ソクラテスのチラシの裏

2016-11-25 沖縄0.7周旅行1日目

 7時に起床、すぐ近くにある自転車屋の沖縄輪業でレンタサイクルを調達。グラベルロードなる車種にキャリアを付けて3日間で約8000円。予備チューブどうしようかと思ったら、とりあえず無料で借りて使ったら返却時にその分支払うという富山の薬売りシステムで理に適ってる。ドロップハンドルで屋外を走るのが3年半ぶりということで不安だったけど、固定ローラーでも乗っていた効果があったのか意外にフラつかず走ることに成功。しかしグラベルロードってかなり重いな。キャリア込みで体感12kg弱。当然カゴがなくサイドバッグ(1個あたり1kg強)を2個つける必要があるのでママチャリに対する重量アドバンテージはかなり小さい。エントリーモデルということで上ハン部分にも補助ブレーキがついていてライトやら小物をつけにくい。

 さて本日目指すは約90km先の国頭村。累計600mアップ程度しかないので少なくともママチャリだったらゆるふわサイクリング。とりあえず恩納村までは去年ママチャリレンタサイクルした際と全く同じ道。去年借りた店が旭橋駅で今回の店がある見栄橋はそこから1km先ということで、90kmからしたら誤差だけど那覇市街は信号が多くて限りなく体感距離が長いので大分得した気分。前回3時間で5Lの水を飲んだのに対して今回は20度で至極快適。不安だった腰痛もほぼなく、米軍基地沿いの真っっ直ぐな道を駆け抜ける楽しいサイクリングに。

 恩納村を越えたら(チャリでは)未経験の道。このへんから交通量が減ってくると期待してたけど、名護までは結局ずっと車が多いまま。沖縄って都会だ。本来の沖縄一周旅行では名護からは律儀に本部半島を海沿いに通るところですが、今回はまっすぐ半島付け根を大宜味方面に走ってショートカット名護市街でおばちゃんが「今日は寒いわねえ」と心底寒そうにしていたのが印象的だった。まあ確かに北風が割と強い。このおばちゃんに限らず今回寒そうにしてる人がかなり多かった。

 名護を抜けるとようやく徐々に田舎道といった感じの雰囲気に。が、このあたりで徐々に腰痛が到来。やはりドロップハンドルは人類には早かった。幸い景色が良い場所やら道の駅やら自然に休める場所が多く腰痛が律速とはならなかったものの先行き不安。

f:id:skrts:20161203185642j:image:w640

今回借りたチャリ。腰に優しくない。ていうか写真で見るとフラットペダルとはいえサドル超低いな。

 目的地の国頭村の宿には2時頃に到着。アパート1部屋それぞれを貸出という沖縄の郊外によくあるタイプですが全体に綺麗なつくりで水回りもよく素泊まり5000円出した甲斐があった。

 洗濯物を干したら2kmほど先にある役場周辺の繁華街(当村比)へ。600円で特大のカツ丼を食ってみたら案外まだキャパシティに余裕があるのでもともと入る予定だった寿司屋でシャコガイの刺身とヤコウガイの壺焼きをトライ。ヤコウガイはバターの味が強くて食感が良いこと以外よく分からなかったけどシャコガイは美味しい。シャコガイを生で食べるって南国感も素晴らしい。この2品だけで2000円強ということで社会人である幸せを噛み締めました。

f:id:skrts:20161203185643j:image:w640

沖縄風のカツ丼。ソースカツ丼はそんなに美味しいと思わないけどこっちは相当イケる。実は微妙に卵も絡めてあって、普通の卵とじカツ丼と違ってサクサク感をフルに味わいつつ野菜やらいろいろな味も楽しめる。

f:id:skrts:20161203185644j:image:w640

ヤコウガイ。普通のサザエとかよりさらに一回り大きい。