Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-02

[]「一九三〇年代の大衆雑誌における探偵小説の位置について」NEW 「一九三〇年代の大衆雑誌における探偵小説の位置について」NEWを含むブックマーク

★ 12月17日(土)に行われる日本近代文学会東海支部 第57回研究会「特集 幻想の乱歩」において、柿原和宏さんが「一九三〇年代の大衆雑誌における探偵小説の位置について」を発表されます。また、小松史生子さんが講演をされます。


・日本近代文学会東海支部 第57回研究会

日 時 2016年12月17日(土)13:00〜

会 場 東海学園大学 名古屋キャンパス3号館331教室

アクセス https://www.tokaigakuen-u.ac.jp/about_us/access/nagoya_campus.html

※正門から入り、左斜め前方に見える建物が3号館となっております。

・名古屋市営地下鉄鶴舞線原駅より、バス5分→「平針南住宅」下車徒歩3分。

・「平針南住宅」には、原駅2番出口前から発車するバスのすべてが停車します。

内容(敬称略)

 13:00〜 研究発表

  柿原和宏「一九三〇年代の大衆雑誌における探偵小説の位置について」

  ※コメンテーター 柳瀬善治

 14:00〜 講演

  小松史生子

 15:00〜 講演

  芦辺拓

 16:00〜 トークセッション

  司会 大橋崇行

特集「幻想の乱歩」趣旨

2015 年は江戸川乱歩の没後50 年に当たっていた。そのため、2016 年からは著作権の切れた作家の作品を掲載するインターネット上の電子図書館「青空文庫」において乱歩作品の無料公開が始まっているのをはじめ、各社から単行本の刊行がなされている。また、ミステリー文学資料館(一般財団法人光文文化財団)の展示「没後50 年 ── 不滅の江戸川乱歩展」(2015 年9 月1 日〜10 月3 日)、乱歩作品を翻案したTVアニメーション「乱歩奇譚 Game ofLaplace」(2015 年7 月3 日〜9 月18 日)の放送、『ハヤカワミステリマガジン』(早川書房)2016 年5 月号の小特集「幻想と怪奇 乱歩と漱石をつなぐ」などをはじめ、2015 年から16 年にかけて、乱歩をめぐるさまざまな言説が編成されている。

ここで注意したいのは、これら言説において、日本の探偵小説の基礎を築いて雑誌『宝石』を中心に多くの作家を見いだし、あるいは「エロ・グロ・猟奇」を前面に押し出した作品を書いていたという、旧来の乱歩像が再生産されていることである。

しかし乱歩という作家、そして乱歩が書いた作品は、本当にそうした「乱歩」像に収まるものだったのだろうか。あるいは、私たちが抱えている「乱歩」像が、乱歩作品を読むときに先入観として働き、私たちはある種の「幻想」としての「乱歩」を見てはいないだろうか。

特集は、乱歩にゆかりのある名古屋という場で、あえてこうした「幻想の乱歩」を読み直すための手がかりを探っていこうとする試みである。

柿原和宏氏による研究発表のほか、ミステリ作家・芦辺拓氏、探偵小説をはじめとした通俗小説を研究している小松史生子氏の講演、会場からの質疑を交えたトークセッションと、さまざまな視点から、乱歩について多角的に考えていきたい。


f:id:sinseinen:20161201163943j:image

2016-12-01

[]『江戸川乱歩電子全集10 ジュヴナイル 第1集』NEW 『江戸川乱歩電子全集10 ジュヴナイル 第1集』NEWを含むブックマーク

★ 小松史生子さんが、『江戸川乱歩電子全集10 ジュヴナイル 第1集』(小学館)の「解説」をお書きになりました。


f:id:sinseinen:20161201163942j:image


・『江戸川乱歩電子全集10 ジュヴナイル 第1集』、小学館、2016年11月25日刊行、1,512円

・小学館のHPも、ご覧ください。

https://www.shogakukan.co.jp/books/09d03657

2016-11-30

[]「転位する「探偵小説家」と「読者」——江戸川乱歩『陰獣』とジャーナリズム——」NEW 「転位する「探偵小説家」と「読者」——江戸川乱歩『陰獣』とジャーナリズム——」NEWを含むブックマーク

井川理さんが「転位する「探偵小説家」と「読者」——江戸川乱歩『陰獣』とジャーナリズム——」を、『日本近代文学』第95集(日本近代文学会発行、2016年11月15日発行)にお書きになりました。


f:id:sinseinen:20161130113631j:image


・『日本近代文学』第95集(日本近代文学会編集委員会、2016年11月15日発行)


・日本近代文学会のHPもご覧ください。

http://amjls.web.fc2.com/

2016-11-29

[]「超常能力と大正中期探偵小説」「船幽霊の声/幽霊船の沈黙――〈海異〉の近代文学史」NEW 「超常能力と大正中期探偵小説」「船幽霊の声/幽霊船の沈黙――〈海異〉の近代文学史」NEWを含むブックマーク

浜田雄介さんが「超常能力と大正中期探偵小説」を、乾英治郎さんが「船幽霊の声/幽霊船の沈黙――〈海異〉の近代文学史」を、一柳廣孝 監修、飯倉義之 編『怪異の時空2 怪異を魅せる』(青弓社)にそれぞれお書きになりました。


f:id:sinseinen:20161129124051p:image


・一柳廣孝 監修、飯倉義之 編『怪異の時空2 怪異を魅せる』青弓社、四六判 288ページ 並製、2016年12月1日発行、本体2,000円+税、ISBN:9784787292407 C0395

怪異を魅せる

怪異を魅せる

・青弓社のHPも、ご覧ください。

http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-9240-7

2016-11-28

[]「尾張名古屋、魔の往く道 ――都市空間の中のオカルト街道」NEW 「尾張名古屋、魔の往く道 ――都市空間の中のオカルト街道」NEWを含むブックマーク

★ 小松史生子さんが「尾張名古屋、魔の往く道 ――都市空間の中のオカルト街道」を、一柳廣孝 監修、今井秀和、大道晴香 編『怪異の時空 1 怪異を歩く』(青弓社)にお書きになりました。


f:id:sinseinen:20161129122714j:image


・一柳廣孝 監修、今井秀和、大道晴香 編『怪異の時空 1 怪異を歩く』、青弓社、四六判 256ページ 並製、2016年9月30日発行、本体2,000円+税、ISBN:9784787292384 C0395

怪異を歩く (怪異の時空)

怪異を歩く (怪異の時空)

・青弓社のHPも、ご覧ください。

http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-9238-4

2016-11-27

[]”6人展”NEW ”6人展”NEWを含むブックマーク

★ 西山彰さんが、次の展覧会に作品を出品されます。


・”6人展”

期日 2016年11月28日(月)〜12月4日(日)

時間 11:00〜18:00(初日13:00〜。最終日16:00まで)

場所 鶴見画廊


f:id:sinseinen:20161127124430j:image


※西山彰さんのHPも、ご覧下さい。

http://members2.jcom.home.ne.jp/sho-seizan/

http://homepage2.nifty.com/taikana/