カノキシヘ

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 07 |
2009 | 01 | 03 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 03 |
2012 | 08 |

2004-10-31-Sun ビアンコ

免許更新行かなきゃ

最近時間の使い方が下手でなんか空疎ですよ(ぷ

そういえば、最近乙一を二冊読み終えましたよ。


今週はもっとがんがろう。

そういえば土曜日はなんか自転車に乗ったしょうがくせい女児を見かけました。

サドルが高すぎたらしくふらふらしてました。

あとミニスカートでした。

なんかサドル付近に白いものが見え隠れしてた気がするけどなんだかよくわかりません。

見え隠れっていうか、モロな気がしたけど、それがなんなのかはいまいちよくわかりません。

なんかその白いものにキャラクターっぽい柄すら見えた気がしましたけど、なんだかよくわかりません。

それをついうっかり(? なぜ僕はそんな表現を?)それを見てしまったことで生きる希望をちょっぴちもらった気がするのですけれど、それがなぜなのか僕には皆目見当もつきません。

本当、世の中はわからないことだらけでいっぱいです。

もう厚着の季節になってくる季節なのにこんなことめったにありませんよね。

厚着になってくるからなんだというんだ? 滅多にないってなにが?

ぼくは自分のことすらよくわかりません。

でもわかったからって幸せになるわけではないのでいいと思います。

ひゃあ哲学的でカッコイイ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041031

2004-10-25-Mon

労働基準法とぼく

なんか24日の朝八時から朝四時まで働いたような気がします。

あれ? 時間が戻ってるよ? おかしいな。

よくわからないですが、なんか酷く疲れた気がするデスよ。

あれ? 今日は24日じゃないの?

ぼくよくわからないよ。

今日は12時に出勤だけど、なんかついさっきまで働いていたような気分でしたよ。

よくわからないですが。


キュアキュアしたいのに休日出勤はイヤ。

でも今日は月曜。よくわからない。


それよりもはやく風邪を治したい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041025

2004-10-23-Sat こんにちは、ぼく

今日はデス種デスね

ビデヲ予約してお出かけです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041023

2004-10-22-Fri さようなら、ぼくのなにか

まあいいんですけれどね

明日はミルクホール行くし。

あ、そうだー、忘れてた。中村一義のハニコム・ウェアまだ買ってないや。買わなきゃ。もうそろそろ音楽業界も盛り返してくるだろうかね。

ビョーク姉さんも良かったし、中村も久々にいいし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041022

2004-10-21-Thu いまさらながら

マリみて 特別でないただの一日

発売割とすぐに読んで、しかし感想を書こう書こうと思って書いてませんでした。

とりあえず「お姉さまぁ……」をやってくれたのは素晴らしい。しかし、そのページの隣の挿絵は……いや、その「お姉さまぁ」の絵を書いてくれたのは嬉しいのだけど、きっと編集者の無理な要請からなんだろうなあ、祐麒も書いてくれという、そのせいで脈絡のない構図になってるよね。とりかえばやという脈絡はあるけどさ……。

瞳子のあの……祐巳好きっぷりは、もう本当素晴らしいですよね。

「……またそういう無防備な顔をする」

って。もう本当瞳子ったらいやらしい!!

可南子の父親もいやらしいしね。自分の娘と同じような年頃の娘とセックルですか。

体育会系セックルですよ。いやらしいですよね。

関係ないけどノゲイラセックルって、ものすごくネチッこそうですよね。見てみたい(ぷ

あと久々の聖蓉コンビですね。

蔦子さんも業の深さを出してていいですし。

乃梨子の「フランクフルトごちそうさまでした」はメタファーですか(お

しかし、可南子話は……というか可南子話含めこの巻、ひいてはマリみて全体のはなしになるんですが……それはなんかカノキシっぽくないハナシになるのでとりあえず留保。日を改めてか、あるいは別の場所で。

北海道は秋もすっかり深まって

もう冬の気配が漂ってさえ来そうな雰囲気なんですけれども、昼間はそれなりにあったかかったりもするわけで、というかそれとはあんまり関係ないかもしれないんですけれど、今日はニーソ小学生女児を見かけまして、なんかこう心が温まりますよね。ニーソはとてもいいです。ニーソ。本当ニーソ。生ニーソですよ。

レースついたのとかガーターベルトって良くないですよね。あーいうのは良くありません。いえ、いいんですけれど。

なんていうかガーターとかって「ウチの白雪はそんな淫乱なんかじゃない!」って言いたくもなりますよ。だって白雪は僕のかわいい妹な訳で、そんな年端もいかぬ娘が淫乱な分けないじゃないですか。しかも僕の妹だというのに。でも白雪は肉付きがいいからぱっつんぱっつんですよね。ニーソ引っ張って「パチン!」ってやりたいですよね。「いやんにいさま。やめてくださいですの」って。かわいいと虐めたくなるじゃないですか。イジメカッコ悪い! ゾノ! ゾノ!

