Hatena::ブログ(Diary)

siroi_mogutanの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-07 まつもとゆきひろが語る「ビューティフルコード」×「プログラマ35歳 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

siroi_mogutan2009-02-07

2月7日(土)に、まつもとゆきひろが語る「ビューティフルコード」×「プログラマ35歳定年説」を開催しました。

パソナテックさんのイベントRBCの勉強会などと重なっていたにもかかわらず、50名を超える方に参加いただきました。お越しになった皆様、ありがとうございました。それも今回は、プログラマを対象としていましたが、見事に来場された方全員がソースコードを書いたことがあるプログラマの方々でした。なかなか全員というのはないので、これには結構びっくり。もしかして、ちょっとセグメントしすぎて、遠慮した人がいたかもと少し不安にもなるところはありました。

第1部は、「ビューティフルコード」。matzも初めて話す内容と言っていましたので、楽しみにしていましたが、やっぱり面白かったですね。「コードは製品でなく設計であって一品モノ、でも実用的であってナンボ」という話で始まり、ソースコードを読むことによる恩恵、ソースコードの持つアルゴリズムというパワーの美、ソースコードの持つ内面の美と外面の美の違いなど、美しいソースコードの考え方などをたっぷり1時間語っていただきました。最後に、そうはいっても、顧客もチームも会社もあるのでとビジネスの中で生きる職業プログラマという立場を前提としたしめくくりをいただいたのは、流石にmatzというところでしょうか。

参加いただだいたSlow DanceさんやTrinityT's LABOさんのブログにまとめていただいているので、詳細をお知りになりたい方はご参照ください。詳細なレポート、ありがとうございます。

ちなみに質問で出ていた、matzが今まで一番美しいと思ってソースコードは? の答えは、GNUEmacsということでした。いろんな意味でGNUEmacsを引き合いに出す人はいまだに多いですよね。

f:id:siroi_mogutan:20090208031832j:image

第2部は、ジェイブレインの修行憲一社長と私も参加したパネルディスカッションエンジニア35歳定年説を斬る」です。こちらは打ち合わせらしい打ち合わせをしていませんでしたので、どうなることかとは思いましたが、途中、やや混沌として時間を過ごしたものの時間内に着地することができました。ここでも「月曜9時にエンジニアが主人公のドラマをやりたい、それもキャストはキムタク深津絵里」という話をしましたが、これだけは結構うけました(かなり本気で会社設立時から社員採用時の最終面接では必ず話す内容です)

終了後のキャリアカウンセリングの時間を都合で削ってしまったのですが、3人くらいの方が、是非話をしたいとのことだったので、そのままオフィスで少々キャリアについてご相談もさせていただきました。終了後に自発的にお声をかけてくださる方が3人もいらしたのは、主催者としてはとてもうれしい気持ちでいっぱいでした。

f:id:siroi_mogutan:20090208031831j:image

そして、実は午前中は、Webエンジニア武勇伝Engineer25に続く新企画である「スーパーハッカー列伝」のインタビューということで、matzの人生を追いかけてみました。こちらは桜の咲くころには公開できるかと思います。matzのインタビューはあまたありますが、全体を網羅した内容のものはあまり見ないので、結構独自性が出せるかなとも思っております。お楽しみに!