Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-07-21

[] 2012-07-21 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

2012年7月21日(土)に、7月例会が専修大学神田神保町校舎で開かれました。

・「乱歩で散歩(浅草編)」(2012年6月24日撮影)の上映

・紀田順一郎著『乱歩彷徨 なぜ読み継がれるのか』(春風社、2011年)の読書会

7月例会は研究報告をお休みし、会員有志によって作成された文学散歩ビデオ「乱歩で散歩(浅草編)」(パイロット版)の上映と、紀田順一郎著『乱歩彷徨 なぜ読み継がれるのか』の読書会が行われました。


・「乱歩で散歩(浅草編)」(2012年6月24日撮影)の上映

これは浅草が舞台となっている江戸川乱歩の作品を現地の地理や歴史の紹介と絡めながら紹介する、当会の有志によって制作されたショートビデオです。

浅草の象徴とも言える雷門は江戸時代末期に火事で焼失しており、昭和35年に再建されるまで、ときどき仮の門が建てられる以外は存在していませんでした。また、乱歩作品に描かれている五重塔は移築前なので、現在とは異なる場所に位置にしていました。そうした歴史のトリビアや情報を交えながら、江戸川乱歩の作品を、動画+静止画で約13分の映像で紹介し、映像作品に仕上げたのが「乱歩で散歩」です。

 シナリオ執筆は平山雄一さん。補足は湯浅篤志さん。出演は湯浅さんと森永佳代さん。ディレクターは黒田明さん。平山さんが撮影、編集を担当しました。なお、この映像は、パイロット版なので、いずれ本編を作る予定になっています。

・紀田順一郎著『乱歩彷徨 なぜ読み継がれるのか』(春風社、2011年)の読書会

紀田順一郎さんの著書『乱歩彷徨』について、ディスカッションが行われ、感想や意見が述べられました。

たとえば、「オールドタイマー(一部の乱歩作品をリアルタイムで読んでいた読者)としての切り口が見られず、書誌的アプローチも不足しており、既知の情報(定識)に依る記述が多い」とする指摘があったり、「作品のマッピングを取るような形なので、学生がポータルな乱歩像を理解し易い」という作品ガイド的な面が新たな読者層獲得の一因になるであろうとの感想も出たりしました。

さらに、「一人の『江戸川乱歩』という人物像の構築を試みたのではないか」との意見もありました。様々な視点から、『乱歩彷徨』への感想や意見が語られました。

また、乱歩没後、半世紀近く経っても読み継がれる江戸川乱歩の作品の魅力と関連して、昭和30年代に社会派推理小説ブームを巻き起こした松本清張の作品や、「三毛猫ホームズ」シリーズのヒットで流行作家となった赤川次郎の作品についても言及がありました。いずれもベストセラー作家であり、なおかつロングセラーのタイトルをもつ作家として、乱歩と共通する点が見られるからです。

清張作品には、「たとえば警察官による捜査ミスを隠蔽しようとするリアリティよりも、そのミスを隠そうとする人間のメンタリティを重視した作品」が多く、「そうした<人の心の弱さ>を描く内容が人々に支持されて長く読み継がれるのではないか」という特徴があり、それが乱歩作品とつながっているということです。

赤川作品については、作者の赤川が「肩の力を抜きながら<娯楽作品>として読める推理小説」を書き、「軽い文体で女性読者を取り込むことに成功したことにより、清張とは違う意味で作家としての長寿性を獲得したのだろう」という指摘がありました。そういう点において、乱歩作品と関連しているということです。

