カノキシヘ

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 07 |
2009 | 01 | 03 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 03 |
2012 | 08 |

2005-12-30-Fri 「生き延びるためのラカン」が終わった件について。

環センセが連載の存在を忘れてなかった、というだけでも半ば奇跡のように感じる連載でした。

しかし、将来的にはばっちり加筆しまくって出版してもらいたいものです。ぼくのような頭のよろしくない人のためにも。

でもムリそうだよねえ。

図は使わないといっていたけれど、やっぱシェーマLの解説もして欲しいし。以前シェーマLを見ながらうんうんうなってやっと「あぁなるほど」とか思ったものですが、やっぱ確信がないので解説が欲しいッスよ。頭のよろしくない人向けの。

みかにハラスメントを買った

みかにハラスメント (ガンガンコミックス)

みかにハラスメント (ガンガンコミックス)

いやあ、本当エロいですね。

少年誌の限界っていうか、コレ、限界超えてますよ。

もはや実用レベルでしょう。

ていうか、間違いなくコレで抜いてるヲタ大量にいますって。本当に。

いえ、ぼくは違いますよ? 本当に。

しかしまあ、少年誌だから乳首を描けない、ということを逆手に取り、ニップレスをつけることによって擬似的に乳首描写を果たす、というのはもうなんというか……嘆息と感涙ですよね。

犬の格好をさせて「チンチン」をさせたり!

園児服を無理矢理(!)着せたり! ぼくは赤ちゃんプレイには興味ないんですけれど、しかしこのオムツプレイロリッ娘のおっぱいを擬似的な授乳として口に含むのは!! もう、病める現代社会への挑戦ですよね。カッコいいですよ。

本当、なんでコレは続刊がないんでしょうか。連載再開するべきですよ! 正義のために!

少女コミックに負けてらんないですよ! なんだ、あのあばずれどもめ!

なにがウーマン・リブだ!! ふざけやがって! チクショウ!

ヲタク・リブですよ! 自由をぼくらの手に!!

I'm a OTAKU baby so why don't you kill me ?

これが私の御主人様4巻買った

本屋の娘さん激かわいい。

ちょ、マジ彼女にしたい。

いつもながら各サブタイといい作中に出てくる引用といいヒドくて素晴らしいですね。

制服とかが破られて、裾の位置=股の位置の制服しかない、の設定を引っ張るあたりとか素晴らしいデスよね。

ただ、苦言をつけるとすれば、みつきが最強キャラ過ぎるのが良くないですなあ。

あそこまで全能であっては作品が悪い意味で安定してしまう。

もっと、いずみが本当に義貴の言いなりになってしまうのではないかというようなハラハラが欲しいデスね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20051230

2005-12-29-Thu 今年ももうすぐ終わりですなあ

とりあえず札幌は雪降り過ぎデス。

積ん読ばっかり

年末はもっとヒマになると踏んでいたので本を沢山買っておいたのですが、全然読むヒマがないデス。

まあファウストvol.6は別に全部読むつもりは全然ないですけれども、他に読みかけ含めて読んでないのが10冊くらいあります。

あとロリマンガは実用書なのにまったく実用できてません。なんのために生きているんだ(ぷ

ああくそう、実際こうやって編集画面を前にしてるとキレがないなあ。今ねむい頭だし。

ふとした時にいいダメネタは思いつくんだけどなあ。

もういい、俺はペドだから寝る!(お

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20051229

2005-12-25-Sun 今日の深夜はデス種スペシャル

12月25日聖さま誕生日

マリみて新刊「未来の白地図」を昨日GETしたのですが仕事疲れでろくに読めず、今日も多分読みきれません、が、まあクリスマスまでに手に入れることができて良かったデスよ。

やっぱクリスマスにはマリみてデス。

ところで集英社はもうちょっと校正の質を上げましょうよ。質を上げるっていうか、下がりすぎデス。

まあむしろ面白かったですけど。

瞳子挿絵がでかでかと載ってる横のページで「盾ロール」と堂々と書いてあって、思わず爆笑してしまいましたよ。

友人のメールに拠れば、もう一コ盾ロールの誤植があるらしいので楽しみに読みます。

あと、聖さま誕生日おめでとう。

遅れてごめんなさい女王様

12月20日咲耶誕生日でした。

千影千影言っているぼくですが、2番目に好きな妹は咲耶なのデス。

年長組好きデス。

普段ロリを自称しているぼくなのですが、雛子亞里亞にはいかず千影咲耶に行ってしまいます。なぜでしょうか。

一応自己分析はしてそれらしい理由もあるのですが、書いても仕方ないしめんどいので書きません。が、要するに咲耶とセックスするのには他の妹ほど抵抗はないということデス。いえ、ウソ。ウソ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20051225

2005-12-20-Tue キリンジリンジ

キリンジの「Fine」をいまさら聴いているのですが、10曲目の「Drifter」という曲(名曲!)の中で「人形の家には人間は棲めない」という歌詞があるのですが、これはローゼンメイデンブームを予見した堀込・兄がヲタクどもに「夢見すぎんなよ、このゲーム脳どもが!」と警鐘を鳴らすために書いたと僕は考えています。深読みのしすぎでしょうか(お

ところで、金糸雀っていいですよね。

マスターのみっちゃんもいいキャラですが、やっぱ金糸雀ですよ。金糸雀

やっぱウチの娘に似ているっていう所が大きいですかね。それはもうしょうがない。

あとバカの子ですし。かわいいですよね、バカの子は。

でも「かしら」を語尾につけるのって、アレを想起させますよね。「かしらかしら御存知かしらー」を。しもくくもしもしくしくも!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20051220

