Hatena::ブログ(Diary)

さくら進学クリニック 「進学コラム」


 千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです
 受験勉強のやり方など勉強に関するアドバイスは、もうひとつのブログ さくらweb進学塾 に掲載しています
 高校受験Q&A、上位校の入試状況などは さくら進学クリニック にまとめています

 2018年千葉県公立高校入試は、前期2月13・14日、後期3月1日です

 <<コメントについてのお願い>>
 ・コメントはできるだけ最近のコラムにお願いいたします、古いコラムにコメントしていただいても気づかない場合があります
 ・コメント欄はコラムに対するご意見やご質問、受験情報を書き込んでいただくものです
  読者のコミュニケーションの場ではありませんので、掲示板的な書き込みはご遠慮ください
 ・情報は中学校や高校からなど確証のあるものをお願いいたします、うわさ話などの不正確な情報は書き込まないでください
 ・受験勉強のやり方など勉強に関するご相談は さくらweb進学塾 に書き込みをお願いいたします
 ・ネット上に個人情報をさらすことはトラブルの元になります
  ご相談以外で、成績、志望校、部活動などの個人情報を書き込まないようにしてください
 多くの受験生や保護者の方が見ています、他人を不快にしない、役に立つコメントをお願いいたします
 不適切なコメントと判断した場合、削除させていただく場合があります


 公立上位校を目指す進学塾 《さくら進学塾》 では9月より開講する中2クラスの生徒募集を始めました
 詳しくは さくら進学塾のホームページ をご覧ください

2017-09-17 472.県内私立高の入試日程のまとめ

第2回オフ会のお知らせ

10月9日(月)体育の日 15時より、今年2回目のオフ会を開きます。

(はじめは 9月18日(月)敬老の日 の予定でしたが日程を変更しました)

場所は船橋駅北口2分の「さくら進学塾」です。


オフ会は「誰でもOKのおしゃべりの会」という想定です。

話の内容は出席者しだいでどんな方向にも進みます。

三者面談前ですが、必ずしも三者面談の話題になるとは限りません。


受験勉強や志望校選びについて相談をしたい方

高校受験の経験を語っていただける方

現在の高校受験について意見のある方・・・など、どなたでもご参加いただけます。(「受験の手引き」も直接購入できます)

申込み方法などは>>こちらをご覧ください。

受験の手引き 通販のお知らせ

小冊子「2018年入試版 千葉県公立上位校受験の手引き」を作りました。(A5版、本文32ページ、200円)

公立・私立の入試システム、公立入試の教科別特徴、公立と私立の位置づけなどを1冊にまとめました。

まだ在庫はたくさんありますので、安心してお申し込みください。

詳しい申し込み方法などは>>こちらをご覧下さい。

472.県内私立高の入試日程のまとめ

こんにちは、さくらです。

県内私立高の入試日程が発表されましたので、入試相談のない9校の入試日程や募集定員をまとめておきます。

(国府台女子が後期選抜を廃止したため、2018年入試では相談のない高校は9校になっています)


2018年は成田が後期を廃止する以外は、2017年と入試日程などに変更はありません。

県内私立高の募集要項をまとめたものは千葉県教育委員会のホームページに掲載されています。


定員は原則として併願のものですが、学校により第一志望なども含みます。


[前期選抜] 前期選抜では上位校でも単願や第一志望の制度がある学校が多くあります。


1月17日

市川 (50名) 一般は5科入試(後期は3科)

専修大松戸 (236名) 前期は2日間入試(2日とも受験も可)

日本大習志野 (180名) 

成田 (160名 専願含む) 後期がなくなったぶん前期の定員が増えています 

麗澤 (100名) 前期は2日間入試(2日とも受験も可)、S特進は5科入試、後期選抜はありません

千葉日大一 (130名 自己推薦含む)


1月18日

昭和学院秀英  (85名) 5科入試、臨時定員増は継続しています

専修大松戸

芝浦工業大柏 (120名) 前期は2日間入試(2日とも受験も可)、3科or5科を選べます、後期選抜はありません

麗澤


1月19日

渋谷教育学園幕張 (55名) 5科入試、後期選抜はありません

芝浦工業大柏



[後期選抜] 後期選抜はすべて一般入試で、単願や第一志望の制度がある学校はわずかです。


2月5日

市川 (35名)

専大松戸 (20名)


2月6日

昭和秀英 (20名) 5科入試

千葉日大一 (40名)


