Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-21

[]「江戸川乱歩所蔵資料の活用による探偵小説研究」NEW 「江戸川乱歩所蔵資料の活用による探偵小説研究」NEWを含むブックマーク

川崎賢子さんが、5月26日(土)に行われる日本近代文学会2018年度春季大会にて「江戸川乱歩所蔵資料の活用による探偵小説研究」(午後2時10分〜4時40分・16号館)で発表され、浜田雄介さんが、ディスカッサントをされます。また、小松史生子さんが、司会をされます。


----------------------------

2018年度春季大会

 日程: 2018年5月26日(土)・27日(日) 

 場所: 早稲田大学早稲田キャンパス 16号館・大隈講堂(特集会場)

     ■東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩5分

     ■JR山手線、西武新宿線「高田馬場駅」から徒歩20分

      (都バス学02「高田馬場駅-早大正門」)

     ■都電荒川線「早稲田駅」から徒歩5分

  

■ 5月26日(土)午後2時より 

開会の辞   第一会場 金井 景子

《研究発表》

第一会場:16号館

〔パネル発表〕(午後2時10分〜4時40分)

石川 巧   

落合 教幸   江戸川乱歩所蔵資料の活用による探偵小説研究

金子 明雄   

川崎 賢子  

 (ディスカッサント)浜田 雄介 

    

第二会場:16号館

個人発表〕(午後2時10分〜5時00分)

市川 遥   敗戦を跨ぐ身体――井伏鱒二「遥拝隊長」と「傷痍軍人」表象を手がかりに  

廣瀬 陽一   中野重治「梨の花」論――「被圧迫民族の文学」を参照軸として

岩本 知恵   安部公房「人魚伝」論――「ぼく」と人魚の関係  

解 放   安部公房の『砂の女』における「信頼できない語り手」

   

■ 5月27日(日)午後10時00分〜午後5時00分 

《研究発表》

第一会場:16号館

個人発表〕(午前10時00分〜11時30分)

鄒 韻   「同性愛者」の語り――吉屋信子の「屋根裏の二処女」と「或る愚しき者の話」を中心に

游 書 碰   「男」になるということ――吉行淳之介文学にみる少年をめぐって


第二会場:16号館

個人発表〕(午前10時00分〜11時30分)

呉 勤 文   『三四郎』における知の闘争――「文芸上の真」と「科学上の真」について

金 香 花   芥川龍之介「馬の脚」論――狂人の日記を信じる「わたし」の再考――


第三会場:16号館

個人発表〕(午前10時00分〜11時30分)

大尾 侑子 戦前昭和の「国家」を超えた「市井の学」――性民俗学と佐藤紅霞

尾形 大   〈小説作法〉への抵抗と拡張――伊藤整『ホオマア物語』における語りの問題を中心に――


特集会場: 早稲田大学大隈記念講堂(大講堂)

(午後1時00分〜5時00分)

《特集》明治文学再考――政治性と〈情動〉の領域

木村 洋  人生観の群生――北村透谷、文学研究、ニーチェ熱

松澤 俊二  和歌革新の夢――「まこと」と「情動」をめぐって

内藤千珠子  恥辱と中傷のナショナリズム――帝国的性暴力のフィクション

《講演》 ロバート キャンベル  写真の裏書き─ 明治文学にみる情動と自照のあり様をめぐる考察─


閉会の辞  宗像 和重

共催:早稲田大学教育学部

---------------------------------

※日本近代文学会のHPもご覧下さい。

http://amjls.web.fc2.com/gakkai.html#2018-05

2018-05-20

[]「第三部 幻想・怪異・文学」の「解題」「清水潤さんと芹沢博士」「コラム2 器怪が躍る昭和モダニズム─関東大震災後の妖怪文芸」NEW 「第三部 幻想・怪異・文学」の「解題」「清水潤さんと芹沢博士」「コラム2 器怪が躍る昭和モダニズム─関東大震災後の妖怪文芸」NEWを含むブックマーク