なんか色々脱線しましたが……。(僕の人生は脱線してないからな! ていうかもともとレールなんてねえんだよ!)

要は、ニーソ二次元だろうが三次元だろうが脳内だろうがいいってことですよ!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041021

2004-10-19-Tue 甥のほっぺた分が不足してきた

ジャンプ47号

NARUTO:いいハナシだ……。シカマルカコイイ

BLEACH:本当は一護が強くなるプロセスを見せて欲しかったのだが、多分次週以降でプロセスが読者にも伝わるような書き方をしつつの戦いが展開されるんであろうことを期待。

ONE PIECE少年誌的な落ちはある程度数パターン見えてるし、外れることはないだろうけど、その間をうまく書ききって欲しいね。尾田センセひゃその力量があると信じてるよ。

DEATH NOTE:うぉう、そうきたかぁー、という展開。いつもながら素晴らしい。いつもよりは小ネタ感は漂うけど。ミサミサオーバーニーソ。胸んところが開いてるとか言ってるやつは堕落してるよ!

アイシールド21:いつもながらいいねー。

テニプリ:不二先輩カコイイ。今度のイベントでは橘×不二本が出ますか(お

いちご100%:はやく……はやくセックスを!! もう本当に!!

武装錬金水着サイコー

Waqwaq:今の眠い頭ではコメント不可。やっぱ藤崎のマンガは好きだ。

HUNTERxHUNTER:1コマだけ綺麗だったね。

ジャガーさん:ねえし。

SBR:まだ読んでない。後日改めて。

総評:ボーンもミスフルも読んでますよ。こち亀も。

    ジャンプも結構復活の兆しが見えてきだデスね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041019

2004-10-17-Sun 消費した日曜

プリキュア36話

ザケンナー……

ほのかとなぎさ、二人で休日に宿題。それだけじゃないはずだ。

ポポ池澤はやっぱいらん。

このザケンナー達いいヤツじゃん……。あと許してやる三人達もそんなに悪い奴らじゃないよね。

でもぼくは番人萌えですからー! 残念!

は、いいとして、お前ら三人も探せよ……困るんじゃないのか?

じいさんの名前「ベルゼイ」ね。やっと憶えた。

爺さんカッコいい! 覚悟と気迫。

覚悟完了ですよ! 読んだことねえけど!

ところで、番人が結局持ち帰られたことについて、TV中の人たちはみんな思いっきしスルーですよね。忘れ去られてしまったのでしょうか……

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041017

2004-10-14-Thu

やっとブロードバンド復帰。

快適デス。

でも、更新はおざなり。

っていうか、最近ホント疲れやすい……。

どうしたことか。

大した残業でもないのに、ご飯食べて(食べないことも)ぐったりしているうちに寝落ち、翌朝。

風呂入ってない、急いでシャワー、ソッコー朝食、出勤。


もうイヤだあ。

なんだよこれ。こんな生活文化ねえじゃねえかよぅ。

でも、ガン種DESTINYは録った。

今度こそカガリとキラはセックスしなさい(お

白痴ピンク髪なんかいらねえよ(お


昨日はカガリと近親セックル

今日はアスランホモセックル

明日はフレイ様を思ってソロ活動


キラくんのそんな毎日がみたいデス。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041014

2004-10-11-Mon

ジャンプ46号

NARUTO:もうちょっと展開早くしないと連載終了までに話し終わらないよ。暁だってほとんど出て来ないし。

    大蛇丸の話だってまだまだ終わらないだろうし。あと何年続けるんですか。いえ、長く続いては欲しいんですけど、燃え尽きそうで……

BLEACH:いいですね。ノッてますね。

ONE PIECE:この調子で頑張ってください>作者

DEATH NOTEミサミサ出せ(連載自体ありません)

アイシールド21ミノタウロス あと王城のマネージャー

テニプリシャラポワ

いちご100%:はやくセックス! はやくセックス! はやくセックスしろ!!