2012-05-19

[] 2012-05-19 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

2012年5月19日(土)に、5月例会が専修大学神田神保町校舎で開かれました。

発表は、平山雄一さんの「江戸川乱歩、大倉テル子とヨーロッパの生埋め伝承について」でした。


・平山雄一さん「江戸川乱歩、大倉テル子とヨーロッパの生埋め伝承について」

「妖影」(大倉テル子、一九三四)はモーパッサンの「痙攣」(一八八四)の翻案であり、また「白髪鬼」(江戸川乱歩、一九三一)はコレッリの「ヴェンデッタ」(一八八六)の翻案であることは、それぞれ著者自らが述べています。しかしこれらの「生埋め」のエピソードはモーパッサンやコレッリの創作でもなく、中世から長年伝承されていた「生埋め伝承」の一部をなすものでした。その結果、本人達が意識していなかったにもかかわらず、乱歩や大倉テル子はそうした伝承の末裔の一員に加わったことになりました。

2011-05-08

[] 2011-05-08 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

2011年5月7日(土)に、5月例会が専修大学神田校舎で開かれました。

発表は、浜田雄介さん「小酒井不木の環境への取り組み」でした。


・浜田雄介さん「小酒井不木の環境への取り組み」

小酒井不木の『生命神秘論』(大正4年)における、物質と生命の間に進化の力を見るモチーフを、大正期のいわゆる生命主義や、同時期の江戸川乱歩の『日和』をベースにした社会啓蒙活動などと比較参照しつつ考察しました。

不木の、世界に対する科学を通した関心のありようは、「人工心臓」「疑問の黒枠」などの作品に描かれる議論やその表現にも読み取れますが、それ以上に、大衆作家の集団的な創作活動によって新しい形式を生み出そうという発想や、句会を大切にする姿勢の底に流れています。

この不木の姿勢はやがて、今日的関心の言葉で言えば、生態系への想像力の活性化につながっていくものであり、それは「自伝」に描かれる故郷の自然への細密な観察、また不木碑に記された「いつとんで来たか机に黄の一葉」の自然と生活との関連づけなどに読み取ることができます。

2011-01-29

[] 2011-01-29 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

1月例会が、1月29日に専修大学神田校舎で開かれました。発表は、平山雄一さんの「江戸川乱歩『何者』と日本陸軍」でした。


・平山雄一さん「江戸川乱歩『何者』と日本陸軍」



江戸川乱歩『何者』(1929年11月〜12月)を題材にして、日本陸軍の徴兵制度および徴兵忌避の実態を考察しました。

平時は徴兵検査に合格しても籤逃れが出来、しかも徴兵猶予を受けた高学歴者は軍からもむしろ敬遠されて入隊するものが少なかったということがあります。

しかも、当時の宇垣軍縮により定員が減少しさらにその傾向が強かったにもかかわらず、登場人物の弘一らが入隊したのは徴兵されたのではなく一年志願兵制度によるものだったといえるでしょう。

それは父親が将軍という世間体、さらには万一戦時になったときに一兵卒として戦地に赴かなくてはいけないことを回避する為でしたが、そのような父親の配慮をくむことなく息子は軍隊を拒否したという、家庭内の相克も一つの動機だったと思われます。

2010-12-18

[] 2010-12-18 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

12月18日(土)に、12月例会が専修大学神田校舎で開かれました。

発表は、 谷口基さんの「占領期雑誌資料に見るミステリ研究の可能性」と末國善己さん「山本周五郎の新発見資料について」でした。



・谷口基さん「占領期雑誌資料に見るミステリ研究の可能性」

戦時下には、欧米の探偵小説の入手・翻訳が不可能になったことと、「風俗壊乱」の要素を多分に含む国内探偵小説への内務省警補局による取り締まりが厳しくなったことから、いわゆるミステリージャンルはほぼ絶息状態にありました。

殊に探偵文壇の領袖・江戸川乱歩が「芋虫」事件を機に筆を折り、隠棲生活に入ったという事実が文壇全体に深甚なショックを与え、ほどなく作家と版元が息を揃えるように探偵小説を自粛した結果、探偵文壇は自壊しました。

