Hatena::ブログ(Diary)

なんだかなあ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-08-29

[] ハッピーエンドを心がけましょうw


例の「結婚できない女」関連質問群について、

前々から、

いや、女のことばっかり言ってないでさ、

男性側はどう思ってるかとかの

考察はしないんかい?

と思っていたんですが、

参考になりそうな質問がでてましたw

ttp://www.hatena.ne.jp/1125145427

【既婚・未婚の男性】

あなたにとって理想の奥さんを教えてください。

優しい、など抽象的な表現だけではなく、具体的に答えて頂けたら嬉しいです。

例:自分が残業して23時頃に帰ってもあたたかい食事をいつも用意して待っていてくれる。

毎日自分のためにお弁当を作ってくれる。

 など。

多くのポイントを持ち合わせていないのでポイントと相談しながら締め切らせていただきます。ご了承願います。

で、この質問者のta_taさんの

最後のまとめコメント(一部)が

全体的な印象としては私の予想に反して

「家事ができる女性」というのが少なく、逆に

「思っていることを素直に言い合える関係」というのが

多かったのがとても興味深いです。

でした。

確かに、言いたいことも言えない関係とか、

一方的に言われっぱなしな関係って、気詰まりでしょうし。

これは、結婚に限らず、

対人関係全般に言えることなんでしょうね。


ところでhitzooさんの質問を軽くヲチ。

「結局30過ぎても結婚できない女性」

http://www.hatena.ne.jp/1124798504

遅くとも30才までには結婚したいと願っている女性の中で、実際に30迄に結婚できる女性と、結局30過ぎても結婚できない女性の違いは何ですか。この質問は、22才独身女性に尋ねられました。一般的な相違点でも身の回りの具体例どちらもOKです。

こちらでは、

「〜な女性はダメ」という話ばかりしているんですが、

ta_taさんみたいに、

「〜な人がイイ」という点について質問するほうが

22才独身女性さんの参考になるのでは、と思いました。

ダメの反対が正しいとも限らないのでは。

ついでに、

その22才独身女性さんには「こういう男性がいい!」という

希望は特になくて、

誰でもいいから結婚したい、と考えている人なんだろうか、

とも思ってしまいました。

男性によって、好みの女性のタイプが

まったく逆だったりしますしね。

知的な女性がいいという人もいるだろうし、

逆に、頭がいい女は嫌だ、という人も

いるかもしれませんし。

好みの男性の傾向から、

その男性が理想としそうな女性像を追求するほうが

いいんじゃないですかねえ。


さらに。

焦るということが何よりも大切なのですね。焦って自分を追い詰めることも原動力か。(#2)

とのコメントには、ちょっとどうだろうと

思ってしまいましたねえ。

結婚は一生の問題ですから。

焦って自分を追い詰めすぎてしまうと、

冷静な判断力を失ってしまって、

逆に妙な業者さんや結婚詐欺師とかに

引っかかっちゃったら大変じゃない? と

心配にもなりますし。

焦って余裕をなくしているときって、男女を問わず、

魅力半減って気もしないでも。


自分の魅力をUPするのはどうしたら良いのですか。(#6)

これについては後述。


雑誌なんかに出てくる立派な職業女性はたいてい既婚(#17)

coccoxさんのコメントオチのときにも

似たような表現を見たなあ。

その時書こうかと思っていて書き忘れたかも。

珍しい事例を紹介するんでなきゃ

購読者の興味を引かないのでは=雑誌が売れないのでは。

どこにでもいそうな独身職業女性を紹介しても、

そんな人、身の回りにたくさんいるし〜、と読者が思うだろう、と

編集サイドが判断した(から紹介しない)

という可能性もあるのではないですかねえ。

テレビ(主に民放。N○Kも番組により)も雑誌も、

視聴者・読者の興味を引いてナンボの世界ですから。

ま、そういうのはその雑誌の方針(=信憑性)次第なんで、

一概に「雑誌」といわれても判断できないため、

断言もできないのですが。


欲が強すぎるのはダメってことですね。(#19)

