徒然のんき このページをアンテナに追加 RSSフィード

::::::::::::::[since 2005.03.08]::::::::::::::
     
◇◇色々ひっくるめて雑感してます、宜しくですん。◇◇ 

("のんき"と言います、お見知りおきの程を)

2014-07-02

[]備忘記録:オーロラ三人娘 備忘記録:オーロラ三人娘 - 徒然のんき を含むブックマーク

D

ザ・ゴールデン・カップス1968年9月に発表したシングル「愛する君に」のB面に収録されていた曲。まさかB面が形を変えてヒットするとはカップスの面々も発表当初は想像だにしていなかったことでしょう。そう、アニメ巨人の星』。

ここに出てくる架空アイドルグループで「オーロラ三人娘」ってのがいるんですが、彼女たちが歌っているのがこの曲「クールな恋」なのだ

画的にアイドルかどうかすら疑われてしまうかもしれないが、この楽曲はパンチが効きすぎてていい。

シャラララ♪なんか、脳にこびりついたら離れないぜ。

なのでここに備忘記録としてペタンしておくのでありました。

(^^;

2013-02-14

[]似ている曲ってのは、都合よくメドレーになる。 12:45 似ている曲ってのは、都合よくメドレーになる。 - 徒然のんき を含むブックマーク

ちゃんとじっくり聴けば明らかに異なる曲なのに、にわかに口ずさみ出すとこんがらがってしま楽曲というのがあります。

f:id:slowgoing:20140121094209j:image:medium:left

丸山圭子 - どうぞこのまま





f:id:slowgoing:20140121094240j:image:medium:left

八神純子 - 思い出は美しすぎて






f:id:slowgoing:20140121094303j:image:medium:left

ユーミン - あの日に帰りたい





…何でこんがらがっちゃうんだろね。

3曲に共通しているのは、ボサノバチックな曲であるということと、コード進行が似ているということくらい。あ、そうか、その位の条件付けで私ったら、情報処理が正しく出来なくなってしまうんか!?・・・それはまずい。(単にボサノバ学習が弱いだけなのかもしれない・・・けどさ、「イパネマガール」は唯一無二だってわかってるつもりだよ)


ほんで、適当に口ずさみ出すとね、


『この確かな時間けが、今の二人に与えられた

 唯一の証なのです

 思い出は美し過ぎて、それは悲しいほどに

 あの頃の私に戻って、あなたに会いたい〜♪』


みたいに歌えてしまう。

違和感無い。

歌詞が「それっぽくまとまってしまう」ってのも凄い(^^;


要するに、この3曲はエッセンスが似ているのだな。うん。



まさかりかついだ きんたろう

 くまにまたがり おうまのけいこ

 どんどんひゃらら〜どんひゃらら〜♪』

みたいなもんですな(違)

2013-01-21

[]最近しびれてる楽曲などをば♪ 12:25 最近しびれてる楽曲などをば♪ - 徒然のんき を含むブックマーク

 どうもおっさん年齢にどっぷり足を突っ込んでしまってきているせいか、ちょいとばかしジャズフレーバーな曲に日本酒を傾ける(ウィスキーとしないところが私流なんですが)ってのがカッコいいような気になってきている。要するに自己陶酔の自己完結なんですけどね、すんませーん。

 ほんで、この度、何にしびれたかと申しますとね、あのハイキー・ヴォイスの姉さん、八神じんこせんせいなのであります。

ここのブログでも過去に彼女のハイパーな楽曲「I'm a Woman」の素晴らしさを語ったことがありますが、この度はそれではありませんで、「想い出のスクリーン」なのであります。勿論、この曲、オリジナルも頗るお洒落な曲。

f:id:slowgoing:20140121095017j:image:medium:left

八神純子 - 想い出のスクリーン

 今聴くと、ベースラインが弄り過ぎの感があるが、これはこれで装飾の妙技だな。主旋律のフレーズが粋だから、どう弄ってもOK的な楽曲なんですよね。

当時、ハイキーで透き通る系の声質の人って声量が少ないんじゃないかと勝手に先入観を持ってた時期があるけど、こと、八神さんに関しては別格の印象があったっけ。実際、すごい声量なんだよね。もっとも、そうじゃなけりゃ「前」に出てくることはないか。。

さて、この曲をちょっとジャズっぽくしてボサノバフレーバーも加味したアレンジがあるんですがね、こいつが凄いんです。このお洒落感にしびれました。

八神純子 - 想い出のスクリーン

いやもう「オトナ」でしょ?