2005-12-12-Mon Carol King Tapestry

キャロルキングのつづれおりというアルバムを借りてきてmp3で聴いております。

まだ、自分の中には定着しておりませんが、いいアルバムだということは間違いないデス。

まあコレを聴いて良くなかったら自分の耳と脳がおかしいのではないだろうかと疑ってしまうほど世評が良いものですから、安心しきって聴いておりますが、実際安心して聴けます。

とりあえず"So Far Away"が素晴らしいデス。泣けます。

あと、なんかアマゾンさんのレビューとかでは挙げられてませんが、アルバムタイトルにもなってる曲"Tapestry"が本当にすごくいい。メロディアレンジも何もかも素晴らしい。このTapestryに使われてる電子楽器はなに?! 本当にすごいんだけど。 このアナログシンセサイザーか何かは、もう絶対boards of canadaでも作れないようなヴァイヴの音色ですよ。

70年の音楽怖えーよ。

しかし本当、アレンジがいいですよ、このアルバムは。

いらない音がないデス。最近の音楽は音が多すぎますし。

昨日のプリキュアマックスハート

昨日のマクハはスゴかったデス。見捨てず見ててよかったと思いました。

凄かったといっても、主に作動画なんですけれどね。

なんてったって、川村敏江さんが作画監督だったのです。

戦闘シーンの作画も良かったし、グリグリ動いてたし、キャラの表情も豊かかつキレイで、戦も安定してて非常に良かったデス。

演出も良く感じましたし、そうなるとお話まで良く見えてくるものですから困ったものデス。

まあ、時期的にももうそろそろ話をまとめていかないといけない時期ですよね。

はたしてどうなるのでしょうか。

少しは大きいお友達も納得できるようなまとめ方をしていただけるといいのですが。

きづきあきらの本を2冊購入

ぺんぎん書房が倒産でしたっけ?

なんかとにかくなくなるそうで、SEED! comicsのきづきあきらさんの本も絶版になるわけで、金欠ながらも2冊ほど救出してまいりました。

きづきあきらさんは以前「モン・スール」という本をふと・・・・・・いやふとっていうかロリっぽい本だからw買ってみたんですけれど、「モン・スール」が予想外にいいマンガだったので、その時以来ファンになりまして。

なんでしょう、比古地朔弥の「神様ゆるして」と同様の(設定の問題ではなく)せつなさとかやるせなさとかやりきれなさとか現実感とか逃げられなさとかそういうのがあって、非常に良かったデス。

とで、「モン・スール」以降ずーっと気になってはいたんですが僕が貧乏な上にきづきさんの本は高かったので(そういえば竹熊健太郎さんのたけくまメモでも「A5は売れない」という話がありましたね。きづきさんの本はどれもA5なので)結局買ってなかったんですが、もう手に入らないとあっては買うほかないということで今回購入でございます。

ぼくのためのきみときみのためのぼく」と「氷が溶けて血に変わるまで」の二冊デス。

きづきさんは近親相姦ネタが好きですね。僕も好きデス。

きづきさんはノーマルではない性嗜好ネタが好きですね。僕も好きデス。

性と自分の関係にフレキシビリティがないお話……ようするに不器用な人たちのお話デスが、いいですね。

この手の話は一歩間違えればただのイタい境界例の話になりますから、そうならないのは作家が何かに、あるいは何かで踏みとどまることが出来てるからなんでしょうなあ。

あとはきづきあきらさんはアレです、とにかく絵がいい。

絵が最高。エロいしw(こうやって落とさないと気が休まらないヘタレ自分モエス)

2005-12-04-Sun あり おり はべり イマラチオ

僕ってフェラチオ画像が好きではないんです。

フェラ画像って結構多いじゃないですか。だから需要はあるってことなんですよねえ。フェラ画像が好きな人もいるわけでしょう。フェラ専門ビデオだってあるんでしょう。

でもフェラ画像って、映ってるのは男のチンポと、女性の頑張ってる顔だけじゃないですか。

チチも局部も映らないわけですよ。見たくもない男のチンポなんか見たくないわけですよ。

てか、ょぅι゙ょ殺人事件のせいでロリネタが書きづらいったらないんですよ!!

aneha SISTER TOOTH

僕は不謹慎ジョークが好きなんですが、2chの洋楽板にあるこのスレは出来がいいです。

姉歯氏こそ真のロック

http://music4.2ch.net/test/read.cgi/musice/1133131662/

12,42,43,54,57,65,72,73,88,126,135,158,159,224とか面白い。

翻訳調がうまいんだよね,洋楽板の人たちは。

しかし、現実としての設計偽装問題は実際に地震がおきて人死にが出たわけじゃないからまだこういうスレで遊ぶことが許される雰囲気があるけれど、実際にマンションを購入した人の立場からすればブチギレですよね。当たり前だけど。

地震が起こる前だったのは不幸中の幸いでした。

今日は紅茶屋さんに行ってきた

札幌では割と有名な部類に入る紅茶専門店に紅茶を飲みに行ってきたデス。

いや、本当おいしいですね、紅茶自身が。

専門店だから、ちゃんとティーポットで出てくるんですよ。だから2〜3杯飲めるんですけど、普通の喫茶店だったら、あるいはマ○ーリーフとかの紅茶専門店でも二杯目以降は結構渋みが強くなったりして飲みづらいんですが、今日行ったお店は二杯目以降もいやな渋みがなくすごく飲みやすくておいしくて、一杯目との違いを思う存分堪能してきました。

車で行くような距離にあるんですが、でも行ってみるとそんなに遠くないので今後はちょくちょく行きそう。

本当においしいですよ。やっぱ専門店なだけある。

本当においしい喫茶店って、店員さんもいいんデスよね。

ウチでもあんなにおいしい紅茶を入れられたらいいなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20051204