「絶対結婚したい!」てギラついている女性も

欲が強すぎる、という範疇に入るかもですね。


・回答38で、結婚関連のはてな質問列記、

 うち2つがcoccoxさんのもの、1つがlisachanさんの

 ものであることについて


「はてな」であれだけ注目されていた質問、

見ていなかったのか。へー。

この質問と似たようなことを聞いている質問なのにね。

他人の質問には興味なし、ということでしょうか。


と、軽くヲチは以上。

一部、回答の中から無理やり「ダメ」な部分を抽出して

「〜はダメ、てことですね」てコメントで強調しているみたいな

印象を受けるものがありました。

なお、これはあくまでも、

私の個人的な印象なんですがね。


で、話は変わりまして。

「男性側はどう思ってるか」という疑問について、

自分でも少々興味がわきまして。

以前、「理想」「女性像」でググって見ました。

そのとき見つけたサイトの中に、

興味深いQ&Aがあったので、ご紹介まで。

結婚に興味がある人ならば、

その名を知らない人はおそらくいないであろう、

結婚相手紹介サービスの「ZWEI(ツヴァイ)」(上場企業)が

運営しているWEBマガジンサイト。

http://woman.zwei.com/

ここの「恋のお悩み相談室」に載っていた

質問が、こちら。


「理想の女性像を押し付けてくる彼。私は彼の希望を受け入れるべき?」

http://woman.zwei.com/woman/onayami_009/index.shtml


この質問の質問者さんがお付き合いしている男性は、

「自分色に染まって尽くしてくれる女になって欲しい」

「○○(質問者)の良い所は沢山あるけれど、

 嫌な所も沢山あるから直す努力をしてほしい」

と質問者さんに言っているそうで、

これに対してツヴァイのアドヴァイザーさん曰く、

片方ばかりが努力しなければならないような関係はうまくいかないと思います。

だそうです。

でも、

相手に対して強い愛情があるなら、

彼の意見を聞きつつ、彼を徐々に変えていくように仕向けるというのも、ひとつの手

とおススメしてます。

ま、相手の方への愛情があるなら

努力する気にもなれるでしょうね〜。


事業の目的上、たくさんの女性に

結婚してほしがっていると推測される企業の方も

こうおっしゃっているわけですので、

女性に対してのみ、一方的に、

「〜というところがダメ」等と言うのは

正しいやり方なのかな〜と感じました。

また、改善すべきかどうかって点は、

相手の方との兼ね合い次第で検討なさっては

いかがかと。

ま、このページを見た後だったのでね、

hitzooさんの質問を見たときに、

相手の絞込みができてからでないと、

具体的な検討もできないんじゃないかなーと

思ってしまったわけです。


あと、相手を見つける前からでも、

とれる策はとっておきたい、

自分の魅力をUPしておきたい、とお考えの方は、

以下の2つが参考になるかもです。

ひとつめは、


http://biz.mycom.co.jp/life/sp/020925/

MYCOM BIZUP特集:いい男&女 2002 「理想の人ってどんな人?」

毎日新聞系サイト 2002/09/25)


3年前の特集記事なので、

例に挙げられている「理想の有名人」も気持ち古めに

なっちゃってますかねw

で、この中に、

・男性が求める理想像の永遠のテーマは「清楚で控えめな女性」

・男は家庭をもってこそ一人前、そんな古風な考えをもっている

 男性からの支持が高いのは「料理が上手い=家庭的な女性」

・自分の趣味の世界などをもっている男性に圧倒的な人気を誇って

 いるのは「仕事もバリバリこなしながら、自分の時間も大切にし

 ている、そんな独立心の強い知的な女性」いわゆるキャリアウー

 マンタイプ

との記載がありました。

やはり、男性により違いが出るんですね。

あと、理想の男性像の記事もありますので、

喪男さん方も、どうぞご参考にw

「いい男&女度チェック」もありますよ。

私は59点、「いい人どまり」でしたわ orz


ふたつめ。

これはもう、多くの人にぜひ見てほしい。


実録・イイ男が望む女性像!

http://allabout.co.jp/relationship/meeting/closeup/CU20040221B/?FM=cukj&GS=meeting

All About 2005/02/21)


客観的に見ても、

あ、確かにそうだねーと感じられる内容でした。

「職業」の違いでも「学歴」の違いでも

「家柄」の違いでもなく

根本的な「生きる姿勢の違い」(ポジティブさ)が

モテるかモテないかの違いだそうですw

これも、女性に限らず男性も、

そして恋愛に限らず対人関係においても

言えることでして、

会議の進行の仕方としても

よく挙げられる注意点だったと記憶しています。

なんで、私も気をつけないとなーと

前々から思っていたことなのですが。


で、この記事の中で、特に注目していただきたいのが、

この部分。


最初に「語尾を必ず肯定形で締めくくる」習慣を身につけましょう。

(語尾が常に否定的な女性は”ノーサンキュー”とのこと・・・)

実はこの「言葉のハッピーエンド」が、ほんの十秒後のムードを支配します。そしてその心地よい十秒が、「一生一緒にいたい!」という心地よさをつくります。

逆になんでもかんでも否定形で締めくくる女性はその後のほんの十秒間を支配できないのです。そしてその後の結婚もです。。

会話の語尾が否定的な表現の女性はモテナイ!

ネガティヴなその一言で、約十秒ほど、どよ〜んと空気が澱みます。

その十秒で「鼻につく女だな!」という気持ちにさせてしまい、恋人はおろか友人としても縁やらツキを毎回逃しているのです。

このようにちょっとした「NO」の表現方法の違いにより、一生が変わってくるのです。


まねっこして、強調しておきましょう。


『会話の語尾が否定的な表現の女性はモテナイ!』


だそうです(喜)

hitzooさん、上記質問の回答を読んでいるうちに、

この問題に興味が増幅されてきちゃっているそうなので、

きっとまた類似の「結婚できない女」関連質問を

なさるおつもりなのだろうと推察いたしますが、

もし今後、同様の質問をなさるのであれば、

コメントをお書きになる際の

ご参考にしていただければと思いました。

あ、そうそう、

そもそも質問の仕方自体が否定的、

とってもネガティブだって点も

何とかしていただけるとうれしいですね。


ああ、爽快な気分だw

この記事を書いたAll Aboutの記者さん、

ありがと〜!