2月7日

日大習志野 (40名)


後期選抜はこの2年間で実施する学校が減り、寂しいものになっています。



近いうちに併願パターンなども考えてみたいと思います。

(もっとも、入試日程が前年と変わっていないので、併願パターンもほとんど変わらないと思いますが)



ランキングに参加しています。

クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

ちーたんちーたん 2017/09/19 10:51 手引書、充実の内容ですね!200円では、とてもお安いです。
コラムやWeb進学塾等も、読ませていただいていますが、初めての内容もありました。通塾していないので、本当に参考になります。ありがとうございます。

公立1番手校を受験予定です。一つだけ質問があります。
私立2番手校は、公立1番手校よりも、偏差値の高いまたは同程度の高校がありますが(例えば、Web上のみんなの高校情報など)、十分な滑り止めになりうるのでしょうか?
公立1番手校に進学する生徒を見越して、私立2番手校は定員の倍以上の合格者が出るようですので、見かけの偏差値よりも、実際は滑り止めとして考えられるという理解で、良いのでしょうか?

さくらさくら 2017/09/20 03:29 ちーたんさん、コメントありがとうございます。
受験の手引きがお役に立てば幸いです。

滑り止め=安全校についてですが、
受験の手引きの23ページ2行目に「入試相談のある学校は安全校として使われることが多いので、学校選びは中学校の先生主導になるでしょう。」と書いたように、安全校選びは中学校の先生抜きにはできないことが多いです。
中学校の先生は「全員が確実に高校に進学できること」を目標にしていますから、安全校は「ほぼ確実に合格する学校」=「入試相談のある学校」をすすめてくるのが一般的です。

公立1番手校に十分受かる実力があっても、安全校が私立2番手校では中学校の先生はOKを出してくれないかもしれません。
例えば、県船橋の受験生でも日大習志野の合格率は90%まではいかないでしょう。(数字は私の実感です)
90%なら10人受ければ1人は落ちるわけですから、多くの生徒を抱える中学校の先生としては不安が残るはずです。

学校の先生が文句を言わなければ安全校選びは生徒の自由ですが、選び方はリスク管理の考え方で変わってきます。
90%ならよしとするか、99%まで可能性を追うのか(入試相談があれば99%といってよいでしょう)、どこまでリスクを取るのかは生徒(家庭)によってまちまちでしょう。
車を運転するのに、任意保険に入るのか、運転に自信があるからと自賠責だけですますのか、と同じことです。

個人的には、安心して第1志望の公立を受験するために、私立は十分に安全を考えた受験が好ましいと思います。
公立1番手校志望なら私立は3校の受験が必要でしょう。
例えば、第1志望が県船橋なら、次善校として18日に昭和秀英、安全校に近い次善校として17日に日大習志野、安全校として20日に八千代松陰といったパターンです。(あくまでも一例です)
日大習志野の発表が19日にあるので、合格していれば八千代松陰は棄権してもOKです。

ところで、ネット上の偏差値はデータの出所に気をつけてください。
偏差値は試験の結果から出すもので、母集団の性質によって数値が変わります。
同じ高校でも「駿台模試」と「市進の定例試験」と「Vもぎ」とでは合格偏差値は全く異なった数値になります。

信頼性のあるデータを出すためには、母集団の数(受験者数)が重要になってきます。
その意味で、千葉県の高校受験では「Vもぎ」か「Sもぎ」の偏差値が最も信頼できるでしょう。
ネット上に氾濫している多くの偏差値は信頼性に乏しいものです。
データの出所をしっかり確認して、出所のよくわからないものは信用しないようにしてください。

ちーたんちーたん 2017/09/20 10:18 早々に充実したお答えをして下さり、感謝申し上げます。

私立2番手校の位置づけが、よくわかりました。
Vもぎの偏差値も見ていましたが、今一つ、掴みきれていませんでした。

また、次善校と滑り止め校が、頭の中でよく整理もできました。
そして再度、手引きを読んでみましたら、書いてある内容の意味や意図が、より理解できた気がします。

親にできることは、安心して第一志望校で実力が出せるように、私立を決める際の情報提供くらいですので、大変助かりました。
本当にありがとうございました。

げんたろうげんたろう 2017/09/21 20:09 さくら先生、こんばんは。(コメントを書く場所はここで良いのでしょうか。)
先日は貴重なデータの詰まった冊子を送って下さり、ありがとうございました。もちろんさくら先生のHPでも情報は見られますが、昭和生まれの私にとっては、活字になっている方が数倍ありがたいです。行きつ戻りつしながら、何度でも読んでしまいます。