★ 谷口基さんが「第三部 幻想・怪異・文学」の「解題」を、小松史生子さんが「清水潤さんと芹沢博士」*追悼文(別冊付録『潭々 清水潤さんを偲んで』)を、乾英治郎さんが「コラム2 器怪が躍る昭和モダニズム─関東大震災後の妖怪文芸」を、それぞれ怪異怪談研究会(編)清水 潤(著)『鏡花と妖怪 』(青弓社)にお書きになりました。


f:id:sinseinen:20180521233310j:image


・怪異怪談研究会 編、清水 潤 著『鏡花と妖怪 』、青弓社、2018年3月16日発行、A5判346ページ上製、定価 3000円+税、ISBN:9784787292476 C0095



・青弓社のHPも、ご覧ください。

https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787292476/

2018-05-15

[]”第114回 太平洋展”NEW ”第114回 太平洋展”NEWを含むブックマーク


★ 西山彰さんが、次の展覧会に作品を出品されます。


・”第114回 太平洋展”

期日 2018年5月16日(水)〜5月28日(月)

時間 10:00〜18:00(18日(金)25日(金)は、20:00まで。22日(火)は休館。最終日15:00まで)

場所 国立新美術館 


【作者の言葉】

いよいよ5月16日(水)より“第114回太平洋展”が始まります。100号Sの木版『壺屋』を出品しています。ご来場・御高覧を宜しくお願いします。私の在廊予定は下記の通りです。

5月17日(木) 12:30〜14:00

5月19日(土) 15:00〜17:30

5月24日(木) 14:00〜18:00

5月26日(土) 16:00〜18:00

   

f:id:sinseinen:20180429190918j:image


※西山彰さんのHPも、ご覧下さい。

http://sionomitihiki.my.coocan.jp/

http://taikana.cafe.coocan.jp/

2018-05-14

[]「解説 死を生きた作家の言葉の群れ」NEW 「解説 死を生きた作家の言葉の群れ」NEWを含むブックマーク

★ 天瀬裕康さんが、天瀬裕康編『原民喜 初期幻想傑作集 夢の器』(彩流社)に「解説 死を生きた作家の言葉の群れ」をお書きになっています。


f:id:sinseinen:20180515165503j:image


・天瀬裕康編『原民喜 初期幻想傑作集 夢の器』、彩流社、2018年5月15日発行、本体2,200円+税、ISBN:9784779124747 C0093



※彩流社のHPも、ご覧下さい。

http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2474-7.html

2018-05-07

[]”蒼天会 2018 展” ”蒼天会 2018 展”を含むブックマーク


★ 西山彰さんが、次の展覧会に作品を出品されます。


・”蒼天会 2018 展”

期日 2018年5月9日(水)〜5月15日(火)

時間 10:00〜18:00(最終日17:00まで)

場所 小田急百貨店藤沢店6階ギャラリー

   

f:id:sinseinen:20180429191010j:image


f:id:sinseinen:20180429190950j:image


※西山彰さんのHPも、ご覧下さい。

http://sionomitihiki.my.coocan.jp/

http://taikana.cafe.coocan.jp/

2018-05-06

[]『定本 夢野久作全集』第4巻 『定本 夢野久作全集』第4巻を含むブックマーク

★ 川崎賢子さん、沢田安史さん、谷口基さんらが編集された『定本 夢野久作全集』第4巻が刊行されました。また、川崎賢子さんが第4巻の解題をお書きになっています。


f:id:sinseinen:20180429190852j:image



・『定本 夢野久作全集』第4巻、西原和海・川崎賢子・沢田安史・谷口基編集、国書刊行会、2018年4月24日発行、9,500円(本体価格)+税、 ISBN:9784336060174 C0393



※詳しくは、国書刊行会HPをご覧下さい。

http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336060174/