Hatena::ブログ(Diary)

日本フランス語フランス文学会 関西支部

2011-11-12

2011年度日本フランス語フランス文学会関西支部研究大会

| 11:10

2011年11月12日(土)

大阪市立大学

プログラムはこちらからダウンロードできます。

2010-12-04

2010年度日本フランス語フランス文学会 関西支部大会(奈良女子大学)

| 00:57

印刷用PDF

日時:2010年12月4日(土)12:30より

会場:奈良女子大学 記念館(重要文化財)

  大会本部 奈良女子大学文学部言語文化学科高岡研究室

  〒630-8506 奈良市北魚屋西町

  TEL: 0742-20-3294

  e-mail : naotakaoka@cc.nara-wu.ac.jp

  アクセス・地図はこちら

会費:大会費 1,000円

   懇親会費 6,000円(学生・発表者は4,000円)

✣当日、実行委員選挙の第二次投票をお願いいたします。

✣賛助会員展示会場および一般控室は、総合研究棟(文学系N棟)1階N101講義室です。

✣役員および司会者の控室は、総合研究棟(文学系S棟)2階S228講義室です。

✣編集委員控室は、総合研究棟(文学系S棟)1階S124講義室です。

事務の都合上、同封の振込用紙にて送金を11月25日(木)までにお願いします。大会費振込みをもって出席通知とさせていただきます(振込み手数料は開催校が負担いたします)。


プログラム

♦ 受付 12:30〜16:00 記念館1階 エントランス

♦ 合同役員会 10:00〜12:00 総合研究棟(文学系S棟)2階S227講義室

♦ 開会式 13:00〜13:20 記念館2階 講堂

  司会:高岡尚子(奈良女子大学

  開会の辞:小山俊輔(奈良女子大学

  主催校挨拶:佐久間春夫(奈良女子大学副学長)

  支部長挨拶:三野博司(奈良女子大学

♦ 分科会 13:30〜15:30 総合研究棟(文学系N棟)2階N201・N202、3階N301講義室

♦ 総会 16:00〜17:00 記念館2階 講堂

  議長:村田京子(大阪府立大学

 議案1.報告(会務、代表幹事、会計、会計監査、各種委員会)

   2.役員選出

   3.審議事項

   4.次年度開催校について

   5.その他

♦ 閉会式 17:00〜17:10 記念館2階 講堂

  閉会の辞:高岡尚子(奈良女子大学

♦ 演奏会 17:20〜17:50 記念館講堂で、奈良女子大学所蔵「100年ピアノ」の演奏会を行います。

♦ 懇親会 18:00〜20:00 総合研究棟(文学系S棟)1階 ラウンジ


2010年度日本フランス語フランス文学会関西支部大会研究発表会

13:30〜15:30

第一分科会 総合研究棟(文学系N棟)2階N201講義室                     

司会:岩根久(大阪大学)

1.待ち望まれた子供 ― 十二、三世紀のレから ―

関西外国語大学(准教授) 傳田 久仁子

2.宗教改革におけるジャン・カルヴァンとヴァルド派の関連性について

大阪市立大学(博士課程) 有田 豊


司会:松村博史(近畿大学)

3.ディドロの美術批評『サロン』とプッサン絵画

大阪大学(博士課程) 安部 朋子

4.スタンダールの初期小説における絵画的要素をめぐって

神戸大学(博士課程修了) 小林 亜美


第二分科会 総合研究棟(文学系N棟)2階N202講義室                     

司会:小山俊輔(奈良女子大学

1.ランボー「母音」における色彩表現 ― 錯乱の中の秩序 ―

関西大学(博士課程) 田島 義士

2.ランボーによる書き換えの意図 ―「錯乱II‐言葉の錬金術」に引用された韻文詩をめぐって ―

大阪大学(博士課程) 山本 健二


司会:吉川佳英子(京都造形芸術大学)

3.プルーストにおけるニーチェ ―「友情」のテーマをめぐって ―

奈良教育大学(非常勤講師) 浅井 直子

4.『失われた時を求めて』におけるサン=シモンの『回想録』への言及の構造

京都大学(博士課程) 池田 潤


第三分科会 総合研究棟(文学系N棟)3階N301講義室                               

司会:米谷巍洋(近畿大学

1.シモーヌ・ヴェイユの集団(collectivité)について

奈良女子大学(博士課程) 杉本 京子

2.ロブ=グリエにおける偽装という戦略

立命館高等学校(非常勤講師) 的場 寿光


司会:木下誠(兵庫県立大学)

