Hatena::ブログ(Diary)

さくら進学クリニック 「進学コラム」


 千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです
 受験勉強のやり方など勉強に関するアドバイスは、もうひとつのブログ さくらweb進学塾 に掲載しています
 高校受験Q&A、上位校の入試状況などは さくら進学クリニック にまとめています

 2018年千葉県公立高校入試は、前期2月13・14日、後期3月1日です

 <<コメントについてのお願い>>
 ・コメントはできるだけ最近のコラムにお願いいたします、古いコラムにコメントしていただいても気づかない場合があります
 ・コメント欄はコラムに対するご意見やご質問、受験情報を書き込んでいただくものです
  読者のコミュニケーションの場ではありませんので、掲示板的な書き込みはご遠慮ください
 ・情報は中学校や高校からなど確証のあるものをお願いいたします、うわさ話などの不正確な情報は書き込まないでください
 ・受験勉強のやり方など勉強に関するご相談は さくらweb進学塾 に書き込みをお願いいたします
 ・ネット上に個人情報をさらすことはトラブルの元になります
  ご相談以外で、成績、志望校、部活動などの個人情報を書き込まないようにしてください
 多くの受験生や保護者の方が見ています、他人を不快にしない、役に立つコメントをお願いいたします
 不適切なコメントと判断した場合、削除させていただく場合があります


 公立上位校を目指す進学塾 《さくら進学塾》 では中3生の生徒募集をしています
 詳しくは さくら進学塾のホームページ をご覧ください

2016-12-22 トピックス 平成30年度公立高校入試日程

千葉県教育委員会のホームページに「平成30年度千葉県県立高等学校入学者選抜の日程」が掲載されています。

平成30年度(2018年度)は現中2生が受験する年にあたります。


前期選抜

願書受付  2月2日(金)5日(月)  〔29年度は2月3日(金)6日(月)〕

検査  2月13日(火)14日(水)  〔2月13日(月)14日(火)〕

発表  2月20日(火)  〔2月20日(月)〕


後期選抜

願書受付  2月23日(金)  〔2月23日(木)〕

志願変更  2月26日(月)27日(火)  〔2月24日(金)27日(月)〕

検査  3月1日(木)  〔3月1日(水)〕

発表  3月7日(水)  〔3月7日(火)〕


前期選抜・後期選抜ともに来年度(29年度)とまったく同じ日程です。

(曜日の関係で願書提出や志願変更の日程が若干ずれてはいますが)

2月13日の国立高校(学芸大附属・筑波大附属など)との試験日の重複は継続することになります。


しかし、いつになったら入試は一回だけになるのでしょう。

受験に関わる誰も得することのない複数回入試は1年も早くやめて欲しいと切に願います。



ランキングに参加しています。

クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

brain-boxbrain-box 2016/12/22 18:58 後期選抜に関しては,29年度入試では,前期の確約書提出期限の翌日のみが後期願書受付で,さらにその翌日と週明けが志願変更です。県東部の理数科など,生徒募集に苦労しているところは後期の正確な空き状況がわからないまま,仮の後期出願をして,その後で状況をみて志願変更という綱渡りになると思います。

30年度では,曜日の関係で後期願書受付から志願変更が始まるまでに土日がすっぽり入ることになりました。後期出願の状況が金曜の夜に発表され,週末に受検者に志願変更の検討時間を与えられるという性質がありますね。

brain-boxbrain-box 2016/12/22 19:03 千葉県の高校入試改善協議会の資料が面白いと思います。

https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shidou/shingikai/kaizenkyou/documents/555kouchoukai_kekka.pdf

議事録もそのうち公開されるはずですが,二回入試は今さら誰が望んでいるのでしょうか。

さくらさくら 2016/12/22 22:04 brain-boxさん、コメントありがとうございます。
ご指摘のように、土日の関係で後期・志願変更を考える時間がができたのは受験生には朗報ですね。
入試改善協議会資料は印刷して全中学生に配布して欲しいです。
中学校は2回入試の問題点をもっともっと生徒・保護者に伝えるべきでしょう。

ピヨピヨピヨピヨ 2017/01/06 14:25 さくら先生、
よろしければ教えてください。
タイトルと関係ない内容で申し訳ありません。
先日、平成23年度の公立前期の過去問をやりました。
よくやく目標としていた点数に近い点が取れて喜んでいたのですが、塾からもらった年度別の合格最低ラインの目安に照らし合わせると、20点も足らずがっかりしてしまいました。
23年は前期後期入試になって最初の年ですが、前期の平均点は28年度とほぼ同じくらいです。
23年度以降は、問題の難度やや倍率によって多少の差はありますが、ほぼ合格ラインは一定のようです。
なぜ23年度は平均点はほぼ変わらないのに、合格ラインが高くなっているのでしょうか?(28年度と比較するとのきなみ20点ほど高いです)
現在は上位校のレベルが少し下がっているのでしょうか?
ご存知でしたら教えてください。

さくらさくら 2017/01/07 03:40 ピヨピヨさん、コメントありがとうございます。
このコラムに掲載されている23年の合格ラインを見ると、確かに28年より少し高めですね。
(ページの上にある「記事一覧」→「2011年4月」→「232.千葉県公立入試 得点開示報告」と進むと23年の合格ラインが掲載されています)

県船橋・前期を見ると28年が480点〜483.5点なのに対し、23年は493点〜495点ですから10点ほど高いようです。
県千葉や東葛飾でも28年より23年の方が高くなっています。
ただ、この2校は10点までは高くありませんから、軒並み20点ほど高いというのはどうかと思います。

23年の合格点が高い原因はよくわかりません。
ずっと受験生を指導している立場から見て、上位校のレベルが下がっているとは感じられないです。
平均点は同じくらいでも、上位生には取りやすい問題だったのかもしれません。
(平均点は全体の傾向を示してはいても、上位層や下位層の傾向は示していないことも多いのです)
あまり参考にならなくて申し訳ありません。

ピヨピヨピヨピヨ 2017/01/07 13:02 さくら先生、ありがとうございました。
平成23年度は難問が少なかったということでしょうか。
単純に平均点だけでは判断できないのですね。
まだ力が足りていないことを受け入れて、本番まではまだ時間はあるので、必死に頑張りたいと思います。