uzmemo #blog RSSフィード

2010年02月02日

ソフトバンク2010年3月期 第3四半期 決算説明会で孫正義がソフトバンクの電波を良くすると公言(動画有り)

電波の悪いソフトバンク回線、iPhoneユーザーに朗報です。

今日決算発表があったようですが、動画にて全部を見ることができます。

前半では過去最高益を売りに説明をしていますが、「設備投資」についても触れています。

電波が悪いとして有名なソフトバンク回線ですが、Twitterでユーザーから文句言われたので、

頑張りますと説明をしています。その全容が以下文章にしてみました。

"新しいテクノロジー、新しい手法等を含めて真剣に・・・"とありますので、

どうやら無線LANとか増やしまくるのだろうか。

■公式

ご利用ありがとうございます。 | ソフトバンク

■Youtube(説明会の一部)

D

■孫正義が電波について言及

我々の設備投資ですけども、既に公表させていただいておりますペースで行っております。

最近、私ツイッターをはじめまして多くの皆様から叱咤激励をいただきました。

もっと電波繋がるようにして欲しい、多くの声を頂きました。

私はそれを真正面から受け止めまして、言い訳なしでがんばろうと、

やっぱりもっとしっかりとやらねばといけないということを

強い決意を致しました。

我々の役員会でもあるいは経営会議でも、真剣に、このことを議論して

今、最優先課題として、私自身、陣頭指揮をとりながら、

これからやっていくという状況であります。

したがいまして、2010年度は設備投資を積み増致します。

これまでのペースよりも積みまして、設備投資を行います。

金額的に言いますと、3千数百億円、の状況の規模になると思いますが

最終的な数字についてはは今、まさに計画値を色々と行っている

これはただの金額的な問題だけではなくて、新しいテクノロジー、新しい手法等を

含めて真剣に議論しておりますので、を我々の成果を是非これから見ていきたい

必ず行いたいと決意しております。

※一部正確に聞き取れてない可能性有

うん、もっとがんばってほしい。

少なくとも地下鉄の駅とか1階のお店とかで

電波がないのはやめてほしい。


ソフトバンク発表会祭に見る、孫正義の「現実歪曲時間」 - いま作ってます。

おまけにこれが単なる自社の露出機会獲得ではなく、今後ustを売り込んでいくための布石にもなっているのだから見事だ。要するに「twitterとustreamを使えば、世界をここまで変えられる」というのを自ら実演してみせたわけだ。

twitterとかUstreamとか使って楽しそうにしてる孫さんってほほえましい。たとえ戦略でも。

2009年11月07日

送電が面白くなるかもしれないスマートグリッド

最近は「エコ」っぽいビジネスが流行っている。

  • 太陽光発電(補助金とかある)
  • エネファーム(燃料電池)
  • エコキュート(よくわからないけど、空気でお湯を沸かすらしい)

これらは自宅でエネルギーを作るのが売りらしい。

「ふーん」ぐらいにしか思っていなかったが、

この仕組みが普及すると少し面白いことが起こるらしい。

大鉈振るった日立・川村社長が見据えるスマートグリッド時代の「勝利の条件」とは - 大河原克行のエンプラ徒然 - ZDNet Japan

 重要なのは、スマートグリッドは分散型であるため、それに伴って情報がやり取りされ、それを制御する仕組みが求められるという点だ。

 例えば、各家庭に設置されるスマートメーターは、ITを用いて、発電する家庭や企業と、電力を求める家庭や企業との状況を、情報として双方向にやりとりし、制御する必要が出てくる。

 そして、これらの情報は、様々な応用が可能になる点も見逃せない。

 電力消費状況をモニターして、留守宅であることを認識すれば、宅配便業者に留守であることを知らせ、効率的な配送を実現するといったこともできる。また個別の家電製品とつながり、電力消費などを管理するようになれば、付加情報として録画予約状況を見て、視聴率を予測するといったこともできるようになる。

これはネットと同じように新しいことが色々できるようになりそう。ネット回線が太くなり、家庭用のPCのスペックがあがったことで、こんなこと(Team 2ch)が可能になったように。

今後に期待。

スマートグリッド - Wikipedia

2009年11月03日

サイボウズについてわかったこと

「ガイアの夜明け」の一部で「サイボウズ」が取り上げられていた。

サイボウズって会社の名前は聞いたことがあったが、何をしている会社が全く理解していなかった。僕のネット業界へのアンテナの感度はまだまだ足りてないようだ。

■サイボウズについてわかったこと

  1. 成果制と年功制(定時に帰れますよ制度)*1の2つの人事システムを導入
  2. サイボウズラボってのがある
  3. そこでは50%ルールというGoogleで聞いたことがあるようなシステムがある
  4. SaaSで中小企業でのグループウェア市場シェア1位