3.カニバリズムとアプロプリエーション ― セガレン『記憶なき民』を手がかりとして ―

関西大学(博士課程) 郄岸 敦夫

4.エメ・セゼール『帰郷ノート』― 世界との接続の試み ―

関西学院大学(非常勤講師) 小松 正道

2010-11-04

2010年度日本フランス語フランス文学会 関西支部大会(奈良女子大学)

| 00:57

印刷用PDF

日時:2010年12月4日(土)12:30より

会場:奈良女子大学 記念館(重要文化財)

  大会本部 奈良女子大学文学部言語文化学科高岡研究室

  〒630-8506 奈良市北魚屋西町

  ? : 0742-20-3294

  e-mail : naotakaoka@cc.nara-wu.ac.jp

  アクセス・地図はこちら

会費:大会費 1,000円

   懇親会費 6,000円(学生・発表者は4,000円)

✣当日、実行委員選挙の第二次投票をお願いいたします。

✣賛助会員展示会場および一般控室は、総合研究棟(文学系N棟)1階N101講義室です。

✣役員および司会者の控室は、総合研究棟(文学系S棟)2階S228講義室です。

✣編集委員控室は、総合研究棟(文学系S棟)1階S124講義室です。

事務の都合上、同封の振込用紙にて送金を11月25日(木)までにお願いします。大会費振込みをもって出席通知とさせていただきます(振込み手数料は開催校が負担いたします)。


プログラム

♦ 受付 12:30〜16:00 記念館1階 エントランス

♦ 合同役員会 10:00〜12:00 総合研究棟(文学系S棟)2階S227講義室

♦ 開会式 13:00〜13:20 記念館2階 講堂

  司会:高岡尚子(奈良女子大学

  開会の辞:小山俊輔(奈良女子大学

  主催校挨拶:佐久間春夫(奈良女子大学副学長)

  支部長挨拶:三野博司(奈良女子大学

♦ 分科会 13:30〜15:30 総合研究棟(文学系N棟)2階N201・N202、3階N301講義室

♦ 総会 16:00〜17:00 記念館2階 講堂

  議長:村田京子(大阪府立大学

 議案1.報告(会務、代表幹事、会計、会計監査、各種委員会)

   2.役員選出

   3.審議事項

   4.次年度開催校について

   5.その他

♦ 閉会式 17:00〜17:10 記念館2階 講堂

  閉会の辞:高岡尚子(奈良女子大学

♦ 演奏会 17:20〜17:50 記念館講堂で、奈良女子大学所蔵「100年ピアノ」の演奏会を行います。

♦ 懇親会 18:00〜20:00 総合研究棟(文学系S棟)1階 ラウンジ


2010年度日本フランス語フランス文学会関西支部大会研究発表会

13:30〜15:30

第一分科会 総合研究棟(文学系N棟)2階N201講義室                     

司会:岩根久(大阪大学)

1.待ち望まれた子供 ― 十二、三世紀のレから ―

関西外国語大学(准教授) 傳田 久仁子

2.宗教改革におけるジャン・カルヴァンとヴァルド派の関連性について

大阪市立大学(博士課程) 有田 豊

司会:松村博史(近畿大学)

3.ディドロの美術批評『サロン』とプッサン絵画

大阪大学(博士課程) 安部 朋子

4.スタンダールの初期小説における絵画的要素をめぐって

神戸大学(博士課程修了) 小林 亜美

第二分科会 総合研究棟(文学系N棟)2階N202講義室                     

司会:小山俊輔(奈良女子大学

1.ランボー「母音」における色彩表現 ― 錯乱の中の秩序 ―

関西大学(博士課程) 田島 義士

2.ランボーによる書き換えの意図 ―「錯乱II‐言葉の錬金術」に引用された韻文詩をめぐって ―

大阪大学(博士課程) 山本 健二

司会:吉川佳英子(京都造形芸術大学)

3.プルーストにおけるニーチェ ―「友情」のテーマをめぐって ―

奈良教育大学(非常勤講師) 浅井 直子

4.『失われた時を求めて』におけるサン=シモンの『回想録』への言及の構造

京都大学(博士課程) 池田 潤

第三分科会 総合研究棟(文学系N棟)3階N301講義室                               

司会:米谷巍洋(近畿大学

1.シモーヌ・ヴェイユの集団(collectivité)について

奈良女子大学(博士課程) 杉本 京子

2.ロブ=グリエにおける偽装という戦略

立命館高等学校(非常勤講師) 的場 寿光

司会:木下誠(兵庫県立大学)

