Hatena::ブログ(Diary)

萌え理論ブログ

2008-01-11 はてな 本社 京都 移転

はてなの生命線は

Web立地

jkondoのヘタれっぷりに絶望した! - 文化レベルが高すぎます

Googleが勃興すればアメリカ、Wiiがヒットしたら京都ですかwwww

はてな本社の京都移転がはてブで話題になっています。しかし、Webサービスだから、オフィスの場所は致命的な問題ではないでしょう。もちろん、例えば出版社が東京に集まっているように、やはり何だかんだ有利だとは思いますが、東京にもデータセンターや営業所は残るわけです。

それよりも、Web上で良い場所を確保する方が重要だと思っています。はてなはWeb立地の良さが最大の武器です。はてなの主力はアクセスの半分を占めるダイアリーでしょうが、個々のダイアリー自体は広告がないので、その中でも実はキーワード*1が主力中の主力、中核*2でしょう。

「はてなの生命線は京都? いいえ、キーワードです」。

Googleで検索すると、Wikipediaの次にはてなキーワードが表示される状態をよく見かけますが、この二番手戦略は成功しているように思えます。検索の立地が良いので、広告やアフィリエイトを通じて収益化する。また、次に重要なのは、はてブでしょう。はてブも、ブックマーク元のページにくっついて表示されることが多いので、やはり二番手の良い立地にあります。

もし、順位が落ちて、検索した最初のページから次のページに移動してしまうと、それだけでアクセスが激減します。分かりやすくするためにだいぶ誇張した比喩を使うと、「もしキオスクが駅のホームから降りた、線路が敷いてある砂利の上に立地していたら、はたして売れるだろうか」という問題です。

だから、「京都移転が戦略的撤退かどうか」ということよりも、キーワードとブックマークという、はてなの二本の大黒柱が、検索で次のページに移転してしまったら、その方が死活問題です。アンテナと人力検索はその次くらいに重要でしょうが、はてブほど検索に依存していません。

京都移転というのは、「絶望にはちょうどいい目くらまし」で、それで騒いでいるうちは、本当の「さよなら絶望はてな」ではなく、まだ全然大丈夫だと思います。本当に深刻なのは、Web立地の移転だと思うんですよ。そして、はてな全体のアクセス(PV)が去年末から、相対的に低下している*3ようですが、被リンク等にも影響を及ぼしかねません*4

関連記事

*1:と「d.hatena.ne.jp/asin/」

*2:「d.hatena.ne.jp」にあることや、「Hatena::Diary::Keyword」という表記から見て、キーワードはダイアリーに含む区分になりそうだが、中核ではある

*3:Alexaによると

*4:むしろ既に影響しているからアクセスが落ちた、という逆の因果関係も考えられる

DocSeriDocSeri 2008/02/21 23:29 alexaの件は割合なので、実際のところ絶対数としての減少ではなく別に急成長している要素があるために圧迫されて見えるだけのようです。要素ってどうもYoutubeらしいんですが。
Alexaのデータは全世界的なものなので、実質国内にしか影響を持たないはてなではあんまり関係ないような気もします。てか割合じゃなくて実数で表示してくれるといいんですけどね。

sirouto2sirouto2 2008/02/21 23:55 確かに絶対数としては緩やかな右肩上がりですが、「相対的に低下している」ということですね。それと、国内ランキング(これも相対的評価ですが)も低下しています。以前は2ちゃんより多くて、かなり上位に位置していたように記憶しています。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sirouto2/20080111/p3