siuyeのメモ

2008-03-09 Science For All Americans 第9章 ”数学世界”

推論(続き)[9-35]

[9-35]

Very complex logical arguments can be built from a small number of logical steps, which hang on precise use of the basic terms "if," "and," "or," and "not." For example, medical diagnosis involves branching chains of logic such as "If the patient has disease X or disease Y and also has laboratory result B, but does not have a history of C, then he or she should get treatment D." Such logical problem solving may require expert knowledge of many relationships, access to much data to feed into the relationships, and skill in deducing branching chains of logical operations. Because computers can store and retrieve large numbers of relationships and data and can rapidly perform long series of logical steps, they are being used increasingly to help experts solve complex problems that would otherwise be very difficult or impossible to solve. Not all logical problems, however, can be solved by computers.

[9-35]

非常に複雑な論理的な議論も,ほんの数段階の論理ステップから成り立っていることがある.そのステップは,基本的な語「もしも」「かつ」「または」そして「でない」の正確な使用によっている.例えば医療診断は次のような論理条件分岐からなる:「患者に症状Xまたは症状Yがあり,また検査結果Bであるが,Cを履歴として持っていない場合,彼/彼女には処置Dを施すべきである.」そのような論理的問題を解くためには,多くの専門的な関連知識,関連する多くのデータへのアクセス,また論理演算の分岐における演繹技術が必要となる.コンピュータは非常にたくさんの関係やデータを格納,取得でき,また直ちに長い論理ステップを踏むことができるため,専門家が,コンピュータなしでは解くのが非常に難しい,もしくは不可能でさえあるような複雑な問題を解くのをどんどん助けるようになりつつある.しかしながら,すべての論理的な問題がコンピュータを介して解くことができるわけではない.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/siuye/20080309/p1
最近書いたコメント
Connection: close