3.カニバリズムとアプロプリエーション ― セガレン『記憶なき民』を手がかりとして ―

関西大学(博士課程) 郄岸 敦夫

4.エメ・セゼール『帰郷ノート』― 世界との接続の試み ―

関西学院大学(非常勤講師) 小松 正道

2009-12-20

ニュース133号

| 14:26

1)2009年度関西支部大会は、11月28日(土)、聖トマス大学において開催の予定。発表者は11名。

2)本年度支部実行委員会は、6月13日、9月26日、10月24日、11月21日(予定)の4回開催。

3)2009年10月24日現在の会員数は、345名。

(支部長 三野博司)

2009-11-28

2009年度日本フランス語フランス文学会 関西支部大会(聖トマス大学)

| 12:09

印刷用PDF

日時:2009年11月28日(土)12:30より

会場:聖トマス大学 1号館

   大会本部 聖トマス大学武田研究室

   〒661-8530 尼崎市若王寺 2−18−1 TEL 06-6491-5000

   地図 http://www.st.thomas.ac.jp/other/access.html

会費:大会費1000円

   懇親会費6000円(学生・発表者は4000円)


✣当日、実行委員選挙の第二次投票をお願いいたします。

✣一般控室は、1号館214号室

✣役員控室は、サピエンチアタワー9階

✣編集委員控室は、サピエンチアタワー7階 第1演習室

事務の都合上、同封の振込用紙にて送金を11月19日(木)までにお願いします。大会費振込みをもって出席通知とさせていただきます(振込み手数料は開催校が負担いたします)。



プログラム

受付12:30〜16:001号館2階エレベーター前ロビー(建物中央)
合同役員会10:00〜12:00サピエンチアタワー9階
開 会 式13:00〜13:202号館 2階中講義室
司会 聖トマス大学  武 田 裕 紀
開会の辞聖トマス大学     武 田 裕 紀
主催校挨拶聖トマス大学多文化交流センター長   山 根 キャサリン
支部長挨拶奈良女子大学     三 野 博 司
分 科 会13:30〜15:301号館2階219号室、3階309、316号室
総   会16:00〜17:002号館2階 中講義室
議長京都大学    田 口 紀 子
議案1.報告(会務、代表幹事、会計、会計監査、各種委員会)
2.役員選出
3.審議事項
4.次年度開催校について
5.その他
閉 会 式17:00〜17:102号館2階 中講義室
閉会の辞聖トマス大学    武 田 裕 紀
懇 親 会18:00〜20:00コロクトーリウム・サピエンチエ(聖トマス大学キャンパス内)


2009年度日本フランス語フランス文学会関西支部大会研究発表会

13:30〜15:30

第一分科会 1号館2階 219号室                           

司会 関西大学      大久保 朝 憲

1.avec Nのavecと名詞の共起について

     関西学院大学(博士課程) 西 井 研 二

2.評価を下す発話における量から質へのメトニミー現象― 発話者の理想という観点から ―

     大阪大学(博士課程) 濱 上 桂 菜


司会 京都大学   増 田   眞

3.ディドロの絵画批評『サロン』における「ジャンル画」への視線― « illusion »「錯覚/幻想」の語の使用についての一考察 ― 

     大阪大学(博士課程) 安 部 朋 子

司会 関西学院大学   山 上 浩 嗣

4.シモーヌ・ヴェイユの「待つこと」について

     大阪大学(博士課程) 田 中 由里子


第二分科会 1号館3階 316号室                             

司会 立命館大学  下 川   茂

1.スタンダールにおける「鏡の美学」と語りの技法―『バイアーノの修道院』著者考証III ―

     神戸大学(非常勤講師) 山 本 明 美

2.エクトール・マロ『家なき子』『家なき娘』における児童教育について

     京都大学(博士課程) 渡 辺 貴規子


司会 大阪大学  北 村   卓

3.ランボーの色彩表現 ― 高踏派との比較を通して ―

     関西大学(博士課程) 田 島 義 士

4.アンドレ・ブルトンにおけるユイスマンスの位置 ― ブルトンの美学と文学批評の関係をめぐって ―

     大阪大学(非常勤講師) 有 馬 麻理亜


第三分科会 1号館3階 309号室                                    

司会 大阪大学  和 田 章 男

1.プルーストの初期作品における部屋  ― 「孤独の部屋」 ―

     京都大学(博士課程) 平 光 文 乃

2.第一次世界大戦戦争小説における口語・俗語文体

     京都大学(助教) 久 保 昭 博

3.アンドレ・マルロー『王道』における輪と存在

     大阪大学(博士課程) 井 上 俊 博