ミドル・エイジになったらオン・ザ・ロックでジャジーに八神だな。

うん、酩酊しそうな空気感が立ち込めておる。非常に素敵だ。今でも充分に聴きごたえがある。

…あ、でもあたしは日本酒党です。(^^;



 …おっと、いくら最近でもOKとは言え、古い楽曲ばかり語ると本当におっさんになっちゃうっぽいから、最近のもちょいと記述っておきましょうかね。

 最近の…そりゃもう、TV系では「ももクロ」ですかね。色んなツッコミあるかと思いますが「サラバ…」です。この曲がこびりつく。

このグループは「捻り」が効きすぎてるので、どうも気になってしまう要因が多い。

当初は百田の「えび反りジャンプ」が気になって仕方ないくらいだったが、「サラバ…」の楽曲発表でいよいよつんのめってきた。

f:id:slowgoing:20140121095136j:image:medium:left

 アイドルと呼ぶにはあまりにもコアなアキバ系路線(アキバ路線を当初売りにしていたのにすっかり脱却しちまったAKBとは一味も二味も違う)にして、格闘技系ダンス等のステージング。ヒップホップな譜割など「通ウケ」要素がてんこ盛り。

ほんで、とうとう(いずれ本気っぽくくるとは思ってたが)ロック路線にスパイス効かせたのが登場した。

布袋だもんな。

聴きゃ誰の楽曲か直ぐにわかる位に布袋だ。笑っちゃうほどに布袋だ。

アイドルグループの曲にしては、ギター・ソロ部分が長かったり、「そのツカミのメロは変でしょ!?でも残るっしょ!?」的なマジックが効いてるのも布袋ぽい。

コード・ワークのカッティングは言わずもがな。

個人的にはもっと布袋っぽくなってくれても良かったと思うが、そしたら「ボーイももクロ」になっちゃうか(^^;

ももいろクローバーZ - サラバ、愛しき悲しみたちよ

いやぁ、多分、何処かのタイミングで「ももクロ」のステージに布袋が乱入っての、絶対あると思う。

その場に居合わせることができたら、狂喜乱舞するだろうな>我(笑

2012-05-16

[][]インスパイアされる曲かぁ。そうね、八神じんこさん。 12:39 インスパイアされる曲かぁ。そうね、八神じんこさん。 - 徒然のんき を含むブックマーク

f:id:slowgoing:20140128120332j:image:medium:left

Stevie Wonder - Another Star

「パクッた」とか「盗作だ」とか言うと、思いっ切り悪意を感じるというか、発表された作品を作った人の無能ぶりみたいのを感じてしまうもんだけど、「インスパイアされた」とか、「モチーフにした」という表現がされると「ほほぉ、そうかいな!」といたく感心してしまったりする。


さぁ、実際のところ、作者はそのどっち側にいたんだろうか…それは作った人本人にしかわからない。(もっとも、まるでコピーとか、創作意識の「そ」の字も見えないものは論外ですけどね。)

とは言え、先行したものには先行者の利がある。ってのは紛れもない事実。

そう考えると、改めて「スティービー・ワンダー」っちゅうのは頗る偉大なミュージシャンなんだなと感じてしまうのでした。


え?


何の話ですかって?


「勝手に〇ンドバット」と「み〇いろの雨」。


まぁなんだ、巷じゃ有名な話なんだそうですね。私ゃ、つい最近知ったですよ。


そんなわけで「勝手に〇ンドバット」と「み〇いろの雨」はメドレーとして繋がりやすいってことです(違)。



おっと、そうだ、八神さんと言えば・・・

すごい思い出があります。

思い出しついでに語ってしまおう^^;


 かつて「お祭りに行こうぜ!」と友達に誘われて連れて行かれたところが暴走族のパーティーだったという経験があります。

「話が違う!」なんてのが通用する相手様ではありません。「会場」のそこここで「カラ吹かし」を「ブボボンッ!ブボボンッ!フォォォォォンッ!」と上げている皆様。胸に晒を巻いているレディースの皆様。見たことないスカイライン。特攻服な皆様。んごい。

「おー、おめぇは車に乗せてやんよ!」と誘導されるままにスカイラインに乗り込むと、車内はチックとポマードの匂いが充満していた。


 単に電気楽器を弾いていただけで「不良」の烙印を押されていた時代。ある日Bassを持って学校に行ったのが、誤解の始まりだった。ちょいと不良な方々が「お前、やるじゃん!」と微笑みながら近づいてきた。「『ファンキーモンキーベイビー』最高だよな!」と『ぽんっ!』と肩を叩かれた。いや、まぁ、キミにそう言われてもなぁ。。。

今まで「ちょっとテストの点が良かったからって、いい気になんなよ!生意気なんだよ」と言われていたのが(べつにいい子にしていたわけではなかったんだけどね…そんな風に見えたんかな?)、楽器を持って学校に行っただけで「昇格」しちゃった私。

見ようによっては彼らの誤解の方が、先生やPTAの誤解よりも激しかったんではないだろか?


