Hatena::ブログ(Diary)

Dowser(寺井昌輝、長嶌寛幸&宮川隆)の日記

2014-12-19

なんとなく

23:15

https://www.youtube.com/watch?v=cBm2GzPQQ9s

VCS3でソロ弾いたはります。

そういや、ピンフロの新譜でもVCS3のクレジットが2曲ほど、ギルモアの所に。

ピンフロの新譜、肝心なもんが完全にスポッと抜けてる。作品のできた経緯からすると当然だけど。「過去の幽霊」みたいな音が鳴ってんだけど、それはすでに本人らにも私達にも数限りなく「消費」されていて、もはや「搾りかす」にもなってない。だけど「今ここ」で鳴ってる。

虚体って実はこんなことかもしれないと思った。

https://www.youtube.com/watch?v=IIsx5PEwloY

昨日の夜から、搾りかす、Pomaceという単語が頭に残っている。

急に

21:42

なんとも香ばしい報せ。

まあ、でも泥舟から早い内に脱出できたのかも、

と思いつつ「唐様デ書ク何代目?意外ニ早イノネ」。

ジンクス発動ならば、お別れにコレで許してネ。

無論、彼の地の方々にはドウデモイイ事でしょうが...お元気で。

https://www.youtube.com/watch?v=zBSmR7fhNsk

2014-12-18

昨日にも増して

21:17

耐え難い寒さの事務所から早々と離脱。

昨日同様、電車から外の景色を眺めるうちに

−昨日より陽は高かったけれど−

行ったきりや、戻って来れない方々の事をボンヤリ考えてる内に

CCRの曲(古い方のヴァージョン)が脳内反復再生。

https://www.youtube.com/watch?v=-muyC4anfDg

2014-12-17

なんだか

22:35

百里辰櫃い諭

こちらは風邪のような状態が継続中。

余りに寒いので

21:30

早々と京都を離脱。

カップ酒片手に急行に揺られていたら、

酔いの所為か生駒のほうに沈んでゆく日の残光に

異常に目を奪われてしまう。

確かに空気の澄み具合と風の強さはあるだろうけれど

目を閉じれない感覚に少々戸惑い。

おまけに隣の席の赤ん坊がむにゅむにゅと呟く声も

面白いけれど、聴き入るとどうにもこうにも

現実が奇妙になってくるので焦ったり。

 

帰宅後、ハルモニウムを弾いて

あーあー唸ってたら落ち着いた。

2014-12-15

ふいに、

20:35

ラ・ジュテ』『サン・ソレイユ』を

併せて見たくなったり。

クリス・マルケルコンラッド・シュニッツラー、

どちらの作品も、見聞きする度に

何故だか勝手に涙がこぼれてくる時がある。

2014-12-14

しかし、

21:09

ここ/今においては、もう絶対に遅すぎるのだ−なぜならば、それがかんじんかなめであり、絶対的に、文字通りそれがかんじんかなめなのだ。

 

問い/ベルナール・ノエル