今、大学1年生の息子が高校受験のときからずっと、こちらのHPを見ています。
さくら先生の、一貫した態度、ぶれない姿勢、体幹がしっかり鍛えられている感じは、ますます頼もしい限りです。
歳のはなれた娘がもう1人いるので、高校入試はまだですが、
大事なデータを大事にとっておきたいと思います。
ありがとうございました。

さくらさくら 2017/09/22 03:33 げんたろうさん、コメントありがとうございます。
ネットと違って、冊子のよいところはいつでも繰り返し確認できるところですね。
長くお付き合いいただきありがとうございます。
これからも姿勢を変えずに情報提供していきたいと思います。

かんままかんまま 2017/09/22 16:47 さくら先生。
本日冊子を拝見いたしました。注文からの素早い対応ありがとうございます。
はじめての子どもの受験でかつ、通塾もしていない為、情報入手に不安があり普段から先生のHPを参考にさせていただいています。

冊子では、HPには載せていない部分もとても興味深く、2年生の時にも購入していればよかったなぁ…。とも思った次第です。

これからも先生のHPを参考に受験への環境づくりをしていきたいと思います。
ありがとうございました。

さくらさくら 2017/09/23 14:59 かんままさん、コメントありがとうございます。
私にとって受験生の役に立つことが1番の励みになります。
これからも、よろしくお願いいたします。

2017-08-24 トピックス 平成30年度公立高校募集定員について

千葉県教育委員会のホームページに「平成30年度千葉県公立高等学校第1学年生徒募集定員について」が掲載されています。

全日制全体で7学級減になっていますが、上位校の定員は29年度と変更はありません。


29年度に定員増となっていた以下の3校は30年度も継続して通常よりも1学級増となります。

県船橋・普 (7学級 → 8学級、26年度から)

千葉東 (8学級 → 9学級、24年度から)

八千代・普 (6学級 → 7学級、26年度から)

千葉東は7年連続の、県船橋は5年連続の学級増です。


1・2番手校普通科の募集学級数は以下のようになります。(( )内は普通科以外の学級数など)

県千葉 6学級(千葉中から2学級)

県船橋 8学級(理数科1学級)

東葛飾 8学級

千葉東 9学級

佐倉   7学級(理数科1学級)

薬園台 7学級(園芸科1学級)

市千葉 7学級(理数科1学級)


ランキングに参加しています。

クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

たくあんたくあん 2017/09/02 13:17 子どもは中2で通塾しておらず情報収集の段階ですが、手引書を購入して良かったです。ありがとうございます。
出題傾向の分析や私立併願校の情報はもちろんですが、特になかなか情報入手できない上位校の学校カラーの違いが私が欲していたものでした。
来年度の参考に活かします。

さくらさくら 2017/09/02 19:59 たくあんさん、コメントありがとうございます。
学校のカラーは私の主観が入っていますが、学校選びの第一歩にしてもらえればありがたいです。

夏サンタ夏サンタ 2017/09/05 18:22 手引書、とても参考になりました。
中学3年の部活動引退まで通塾せず、夏期講習から塾に行き始めました。それまではZ会利用のママ塾(笑)でした。
現在通っている塾では、ここまでの情報発信はしてくれません。学校はなおさらです。
手引書の内容を読み、笑ったり、『なるほど』と感心したりの発見ばかりです。
今さらながら、『さくら進学クリニックに通える距離でない』と諦めた事が悔やまれます。
ともあれ、ここまで詳しい情報発信に感謝です。
ありがとうございます。

さくらさくら 2017/09/06 04:01 夏サンタさん、コメントありがとうございます。
受験の手引きを参考にしていただけて、ありがたく思います。
情報は先生が持っているだけでは意味がありませんからね、発信して使われてこその情報です。

2017-08-19 「千葉県公立上位校受験の手引き」を作りました

こんにちは、さくらです。


小冊子「2018年入試版 千葉県公立上位校受験の手引き」を作りました。(A5版、本文32ページ)

公立・私立の入試システム、公立入試の教科別特徴、公立と私立の位置づけなど、

進学コラムや入試説明会の内容を見やすい1冊にまとめました。


1部200円で通販でお分けします、詳しい申し込み方法などは>>こちらをご覧下さい。

ぴっぴぴっぴ 2017/08/21 13:16 上位高とは度の程度の高校までをさしていますか? 幕張総合高校あたりは入っているでしょうか?

