Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-11-17

[]「小栗虫太郎ーPANDEMONIUM(大魔城)の扉を開くー」再掲 「小栗虫太郎ーPANDEMONIUM(大魔城)の扉を開くー」再掲 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

★ 「小栗虫太郎ーPANDEMONIUM(大魔城)の扉を開くー」が始まっています。

http://new.seikei.ac.jp/university/library/topics/2017/11/-pandemonium--2.html

 

浜田雄介さんが、11月25日(土)に成蹊大学で開催される「小栗虫太郎ーPANDEMONIUM(大魔城)の扉を開くー」のギャラリートークで、ナビゲーターを務められます。


・小栗虫太郎ーPANDEMONIUM(大魔城)の扉を開くー

〇 企画展示のご案内

会期  2017年11月13日(月)〜12月1日(金)

   (土・日・祝日を除く。ただし11月25日は公開)

時間  9:30〜16:30 (受付は16:00まで)

会場  成蹊大学図書館2階アトリウム

観覧料 無料

[注意事項]

一般の方:身分証をご持参の上、2階カウンターへお越しください。


ギャラリートークのご案内  ※予約不要

日程 2017年11月25日(土)

時間 ※内容は同様

 午前の部 11:00〜(45分程度)

 午後の部 15:00〜(45分程度)

会場  成蹊大学図書館2階アトリウム

ナビゲーター  成蹊大学 文学部 浜田雄介 教授

[注意事項]

一般の方:身分証をご持参の上、2階カウンターへお越しください。

※お問合せは成蹊大学図書館事務室まで(0422-37-3544)


f:id:sinseinen:20171101114335j:image

f:id:sinseinen:20171101114424j:image


成蹊大学HPも、ご覧下さい。

http://new.seikei.ac.jp/university/library/topics/2017/10/-pandemonium-.html

2017-11-01

[]「小栗虫太郎ーPANDEMONIUM(大魔城)の扉を開くー」 「小栗虫太郎ーPANDEMONIUM(大魔城)の扉を開くー」 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

浜田雄介さんが、11月25日(土)に成蹊大学で開催される「小栗虫太郎ーPANDEMONIUM(大魔城)の扉を開くー」のギャラリートークで、ナビゲーターを務められます。


・小栗虫太郎ーPANDEMONIUM(大魔城)の扉を開くー

〇 企画展示のご案内

会期  2017年11月13日(月)〜12月1日(金)

   (土・日・祝日を除く。ただし11月25日は公開)

時間  9:30〜16:30 (受付は16:00まで)

会場  成蹊大学図書館2階アトリウム

観覧料 無料

[注意事項]

一般の方:身分証をご持参の上、2階カウンターへお越しください。


ギャラリートークのご案内  ※予約不要

日程 2017年11月25日(土)

時間 ※内容は同様

 午前の部 11:00〜(45分程度)

 午後の部 15:00〜(45分程度)

会場  成蹊大学図書館2階アトリウム

ナビゲーター  成蹊大学 文学部 浜田雄介 教授

[注意事項]

一般の方:身分証をご持参の上、2階カウンターへお越しください。

※お問合せは成蹊大学図書館事務室まで(0422-37-3544)


f:id:sinseinen:20171101114335j:image

f:id:sinseinen:20171101114424j:image


成蹊大学HPも、ご覧下さい。

http://new.seikei.ac.jp/university/library/topics/2017/10/-pandemonium-.html

2017-10-31

[]「人工恋愛双曲線」 「人工恋愛双曲線」 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

★ 小松史生子さんが、11月2日(木)〜8日(水)まで、愛知・七ツ寺共同スタジオにおいて上演される少年王者舘「人工恋愛双曲線」で企画協力をされています。また、6日(月)の14時の公演後に、天野天街さんとアフタートークを開催いたします。


・少年王者舘「人工恋愛双曲線」

期日 2017年11月2日(木)〜8日(水)

