Hatena::ブログ(Diary)

萌え理論ブログ

2007-09-16 「School Days」

「School Days」最終回の放送自粛についてまじめに考える

「School Days」12話放送休止に関して

今週放送を予定しておりました「School Days」12話の放送は、現在、都合により放送を休止させて頂いております。

School Days:京都の父殺害事件で最終回の放送見送る 女子高生の暴力シーンを考慮−MSN毎日インタラクティブ

テレビ神奈川は18日、女子高校生による暴力シーンがあるアニメ「School Days」の最終回の放送を見送った。

  • 報道の自由
  • 表現の自由

前のエントリは戯画的・風刺的に書いたが、「ひぐらし解」もヤバそうな予感がするので、この種の自主規制について真面目に考えてみる。何かの事件に見た目が類似しているだけで、関連性があるかどうかもよく分からないまま、自粛して放送が中止になるのはおかしい。

今回の事件については未だ詳細が明らかになっていないが、百歩譲って、仮に虚構の作品を模倣して犯罪が起きたとしよう。しかし、それで自粛しないといけないなら、そもそも犯罪事件の報道をする時点で、影響を考え自粛するべきではないだろうか。

なぜなら虚構の作品だけでなく、事実の報道も模倣されうるからだ。殺人事件だけでなく例えば、「ピッキング」だとか「俺俺詐欺」なども、模倣犯を産む恐れがあるはずだ。しかしおそらく、それに対しては、「自己責任」だとか「報道の自由」がある、と言うだろう。だとすれば、「報道の自由」は「表現の自由」*1なのだから、ニュースは自粛しないがアニメの方は自粛する*2というのは、偏っているだろう。

要するに、ニュースなどに比べればアニメの歴史は浅く、元々は子供向けのメディアで、サブカルチャーの位置付けだから、社会的に肩身が狭いという話*3だろう。それはまあ分かる。しかし、さんざん叩かれて引っ込めるのではなく、その事前に空気を読んで引っ込めておくというのは、敗北ですらない逃走ではないだろうか。

School Days 第1巻 初回限定版 [DVD]

School Days 第1巻 初回限定版 [DVD]

関連記事

*1:憲法についてはここでは触れないが

*2:それにアニメでも、同種の表現がある「クレイモア」は放送されたから、これも基準が分からない

*3:ただし、活字でも差別表現関連などで規制が多いが

salvia_bluesalvia_blue 2007/09/20 11:55 「虚構作品が自ら自粛した事実」と「虚構作品は自粛すべきという空気」は関連性は深いですが,それらに対する批判はそれぞれ別のテーマに焦点を当てた批判だと思います。
「虚構作品」と「事実報道」で扱われ方が違うことに対する批判と「自粛」は「逃走」だとという批判はそれぞれに反論ありませんが,それらはどちらかがどちらかの説明の裏づけになる関係ではないと思います。
要は1(前のエントリ・・・),4段落と2,3段落目は話を同じくして論じれるものではなくみえました.

sirouto2sirouto2 2007/09/20 20:21 放送を自粛した事実がまずあり、その要因の自粛を求める空気は、本来は報道と表現の自由は並行しているのだから偏向しているだろうと。だから、アニメの立場が弱いのは分かるけど、逃走的に自粛するのではなくもうちょっと主張していこう、という話です。従って、それらは「放送自粛することの正当性を問う」とでもいうテーマの元に関連した話題なのです。

TobishimaTobishima 2007/09/22 13:29 最終回はDVDのみ、を大多数の人に納得させることのできる理由があるなら、それは倫理とか関係なく放送中止にするのは分かる気がする。「やったーDVD売れるゼー」というのが、不謹慎ながら現場の雰囲気ではないだろうか。
少女が斧ぶん回して血まみれになる、アイドルマスター ゼノグラシアは最終回じゃないから放送される。

sirouto2sirouto2 2007/09/22 20:07 スクイズであのね商法をやっても局側は得しないのでは。また、ひぐらしは最終回じゃないけど放送自粛になってしまいました。

TobishimaTobishima 2007/09/29 02:05 確かによく考えたら、局側はスポンサーに違約金を払わなくちゃいけないかもしれず、あんま賢くないですね。しかし、最終回を餌に原作ゲームを売ろうとしてくるとは予想だにしていませんでした。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。