旧体制による言論統制は敗戦後、GHQによって廃絶され、1946年から新旧の探偵小説が巷にあふれ出したため、〈敗戦によって探偵小説は復活した〉という通説が生まれます。しかし、占領軍民間検閲支隊は1945年9月13日から1948年7月26日までの約三年間にわたって出版物の検閲を行い、郵便網、新聞・演劇・放送網

から無線網にいたるまで監視の対象としていました。

この時期は、「探偵小説」が「推理小説」へと再編成されていく時期にも重なっています。ゆえに、主として愛好家や作家から注目され、渇望されたものは戦前のいわゆる本格探偵小説にあたる内容の新作と、欧米の新しい推理小説(翻訳)でした。この潮流はアメリカ民主主義への歓迎ムードとマッチしていまして、それは同時代マスコミの論調からもうかがうことが可能です。

しかし、GHQ指導下の出版状況の中で、戦前において等閑視されていた著作権・翻訳権の問題が浮上し、それは検閲に際しても厳重に指摘されています。また占領下日本にあっては書籍の輸入や翻訳・出版の交渉が不可能であったため、新作探偵小説の訳出・刊行・雑誌掲載が需要においつかないという事態も出来しています。このなかで、江戸川乱歩をはじめとした探偵作家たちの占領軍への接近という現象もみられました。

こうした風潮のなか、探偵小説を筆頭とする娯楽的な文芸作品に対する検閲のあり方は、むしろ寛大でしたが、皆無であったと言うことはできません。ただ、政治的な禁忌を理由としない場合、今日確認できる検閲の痕跡は、あまりにも恣意的かつ粗雑であることは指摘しておいてもよいかもしれません。

とはいうものの、現在メリーランド大学プランゲ文庫に所蔵された占領期雑誌資料には、大衆娯楽方面の資料に限定しても、国内に現存する資料だけでは確認できなかったいくつもの事実が存在し、ミステリ研究者としてこれを無視することはできません。

具体的な例をあげますと、それは占領下で発表された戦争怪談が、アメリカをはじめとした、かつての敵を正面から指弾できないため、死者の怨念が向かう先を軍閥に定めたり、あえて朧化したりするような傾向を示していた事実、あるいは、数少ない橘外男研究者の一人であった故山下武氏が遺した私家版「橘外男著作年譜」の空白部分を埋める資料の発見などに代表されるものです。



・末國善己さん「山本周五郎の新発見資料について」

末國善己さんが、編著『山本周五郎探偵小説全集』の巻末に、存在は確認できたものの入手ができなかった雑誌の一覧を掲載したところ、読者から「少年少女譚海」1932年8月号の付録を所有しているとの連絡がありました。送っていただいた資料を確認したところ、全40ページの小冊子で、甲野信三、玉井徳太郎・挿絵『黄色毒矢事件』とあり、周五郎の創出したシリーズ探偵・春田龍介ものの一篇でした。

この作品は、外界との連絡路が橋一本しかない埋め立て地にある研究所で起こる連続殺人に春田龍介が挑むというクローズド・サークルでのフーダニットで、シリーズの中では最も本格ミステリーとしての完成度が高いものになっています。

デビュー当時の周五郎は、俵屋宗八、横西五郎、清水きよし、青江俊一郎など複数のペンネームを使って作品を発表していますが、甲野信三は未知の筆名でした。ここで問題になるのが、甲野信三=周五郎の図式が成立するかということです。

周五郎は『黄色毒矢事件』以前にも、同じ雑誌に複数の作品を発表する時には別名義を使用しています(例えば、1931年4月号の「少女世界」には、山本周五郎「うたえ西風」のほか、横西五郎「晴れる」、清水きよし「おぺこさん」の2作を発表しています)。1932年8月号の「少年少女譚海」本誌には、周五郎名義で『少年間諜X13号』を連載中(「少年少女譚海」1932年4月〜12月)であり、そのため付録を甲野信三名義で発表したことは十分にありえます。

また周五郎名義で発表しているシリーズ探偵が活躍していること、当時の周五郎が代作を頼むほど大物でなかったことなどを総合的に判断すると、甲野信三は周五郎の別名で間違いないと考えています。

