カノキシヘ

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 07 |
2009 | 01 | 03 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 03 |
2012 | 08 |

2010-11-16-Tue Mardock Scranble

マルドゥック・スクランブル圧縮を見た。

原作を読まずに行ったんですが、かえって良かったのかも、という気がした。

最近の僕は頭をつかうことができなくて、相方から借りた原作をほとんど読めずにいたのですが。先にビジュアルイメージをつかむことができて、原作を読むのに都合がいいと感じた。

映画の方は、相方がツイッターで書いているように出来のいいOVAといった感じでした。

トレーラーで見た映像エロを期待させたものですが(だって思春期女子全裸とか、フヒヒって観るでしょ?)さすがに文脈込みで見ると、あまりエロさは感じませんでしたね。

八嶋智人の演技も悪くなかったし、林原めぐみというキャスティングも、観る前は「今更林原さんに少女役かよ」と思っていたものの、さすがのものでした。

ただ、まだ原作をちゃんと読んでいない状態で言うのもなんなのですが、小説に宿る「深み」をアニメ表現できているかというと、そうではないんじゃないだろうかとも思いました。


まだ原作の方は三分の一程度しか読めてないのですが、久々に「小説」を読んでいるという感じがします。

マルドゥック・スクランブルを読む前に、脳を慣らすために

えむえむっ! (MF文庫J)

生徒会の一存―碧陽学園生徒会議事録〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)

を読んだのですが、やはり文章が違う。

マルドゥック・スクランブルの文章はエンタメに徹したラノベに比べると「意味」に満ちている。意味に満ちている、ってどういう事だろう? と自分なりに考えた結果、浮かんできたのは「解釈に開かれた言葉たちの連なり」という言葉

そもそも僕は小説を読むのが結構苦手だったりするのだが、それは「文章を解釈する」ということが僕にとっては高負荷な作業だからで、描かれている文章を解釈して真相を読み解くというのが疲れるからなのです。実に頭の悪い理由だ。別の見方をすれば、冲方丁の文章が解釈の向こう側をうまく提示して、読み飛ばせないような文章をしているから高負荷なのかもしれない。


原作小説の話になってしまった。

とりあえず映画のほうは作画も良く非常にストレスフリーな作りで、良かった。

逆に言えば、あまり「引っかかる」作りにはしていないというか、なっていなかった。目をみはるようなシーンはなかった。

そういう意味ではこの前見たREDLINEとは逆のアニメかもしれない。

制作GoHandsという僕の知らない会社で、そのことが不安も誘ったのだけれど(まあググッたけど。そこでサテライトから独立した会社だといことを知った)クオリティは高くて杞憂だったと言える。

うーん、内容≒物語の話にはあまりならないなぁ。ひとつには三部作の一番最初だからでもあるし、他には原作小説を読んでいないということでもある(自分が読み違えている可能性を、わざわざブログで表明することへの怖れ)。またセリフモノローグであまり表現していないことから、なかなか僕のようなボンクラは、間接的表現解釈することができずにいる、ということもある。

まあここは自己弁護的だが、第一部だから、物語については先送りということにしておこう。


とりあえずは、圧縮を見て、排気(第二部)を見に行かないことにしよう、とはまるで思わなかった、ということを結論として記しておくことで締めます。


次作観る前には、原作小説を読み終えていよう、と思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20101116

2010-11-05-Fri RED LINE

マルドゥック・スクランブル−圧縮−を観に行く前に書いておこう。

REDLINE相方と観に行きましたよ。

ツイッターの方にも書きましたが、最初スルーするつもりの映画でした。

だって主演のCVが木村拓哉と蒼井優ですよ?

オタクの悪い癖ですが、これは地雷だと見なします。

ええ、ジブリならまだしもです。

ところが小黒祐一郎さんのツイッターとかでREDLINEの絶賛ぶりを見て、ちょっと気になりはじめまして。ちょこちょこ情報を集めたりしていきます。

そうすると賛否両論

特に賛の方はテンションが高い。

で、結局相方を連れて見に行くことに。


観終わった。

賛の言いたいことも否の言いたいこともわかった。

少なくとも小黒祐一郎さん周辺が絶賛しているということは「作画アニメだな」と思って見に行ったわけですが、実際ものすごい作画アニメでした。

自分は作画オタと言えるほどの知識も見る目もありませんが、キュアサンシャインの変身バンクを見て、他人に見せられない笑顔で「作画ぱねぇ!www」とか言うくらいは普通オタクです。(「普通オタク」という言葉は、いつだって、迷子なんだよ! キラッ☆ミ)

いや、実に素晴らしいアニメーションでしたよ。

あまりに萌え一辺倒になった昨今に、こういったデザインキャラ作画が日本はまだやれる、というポテンシャルを示したのも良かった。

あとは脚本榎戸洋司櫻井圭記がいるというので、脚本的にもどんなことになっているのか、と期待したらこれはこれである意味とんでもないことに。

否定的意見をもつ人は物語や設定や構成に文句を云っている人が多かったのですが、僕もそういった意見共感できるところはあったりします。例えば、軍隊パートや政治パートなんて描かないで、その労力を全部レースにつぎ込めよ! とかいった批判ですね。確かにそれは思いました。が、一方で、あのレースシーンをアレ以上描くべきなのか、っていうか、確かに軍隊パートあんなに必要あったか? と思うけどレースシーンはレースシーンで結構お腹いっぱいなわけです。アレで満足。で、あのSF設定は必要だったわけ? って話になってくると思うんだけど。いや、確かに僕自身疑問は残るところはあるけど、あのポリティカルSFな部分も本当はもっと描けば面白くなる要素はあったと思うけど、今回の映画疾走感を大事にするならばそれは示唆に留めておくくらいがいいのだろうと思ったりするわけです。

だから……うーん……なんでしょうねえ。もっとふくらませることもできたし、もっとコンパクトにすることもできた。どっちにも言えるんですよね。そんで、じゃあもっと隙のない作品にすればよかったのか? という話になると、僕自身「うーん……」と考え込んでしまうほかない。

これが「ベスト」だったのか?

と、いうことをについてこの作品ほど単純に答えることが難しい作品もない。

傑作だった、すごかった、でも不満だった。

みたいな話かな。

メチャクチャ比較をするとすれば、俺は「エヴァ・破」の方が好きだ。

みたいな話にしかならないというかw


ああ、あと音楽は良かった。音楽はもっと大音量でかけてもいいと思ったくらい。

あと蒼井優の演技は普通に良かった。


見るべき価値のある作品だということはできる。

ただこれは劇場で見なきゃダメだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/skr-273no/20101105