場所 愛知県 七ツ寺共同スタジオ

原作:小酒井不木

脚色・演出天野天街

出演:珠水、夕沈、宮璃アリ、池田遼、岩本苑子、井村昂 / echo ほか

企画協力:小松史生子


f:id:sinseinen:20171031011722j:image

f:id:sinseinen:20171031011717j:image


※詳しくは、少年王者舘、やっとかめ文化祭HPをご覧下さい。

http://www.oujakan.jp/

http://yattokame.jp/2017/hirou/hirou05

2017-10-14

[]「乱歩と人形 〜夢か、うつつか〜」 「乱歩と人形 〜夢か、うつつか〜」 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク


★ 小松史生子さんが、11月5日(日)に「江戸川乱歩と人形」(文化のみち二葉館・名古屋市東区橦木町3丁目23番地)展の関連イベントで講演をされます。


・江戸川乱歩と人形

日時 平成 29年 10月 18日 (水)〜 11月 15日 (水) 10:00〜17:00 

場所 文化のみち二葉館  2階 展示室

概要  江戸川乱歩は、明治27(1894)年に三重県名張町(現・名張市)に生まれました。3歳の時に父の仕事の関係で名古屋市に移り、18歳で愛知県立第五中学校(現・瑞陵高等学校)を卒業するまでの、多感な少年時代を名古屋で過ごします。29歳の時に作家デビューし、のちに「怪人二十面相」「少年探偵団」など多くの人気推理小説を生み出しました。

 今回の展示では、「押絵と旅する男」「人でなしの恋」など作品に描かれる“人形”に焦点を当て、幻想的で怪奇的な乱歩の文学世界をご紹介します。

※入場無料 但し 要入館料 


◆関連イベント 講演と朗読

日 時 11月 5日(日) 13:30〜15:00(第1部50分、第2部40分)

会 場 1階 大広間

 第1部/講演:「乱歩と人形 〜夢か、うつつか〜」 

     講師:小松史生子(金城学院大学文学部教授)  

 第2部/朗読:作品「人でなしの恋」 

     出演:いのこ福代

※観覧無料 但し 要入館料   席は当日先着順

 

  

f:id:sinseinen:20171014172318j:image


f:id:sinseinen:20171014172319j:image


・文化のみち二葉館のサイトもご覧ください。

http://www.futabakan.jp/event/20171018-1115.html

2016-10-05

[]「『黄金仮面』―大衆社会における「顔」」 「『黄金仮面』―大衆社会における「顔」」 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

浜田雄介さんが、10月14日(金)〜15日(土)に、パリデイドロ大学とパリ日本文化会館にて開催されるシンポジウム「江戸川乱歩、あるいは近代日本の迷宮」で、14日(金)午前10時30分から「『黄金仮面』―大衆社会における「顔」」を発表されます。


・江戸川乱歩、あるいは近代日本の迷宮

Edogawa Ranpo ou les labyrinthes de la modernité japonaise

Edogawa Ranpo, or the Labyrinths of Japanese Modernity


日時 2016年10月14日(金)〜15日(土)

会場 パリデイドロ大学 ビュフォン棟

   パリ日本文化会館 小ホール



f:id:sinseinen:20161006004644j:image



・スケジュールなどは、こちらのサイトをご覧ください。

http://www.mcjp.fr/fr/agenda/edogawa-ranpo-lecrivain-et-ses-masques/edogawa-ranpo-ou-les-labyrinthes-de-la-modernite-japonaise

2016-09-15

[]「ネコが隠れている近代日本文学」 「ネコが隠れている近代日本文学」 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

★ 川崎賢子さんの講演される「ネコが隠れている近代日本文学」が、東京都中央区の「秋から始まる区民カレッジ講座」として、2016年10月27日から5回にわたって早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校で行われます。


・ネコが隠れている近代日本文学 —— キーワードで読み直す文学史 ——

期日 10月27日(木)、11月10日(木)、11月17日(木)、11月24日(木)、12月1日(木)

時間 13:00〜14:30(90分)


各回の講義予定

第1回  夏目漱石「吾輩は猫である」

第2回  萩原朔太郎「猫町」

第3回  梶井基次郎「愛撫」

第4回  谷崎潤一郎「猫と庄造と二人のおんな」

第5回  金井美恵子「タマや」


※詳細は、中央区版マイ広報紙「秋から始まる区民カレッジ講座」HPをご覧ください。