 さて、その「パーティ」ではクルマに乗って爆音蹴散らして東関東自動車道を走ったんだけど、その時に気になったことがある。

 車の中でかける音楽が「キャロル」とか「クールス」ばっかりかと思っていた私、実はそれだけじゃなくて、「百恵さん」はもとより、「アン・ルイスさん」とか「八神純子さん」が流れていたのだ。

驚いたね、ちょっと新鮮でびっくりしたね。

そしてもっとビックリしたのは、彼らに「選ばれた」曲が高速道路をぶっ飛ばすには非常に似合う曲だったと言うことなのだ。妙に興奮した記憶がある。

 で、(オリジナルとは程遠い形になってしまっている)スカイラインの車内で爆音で聴いた八神純子さんの曲は、大ヒットしたわけではないけど名曲として誉れ高い「I'm A Woman」だった。


f:id:slowgoing:20140128120421j:image:medium:left

八神純子 - I'm A Woman

これ、大音量で聴いてみてくださいな。

辺りには暴走族の皆さんが一緒に走っているとイメージしてくださいな。

深夜であることをイメージしてくださいな。

周り中がノリノリだとイメージしてくださいな。

如何です?

・・・この曲、充分過激であることが分かっていただけると思いますよ(^^;

2011-01-17

[]しばたはつみさん・宮本典子さんのヴォイシング 12:48 しばたはつみさん・宮本典子さんのヴォイシング - 徒然のんき を含むブックマーク

 えっと、70年代〜80年代、ソウル系というかジャズ系というか、ファンキーで気合の入ったボーカリストがいらっしゃいました。正直、括りが難しく、存在位置があいまいだった女性歌手軍。

 まりむらさんとか、なかむらさんとか、かねこさんとか、まりーんさんとか、まぁまぁ色々たくさんいらっしゃったんですが、私は二大看板的に「しばたはつみ」さんと「宮本典子」さんが大好きだったんです。


f:id:slowgoing:20140205183928j:image:medium:left

 しばたはつみさんは、「マイラグジュアリー…」の印象が大きいけれど、ジャズ・フレーバーのそれだけではなくて、ソウル系のファンキーなのもバッチリこなしてた方だったんじゃないかと思っている私。

 その昔、「ジャングル大帝」の挿入歌「ジャングル・ロック」のレコードがどうしても欲しくて、誰の歌なのかわからなくて、探し回ってたことがあったんだけど、しばたはつみさんの声質が実にマッチングしてたんですよね。

結局は歌手名、違ってましたが。(^^;

怪我の功名と言うか、しばたさんのLPを購入した私。

以来、彼女の独特な声質は、暫く私を魅了していたのでした。

なんというか、彼女独特の「きゅっ」とした声質と、「はぁぁぁああああああ〜!」とクレシシェンドする伸びのあるロングトーン、『(「イェア!」+「キャア!」)÷2』のシャウト、「都はるみ風コブシ」の妙技がたまらんのです。

で、80年代のお色気風味のソウルフル・ファンクはとっても彼女に似合っていたんじゃないかと思えてならないのさ。

f:id:slowgoing:20140205184017j:image:medium:left

 一方、昔、五反田の図書館でテープを借りて(って、そういうテープが貸し出されていたのにも驚いたけど)感動しまくった歌手がいた。それが宮本典子。

宮本典子 - 摩天楼物語

とにかくこの曲を聴いたときの、宮本さんによる間奏に入る手前、「yeah〜〜〜〜〜!」にはぶっ飛んだ。

凄いのだよ、ほんとだよ、腰抜かすよ。こういう音域を絶叫的に、正しく音符を叩き倒してる歌手ってのは稀有な存在なんじゃないかと思った。特に、当時、日本人としては唯一と感じていた。鳥肌立ったっけ。

で、これまた謎の男性とデュエットしているアルバムだったりしたもんだから、妙にしばたはつみさんと同系の匂いを感じたりしていたのです。

 この世界の女性歌手は、ダンディなんだけど所在不明の男性ボーカリストと、ジョイントした曲をアルバムに挿入するんだね…と。

いつだったか忘れたけど、この二人がシオノギのミュージック・フェアみたいな番組で共演したことがあるんですよ。

その時、二人がスキャット合戦というか、シャウト合戦するシーンがありましてね。それがむちゃくちゃかっこよかった。。。

誰かその時のビデオクリップ持ってないかな〜?

誰かその映像をようつべでもいいからアップしてくれないかな〜?

ひそかに期待してるんです〜♪(^^;

今聴いても(観ても)絶対鳥肌ると思う。。

もっとも、上の二曲、以前はようつべで見っけることができなかったんだよね。それに触れることができるようになただけでも感謝しなくちゃいかんわな。

アップしてくださった方、ありがとうございます。

いずれチェーン切れしちゃうと思うけど、それまでの間、楽しませていただきますね♪