに応じてできることをどんどんやっていくのだと思います。

むしろ、お書きになっているように、高校生のほうが不安があるでしょうね。
それもすぐに慣れると思いますが。

2014-08-06 夏休み

こんにちは、さくらです。


夏は学校が休みなので受験情報も小休止です。

受験生のみなさんはこんなとこを見ていないで勉強しましょう。


今月下旬には公立高校の募集定員が発表になるはずです。

それまでしばしお休みします。

さくらweb進学塾は更新していますのでのぞいてみてください。


ランキングに参加しています。

クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

「さくら進学クリニック」に戻る

「進学コラム」のTOPに戻る

2014-07-10 トピックス 千葉東が独自問題をやめる!

第1回オフ会のお知らせ

さくら進学クリニックでは夏休みを前に今年1回目のオフ会を開きます。

オフ会は「誰でもOKの楽しいおしゃべりの会」という想定です。


受験勉強や志望校選びについて相談をしたい方

高校受験の経験を語っていただける方

現在の高校受験について意見のある方・・・などなど、参加資格は特にありません、どなたでもOKです


7月12日(土)に実施いたしました。

今回は4名(私を含めると5名)の方にご参加いただきました。

志望校の選び方、夏休みの勉強の仕方、Tel帳の使い方など、有意義なお話ができたと思います。


ご参加くださった方、ありがとうございました。

トピックス 千葉東が独自問題をやめる!

こんにちは、さくらです。

千葉県教育員会のホームページに「平成27年度千葉県公立高等学校 「前期選抜」「後期選抜」等の検査の内容等について」という文書が掲載されています。

前期選抜の「選抜枠」と「第2日の検査の内容」、後期選抜の「必要に応じて実施する検査の内容」についてまとめてあります。


前期選抜で唯一の学校独自問題実施校だった千葉東が独自問題をやめ作文に変更になっています。

千葉東が独自問題でなくなったことで、公立高校はどこを受験しても共通問題の対策だけですむようになりました。

上位の受験生にとっては朗報だといえるでしょう。


ランキングに参加しています。

クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

「さくら進学クリニック」に戻る

「進学コラム」のTOPに戻る

ikkoikko 2014/07/12 00:36 いよいよ独自問題は0校ですか。
でも、千葉東は頑張りましたね!
お疲れ様でした。なのかな?

さくらさくら 2014/07/12 17:55 ikkoさん、コメントありがとうございます。
私も千葉東は頑張ったと思います。
ただ、千葉東のカラーを考えると独自問題よりも共通問題の学校ですよね。
このほうが「コツコツ頑張って千葉大を目指す」という、本来の千葉東らしい生徒が集まると思います。

ikkoikko 2014/07/15 13:17 「千葉東のカラー」ですか、確かに学校のカラーに合ってないのに1校だけ続けてきたのは不思議ですね。
何かの意地なのでしょうか?
独自問題の終了で、前期・後期に分ける意味がまた無くなった気もするのですが、さくらさんの考察通り、まだしばらくは続くのでしょうね。。

さくらさくら 2014/07/18 13:55 ikkoさん、コメントありがとうございます。
千葉東は「1番手校なのに、学区トップ校でない」という微妙な立ち位置の学校です。
学区内トップレベルの生徒は県千葉に持って行かれてしまうので、偏差値のわりに難関大の実績が出にくいという事情があります。
少しでも優秀な生徒を集めたいと独自問題を継続してきた気持ちはよくわかります。

ただ、受験生側からすれば「難関大を目指す県千葉」と「地元国立大を目指す千葉東」の棲み分けは、むしろ歓迎すべき状態だったと思います。
千葉東は受験生側の希望をあらためて理解して「求められている学校のあり方」に戻ったということなのでしょう。

いずれにしても、ikkoさんがお書きのように「独自問題の終了=事実上の特色化選抜の終了」なので、複数回入試の意義は完全に失われたといえます。
それでも今後当分の間は受験生は悪しき制度に振り回されるのです、世の中とは理不尽なものです。