白石白石 2017/08/22 11:00 幕張総合高校は校長謝罪の件があっても偏差値は64と衰えません。先日の中学生向け説明会も人気校だけあり超満員でした。
2年後には普通科から総合学科に変更され、更に進学重視の学校になるそうです。

さくらさくら 2017/08/22 12:15 ぴっぴさん、コメントありがとうございます。
白石さん、素早いフォローありがとうございます。

「公立上位校受験の手引き」はVもぎ偏差値60程度以上を想定して作っています。
幕張総合はギリギリ入るか入らないかくらいです。

今は幕総レベルの偏差値だけど、目標は市千葉や稲毛という生徒なら参考になるでしょう。
幕総が目標という生徒にはあまり参考にならないかもしれません。

松戸S松戸S 2017/08/23 22:49 手引書を一読させて頂きました。千葉県の高校入試に関する手引書でこれほど詳細に記述されたものはないと思います。
併願の仕方などブログでも記載のあるトピックスでも、より詳細に記述されています。
また、公表されているデータをベースに丁寧に分析されているため信頼性があります。あと、長年受験指導をされているさくらさんから見た各高校の校風も紹介されていて参考になりました。
ありがとうございました。

さくらさくら 2017/08/24 16:23 松戸Sさん、コメントありがとうございます。
過分の評価をしていただき恐縮です。
ブログでは内容があちこちに掲載されるので、本にすることでわかりやすく情報を整理できたのではないかと思います。
ネットとは違い印刷費や送料がかかるのでタダとはいきませんが、受験生のお役に立てばありがたいです。

2017-07-07 トピックス 来年度の前期選抜

第1回オフ会のお知らせ

7月9日(日)、今年1回目のオフ会を行いました。

暑い中、6名の方にご参加いただきました。

少人数だった分、中身の濃い話ができたと思います。

次回は9月下旬ごろに開催します。

トピックス 来年度の前期選抜

こんにちは、さくらです。

6日の新聞に来年度の公立入試について記事が載っていました。


千葉県教育委員会は今年度の幕張総合高校の件を受けて、入試の公正・公平・透明性を確保するため、

来年度の前期選抜では、調査書の評定、学力検査の成績、各校が行う検査結果など、合否判定に用いる資料を

原則としてすべて得点化、数値化し、それらを合計した総得点で選抜することにしたようです。


各校に対しては、透明化が図られた選抜方法を作成するよう指導し、10月に各校ホームページで公表するようです。


「合否判定に用いる資料を原則としてすべて得点化、数値化し」というところが引っかかるのですが、

今まで参考資料だった2日目の面接や作文なんかも点数化するんでしょうか。

もしもそうなら、中学校には混乱がありそうです。(判定する高校にも)


いずれにしても10月は見逃せません。



ランキングに参加しています。

クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

2017-06-26 471.県内私立高の日程 その1

こんにちは、さくらです。

県内私立高校の募集要項がホームページに続々と掲載されています。


県内私立高校の入試日程は昨年までと変わらないようです。

前期選抜  1月17日から

後期選抜  2月 5日から


2017年は渋谷幕張と芝浦工大柏が後期選抜をやめましたが、2018年は成田と国府台女子学院が後期を廃止しています。



市川


前期  1月17日(1日目)  一般 50名 

後期  2月 5日(1日目)  一般 35名


市川は前期は5教科ですが、後期は3教科です。

日程と募集定員に変更はありません。



日本大学習志野


前期  1月17日(1日目)  B入試(併願一般) 180名 

後期  2月 7日(3日目)  一般 40名


日大習志野も日程と募集定員に変更はありません。



成田


前期  1月17日(1日目)  一般 120名  特進α 40名 (ともに専願の定員を含む)


成田は2018年より後期選抜を廃止します。

そのため、後期の定員20名が前期一般に移っています。

特進α、一般、とも専願と併願があり、出願時に選択する形式です。(特進αから一般へのスライド合格ありです)



国府台女子学院(普通科)


前期  1月17日(1日目)  併願推薦 70名


国府台女子も2018年より後期選抜が廃止になります。

そのため、後期の定員10名が前期に移っています。

国府台女子は「入試相談あり」なので安全校としての受験が可能です。(普通科併願で5科22以上)



新たに判明した学校が出てきましたら、また報告いたします。


ランキングに参加しています。

クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