徒然のんき このページをアンテナに追加 RSSフィード

::::::::::::::[since 2005.03.08]::::::::::::::
     
◇◇色々ひっくるめて雑感してます、宜しくですん。◇◇ 

("のんき"と言います、お見知りおきの程を)

2015-07-17 ちょっと最近の練習曲

[][] を含むブックマーク

先日、ちょっとしたライブ居酒屋で、知らないお客さん同士で演奏ごっこをしたんだけど、その時に試みたのが「Fly Me to the Moon」(いや、エヴァのそれではありません・・・(笑)

D

それから、「You'd be so nice to come home to」。

D

青江三奈ってとこがすごいでしょ?

ってか、青江さんの凄さをここにきてようやっとわかった自分が恥ずかしい(^^;

まぁ、なんだ、そんなこんなをやってたら、一緒に演奏をつるんだ客人さんから「今度はこれを演りたいから、覚えといてね」と依頼された楽曲があるんです。

それがこれ

D

エゴラッピン、今まで知らんかった。

聴いて腰抜かした。

なんじゃこのヴォーカルハイレベル度はっ!!

これが、平成バンドの若手連中ってんだから音楽進化っぷりって半端じゃないね

上手いっ。めっちゃくちゃ上手い。酒が飲みたくなるっ!(笑)

こうしちゃおれん、練習だー、酒だ―(違)

riamnriamn 2015/07/19 07:43 ジャズって、若いころは退屈で高尚な音楽だと思ってました。
つまり・・・粋な大人の社交場で流れる音楽。
俺みたいな人間には縁がないよなぁ〜って。
でも、この歳になると、その濃密で妖艶なグルーヴが、人生の芳醇な味わいそのものだということに気付く。

やっぱ歳を取るって素敵なことなんですね。(笑)


4ビートのジャズのエッセンスと言えば・・・
この曲も素敵です。


BLANKEY JET CITY −ヴァニラ (Monkey Strip)
https://youtu.be/Zl61H8bVW1s

やっぱブラシって渋いっすね!!



エゴラッピン!!

う〜〜〜〜〜ん、最高っ。

僕が初めて聴いたのがこの曲でした。

【EGO WRAPPIN'】 くちばしにチェリー PV
https://youtu.be/muiMPwVRR_0


そして・・・小島麻由美。

この狂おしい情念の爆発!! 虜になりたいっ。

小島麻由美 - セシルカットブルース〜プレイガーリー
https://youtu.be/prgoEupR72w


ジャズって人生そのものですねっ。
ありがとう。

slowgoingslowgoing 2015/07/19 15:22 egowrappin' はとにかくVo中納良恵の才能爆発ですね。
チェリーは濱マイクの主題歌にもなったやつですよね。ちょいとスカパラしてる浜の雰囲気がいいですよね。

小島麻由美・・・うわー、これいいわ!
ジャズ色てんこ盛りでブラスが昭和ニッポンしてるところなんざ、美味しい響きですね。
なんか妙に連鎖反応でルパン三世エンディング(チャーリー・コーセィ)さんを聴きたくなりました(笑)

riamnriamn 2015/07/19 16:54 おぉ〜!!この曲大好きです。


ルパン三世・・・・・チャーリー・コーセイ
https://youtu.be/Bm5gTY-abuU


男の孤独と哀愁・・・

やっぱジャズとハードボイルドは一蓮托生っ。素敵ですねっ。

slowgoingslowgoing 2015/07/19 17:17 うふふふふ、

riamnさん、分かってらっしゃる♪

terryyokotaterryyokota 2015/07/23 22:11 エゴラッピン、なかなかすごいですよね。
今の若いバンド連中、まあ指の性能はどうあれ、
各ジャンルに対する掴み方、センスは、やっぱ私らより
的確で早いです、応用も利くしね。

ジャズ……50年代60年代の名盤を、今聞いてみると、
高尚というよりは、山っ気、俗っ気も、おおいにあります。
ソロの掛け合いとか、粋がってる不良の喧嘩みたいな面もあるし。

slowgoingslowgoing 2015/07/24 08:57 確かに、指の性能はどうあれ(笑)、今の若い連中の適応力・応用力のスピードには目を見張るものがあると思います。
エゴラッピンのVoの抑揚の取り方なぞは、ちょっと半端じゃない熟練さまでをも感じちゃいました。ヘビロテで「色彩の…」を聴いてますが、いや、ほんと上手いわ。グルーヴ感はさすがに若さを禁じ得ないですが、それでも凄いと思います。

ジャズの名盤は、今聴くと、昔聴いた印象とだいぶ異なることに驚かされます。
自分が歳食ったのかな〜?当時は、「なんかすげぇぞ!俺なんかにゃ縁が無いというか、むりむり。」…なぁんて思ってましたけどね、今聴くと「あれ?そのフレーズ、ちょっと無理してない?」とか、「あ、惰性で弾いてるな」とか、「うわ、挑発的!」とか、結構色んな表情が見えてきたりします(^^;
山っ気、俗っ気・・・なるほど確かに言い得て妙ですね♪

Connection: close