Hatena::ブログ(Diary)

萌え理論ブログ

2006-06-23 リセット症候群

萌魔導士アキバトロン(23)

「夢の中での強さはイメージの強さで決まるんや」

もしかして絵理やLiloが無意味に襲ってきたのは、強いという先入観を植え付けるためかもしれないと思った。だがそれだと萌の戦闘能力が何に由来するか分からない。とにかく、何かが仕組まれてる気がする。

「ロンも夢の戦闘に参加するのか」

「察しがええな」

志朗は少し身構える。

「強くなるには幾つか方法があって、例えばここであんたをボコボコにする」

「……」

見た目に強そうに見えないが、今までの経緯から油断はできない。

「が、嫌われてしまうと夢から追い出されてしまう」

「なるほど」

「トラウマになる位まで嫌われれる手もあるけどな」

「勘弁」

人をなんだと思っているんだ。

「もう一つは、イメージの土台を強化する」

「どういうふうに?」

「ただ記憶が鮮明になるだけで強い」

「……だから俺がサーバ役なのか?」

「そうや」

彼には直観像資質があった。一度見たものを写真のように克明に記憶する能力。さすがに夢の中まで同じようにハイファイを保つことはできないが、普段は役に立っている。例えばテストは脳内カンニングといっていい状態だ。ただし、純粋に映像イメージを記憶してるだけであり、意味も理解できるとは限らないので、テストがいつも満点だというわけではない。現代文の読解とか数学の証明とか、単なる暗記だけでは通用しない場合があるだろう。

「でも、何のために戦っているのかがまだ分からない」

「そやな。それはおいおい……」

「そうか」

「今はとりあえずイメージ強化やな」

「もう見てると思うが」

彼女は首を振った。そして体操着の裾に手を掛けた。

「裸を見た方が効果的やから」


   (続)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sirouto2/20060623/p5

Connection: close