会社っていろんなシステムを導入して、働く環境を良くしたり、社員の売り上げに対するインセンティブをあげたりするけれど、そういった人事面でのシステムってかなりおもしろいと思う。

今度世の中の会社が取り入れている「人事システム」についてまとめてみようと思う。

*1:正式名称は忘れてしまった。

2009年10月31日

「ゆりかごから棺おけまで」

米ウォルマート、棺桶のネット通販始める - スラッシュドット・ジャパン

ネットで買えないものはなくなるだろうか。

ちなみに今日ネットで買ったものは、

iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)

iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)

エレコム ACアダプタすっきりタップ 2P6口 3m(ブラック) T-AD52630BK

エレコム ACアダプタすっきりタップ 2P6口 3m(ブラック) T-AD52630BK

2009年06月01日

日本のWebの中間報告

日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編) (1/3) - ITmedia News

梅田望夫の本がすごいのは、「Webがすごい」ってことを具体的な言葉にしたことだ思う。ウェブ進化論のなかで、「あちら側」「知の高速道路」といった言葉で表現した秀逸だった。

上記リンクのインタビューで梅田望夫は、日本のWebは知のインフラにはなっていないと言うが、どうだろうか。確かに、高等教育の意味では正しいかもしれない。Goolge Scholarの日本語記述の論文は極小だし、CiNiiは誰でも使えるようなオープンなサービスではない。

でも、それは「今」がそうなのであって、「これから」はちょっとづつ変化していくと思っている。そもそも、日本が海外がという議論はあまり意味がなくなっているだろう。例えば、海外のサービス(Gmail、Flickr、Tumblr、Twitterなど)は、日本にいて問題なく使える。またさらに言えば、日本独自のWeb(2ch、はてななど)がある。いいものは輸入され、日本は日本で独自に進化する。確かに相対的に弱いかもしれないが、梅田望夫の言う「残念」ってのは違和感がある。Webがすごいって書いたのはあなたですよ。

少なくとも僕は、もう少しゆっくり見ていこうと思う。


梅田望夫氏が何か言っていて面白い件: 切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog

梅田望夫「ウェブ進化論 」 2009年にあらためて読んだ、まとめと所感 - ネットサービス・ネットコミュニティ・検索エンジンブログ

2009年05月10日

眼球酷使社会、まずはディスプレイの光度を下げることから

思うのは

一日に何時間ディスプレイを見続けているだろうか?これほど長時間ディスプレイを見続けていると、“ディスプレイを見ていない時間”から時間を計算するほうが早いのではと疑ってしまう。

学生時代は自宅でしかPCを使わなかったが、今は会社でも常時PCを使っている。しかも会社から帰ってきて、すぐPCの電源を入れてしまう習慣は相変わらずだ。

僕に限ったことではない。コンタクトの普及率ってどれくらなんだろうか。世の中のどれだけの人が普通免許更新でメガネを作り直しているだろうか。視力は落ちていくばかりで、レーシックしたって話も珍しくない時代になった。メガネ買うのは高いし、レーシックは高いし怖いが、それでも何か対策をすべきだ。


何か対策を

  • おすすめ1「ディスプレイの光度を下げる」

たぶん長期間PCを見るときこそ、光度を下げておくと疲れが減る。特に文章を書くときに。

  • おすすめ2「蒸しタオル」

仰向けになって蒸しタオルを目に乗せよう。目の疲れがとれるだけでなく、リラックス効果もある。お湯を作るのが面倒なら、水で濡らして、電子レンジで40秒ほど温めるとよい。お手軽。


ディスプレイの将来性

いつになったらディスプレイが紙のように目に優しい媒体になるだろうか。一刻も早く眼球酷使、視力低下社会から逃れたい。先日、アマゾンのKindleのデラックス版を発表した。これは「電子ペーパー」技術はこれまでもあったが、普及への一歩としてこのニュースは大きいだろう。iPod並みに普及するかもしれない。普及すれば価格も下がるだろう。

『Kindle DX』に旧メディアが期待を賭ける理由 | WIRED VISION

こんなニュースがあるから将来的な展望は悪くないと思える。いつか目への負担が「紙」レベルで「フルカラー、動画再生可能」な電子ペーパー*1が開発されればいい。だから僕はひたすら待つのだ。僕ら文系の人間はただ技術が進歩することを待ち続けるほかない*2


おまけ

今すぐできる!疲れ目対策講座 | EIZO 株式会社ナナオ

蒸しタオルを使うと酷使した目の疲れが取れる - GIGAZINE

[総力特集]Amazon Kindleは「本のiPod」になれる? Q&Aとデモ動画 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

