赤の女王とお茶を このページをアンテナに追加 RSSフィード

”All alive are fitting.” 「生きてりゃ適者です。」

2007-09-27

科学技術振興機構が廃止される?

2独法廃止・民営化3・統合方針11 行革相

政府は26日、独立行政法人(独法)を整理合理化する一環として、科学技術振興機構(所管・文部科学省)、労働政策研究・研修機構(厚生労働省)を廃止し、日本貿易保険(経済産業省)や造幣局(財務省)、国立印刷局(同)を民営化する検討に入った。

科学技術振興機構といえば、通称JST先日Cellの表紙を荒木絵で飾った研究成果ここからの資金でなされたものです。

どちらかといえば応用に目を向けた研究を管轄しており、運営と成果に関してはいろいろと議論のある機関ではありますが、いきなり廃止論が出るとは*1

しかも理由が

廃止対象とした2法人は、国からの財政支援が予算全体の9割を超えているにもかかわらず、給与水準国家公務員よりも高く「存続させる意味がない」(政府関係者)と指摘されていた。

???

給与水準? 意味?? この人何いってんの?

残念ながら日本では科学・学術関係に政治的な後ろ盾がありません。

政・官(・産)の意向が合致してしまうと、対抗する術を全く持たないのです。

話は変わりますが、こちらの調査では、

Osaka University in Japan recently surveyed 83 of its science and technology postdocs and found that more than 60% no longer wanted to be postdocs. More than 85% felt insecure about their careers.

阪大科学技術ポスドクの60%以上がもうポスドクをやりたくないと感じ、85%以上が将来に不安を抱いているということです。

この体たらく科学技術立国」を謳うとは、まさにへそで茶が沸くとしかいいようがありませんな。

詳細はまだ分かりませんが、科学関係者は動向を要チェックです*2

*1:造幣局の民営化とか、突っ込みどころは多いですが。

*2:とはいえ、上記のようにほとんど無力ですが。

demiandemian 2007/09/27 20:49 これは某匿名掲示板でいうところの「日本オワタ」のような気が(冷汗

sivadsivad 2007/09/27 22:10 まあまだ産経だけのようなのでなんともいえませんが、公務員叩きの文脈で簡単にこういうことをしてしまうなら、明らかにオワタでしょうね。。

OO 2007/10/01 19:19 ニュースソースを読んで自分が理解した範囲では「本来は国(公務員)から独立行政法人に委託して安くするべき業務なのに、人件費に限って言えば安くなっていない。また既に改善可能であるかどうかの打診をしたときにも充分な改善を示さなかったので解体する」と読み取れたのですが、この記事からでは「解体」=「補助金の廃止」とは読み取れませんでした。解体がすなわち補助金の廃止につながる、もしくは同様の事態になるといったソースをどなたかご存知ではありませんか?

※)改善可能か?との打診は、このタイミングでしていると読み取りましたが・・。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/82905/

※)僕は国の中の人ではないので好意的に取る必要も無いですが、補助金の給付に関する審査や管理などは公務員でやったほうが天下りの温床(ここもそうなの?組織図を見ても部長職クラスのプロフィールまでは載っていなかったのでそこまで追っかけては調べなかったのですが・・・)である独立行政法人に任せるより安いなら、いっそ公務員でやればいい、程度の話ではないかと。

sivadsivad 2007/10/02 15:50 どもです。マイルドに解釈すればそういうことだと思います。補助金も多分ゼロになることはないと思いますが、なんというかそもそもの目的である科学技術に対する成果の検討がろくになされないのに安易に効率化〜とやってしまう軽薄さがアレといいますか。引継ぎだなんだでまた混乱するでしょうし。

OO 2007/10/02 16:34 sivad さんこんにちは。

日本は国益としての技術について全くの無策ですよね。ちょっと思いつくだけでも

・OSの自国生産の失敗(TRONはある意味成功していますが、デスクトップOSとの切り口では「失敗」したと認識しています)
・貿易摩擦に名を借りた自動車の生産技術流出(例えが古いか (^_^; )
・国防に名を借りたアメリカへの先端技術流出&民間への技術転用阻害
・液晶・メモリー・CPUの世界的競争力強化の失敗
・現在進行中の国産検索エンジン(やる前から失敗する要素が多すぎ)
・技術者への報酬の低さ(青色ダイオードの判決等)
・オフショアの名前を借りた国を挙げての技術流出
・団塊の世代が現時点で海外に行って技術指導してしまっている技術流出問題(まだ世の中的には問題として認識されていないかも。個人レベルでは悪いことではない(団塊の世代の生きがい)けど、国としては激しく問題。かつて韓国のメーカーなどは日本の若い技術者を金で大量に買って技術を習得しましたが、今度の方が根が深いと思います。自発的に行っちゃってるから。)

などが(ちょっと偏った知識で恐縮ですが)思いつきます。これらの問題は国が主導的立場で何らかの対応をすれば全て防げる(防げた)事象だったと考えています。

この上更に基礎研究に関わる機関が無くなるのであれば物作りは「現時点で最大のもうけの出る」タイプの、株式会社の行う株主からの要望だけで左右されるな研究しかできなくなるでしょう。

今回の科学技術振興機構解体が日本が突き進んでいる科学技術立国日本の終焉へ向けた更なる加速につながらないといいのですが。(もちろん、高賃金を是正する必要はあるのでしょう。是正した上で存続、更に拡張をしてもらいたいものです。日々報道される役所の不正で失われていく税金の額に比べたら、補助金なんてほんのチョットの額なのですから。)

OO 2007/10/02 16:37 うわ、脱字発見。

誤)左右されるな研究
正)左右されるような研究

申し訳ありません。