周五郎の新たなペンネームが判明したので、ほかに甲野信三名義の作品がないかを調査したところ、『鉄甲魔人軍』(「少年少女譚海」1931年9月〜1932年5月)を発見。やはり春田龍介シリーズで、「和蘭陀」「白耳義」を滅ぼし、日本を目指すロボット軍団と春田龍介の戦いを描く冒険SFで、(物語としては独立していますが)『黄色毒矢事件』の前日譚にあたるものになっています。この時期、周五郎は『新宝島奇譚』(「少年少女譚海」1931年2月〜1932年1月)を連載していたため、甲野信三名義で『鉄甲魔人軍』を発表したと思われます。

『山本周五郎探偵小説全集』第1巻の解説で、「恐らく春田龍介シリーズで未発見の作品は、『黄色毒矢事件』だけと思われる」と、末國さんはお書きなりましたが、新たな作品が発見されたので、この一文は訂正させていただきたいと述べています。

2010-09-11

[] 2010-09-11 - Pub Antiquarian〜『新青年』研究会のブログ〜 を含むブックマーク

9月11日(土)に、9月例会が専修大学神田校舎で開かれました。

発表は、湯浅篤志さんの「大正期のカフェについて」でした。



・湯浅篤志さん「大正期のカフェについて」

松崎天民は「カフエー行脚 日本全国カフエーところどころ」というエッセイを、『サンデー毎日』昭和3年6月15日「小説と講談」号に書きました。

それによると、日本の地方の町々にとって昭和3年の初夏にやっと「カフエー時代」を現出したといいます。逆に、都会であった東京、大阪、横浜、神戸、京都などは、「カフエー時代」を過ぎて「女給時代」に入った観があるということです。

明治の終わりに始まったカフェが都会の社会現象として問題視されたのは大正の中ごろですが、そのころ銀座にあったカフェ・ライオンは酒場とコーヒー店とランチを兼ねたお店として流行りました。食べ物本位で女給第2位のお店です。それに物足りない紳士は、その足でサッポロビール園の簾戸を押しに行きます。ここは純粋な酒場でしたが、女性たちも多くいました。しかし、テーブルの間を立ち働くだけです。さらに喉の渇きを覚えた彼は千疋屋の二階へ行き、紅茶を飲まずに壁に並んだ洋酒を飲み始めます。ここの女給たちは上品な声で、客の注文をコックに通しています。夜の12時過ぎまでいた彼は、静かな場所に行きたくなります。

それは赤坂にあるカフェーの二階でした。階下では若い女たちが蓄音機の周りを取り巻いて、行進曲と一緒に口笛を吹いています。そばにいる大学生らしい若者は、はしゃいでいます。彼は二階に上り、椅子に座りテーブルに足を乗せて休んでいると、そばに女性がやってきます。「今夜はゆっくり、話をしようか」と誘うと、やがて「もう火を落としますが……」といいます。

そうだ、浅草に行こう! ということで、浅草にいくのですが、しかし、浅草公園は寝静まっていて、神谷バーも山吹バーもサッポロビール・バーもチンヤ・バーも皆、戸を下していました。吉原の大門を行く手に控えている石川バーだけが開いていました。中には給仕女を困らせる客もいます。蓄音機から浪花節や流行り歌が聞こえてきます。そして、彼はその場で寝入ってしまいます。

これらのことは斎藤正雄「酒場の一夜」(大正8年)に書いてあったことです。

脚色はもちろんあると思いますが、このような夜の風俗が「カフェー」という場所で顕在化していったのが大正中期です。やがて食事やお酒を楽しむというよりも、女給目当てに通う楽しみを重点化した「女給時代」になっていきます。そのような人間の欲望を小説にした代表作の一つが、永井荷風の「つゆのあとさき」(昭和6年)といえるのではないでしょうか。