*1:もはや電子ペーパーじゃないかもしれないが

*2:もしくはブログでぶつぶつ言うか

2009年05月08日

これからは動画の莫大なトラフィックに対応できる→クラウドが加速→ローカルとウェブの区別がなくなる(妄想)

ドワンゴ、上半期が黒字に ニコ動有料会員数は計画以上 - ITmedia News 2009年05月07日

ネットでドワンゴの赤字が話題! - ニコニコ動画 開発者ブログ(新着情報) 2008年11月14日

ニコニコ動画を運営するドワンゴが黒字化した。赤字続きで、ユーザー心配され続けた企業がついに黒字になったのだ。だから、とてもニュースといえる。僕は、このニュースがネットの世界を変える予兆に見えてならない。少しずつではあるが着実に、変化が近づいてる。ニコ動黒字化の先にあるものを妄想してみた。

>動画サービスで一番費用がかさむのは回線費用です

と上記のリンク先記事に書かれているが、今回の黒字化のニュースは「回線費用は回収できる」ということを証明した。ニコニコ動画はこれを機にさらに事業拡大するだろう。つまり、回線はますます太くなり、サーバーはますます巨大化していく。

今回の事例で「莫大なトラフィック(ニコニコ動画レベル)のコストは回収できる」とわかったのだから、次の時代は扱うデータ量なんて限りなく小さく見積もってもよいとなるのではないか。ここからの考えは妄想にすぎないが、もし例えば、あなたのPCが、世の中のすべてのPCにアクセスできて、これらのデータをローカルのように扱えるとしたら、夢のような話だろう。

  • ウェブ上のデータをすべてローカルであるがごとく使える

このようなことが実現すればネットの世界が変わる。ダウンロードって概念がなくなる。なくなるので、ファイルにアクセスできる権限(=アクセスキー)を利用する概念が生まれる*1。新しいインターネットライフだ。CDを100万枚も工場で生産する時代は終わりだ。もしくは、同じデータが複数のPCに同時に存在するなんて無駄だ。アクセスキーを販売して、料金を支払った人だけがアクセスできるようにすればよい。とにかく、データ(例えば音楽データ)はネット上に1個だけあればいいのである。

  • ウェブ上唯一のデータに何億人がアクセスする形*2

これは事件だ*3

*1:既にある概念かもしれないが、これからより当たり前のものとなるのではないか

*2:アクセスが多いデータはP2Pみたいに負荷が分散するようにして

*3:妄想に身を任せたので、もう少しアイディアの整理が必要ではあるが、とてもおもしろいテーマだと感じアップしてみた

2009年05月01日

2極化するネットユーザー

ネットユーザーは大きく2のヒエラルキーに分かれる*1

  • PCの電源を入れ、ネットにひとたび接続してしまうと、いくらでも時間を使う事のできる人(ネットジャンキー)
  • ネットで調べ物をしようと思い、PCの電源を入れ、調べるもとその周辺情報を見て満足する人(一般人)

僕は既に前者であり、もはや後者の人たちの気持ちは理解できない。逆に後者の人たちはなにをそんなにも長い時間ネットで見ているのだろうと不思議がるのである。人力検索にこんなものがあった。

インターネットの真の楽しみ方がわかりません。 家にいる間、ずっとネットをしているという方もいらっしゃるそうですが、いったいどんなサイトを見ているのですか。 私の知.. - 人力検索はてな

このような健全な人たち(mixiで日記を書いてmixiニュース見れば満足な人たち)に、どんどんネットジャンキーへの道*2を歩んでもらうにはどうしたらよいだろうか。ネットジャンキーになるためには次のようなことが必要になる。基本的に情報の洪水をコントロールするためのハウツーである。例えば、

  • ツールやサービス(RSS、はてブ、Tumblrなど)を試す
  • ブラウザを試す(Firefox、Opera、Chromeなど)
  • ブラウザをカスタマイズする(アドオンなど)

こうやって、ブラウザをいじったり、ツールを利用することで情報の洪水をコントロールできるようになると、ますます多くの情報を集めることになる。逆にネットジャンキーではない、一般人はこういったPC操作に気後れしてしまう。よりツールを使っていくという壁にぶち当たるのだ。そしてこの壁は結構でかい。一般人はこの壁を越えない限りネットジャンキーにはなれない。でもそれは現状の話である。例えば、今後次のようなことを満たすようになればきっと1億総ネットジャンキーになるだろう。

  • PCが数秒で起動すればいい
  • 検索しなくともいい情報にたどり着ければいい
  • もっと操作が簡単だったらいい

うん、がんばろ。*3

*1:どちらが上というわけではないが

*2:Tumblr、はてブ、Twitter、RSSあたりに手をだすと危ないかと

*3:誰もが平等に情報にアクセスできる社会はきっと良いものだと僕は思っております。