Hatena::ブログ(Diary)

2011-10-20

人を動かす

 

 「自分はこのコミュニティで人の動かし方を学んだ云々…」みたいなことを、当該コミュニティの人達が閲覧しているSNS上の日記なんかに平気で書いたりする人って、正直なかなかトチ狂ってると思う。

 ちょっと相手の立場に立って考えられる人なら、「俺が君らを動かしたんだぜ」なんて、まるでモノを扱ってきたかのような横柄極まりない表現は、とても使えない。「動かす」って言葉は簡単で便利だから、自分の頭の中で便宜的に使うことはあっても、大好きな仲間に伝える言葉として使うなんて、とんでもないと思う。

 こういう人達って、周りの人達を愛する気持ちとか、夢や理想のために頑張ってるんじゃなくて、なんとなく「仕事ができる人間だと皆から思われたい」という気持ちばかりを歪に膨らませて、日々「タスク」をこなしているんだろうなぁと、どうしても思ってしまう。

 

2011-10-11

頭のハチがはりすぎ

 

 

 

無性にクルージングがしたい。

  

 

 

 

 

最近、少し気の狂ったヤンキーみたいなのにすごく憧れています。ヤンキーというかストリートギャング、みたいな感じかな。今夜も池袋ウエストゲートパークのDVDを見て煮え立ったトマトカレーみたいにワナワナ興奮する予定。早くパツキンにしてぇ。

  

 

 

 

 

自分のお勧めの品を「貸そうか!」と言って躊躇わずに他人にススめられる人を尊敬します。相手が本音では「いらん」と思ってたらどうしようとか考えて僕は逡巡してしまう。

 

 

 

 

 

自慢できることは、虫歯になったことがないことと、視力が良いことです。

 

 

 

 

 

焼き鳥に例えるとたけのこの里がタレできのこの山が塩なんだと思います。

 

 

 

 

 

「あのふたりはほんとに見てて微笑ましいしベストカップルだね」とか、外野は好き勝手言うけどれど、本当は当事者たちは色々なことを経てきているし、今だって問題を抱えているかもしれない。どんな恋人同士にもきっと色々あるんだ。

 

 

 

 

 

いつもなら無視しちゃいそうな信号も「今日は待ってみるか」って思えたときの、余裕ある心の状態が好き。

 

 

 

 

 

なんかわからんけど僕の家の台所の排水溝の中に絶対「ワキガ多汗症は俺にまかせろ!」のおじさんが住んでると思う。日々そんな感じのにおい。

 

 

 

 

 

高校生は「そくばく」って言いたがり。

 

 

 

 

 

すぐ派閥を作ろうとする人ってほんとに「向き合う」のが恐いんだと思う。相手とも自分とも。

 

 

 

 

 

煙草を吸う人が嫌いなわけではないけど、目の前でプハプハやられながら「俺ぜったい肺真っ黒やわ!ぎゃははは!」とか言われたら何となく今すぐそこで死んでほしい。

 

 

 

 

  

いっぱい笑いを取れたらそれだけたくさんの笑顔を見られるんです。

 

 

 

 

 

服屋の店員さんとコミュニケーションしてるときに「ズボン」という表現を使うとナメられそうな気がするしかと言って「パンツ」とか言うのもキザで柄じゃないから嫌だ。

 

 

 

 

 

悲しくて切なくて苦しくて好きで好きでたまらなくてどうしようもなく辛い気持ちを抱えるのも、鉄の心になって何も感じない、人間とサイボーグのキメラみたいな状態よりずっといいよ。味わい尽くしてまた1つジューシーな内面を養おう。 

 

 

 

 

 

他人の家のパソコンの検索ワード履歴を勝手に見るのだけはほんとにやめるべきだと思う。というかやめて。

 

 

 

 

 

たいせつな人の怒り悲しみ憎しみ不安をほんの少しでも共有したい。そしてたまに僕の分も共有してほしい。そんな風に暮らしていきたい。

 

 

 

 

 

ティッシュペーパーとトイレットペーパーを一度に買うとそれだけで買い物カゴがいっぱいになるネ!☆

   

2011-10-02

東京

 

 明日の内定式に出席するために、今夜から夜行バスで東京に行ってきます。

 東京という場所は関西在住の僕にはよく分からないですがすごく怖い所みたいです。アカサカサカスとかいう化け物もいるらしいです。果たして無事帰って来れるのか不安でしかたない。

 とりあえず今夜は心行くまでリクライニングできることだけを祈りつつ、行ってきます。

 

2011-10-01

10月

 

 またも1週間くらい更新をさぼっているうちに10月になっていました。

 

 この1週間はと言うと、地元に帰って3年ぶりに高校の時の先輩に会っていたり、滋賀の山奥にキャンプに行って尻の穴に詰めても痛くないくらいかわいいタヌキに遭遇し胸キュンしていたり、留学から1年ぶりに帰ってきた友人を迎えようと男5人でお帰りパーティーを開いたにも関わらずパーティー中終始留学についての話題に一切触れず皆無心になってボイルされたシャウエッセンを食べて食欲を満たした後に性欲にまつわる話を繰り広げ宴もたけなわになった頃に『呪いのビデオ』と『働くおっさん劇場』をレンタルしてきてダラダラ視聴していたら留学から帰ってきた友人が真っ先に寝て睡眠欲を満たし始め極めて発散的にパーティーが終了するなどといったエレガントライフを送っていました。

 10月になったということでそろそろ小説の執筆活動を始めようと思います(この一文すごくおかしい)。

 大学生活もあと半年、みんな遊んでね!


 最近よく使ってしまうフレーズは「ルサンチマンを込めて」です。

 

2011-09-24

ごっちゃ

 

 「エスカレーター」と「エレベーター」がゴッチャにならなくなったのはいつからだろう。

 こんな僕でも成長している。