武装錬金和月は偉い。

Waqwaqwaqwaqについては近いうちに詳述したいのう。

HxH:クオリティ落ちてる気がする。いやもはや作画の話ではなく。

ジャガーさん:もうハマーはこれで固定ですか……。

SBR:せめて前回連載終了時はここまでやって欲しかったな。この前はいつのまにか終わってて「え? どういう解決したっけ? してないよね?」とか云う感じだったし。

  それはともかく荒木先生はあいも変わらず素晴らしい。脚、どうするんだろ……。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041011

2004-10-10-Sun ジューダスプリーストとじゅうがつとおかは似てません(ぷ

プリキュア35話

いや、マジでOP前のところでビビッた。

コンテとか演出とかがいつもと違う。動いてるよ!

と思ったら、この作画の不安定具合……。

なぎさ、女子校だからってそんな無防備な体育座りはいけませんよ。

嘘だ。もっとやれ。

支倉は氏ね! 破廉恥な! 相手のことも考えず「クリ好き?」って! なにがクリだ! ナニが!

「明日栗拾いに行って、そこで断ればいいじゃない」って、血も涙もないほのかさんが好きです。

クリ

イガイガ

しかし……なぎさが泣いて縋るほどほのかさんはなぎさをてなづけているんですね。

日頃どんなことをしているんでしょうか……。

変装で登場した時のほのかさんの作画……どうにかならないものでしょうか。

そして、自分の感情をコントロールできないほのかさんは、もう……。

変身しやすくしてくれた彼はスタッフの味方です。

黒キュアは支倉くらい余裕で持てるのでは……。

今日はポポ池澤のイヤボ−ンなしにPMSのみで処理してしまった。

スタッフはこのことに付いてどう考えているのでしょうか。

黒キュアの姿が支倉の目に残ったことについて、今後の展開の可能性がなくもないですね。

あ……でも、過去に偽キュアの回がありましたね。ネタ振りにならないか。

ポポにおにぎりの中身をバラされている時のなぎさのアップは、少々胸が痛くなりました。作画が……。


ともあれ、なぎささん誕生日おめでとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041010

2004-10-03-Sun 今日のプリキュア

プリキュア34話

女子中等部体育祭ってすごくいやらしい響きデスよね。

ていうか、チキショウ! あの男子中学生どもめ! いやらしい目で女子中学生達を見やがって!!

なぎさ、先輩と腕を組んで! 自分から! それはいつも自分が弄ばれるばかりであるから、ほのかに対してたまには嫉妬させてやりたいという意思の表れですか!(脳内設定を世間のデフォルトのように言ってはいけません)

メポミポがほのかの靴箱に入っていたのはしょうがないのですか? むしろ気持ちよくなりますか?(ぷ

なぎさの靴箱のほうが気持ちよくなると考えたあなたは重症です。ぼくは違うよ(お

レギ姉はもっと萌え時間を長くするべきです。

しかし防火扉強いな・・・・・・

触手サービスですか? ていうかですよね・・・・・・。

リレーはなぎさが胸の差で負けるというオチではないのはどうしてですか?

あと、弁当のあとほのかを食うんだろう! ほのかが一番美味しいよ、って!! と我々が思うのはどうしてですか?

もちろん男子は不要です。


多少マジメなことを書くと、

最近のプリキュアでは戦闘シーンが以前にも増してぞんざいになってきている気がする。

それは一方では決して悪いことではない。

二人はプリキュアという番組に置ける、戦いの無意味さや無根拠さ(その経済的還元性)を見切り、学園生活などの描写に時間や力を注ぐのは僕としても歓迎できることだ。

しかしやはり一方で、敵方の動きに関する一貫性のあまりのなさにいささか呆れるところもないではない。いつの間に三人協力して戦うのではなく、ひとりひとり、しかもザケンナーを通じて戦うことになったのか。その説明もないし、それに至る必然性を描いた描写があった覚えもない。

戦闘シーンの縮小は結構だが、もうちょっと納得のいくものを作って欲しいのは、高望みなのかもしれないが本音だ。


そして本音を言えば、もっと百合百合しなさいよ。もっと、もっとだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20041003